無料ブログはココログ

« 《龍馬伝》☆14 | トップページ | 《臨場2》★01 »

2010/04/07

《チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋》☆01

失神』(あらすじ)

心療内科医(伊藤淳史)と厚生労働省の官僚(仲村トオル)が、大学病院の救命救急センターの実態を調査していく。脚本・後藤法子ほか、演出・今井和久、植田尚ほか。 重症患者の対応に追われる東城大学医学部付属病院の救命救急センターに、勤務中に意識を失ったキャビンアテンダント・沙希(田畑智子)が運び込まれる。病棟は満床だったが、センター部長の速水(西島秀俊)は反対を押し切って沙希を受け入れた。2年前に沙希を診断していた心療内科特別愁訴外来の医師・田口(伊藤)は、遥(加藤あい)ら救命チームの医師に呼び出される。その時、沙希が異常な発作を起こす。救命チームが騒然となる中、またも厚生労働省から乗り込んできた白鳥(仲村)が診察室へ勝手に入ってくる。抜き打ち監査のためにやって来たという白鳥は、調査の対象が救命救急センターになったと不敵に笑う。

CAST
田口公平**伊藤淳史  白鳥圭輔**仲村トオル
和泉遥**加藤あい  佐藤伸一**木下隆行(TKO)
栗山弥生**浅見れいな  滝沢秀樹**松坂桃李
永山康友**足立理  浅野和彦**竹内太郎
藤原真琴**名取裕子  高階権太**林隆三
佐々木英二**堀部圭亮  三船大介**利重剛
長谷川崇**戸次重幸  花房美和**白石美帆
速水晃一**西島秀俊
***** 

エアターミナル。
キャビンアテンダントの沙希は、友達の美穂に「またちょっと痩せた?」と言われながらも勤務していた。これからブリーフィングが始まる時、前からパイロットの島田が歩いてきた。
「おはようございます」と沙希は笑顔で声をかけた。美穂に先に行ってもらって、少しして、他の同僚が倒れている沙希を見つけた。
東城大学医学部付属病院の救急救命センターに運び込まれた。
そこは戦場だった。
沙希より先に運ばれたのが、桜南救急から運ばれた目黒和男さん。
50歳男性。6mの高所より転落。頭部打撲、前額部と左方に挫創
前胸部に打撲痕を認めます。現着時 意識レベル JCSで20.
意識障害あり。バイタルは血圧触診で90脈拍120
サチュレーション98%呼吸数20回です

高エネルギー外傷だ
救命救急医 長谷川(戸次重幸)に佐藤(木下隆行)救急センター副部長代理は外傷チェックをさせ救命救急医和泉(加藤あい)に末梢確保を命じた。
事はかなり迅速に運ばれた行った。
緊急電話が鳴った。
看護師の栗山(浅美れいな)が受けた。
空港内、28歳女性。意識障害。血圧88の48.脈拍61
サチュレーション拾わない。
佐藤が無理だ、他を当たってもらって戸声をかけた所に

「受けろsign03」一声かけたのが今回の主役速水晃一(西島秀俊)救命救急センター部長。
佐藤がこの患者でもう満床ですと言うのにもこだわらず、第3ベッドを外科病棟へ移動。初期治療はしっかり開始されているから大丈夫と言った。
移動モニター準備、セデーションしっかり効かして。

救急車が到着。

杉山沙希さん、空港で倒れている所を同僚が発見。
救急隊到着時意識レベル JCS30です。

和泉は意識障害が何分くらい続いたかと聞いた。
数分だが詳細不明。

特別愁訴外来 別名愚痴外来の田口公平(伊藤淳史)
ただ聞くだけですと言う、オペ嫌い。
特別愁訴外来看護師藤原真琴(名取裕子)が大事になさってくださいねと、足に打撲痕が見える患者に声をかけた。
田口に召集がかかった。救命救急に急ぐと、同期の和泉が居た。
患者の沙希が、2年前に愚痴外来に受信しているので、何かと期待して呼ばれた。
一度と聞いて、周囲は、もう帰ってと言わんばかりだったが田口は思いだした。

