無料ブログはココログ

« 《ブラッディ・マンディ シーズン2》#最終話 | トップページ | 《コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命The 2nd season》★最終回 »

2010/03/22

《龍馬伝》☆12

『暗殺指令』(あらすじ)

龍馬(福山雅治)は、半平太(大森南朋)らが結成した土佐勤王党に入り、沢村惣之丞(要潤)と出会う。沢村は、長州は久坂玄瑞(やべきょうすけ)らが今にも攘夷(じょうい)を決行しようとしていると話す。龍馬は玄瑞に会いに、長州へと旅立つ。玄瑞は龍馬に、日本は異国に不公平な条約を押し付けられたのであって、幕府や藩などにこだわっていては、攘夷は実行できないと、熱く語る。そのころ、弥太郎(香川照之)は喜勢(マイコ)と結婚。半平太は、すぐにも攘夷実行のために決起すべきだという勤王党を抑え切れなくなっていた。

CAST
坂本龍馬*福山雅治 岩崎弥太郎*香川照之
武市半平太*大森南朋 平井加尾*広末涼子
岡上乙女*寺島しのぶ 千葉佐那*貫地谷しほり
岡田以蔵*佐藤健 後藤象二郎*青木崇高
久坂玄瑞*やべきょうすけ 坂本千野*島崎和歌子
岩崎喜勢*マイコ 柴田備後*北見敏之 
坂本権平*杉本哲太 平井収二郎*宮迫博之
沢村惣之丞*要 潤 武市冨*奥貫薫
岩崎弥次郎*蟹江敬三 吉田東洋*田中泯
岩崎美和*倍賞美津子 山内豊信*近藤正臣

*****

下士と上士の争いを、一人で収めた事から、吉田東洋に、明日から登城制、新お小姓組にとりたてると言われた龍馬。即答を避けて、戻った。
武市は、下士に声を懸けて『土佐勤王党』を起こした。

「土佐で最初に血判を押すがは 龍馬 おまんじゃ!」

龍馬・・・仲間になってくれ!おまんなしではいかんがぜよ。と口々に言われ、龍馬も血判を押した。

勤王党派200名からの大所帯になった。
王とは、京におわす帝の事で、我らは、帝のために働く党であると武市は明言した。
我らが目指すは尊王攘夷と党の皆を鼓舞した。

収二郎、以蔵と龍馬が飲んでいると、わしにも飲ませてくれと沢村が顔を出した。

「坂本は他の者と違う匂いがす。
おまんはどこかさめちゅう。
おまん本当に、武市半平太の考えに同意しちゅうがか?

ワシは、武市にはがっかりじゃ」

沢村がほえた。以蔵達はいきり立った。それを龍馬が押さえた。

「ワシらを集めて尊王攘夷をぶちあげたは
良いけど、あれから何日たっちゅう?
武市は何ちゃあしようとせん!」

すぐに長崎へ行ってそこら辺にいる異人どもを切り殺したら良いと沢村はいきり立っていた。
上士を見ろ、久坂玄瑞を要として尊王攘夷を今にも決行しそうだと情報を与えた。
龍馬は聞いた、久坂は吉田松陰の一番弟子で長州攘夷派だった。

武市半平太は、土佐藩に攘夷の意見書を出した。だが、東洋は、それを見ようとはしなかった。
武市は、吉田が東洋が、意見書を握りつぶしているのを知っていた。
攘夷攘夷と騒ぐのは、なぜか?武市は、異国からの侵略を防ぐと言っているが、それは誠か?龍馬は分からなかった。そこで武市に、龍馬が久坂玄瑞に会って上を知りたいと言うと、長州へ行って来いとすぐに紹介状を書いてくれた。会いたい人には労をいとわず、会いに行くという龍馬の生き方の始まりだった。

弥太郎の人生も大転機を迎えた。
喜勢が嫁に来た。
弥太郎が、肥えダメに落ちてもがいている所にたまたま通りかかって助けてくれたのが馴れ初めだと父、弥次郎は、皆に披露した。
吉田東洋に郷回りにしてもらい、羽織を初めて着た。嫁をもらえる身分になったと心底東洋に派感謝していた。

文久2年(1862年)1月14日に龍馬は萩に到着。
久坂に面会した。
吉田松陰が、アメリカに渡ろうとしたのは敵を知るためだった。それによって日本を侵略から守るためと考えていた事も、分かった。
龍馬は攘夷がどんなものか分からないと教えを請うた。

日本は本当に異国に侵略を受けているのか?
アメリカは戦をしかけて来ているわけではなく日本と交易を始めただけだ。それがそうして侵略になるのか?

