無料ブログはココログ

« 《曲げられない女》#08 | トップページ | 《ブラッディ・マンディ シーズン2》#07 »

2010/03/06

《ヤマトナデシコ七変化》#08

『勇気が出る丘』(あらすじ)

同窓会でのスナコ(大政絢)の頑張りを見た恭平(亀梨和也)は、自分もコンプレックスと正面から向き合うことを決意し、母親・亜紀(麻生祐未)の元へ向かう。スナコは美音(高島礼子)から、恭平の過去を聞かされる。そんな折、蘭丸(宮尾俊太郎)の婚約者・珠緒(浅見れいな)が下宿を訪れる。蘭丸は「親同士が勝手に決めたことだ」と言い、婚約を破棄しようと画策する。

CAST

高野恭平 - 亀梨和也(KAT-TUN )
遠山雪之丞 - 手越祐也(NEWS
中原スナコ - 大政絢
織田武長 - 内博貴
森井蘭丸 - 宮尾俊太郎
中原タケル - 加藤清史郎
笠原乃依 - 神戸蘭子
真一 - 大杉漣
*****

まぶしいものを見るとついひきこもりになってしまうスナコが、頑張って同窓会に行った。
そして言いたい事を言って来たのを見た。

チャイムが鳴り、たいへん大変と言いながら雪之丞が、駆け込んできた。客は、蘭丸の婚約者だった。

蘭丸は、政略結婚させられそうだったが、彼の好きな女の条件は
①エロイ ②遊んでる ③後腐れがない

下で待つ、菊乃井玉緒は、箱入りで、女子高育ち。無表情で、男と口をきいたことがない。
5歳で婚約したが、その時話してまったく蘭丸のフェロモンがきかなかった。
今回は変わっただろうとと、恭平武長に押し出され、

「久しぶりだね、ハニー」と迫ったが
「恐れ入ります」で、おしまい。

スナコには、。お嬢様ビームが胸を射抜いた。
蘭丸の父からの預かり物と、結婚式の招待客の名簿を見せられ、我に帰った蘭丸。

慌てて、父に電話するがすぐに切られてしまった。
そろそろ、一人の人と付き合ってみたら?
向き合うのが恐いんだろうと、3人に責められて、蘭丸も、ドッキリ。
俺は自分しか愛せない男なんだと答えた。

というわけで、俺は絶対結婚なんかしないからと、宣言。

武長は、誰にでもコンプレックスはあるんだねと結論。そして恭平を見た。

恭平は、スナコに、今からでもいいか?と付き合ってくれるかと話た事を実行しようとした。
一面菜の花畑。スナコは、まぶしいを連発。
恭平は、昔母親二人で来た所だと言った。

『勇気が出る丘』
ガキのころ俺のせいであんま家に居られなくなって。
家には、女の子たちが群がって部屋にも入れない状態だった。
そんな時は母は、恭平の腕を掴み、おいで恭平。
ここはね、「勇気が出る丘」っていうんだよ。
お母さんが勝手にそう呼んでるんだけど。
(寝転がって)
このおっきい空の下。沢山の人が泣いたり笑ったりしてる。
そしたらさ、一人じゃないって気がしない?
恭平、世界は広い。・・なんか勇気が出るでしょう。
もう少し前をむいてみようって。
だから勇気が出る丘なの。

弁当持って、海老フライ食べて、そしたら元気になった。

スナコに、コンプレックス持った事無い人に何が分かると言われた事があった。
俺さあ、ずっと自分が嫌いだった
最後の方は、母親にも、結構きつい事言われて
もうどうでも良くなって、家族とかもう考えなくなって
でも、俺ももう、ケリつけてくる。
そう思えたの、お前のおかげだからさ。
お前にちゃんと、ここで言いたくて。

「心配するからみんなには言うなって。
ケリつけるってどういう事?」
テレビ電話で、おばちゃまにこっそり聞くスナコ。

恭平が2年前家を出たのが、お母様との事が
原因だったらしいの。恭平は一人っ子で
お父様は、単身赴任が多かったらいから
お母様はずっと一人で家庭を守っていらしたのよ。