過去、大きな病歴は無し。父親は健在、母親は他界。
風で来院したのに何で愚痴外来へと和泉。
熱は下がったが気分が晴れない、からがだるいと愚痴外来へ回された。
沙希の夢はスチュワデスと言って古いねと言われた。今はキャビンアテンダント戸呼ばれていても同じこと。田口の記憶は正しかった。次の予約はすっぽかされたのまで覚えていた。

佐藤が事務長に呼ばれた。厚労省からの抜き打ち監査で、黒い服の集団が来た。

沙希が、起きあがってまた意識喪失。徐脈が出た。
モニタージャンクション波形が現れていた。硫酸アトロピン之注射でやっと正常になった。

「いきなり、こんな所で目を覚ませばそりゃビックリするよね」突然声がかかり田口は驚いた。白鳥圭輔(仲村トオル)だった。
光星労働省医療過誤死関連中立敵第三者機関設置推進準備室室長兼保険局特別監査室室長代理・・・さらに肩書が増えていた・・・
白鳥は「ワゴワーガル リフレックス(迷走神経反射)」と言うと、和泉遙が勝手に診断しないでくれる!と言った。
速水が出てきた、恐らくその通りだと言った。

田口は、白鳥が、医師免許、病理医と解剖医の資格も持っていると紹介。
~本日から、厚労省の抜き打ち監査が始まります。今回その対象に救命救急センターが選ばれた。

よろしくね、速水先生、と嫌味な口調で白鳥は言った。

ベッドで気付いた沙希は、時間を今5時だと聞いて、行かなくちゃと言った。
CTで頭蓋内も、異常なし。血液検査も貧血、低血糖、電解質も異常なし。
不整脈もなし。心臓も良く動いていた。それを聞いて帰ってもいいですねと沙希は言った。
和泉は失神の原因が分かっていないと言った。しかし、強制で入院させるわけにはいかなった。

廊下でグッチー@田口は白鳥に、何を企んでるんですか?と聞いた。
これは単なる監査だ。そう話している所に沙希が退院すると出てきた。
白鳥は適正な医療がなされているかと愚痴外来で訪ねた。
ジェネラルルージュ(血まみれ将軍)と言われている速水の事も田口は知らなかった。

沙希は、2か月前に突然振られた元彼の結婚式披露宴の二次会に律儀にも出ていた。
そこで、花嫁が妊娠中と聞いてまた失神し、左前腕部をグラスで切って、また入院した。
沙希の失神について、カンファレンスで意見をぶつけ合ったが、どうにも皆の納得がいかない。田口が、早紀の友人に聞いた話をした。2か月前に結婚の約束をしていた彼に振られた。なのに、披露宴の二次会で、花嫁の妊娠を知らされて、失神と、田口は報告。

和泉は、心因性のヒステリーと位置付けたが、それであんな徐脈にはならないだろうと言われて、チョン。
田口はさらに、最近フライト中にも倒れた事があったらしいと知らせた。
今夜はモニター下で様子を見て明日の朝一でエコーの再検査と脳波 MRIの評価を。

救命は、赤字続きだ。利益を上げろと言われた。そんなことできるわけがない。白鳥が、速水の部屋で聞いたのは事務長が、赤字が出る組織なら作り直すと、言っていた。

田口が、朝、早紀のベッドを訪ねると、食欲がないと、トマトジュースだけ飲んでいた。
気になったグッチーは、職場まで行き、友人の美穂に、最近の沙希の食事について聞いた。美穂は沙希のロッカーも見せてくれて、中には流動食ばかりだった。
朝一の検査は、どこも異常が無かった。田口が戻り、胃が痛いと言う沙希に、胃潰瘍という事は無いかと質問。幽門狭窄があると、迷走神経を圧迫すると、速水は言った。その原因は、スキルス?母親がスキルス性胃がんで亡くなっていた。
とりあえずは、胃カメラの手配をした。