久坂は良い問だと言い、そこが分からなければ、攘夷はできないと言った。
確かにアメリカは、大筒をぶっ放して日本に上陸してきたわけではない。
しかし、間違いなく日本は、侵略されつつある。
良いですか、日本はこんな不公平な約定を結ばされた。と言って、菓子を小判に見立てて話してくれた。
日本の小判1枚とアメリカの銀貨5枚と交換できる。
でも本当は、小判は、その3倍銀貨15枚の価値がある。

聞いて龍馬は驚いた。
幕府は無知に付け込まれた。
日本の金はどんどんアメリカに吸い取られていた。
日本中の物の値段は上がりどんどん人々の暮らしは、苦しくなってきていた。
日本は素寒貧になってしまうと、初めて龍馬も慌てた。

「一君万民」松陰先生の教えで我らは全て京の都の天使様の臣下。
徳川とて、僕らと同じ帝の一家臣にすぎないと。
攘夷は誰のためか?日本のためでしょう!帝の御ためでしょう。

尊王攘夷!にもいかかわらず、日本をこんなありさまにした幕府など最早無用のもの、ましてや藩などは!日本を守りたいなら、脱藩してでも、立ち上がるべきじゃ!

龍馬には、驚きだった。

久坂は、紙に「脱藩」と書いた。坂本さんは松陰先生から何を学ばれたんですか?
そう言われても、アメリカ之船に乗ろうとしている松陰を見かけただけの龍馬は、答えられない。

志があるなら、実行あるのみ!」そう教えられたのではないのかとと詰め寄られた。
日本はもう待ったなしです。
坂本さん、立ち上がりましょう!飛び出しましょう!戦いましょう!

武市の勤王党は、押さえが利かなくなっていた。
東洋に出す意見書は、上には通じていなかった。
雨が上がった日。駕籠には乗らずに、登城すると言った日、武市は、勤王党を率いて、東洋の屋敷に押し掛けた。意見書の答えをくれと迫った。
大殿さまは、徳川からこの地を拝領した。それを徳川に立てつくとはと言われ、すがりつく東洋を足蹴にし、象二郎にもけられて、武市は、悔し涙を流した。
東洋が、あまりに坂本を誉めるので、象二郎には、納得がいかなかった。

萩から戻った龍馬は弥太郎の家に行った。
間に入ってくれた弥太郎の顔をつぶしたのではと、東洋の申し出を断った事を聞いた。

大出世の道を捨てて、おのれの一念を貫くとは、偉いと、龍馬を見直したと言った。

実は弥太郎、ワシは皆と同じ気持で勤王党に
入ったわけじゃないぜよ。
此度の長州への旅でワシはそれがよう分かった。
わしゃ日本人じゃき。この国を守りたいと思うちゅう。
勤王党にも自分の居場所がないと弥之介に心中を語るが、嫁を貰った手前、もっと出世がしたい、弥太郎は、龍馬のけった地位につきたかったので、話がかみ合わなかった。

弥太郎に、土佐を出たいと思ったことがないか?と聞く龍馬。
上士、下士に縛られず、自分のやりたいように生きてみたいと思った事がないかととさらに聞いた。
勤王党にも龍馬の居場所は無かった。

ワシは脳、人もうらやむ可愛い嫁を貰ったから出世して嫁に良い暮らしをさせてやることこそが男の生きる道だ、とピントはずれな事を言った。

勤王党を選んだ事を後悔してるのかと聞かれて、それは違うとうち消したが、

弥太郎はさらに、けさ勤王党の連中が吉田さまの屋敷に駆け込んで武市が足蹴にされたと知らせた。龍馬はもう出世の美k地には戻れないと言ってのけた。

慌てて武市の家に駆けつけると、武市は、プライドも何もかも傷つき、唸っていた。
武市の中で、二人の半平太が、いた。

「このままで終わるのか。
武市半平太と吉田東洋は、水と油じゃ。
ヤツは未来永劫、おまんの敵ぜよ。
ここで終わったら、攘夷の火は消えるぞ。
土佐の将来も日本の将来も、そして・・・
おまんもお終いぜよ。
おまんは柴田様に見限られ、加尾に恨まれ
収二郎や以蔵たちから見下されるがじゃ。
泣くな武市。ワシにえい考えがあるきに。
わしはおまんの味方ぜよ。」