『そんな顔に生むんじゃなかった。アンタがいると迷惑なんだよ!』
『恭平ごめんね、お母さん疲れた・・・』

それを聞いてタケルは、泣きそうに言った
「酷いよ、お母さんがそんなこと言うなんて」

「あのね、タケル、心だって風邪をひくのよ
雨に濡れたり、無理したりしたら体は風邪をひくでしょ。・・・
心が風邪ひいたの」

ここらへんは、カウンセラーみたいですね。

無条件に愛してもらえる人から
その外見のせいで、愛してもらえない。
誰にも自分の中身を見てもらえない
。〗

実家のベルを押す恭平、留守なのか誰も出ない。
諦めかけて後ろを振り向くと、そこに母が居た。
家の中で母は極度に緊張していた。
お互いに元気そう、とか、探る感じだった。
同時に井射かけて、恭平は母に先を譲った。

「この2年間、、ずっとあなたの事を考えてた。
あなたを傷つけて、あんなひどいこと言って
ごめんなさい、ホントに。ごめんなさい、ごめんなさい」

泣きながら、やっと吐き出すように行って、両手を畳に着いた。

「何言ってんだよ。心配掛けたの俺の方だしさ、
勝手に家出て、迷惑ばっかりかけてたし。
俺の方こそごめん。
今日はそれ ちゃんと言いたくってさ。」

母はありがとうと言って泣いた。慌てた恭平は、ポケットを探ったが、
ハンカチは無く、ティッシュを差し出した。豪快に鼻をかむ母に、
少し和んだ。そこへ、父が襖を開けた。
恭平!と驚いて声をかけたが、急に大阪出張が決まり、荷物を取りに来たと
言い訳がましく言った。

出張から帰ったら3人で食事にでも行こうと言った。
仕送りも受けず、大学へは言っているのかと聞くあたりは親ですね。

おいしいイチゴ大福があるのよ、恭平好きだったでしょ。

言われて、なんだかほっとして、肩の荷が下りた恭平だった。
部屋には、親子3人で映っていた写真が、ビリビリに切り裂かれたのを元に
セロテープで治して写真立てに入れてあった。それを見て自然と笑みが
こぼれる恭平。

下宿のテーブルをもう10分も拭いているスナコに、武長と、雪之丞は
何かあったのかと聞いた。そこへ恭平が帰宅。テーブルに突っ伏していた
蘭丸がガバット起きて、こうなったら、嫌われてやると言いだした。
恭平は、スナコの肩をポンと叩いて笑顔を向けた。スナコはほっとした。

翌日、蘭丸は、玉緒に嫌われるべく恭平の前をしたり、雪之丞、武長まで真似したが
全て、お嬢様ははぐらかした。そこで、3人の遊び相手を呼んだ。2階で、3人があまりに可哀想過ぎると、心配していたが、玉緒は、皆さまのように魅力的な女性になれるように精進しますと言って、彼女たちを感心させた。
戻って行くとき、見かねた雪之丞が、もう一度考えた方がいい、と言うと、実はと見せられたのが、お見合いの日の写真。蘭丸は横を向いているが、玉緒はあった途端に、一目ぼれしたので、叶わぬ事とは知りながら、今まで形式的にもつながって居たかったと話した。

真一マスターの店で珍しく3人が座っていた。
蘭丸が、「自分しか愛せなくなった」のにも理由があんだろうと言いだした。

「俺はね、生まれた時から美しい少年だったの。
誰もが振り向く美少年で蝶よ花よと育てられモテテモテテ
モテまくり、・・」

「そんなお前が初めて人を好きになった 小学生
違うな中学生のころだな。だが婚約者がいるお前の恋を
親が許すはずもない。父親が裏から手をまわして
お前たちを引き裂いた。」

(雪)
てか、当たってんの?

(真)
駆け落ちの約束でもしたか?
しかし、彼女は来ない。
そしてお前は数日後見てしまった。
彼女が他の男と楽しそうに歩く姿をな。

(武)
つまり初恋の彼女に浮気されたってこと?

