無料ブログはココログ

« ≪臨場2≫★07 | トップページ | ≪ヤンキー君とメガネちゃん≫#06 »

2010/05/28

≪素直になれなくて≫☆07

『いけない夜、』(あらすじ)

(ナカジ)中島圭介*瑛太 (ハル)水野月子*上野樹里 
(ドクター)パク・ソンス*ジェジュン
(ピーち)西村光*関めぐみ 
(リンダ)市原薫*玉山鉄二 
生徒。
松島健太*阪本奨悟  高橋正文*竜星涼 
前田由起*逢沢りな 
ドクターの妹・パク・ミンハ*木南晴夏 
ハルの弟・水野シュウ*中村優一 
リンダの上司・奥田真理子*渡辺えり 
ナカジの元恋人・山本桐子*井川遥 
ハルの母親・水野祥子*風吹ジュン 
ナカジの父親・中島亮介*吉川晃司
*****

CAST

頑張れの代わりのハグと言ったナカジ。
じゃあ、と別れたが、お互いにため息を漏らしていた。
ナカジは、桐子のために買った指輪を取り出して、眺めてまたしまった。

ドクターは、ハルに、ピンクのガーベラの花束を持ってきた。
ハルはまだ、それが嫌いとも、もう少しゆっくり歩いてとも言えないでいた。
ピーちはそれが、壁だと言った。

事件が起きてから休まず登校しているハルに、校長はガッツがあると映り、知り合いの名門校の欠員にどうかと勧めてくれた。

ナカジは、桐子に別れを切り出されてから、仕事もやる気が起きなかった。
自転車に乗っていたら、桐子の家の近くまで来ていた。野良猫が気持ちよさそうに寝そべっていたので降りて撫でた。そこへ桐子が出てきた。喫茶店で話すが、ぎごちない。
そこで、腕の傷はやきもちやいて、自分でつけたと白状した。知っていたけど、嫌いになれなかったとナカジは答えた。髪をアップにして、桐子は、二人の愛のあかし、タトゥを消していた。もう家のそばに来ないでと言われた、さらに気分が落ち込み、川に指輪を捨てようとしたら、女の子に何してるの?と聞かれた。指輪はその子の手に渡った。

リンダは、ナカジの仕事を世話したが、乗り気でないナカジが気になってしょうがない。
ハルにならしゃべるだろうから様子見てと言われ、いつものコンビニで待ったが、ナカジに会えない。仕方なくナカジの家の階段で待った。

話したくない事は言わなくていいよと言うハルに、ナカジは、桐子に振られたと言った。
腕の傷も自分でやったと聞いた。謝るナカジに、大丈夫なの?と聞くハル。
あまり、大丈夫じゃないと答えた。そばにいてくれるだけで良いと言われた。

ハルは、ナカジがこの間、心をハルのために空けておくと言ってくれて、ほっとしたこと、家では引きこもりの弟、学校では、先生で、どこにも自分の弱みをさらけ出すところがなかった。
それがナカジには、素直になれた。

それにつけても、かなり想いが沿わないドクターとハル。

ナカジは、有名なプロの先生のアシスタントも受けて、着々と基盤を作っていた。
ナカジの提案で、またスナナレ会の飲み会をした。
ハルは、顔を出して、そろそろ専任試験があるからと、早めに帰った。
ドクターは、皆に「大人の関係になった」と見栄を張った。
ドクターとナカジが酔いつぶれた。ピーちはナカジを送った。
ドクターを送ると言ったが、さっきの大人の仲は嘘でしょうと言われた。

リンダは、親との約束通り、お見合いをした。

ナカジを送ったピーちは、ハルがドクターと寝たのがそんなにショックを受けたのかと聞き、さらにナカジに迫った。ハルが、そんなことしてなくて、距離感に悩んでいるのを知っているのにね。
翌日、北海道に単身赴任している父から、毛ガニがたくさん送ってきた。ハルは、ナカジに届けると、そこにピアスがあった。ハイとナカジに渡し何も言わなかったが、外に出ると、ピーちが来た。ハルの家に来たのかと思ったが、ピーちのピアスが片方なかった。

ナカジ、ハル、リンダのほかにピーちですか?
あまりにとりとめがない。

*****
今までの感想は、こちら

« ≪臨場2≫★07 | トップページ | ≪ヤンキー君とメガネちゃん≫#06 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/48476165

この記事へのトラックバック一覧です: ≪素直になれなくて≫☆07:

» 素直になれなくて 第7回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『いけない夜、』 [続きを読む]

» 大人の女になれなくて(上野樹里)素直に寄り道中(瑛太)不潔なことを言わないで(大平うみ) [キッドのブログinココログ]
首相も大臣も小学生みたいなこの国で・・・子供が二人の主婦の精神年齢15才宣言は中学生なのでちょっと大人と言えるのかもしれない。 ああ、世界はいつも大体平和で、世界はいつもそこそこ危険に満ち溢れている。 下がり続ける物価は経済の国際化により貧困の波が押し寄せている前兆なのである。 日本は世界から大量に... [続きを読む]

« ≪臨場2≫★07 | トップページ | ≪ヤンキー君とメガネちゃん≫#06 »

最近の写真