田口は、食事時の沙希を狙って訪問。豆腐をかなりぐちゃぐちゃにしていた。
母親が、最期の半年、食べられなかったが、こうすると少し食べてくれたと言った。
自分もそうだと思っていたようだ。

速水が、男と話しているのを、偶然見かけた白鳥。そこへ来合わせた花房ナースが、声をかけた。男はそのまま消えた。誰だと聞く白鳥に、
「お前とは住む世界が違う男だ」と答えた。

和泉が、速水に報告書を持って行くと、あいにく留守だった。
何かを机上に見付けて、手に取った時、花房がノックして入って来た。

「盗み見なんてされないほうがいいと思いますけど」
「花房師長こそ女房気取りはされないほうが
いいんじゃないですか?」

火花が散った。

スキルスについてまた参考書を紐解くグッチー。
相談に乗るどころかそこのソファで寝る体勢になった白鳥eyesign03

翌朝、まだしっくりしないグッチーは、早紀のベッドへ向かうと叫び声がした。
鏡を割って、鋭利な方を自分の喉に向けた沙希が居た。
沙希は、
「もうどうせ私、職場には戻れない。
母は2回も手術して、でも結局眼で死んだんです。
食事もできなくなってどんどんやせて
私も同じ病気なんでしょう?」

「だから死ぬのか?」

「仕事もできないなら」

「もっと左だ。死ぬなら確実に動脈切らないとな。
残念ながらここは救命医だらけだ。
ちょっとやそっとの傷じゃ死ねねぇぞ。
まあ、本気で死ぬ気もないだろうけどな」

「本気よ、私は!」

「だったらやれよ。手が震えてるぞ。」

「ちょっと黙っててください、速水先生annoy
・・・・『飛行機が、地上から飛び立つ瞬間が好き。』
そう言ったよね。2年前愚痴外来で。」

「・・・予約すっぽかしたあの時の先生!?」

「諦めないってそう言った。君の病気はまだ診断されていない。
まだ早すぎる、絶望するのは元もっと先でいいんだ。
自分の未来をつぶすのはもったいない。・・・」

ま。これで、沙希は、死ぬのを止めた。

胃カメラの準備ができたと言われて、移動。
カメラが、食道を通った頃、突然沙希は心停止した。
速水は佐藤に代わって、蘇生に入った。
DCを持って来させライン確保した。
アドレナリン1アンプル。佐藤が挿管の準備というのを待ったして
アンビューだけでいいと言った。
カウンターショックするとしばらくして脈が戻った。

白鳥の前をふーっと息を吐いて速水が取りすぎた。
「そう言う事か」言いながら、白鳥は速水を目で追った。

マスクを払いのけた沙希は、またこちら側に戻ってきた。
ほっとしたグッチーは、ほほ笑んで沙希の近くによると、診察着の胸が大きく開いて、内出血が顔を出した。

廊下を追いかけた白鳥。
「知っててやったな。お前は彼女がああなる事が
分かっていたのに胃カメラをやらせたんだな。」

速水は、二っと笑った。

グッチーも沙希に質問。
前にに死のうとした事があるねと。
沙希は促されて、話しだした。

結婚しようと言ってくれた彼が、急に別れたいとと言いだした。
他の人と結婚すると言いだした。
沙希は、思ってもいないのに、そう、お幸せにと言う自分に嫌気がさして、首をつった。
所がひもが切れて死ねなかった。
内出血を隠しながら働いていた。
食欲がなかったのは、喉のせいだった。
首をつった時の圧力で、頸動脈に外傷性動脈瘤ができた。
それが急激に大きくなったために、食事や内視鏡の刺激を受けただけで、迷走神経を興奮させ、それが脳や心臓まで伝わった。
失神の原因は、頸動脈洞反射だ。

