無料ブログはココログ

« 《チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋》☆02 | トップページ | 《我が家の歴史》#二夜 »

2010/04/15

《臨場2》★02

『封印~警笛の秘密!!』(あらすじ)

大手スーパーの警備員をしていた沢木(反田孝幸)の他殺体が、自室から発見された。遺体のそばには、自殺した警察官・谷本(蛍雪次朗)の警笛が。倉石(内野聖陽)の見立てによる死亡推定時刻と、谷本が自殺した日も一致する。沢木が警備員として、谷本の娘・絵梨華(金沢美穂)を万引きの現行犯で捕まえていたことが分かった。巡回中だった谷本の部下・奥寺(鈴木浩介)がその事実を知り、迷いながらも谷本に伝えたという。凶器と思われる灰皿から谷本の指紋が検出された。谷本への疑惑の色が濃くなるが、捜査会議に乗り込んだ倉石は谷本犯人説を否定する。そんな中、事件当夜、沢木のマンション近くで谷本と絵梨華を見たという目撃者が現れる

CAST
倉石義男**内野聖陽 小坂留美**松下由樹
一ノ瀬和之**渡部大 坂東治久**隆大介
江川康平**辻谷嘉真 西田守**小林勝也
早坂真理子**伊藤裕子 倉石雪絵**京野ことみ
五代恵一**益岡徹 立原真澄**高嶋政伸

*****

検視官とは
刑事訴訟法に基づき
変死体の状況捜査を行う司法警察員である

先週からの続き。
アパートから発見された沢木の死体のそばには、自殺した谷本の警笛が落ちていた。
倉石の見立ては、他殺。
頭に打撲痕。左下肢。足底から29センチ上方脛の部位。幅1,4センチ、真横に2,3センチの打撲痕。最大部で1,8センチの皮下出血。
死体の横、床部分に倉石は、滴下結婚を見つけ、虫眼鏡で見ていた。
立ち原が到着し、見立ては聞くまでもないなと言った。
殺しだ・・・後頭部の傷が致命傷。
机の角に後頭部をぶつけ、さらに犯人は灰皿で頭部を殴った。
硬直は完全に解けている。皮膚の乾燥と、下腹部の腐敗性変色から見て死後1週間。

発見者は沢木の恋人で最後に会ったのが3日の夜。
犯行時刻は1週間前。3日から4日未明にかけて。

4日と言えば谷本が拳銃自殺した日だった。

早速聞きこみ調査が行われた。
沢木の勤務した大手スーパーで、業務日誌を見せてもらうと、谷本絵梨華が口紅を万引きとあった。初犯で反省もしていたので、家に帰した。すぐあとに巡回の警官が来た。
その時の警官奥寺は、絵梨華を知っていた。谷本に知らせるべきか迷ったが、結局知らせた。

沢木の経歴では10年前、16歳の時恐喝事件を起こし、少年院に入っていた。
その後食を転々とし、2年前警備会社に勤務。
現場に落ちていた警笛ニ付着していたのは谷本の唾液と一致。
灰皿の指紋も一致した。谷本説を

「俺のとは違うなぁ」と遮ったのは倉石だった。

「谷本さんは、昔、鑑識にいた警察官だ。
現場いこれ見よがしに警笛を置き、
べたべた指紋をのこすわけねえだろ。」

立原の制止を振り切り

「発見者が部屋を訪ねた時、ドアにはかぎが掛かっていた。
妙だろう?室内にはありありと仏性を残して、何で部屋の鍵
かけなきゃなんねえの?

接点より・・現場だ。
現場の状況がホジは他にいる可能性があると語ってんだ!
足りねえな。」

立原の癇癪が落ちた。
検視官のごたくを聞いてる暇はないと。
状況しょこから、警察に取って不利な事ばかりなので、早期解決しろと立原ニ命令された。

倉石は解剖で、胃の内容物から、さらに死亡時間を狭めたかった。
城南大学の法医学教室の西田教授は志望は食後2~3時間と言ったとこかな。

一ノ瀬は、さらに脛の打撲痕を指して、
「先生はどう見ます?」

「あ~、これは、犯人ともみ合った時にどこかに
ぶつけたんじゃないかな。
犯人が持ち込んだ狂気だとしたら、
他にもあるはずなんだけど、スネだけだからね」

倉石は、小坂と谷本のマンションを訪ねると、谷本の妹が慌てて出かける所だった。
倉石に絵梨華が補導されたと知らせると小坂が警察へ走った。
カツアゲで、仲間の男二人が急に見張ってろと言って、絵梨華派知らなかったようだと聞かされた。小坂と2人で渋谷署を出ると、次は坂東刑事たちが絵梨華を拘束。沢木殺害の時間帯のアリバイを聞いた。

一ノ瀬も、彼なりに、スネの傷を考えて、警棒だと同じ幅の痕跡になると、倉石に言った。
しかし、女の力で、後頭部が陥没するほどの力で押し倒すことは不可能だと言われた。