(蘭)
そうさ。俺は哀れなピエロさ。
俺は悟った。信じたって裏切られる。
この世に真剣な恋などない。

(真)
まあ、その気持はよーく分かるけどなぁ。

また来るわねと書かれた美音の色紙に向かってパンパンと手を叩くマスター。

武長が言った。
それは分かる、好きとかさ、そんなに簡単に言えないよね。
ずっとそばに居てくれるとは限らないのに、・・・

それを聞いて、皆のワインを飲むjピッチが急に早くなった。
驚く恭平。
蘭丸は、泣きながら、どうせ俺は自分しか愛せないと騒いでいた。

一方、雪之丞に、玉緒の相談に乗ってやってと言われた乃依が、
スナコの部屋で、酔っぱらっていた。そのうち玉緒の方もペースが上がり

どうせ私なんて、好きな人の前では、
緊張しちゃってカチンコチン・・・
それがワインでほぐれてかなりゆるゆるになった。

乃依は、ただ武長に付きまとってるだけと言いだした。
武長は、付き合って戸も言えずに、悩んでるのにね。

スナコは乃依に今恭平に恋してると言われた。
恭平が悲しい時は悲しい。
嬉しい時は嬉しい。
それが恋なのよheart01

マジでsign01違エーし、マジでsign03
そう言いながら恭平にもらったブレスレットを握り締めた。

真一の店では、恭平が軽く乗っていた。
どうしたと聞かれて、親と会って来たと答えた、皆が一瞬緊張。
自分の写真が飾られていい雰囲気だったと答えた。

コンプレックスなんか吹っ飛ばせ!と威勢が良い恭平。
真一が、ドンぺリを開けてくれた。

帰宅した恭平は、キッチンで空き瓶を片付けに来たスナコと会った。
ここで食事をしようと言うのをスナコは、海老フライ、恭平が作ったのでと
提案した。

当日、母しか来なかった。海老フライをおいしいと言ってくれたが、
恭平にとっては、懐かしい思い出の「勇気が出る丘」だったが、母にとっては
やっと忘れられそうな、場所だった。過呼吸気味になった母は、ヒステリックに
「あなた、何にもわかってない。不安神経症だって言われて
でもやっと治ってきたのに、どうしてわざわざ、そんな一番
思い出したくない事を言ったりするのよ。」

料理を床へ落とし、自分もかつての、警官の言葉だの、恭平を出せと叫ぶ女どもの声がして椅子から落ちた。慌てて駆け寄る恭平に

「やっぱりあんたなんか、産まなきゃ良かった」

叫び続ける母。病院で、やっと落ち着いて眠りに落ちた。
父から電話で、

「母さんにはもう会わないで欲しい」

強がりで、快適だし仲間もいるしって言ったって、母との絶縁を宣告されて、
可哀想な恭平@亀ちゃま。一緒に泣けました。

来週は美音が、タケルと一緒に帰宅するようです。
せっかく短気が治った恭平でしたが、スナコに当たってましたね。

スナコの表情が、なかなか良くなってきましたね。
自分の気持に気付いていないのが、かわいいです。
神経症的な親を持つと、なかなか、大変です。
今、介護を図らずもする事になっていますが、時間はかかりますね。

******
今までの感想は、こちら


« 《曲げられない女》#08 | トップページ | 《ブラッディ・マンディ シーズン2》#07 »

ドラマ(や)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/47741245

この記事へのトラックバック一覧です: 《ヤマトナデシコ七変化》#08:

» まっすぐな男 曲げられない女 [5分で追いつける!今話題の連ドラニュース速報]
黒tobirisuの黒々日記 107【世間の評判はこんなもんらしいこのクールの ... 2)『曲げられない女』 13.87% 3)『不毛地帯』 11.55% 4)『ハンチョウ シリーズ2』 11.51% 5)『泣かないと決めた日』 10.47% 『オリ☆スタ』のランキングと重なるのは1位だけ。 平均視聴率では『特上カバチ!!』が6位(9.72%)。6位ですでにヒトケタって ...(続きを読む) 《ヤマトナデシコ七変化》#08: まぁ、お茶でも トラックバック. この記事のトラックバックURL: h... [続きを読む]

» ヤマトナデシコ七変化 第8回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『勇気が出る丘』 [続きを読む]

» 沢尻エリカ たかの友梨ビューティクリニックCMで復帰 [沢尻エリカ たかの友梨CMでついに復帰]
沢尻エリカ たかの友梨ビューティクリニックCMでついに復帰 [続きを読む]

» コンプッレックスの意味についてのコンプレックス七変化(亀梨和也)恋じゃない(大政絢) [キッドのブログinココログ]
さて・・・こう、何回もコンプレックスを連呼されると・・・さすがに血が騒ぐのである。 コンプレックス(complex)を大辞泉でひくと①精神分析用語。情緒的に強く色づけされた表象の複合と定義され、抑圧されながら無意識のうちに存在し、現実の行動に影響力をもつ。②「インフェリオリティーコンプレックス」の略... [続きを読む]

« 《曲げられない女》#08 | トップページ | 《ブラッディ・マンディ シーズン2》#07 »

最近の写真