やめろ、と言いつつ、泣いていた武市は、悪魔のささやきに、屈した。

走って武市の家に着いた龍馬。
血だらけで帰り、わけのわからん事を喚き、そのままひっくり返ったと冨から聞かされ、驚いて、武市の寝ている部屋へ行った。
武市は布団の上に座っていた。穏やかに

「おお、、龍馬」と答えた。

吉田様に足蹴にされたのは本当かと聞く龍馬に答えず

「・・・こんなえい考えを、どういて今まで思い
つかんかったがかのぉ・・」

「はい?!」

「龍馬。東洋を切ってくれ。」

「何を言いゆうがですか。武市さ・・」

吉田東洋を・・切れ!龍馬!」

一方、弥太郎の所へは、後藤象二郎が、顔を出した。
龍馬が推挙してくれたものと勘違いした弥太郎は一命を懸けてとかしこまるがお前の命はいらないが、坂本を殺せと命令された。東洋が気に入っているのを脅威に感じたからですね。

こうして武市は、気に入らない、邪魔をする相手を、消していく事を思いついた。

*****
今までの感想は、こちら

土曜日が、研修会で、日曜日が13時間のボランティア。
ドラマのレビューが遅れました。

« 《ブラッディ・マンディ シーズン2》#最終話 | トップページ | 《コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命The 2nd season》★最終回 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
龍馬伝も一つの山場に差し掛かりましたね
東洋暗殺で土佐はどう変わるのでしょうか、そして龍馬は!?
目が離せないです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/47882693

この記事へのトラックバック一覧です: 《龍馬伝》☆12:

» 天下の時勢切迫致し候、文久辛酉の年日本海海戦(坂本龍馬) [キッドのブログinココログ]
文久元年(1861年)は西洋列強諸国による日本列島争奪戦の幕開けの年である。 その発端は万延元年(1861年)に勃発する米国の内戦、南北戦争と言っていいだろう。 日本列島は北からロシア、西からイギリス、南からフランス、東からアメリカに狙われていたわけだが、その東側で圧力が減衰したのである。 幕府は開... [続きを読む]

» 龍馬伝 暗殺指令 [のほほん便り]
なんだか、脱藩へのカウントダウン。その諸事情、その経緯が細かく描かれた感の回でしたね。なるほど、第一部の最終回直前 東洋の誘いで上士になるか、武市半平太(大森南朋)たちの土佐勤王党の仲間になるか。迷いあぐねて、土佐勤王党の連盟に名を連ねた龍馬(福山雅治)。 それは、彼を止める目的でもあったのですね。この武市たちを筆頭とした、署名は、じつに二百名をも突破した、一大勢力となり、上士も一目おくほどになったのでした。 一方。飛躍的スピードで成長する龍馬の器。そんな彼を見て「違う匂いがする」... [続きを読む]

» 福山雅治『龍馬伝』第12回★吉田東洋憎し 武市ダークサイドへ堕ちる [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』 第12回「暗殺指令」  鳩山邦夫氏が、薩長同盟を引き合いに与謝野氏と舛添氏の接着剤になるとして、自らを”坂本龍馬”になぞらえるという、身の程知らずも甚だしい茶番劇がありましたけど、そういう自称・龍馬は放っておいて、今週も『龍馬伝』に集中、集中・・・・。 【 要潤登場 】  武市の門弟たちに傅かれた龍馬(福山雅治)は、血判を押して土佐勤王党入り。  その勢力は200名をこし、一大勢力に・・・。  龍馬と話をする収二郎(宮迫博之)や以蔵(佐藤健)は、上士も、一目を置... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「龍馬伝」 #12 暗殺指令 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
土佐勤皇党の加わることを決意した龍馬。 血判を押しました。 これからさらに混迷の度を深める土佐・・・。 [続きを読む]