谷本は誰かを庇うために、警笛も、灰皿の指紋も残した。

絵梨華は、立原ニ君kを疑っているわけじゃ無いが、あの沢木と何があったのか教えてくれと優しく言われて、話しだした。
沢木はしたたかだった。気が変わったと呼び出して、万引きは犯罪だ、現行犯以外は難しいが、証拠さえあればと言って、PCにおとしたぼうはんVTRの部分を絵梨華に見せて父親に知らせていいかと恐喝。それからは何度もマンションに来いと迫った。あんまりしつこいから3日の夜はマンションの近くまで行った。だが部屋には入らずに、逃げ帰った。

沢木は言う通りにしないと、父親に言うと脅し続けた。
状況は、谷本父に不利だった。絵梨華が自殺を図った。一命を取り留めたが、まだ倉石は、全部を拾えていなかった。鑑識時代の谷本ノ背中に教えられた倉石だった。
備忘録として、びっしり書かれた鑑識ノートを谷本は倉石にくれた。宝と言える物を倉石は勉強した。

警官の姿を目撃した人が多すぎると不審に感じた倉石は、コンビニの防犯カメラを詳細に見続けると、3人警官が往復していた。
犯人は奥寺だった。前に交番勤務だった時、沢木を恐喝で逮捕した。こちらへ移動し、ホームセンターで沢木が働いている姿を見て、嬉しかった。しかし、絵梨華を京かk津市は時また事が、喫茶店で、二人を見たことで、判明した。事件の日、沢木のアパートに行くと、室内のPCには絵梨華ノ万引きの様子が映っていて万事分かった。二人でもみ合いになった時、「沢木を押し倒した結果、テーブルに後頭部をぶつけた。その後、谷本が室内に入り、警笛と、灰皿に指紋をつけ、戻ってこられないようにドアに鍵を掛けた。

谷本の遺品を自殺と分かった段階で返すはずが、返しそびれたと立原は倉石に託した。谷本の携帯だった。絵梨華を呼び出した倉石は、死んだ金魚の代わりにもう1匹買かった。

絵梨華は、自分のせいで奥寺も罪を犯し、谷本も死んだと言ったが、分かってない、それは二人が自分でそう選んだと倉石は言った。

どんなに娘を思っても、それが伝えられなかった父。
どんな理由があろうと子供を残して死ぬ父親はバカ野郎だ。
最後の最後までお前の事を思っていた。
人は一人で生きてるんじゃねえ。
他人に支えられながら生きてるんだ。
それがわからなえ奴は大バカ野郎だ

そう言いながら、携帯を渡した。
絵梨華の子供のころからの写真が沢山入っていた。
もう一人で生きて行かれるって、自殺未遂までしたのが急に強くなれますかね。

鑑識に回された一ノ瀬が、1話では、倉石に猛反発してたのが、ずいぶん懐柔されてます。小坂にもなついて、見苦しくないですねhappy01

鑑識が帳場はって、お膳立てをしているのに、違った方向へ進む捜査。
立原との対立は、まだまだ進むのでしょうね。

*****
いままでの感想は、こちら

「我が家の歴史」2話をあと少しで書きあがると思ったのですが、また此のPCが再起動して流してくれました(泣)またアップが遅れます。

« 《チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋》☆02 | トップページ | 《我が家の歴史》#二夜 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/48090125

この記事へのトラックバック一覧です: 《臨場2》★02:

» ついにホンモノ?酒井法子の性愛口唇動画 [【のりピー】 酒井法子くわえ込む動画 【流出】]
昨年報道された、酒井法子の性愛口唇動画の続報 [続きを読む]

» 乳首&ヘア大公開!ヌード写真集「さよなら鈴木茜」 [着エロの鈴木茜 引退フルヌード!]
鈴木茜 ヘア見せ!引退フルヌード写真集「月刊鈴木茜FINAL さよなら鈴木茜」 [続きを読む]

» 臨場 第2話:封印〜警笛の秘密!! [あるがまま・・・]
何だかなぁ…ε=( ̄。 ̄;)フゥ 奥寺の谷本親子への思い、そして谷本の奥寺への思いやりが、間違った方向にいっちゃったような{/ase/} もしも絵梨華が万引きをしなかったら・・・そして奥寺があの時沢木に出会わなければ・・・ 谷本がもっと娘との時間を持ててれば・・・もっと遡れば、谷本の妻が死ななかったら・・・と、 たらればを言い出したらキリがない{/hiyo_shock2/} 倉石が言うように、奥寺も谷本も自分の意思でああゆう行動をしたんですもんね{/face_gaan/} 今後、絵梨華がまっすぐに... [続きを読む]

» 「臨場 シーズン2」 第2回 封印・後編 [トリ猫家族]
 にゃるほどね〜そういう訳だったか・・・ 何か、シーズン1の時よりもミステリー色が強くなってるし、ストーリーも重層的になっているような気がするわ〜  スーパーの警備員をしていた沢木俊也という男の遺体が発見され、 そのそばには、谷本のものと思われる警笛があっ....... [続きを読む]

» 臨場&おおきく振りかぶって&失踪人 [別館ヒガシ日記]
臨場は予想通り娘&同僚が絡んで 全体の流れは予想通り同僚犯人も 倉石が回り対立など臨場らしさ出てたし 前後編だったの不満だが後編は満足で 次は小坂メインの様だから楽しみだよ... [続きを読む]

« 《チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋》☆02 | トップページ | 《我が家の歴史》#二夜 »

最近の写真