速水はさっき、あざを見た時全部気付いていた。動脈瘤の可能性にも、胃カメラを入れたら、発作を起こす可能性も。

スキルスの可能性も残ってたしな、と淡々と答える速水。
患者が真実を言わないから体に聞いたんだ。
病気はウソをつかない。正しく質問すれば、必ず応えを教えてくれる

大事なのは手段じゃない、患者が助かったという結果だ

そんなものは医者の傲慢だ

お前はあそこにいて、動脈瘤に気付かなかったのか?
厚労省の白鳥圭輔は、大した切れ者だと言っていたが、その程度かよ。

翌日、和泉が動脈瘤の切除と、バイパスの手術について話があった。
かなり危険を伴うが、失神はなくなると。
傷ができると仕事に差し支えると心配する沙希に、カテーテル治療をしましょうと速水が提案した。血管にカテーテルを入れて、動脈瘤を治療する。これなら体の負担も少ない。
カテーテルは足の付け根から入れるから、傷も気にならない。
難しい治療だが血管内治療は俺の専門だ。

高階院長に白鳥は面会した。
ここの救命は、救命の後に究明をして、いる。各科に渡す前の診断をしているので、予後が良いと言った。
バチスタ事件で地に落ちたこの病院の評判を取り戻す野にいいチャンスですよ、病院長。

具体的に問題ってのは、

あぁ・・ジェネラル・ルージュ

もう一つは、患者の精神面。これは田口先生にでもと言う事になった。
院長が読んでると、田口をせかした。工事現場で足を滑らせて落ちた人が、さっき速水が反していた男を見て、「メディカル・アソート」の人だと言った。
速水の部屋を訪ねると、カテーテルもダントツにメディカル・アソートの者が使われッていた。速水は優秀だからと答えた。

そこへ田口が来た。
病院長の指示で、救急精神医療責任者としてお世話になる事になりましたので御挨拶、。でも二人の中が気になるグッチー。

速水が言った。こいつは俺が勝てなかった唯一の人間だと言った。
医学部の同期だった。
こっちの話が終わってないと言う白鳥に、
お前には関係の無い世界だって言ったろ。と言う速水。現場を捨てたお前にはな・・・

初めのストーリーよりは、グッチーがかなり自由に、溶け込んでます。
劣等性ではないようですしね。
原作よりもドラマの凸凹コンビが好きな私は、またこのドラマが始まってすごくうれしいです。でもちょっと中だるみ(失礼)があったようで、夜中に見ていたら、すっかり寝てました。ずいぶん遅れましたが、これからアップします。

« 《龍馬伝》☆14 | トップページ | 《臨場2》★01 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

最後までこんな感じで進行するんですかね・・・。
ちょっと興味を持ち続けるのは難しそう。coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/48026149

この記事へのトラックバック一覧です: 《チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋》☆01:

» チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋第1話(4.6) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
チーム・バチスタシリーズ第2弾 特番の『ナイチンゲールの沈黙』を第2弾扱いしてたから、本当は第3弾(笑) 例によって、原作未読、劇場版も観てません ジェネラル・ルージュ=血まみれ将軍率いる救命救急センターが舞台なわけね。 田口公平@伊藤淳史は、救急センターのメンタルサポート役になり、 厚生労働省医療過誤死関連中立的第三者機関設置準備室室長 兼 保険局特別監査室室長代理 略してなんちゃら室長の白鳥圭輔@仲村トオルは 抜き打ち監査という名目で、救急センターが舞台のストーリーに関わっていくと。 第1話は... [続きを読む]

» チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 episode 1:失神 [あるがまま・・・]
こんな感じか〜φ('д'*)フムフム 今回はグッチー&白鳥コンビの掛合いよりも、白鳥vs速水のやり取りが面白そ〜{/onpu/} 確か原作では、田口と速水が同期だったような気がするけど、ドラマ版では 白鳥と速水が同期・・・やはりこの作品も初っ端から原作をイジってきたか〜{/ee_3/}{/ase/} だけど、長身のトオルちゃんと西島くんのツーショットがたびたび見られるのかと思えば その設定にも目をつぶろうではあ〜りませんかっ{/face_tehe/} 今まで白鳥は、口では誰にも負けてなかったのに、... [続きを読む]

» チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 [yanajunのイラスト・まんが道]
2008年秋の連続ドラマ『チーム・バチスタの栄光』、2009年のスペシャルドラマ『ナイチンゲールの沈黙』の続編として、連続ドラマ『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』が毎週火曜よる10時フジテレビ系列にて放送されています。一昨日は第1話が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

» 血まみれ将軍の家来ドクターなのですーっ(加藤あい)パパとはおつきあいできないよ(北乃きい) [キッドのブログinココログ]
こけしとライフが激突である。・・・意味不明すぎるぞ。 まあ、日テレ火10敗退後、フジ(関西テレビ)にNHK総合がチャレンジである。 のほほんとしていたのに・・・うかうかしていられないのだった。 まあ、ドロドロ系とサッパリ系でこけしが一応、掴んだ感じになりました。・・・意味不明もいい加減にしなさい。 ... [続きを読む]

» BLEACH&ジェネラル [別館ヒガシ日記]
は強い刀獣VS千本ら&副隊長だが 村正ラストの副隊長&千本ら版だけども 刀獣オリジ&&& などの 副隊長メインで特に悪く... [続きを読む]

» 「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」第1話 [またり、すばるくん。]
Episode1:失神 視聴率12.4% [続きを読む]

» チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第1話 失神 [レベル999のマニアな講義]
『失神』内容男性患者・目黒和男(嶋田久作)の処置をはじめたばかりで、満床状態の東城大学医学部付属病院救命救急センターに、空港で意識を失ったCA杉山沙希(田畑智子)の受け入れ要請が入る。副部長代理の佐藤伸一(木下隆行)は、反対するが、センター部長の速水晃...... [続きを読む]

» 【チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋】第1話 [見取り八段・実0段]
ドラマ「チーム・バチスタの栄光」(’08年)の続編。心療内科医・田口(伊藤淳史)と厚生労働省の官僚・白鳥(仲村トオル)が、天才外科医・速水(西島秀俊)と共に患者の病因に迫る。救命救急センターに意識障害で倒れた沙希(田畑智子)が搬送される。2年前に沙希の問...... [続きを読む]

» ジェネラル・ルージュの凱旋 #01「失神」 [昼寝の時間]
公式サイト 噂には聞いていましたが、重い公式サイトだなぁ。うちのPCが古いのか。 [続きを読む]

» 新ドラマ「チーム・バチスタ2ジェネラル・ルージュの凱旋」第1話 [日々“是”精進!]
 あの田口&白鳥コンビに天才救命医が加わり、再び挑む前代未聞の“救急医療ミステリー”ついに登場。海堂尊氏のベストセラーが原作の連続ドラマの第2弾。オリジナルストーリーとミステリーを加えて送る。episode1「失神」重症患者の対応に追われる東城大医学部付属病院...... [続きを読む]

» チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第1話 [paseri部屋]
「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」(第1話)を観ました。出演:伊藤淳史 仲村トオル 加藤あい 木下隆行(TKO) 浅見れいな 松坂桃李 足立理 竹内太郎 名取裕子 林隆三 堀部圭亮 利重剛 戸次重幸 白石美帆 西島秀俊心療内科医・田口(伊藤淳...... [続きを読む]

» チーム・バチスタ2~ジェネラル・ルージュの凱旋~ 第1話 [ドラマハンティングP2G]
東城大学医学部付属病院・救命救急センターでは、医師の佐藤伸一(木下隆行)ら救命チームが次々と運び込まれる患者の対応に追われていた。そんな中、空港で突然意識を失ったキャビンアテンダント・杉山沙希(田畑智子)を搬送したいとの連絡が入る。佐藤はすでに満床だと断..... [続きを読む]

« 《龍馬伝》☆14 | トップページ | 《臨場2》★01 »

最近の写真