» 「龍馬伝」第12回 [日々“是”精進!]
   第12回「暗殺指令」龍馬は半平太らが結成した土佐勤王党に入り、沢村と出会う。沢村は、長州では久坂らが今にも攘夷を決行しようとしていると話す。龍馬は久坂に会うため長州へ旅立つ。久坂は龍馬に、日本は異国に不公平な条約を押し付けられたのだから、幕府や藩...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者12土佐の歴史を知らぬ者の意見は参考にすらならない!龍馬は久坂から脱藩のすすめを受けて枠に捉われない行動を目指し始めた [オールマイティにコメンテート]
21日大河ドラマ「龍馬伝」第12話を視聴した。 今回は土佐土佐勤王党に入党した龍馬だったが、 土佐勤王党の考えに同調した訳じゃなかった。 そんな中龍馬は長州の久坂に会おうと 土佐を離れ長州へ向かったのだった。 そして久坂に会って松陰が無くなっている事を知....... [続きを読む]

» 龍馬伝「暗殺指令~羨望のヒーロー」 [よかったねノート 感謝の言葉にかえて]
「龍馬伝」第12話。 ぶっそうなタイトルであります。 そろそろ頭角を現す龍馬となってきており、 その言動行動に土佐藩の重鎮、吉田東洋にしても期待をかけていました。 感想を述べるにしても、ドラマにのっとって語らせて頂く気楽さを感じます。 この「龍馬伝」の立役者の... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「龍馬伝」第12回「暗殺指令」 [真田のよもやま話]
暗殺指令っ!ちょっとちょっと、誰が?{%顔文字驚きhdeco%}誰を?{%顔文字?hdeco%}予告編では驚天動地、龍馬君は藩を出るの出ないの言ってるし、ハンペン先生は足蹴にされてるし、弥太郎君は、や、弥太郎君は・・・ウソおおおおおおおっ!{%顔文字驚きhdeco%}... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第12回 [悠雅的生活]
〜暗殺指令〜 [続きを読む]

» 竜馬伝 #12 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
ダブルで暗殺!!? なんかすごいことになってます。 弥太郎は自分のことばかり考えてますね。 かみ合わない会話が面白かったです。けど… あれで三菱になれるんでしょうかwwww(オイ これからの進歩に期待です。 武市さんはついにブラック覚醒! 東洋を暗殺すること....... [続きを読む]

» 龍馬伝 #12「暗殺指令」 [昼寝の時間]
安政7年、万延元年~文久2年(1860~62)、24~26才(1836年生として [続きを読む]

» 龍馬伝 第12回「暗殺指令」 [平成エンタメ研究所]
 半平太(大森南朋)の物語でしたね。  現実が上手くいかない時、人はどう行動するか?  言葉による説得、弥太郎(香川照之)のように口利きをしてもらって実現するという手もある。  でもすべてがダメだった時、人は<力><暴力>に訴える。  明治維新はある意味、革命だと思いますが、<革命>はこうして起こるんですね。失敗すれば<反乱>になる。  そして、<革命>(あるいは戦争)には自らの行動を正当化する大義名分が必要。  半平太の場合は<攘夷>。  半平太や幕末の志士たちは純粋に<攘夷>を信じていたかもしれ... [続きを読む]

» 龍馬伝 第12話「暗殺指令」 [ぷち丸くんの日常日記]
龍馬(福山雅治)は、半平太(大森南朋)たちが結成した土佐勤王党に入り、 沢村惣之丞(要潤)と出会う。 沢村は、長州は久坂玄瑞(やべきょうすけ)たちが今にも攘夷を決行しよう としていると話す。 龍馬は玄瑞に会いに、長州へと旅立つ。 玄瑞は龍馬に、日本は異国に不公... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第12回『暗殺指令』 [徒然”腐”日記]
今書いてた記事・・・・アップ寸前でパソコンが・・・・・まさかのフリーズ状態に〜〜〜〜〜〜(泣)なので簡易感想です・・・・・・・・ネタレ注意個人的感想レポ&突っ込み満載なので苦手な方はバックプリーズ土佐勤皇党に入るべく血判を押す龍馬。意外とあっさり押して...... [続きを読む]

» 「龍馬伝」第十二話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
久坂玄瑞と沢村惣之丞と坂本龍馬。 吉田東洋と後藤象二郎と武市半平太。 第十二話『暗殺指令』 [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第12話 [またり、すばるくん。]
第12回「暗殺指令」 視聴率17.7% [続きを読む]

» 【龍馬伝】第12回感想と視聴率「暗殺指令」 [ショコラの日記帳]
第12回の視聴率は、前回の21.4%から下がって、17.7%でした。初めて20%を切ってしまいました。この3連休は、どのドラマも視聴率が低いですが、それにしても急落ですね。次回は、第1部の最終回。20%台に戻して欲しいものです。* * *弥太郎、ご結婚、おめでとう♪お...... [続きを読む]

» 龍馬伝 第12回 暗殺指令 [レベル999のマニアな講義]
『暗殺指令』内容土佐の多くの下士たちを集め、“尊皇攘夷”を旗印にする“土佐勤王党”を結成した半平太(大森南朋)たち。半平太たちは、龍馬(福山雅治)に参加を促す。“おまんなしでは、いかんがぜよ”下士たちの想いを受け、覚悟を決めた龍馬は、血判状に署名。その...... [続きを読む]

» 龍馬伝 第12回 暗殺指令 [レベル999のマニアな講義]
『暗殺指令』内容土佐の多くの下士たちを集め、“尊皇攘夷”を旗印にする“土佐勤王党”を結成した半平太(大森南朋)たち。半平太たちは、龍馬(福山雅治)に参加を促す。“おまんなしでは、いかんがぜよ”下士たちの想いを受け、覚悟を決めた龍馬は、血判状に署名。その...... [続きを読む]

» ★「龍馬伝#12」二つの殺意がっ!! [・*:・ふわゆら生活・:*・]
ついに血判押しちゃった〜龍馬ぁ〜「よう決心してくれた」・・・って。。武市さんええ〜〜ちょっとそれはちゃうやろ〜〜それに!龍馬はまだ迷ってるはず。。坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯) 桂小五郎(谷原章介)乙女(寺島しのぶ) ...... [続きを読む]

» 龍馬伝12 「暗殺して♪」 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
龍馬よいしょドラマも遂に、4分の1の第12回。「なんて素直な お人じゃ」年下の久坂玄瑞に頭を下げ脱藩してでも攘夷をすべき事を学び、出世を捨て日本人として物事を考える龍馬「わしの顔 見いや!」 自分の出世しか頭にない弥太郎土佐藩にこだわる了見の狭い武市今...... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第十二回 [見取り八段・実0段]
龍馬は土佐勤王党の誓約書に血判を押した。龍馬が仲間になった事を、以蔵や収二郎は素直に喜ぶ。しかし、武市は言う。おまんが勤王党へ入ったがは、わしを止めるためじゃろ。それでもいい。おまんは、わしにとって心を許せる唯一の人間じゃ。わしの側にいてくれるだけで良...... [続きを読む]

» 龍馬伝第12話 [paseri部屋]
「龍馬伝」(第12話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,広末涼子,宮迫博之,杉本哲太,要潤,佐藤健,奥貫薫,青木崇高,やべきょうすけ,マイコ,田中泯,蟹江敬三,倍賞美津子,近藤正臣土佐勤王党に加盟した龍馬(福山雅治)は、長州に久坂玄瑞(やべ...... [続きを読む]

» 龍馬伝 第12回「暗殺指令」 [みはいる・BのB]
『龍馬伝』のお時間です。 あらすじ・・・・・・ [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第12回:暗殺指令 [山南飛龍の徒然日記]
武市さんが壊れました(´;ω;`)【今回の流れ】・土佐勤皇党に加わった龍馬 攘夷の事を知りたいと、長州の久坂玄瑞へ会いに行く事に 武市半平太も龍馬を快く送り出す・久坂玄瑞に会った龍馬は、幕府とアメリカが結んだ不平等な条約を知る 日本は既に侵略されつつある...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第12回 「暗殺指令」 [くまっこの部屋]
暗殺指令というタイトルからいよいよ例の事件か、というところですが、今回は武市がそ [続きを読む]

« 《ブラッディ・マンディ シーズン2》#最終話 | トップページ | 《コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命The 2nd season》★最終回 »

最近の写真