無料ブログはココログ

« 《君たちに明日はない》#04 | トップページ | 《コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命The 2nd season》★05 »

2010/02/08

《龍馬伝》☆06

『松陰はどこだ?』(あらすじ)

道場を追い出された龍馬(福山雅治)は、することもなく時間を持て余していた。そこへ龍馬を心配した佐那(貫地谷しほり)が訪ねて来る。佐那は、定吉(里見浩太朗)に謝罪して許してもらうように言うが、龍馬は自分が剣術をやる意味を見いだせない以上、謝ることはできないと言う。龍馬が再び小五郎(谷原章介)を訪ねると、吉田松陰(生瀬勝久)にこそ話を聞くべきだと言われる。龍馬が思い悩む間に、ペリー(T・ハリス)が再び来日し、龍馬は再び海岸警備に動員される。日本中に異国を排斥すべきだという攘夷(じょうい)運動が巻き起こる中、小五郎は龍馬を呼び出し、松陰を捜しに出る。 

CAST
坂本竜馬*福山雅治 岩崎弥太郎*香川照之
武市半平太*大森南朋 平井加尾*広末涼子
坂本乙女*寺島しのぶ 千葉佐那*貫地谷しほり
岡田以蔵*佐藤健 溝渕広之丞*ピエール瀧
阿部正弘*升 毅 多賀屋久右衛門*逢坂じゅん
坂本千野*島崎和歌子 坂崎紫瀾*浜田学
望月亀弥太*音尾琢真 千葉重太郎*渡辺いっけい
坂本権平*杉本哲太 武市冨*奥貫薫
平井収二郎*宮迫博之 桂小五郎*谷原章介
吉田東洋*田中泯 吉田松陰*生瀬勝久

岩崎弥次郎*蟹江敬三 岩崎美和*倍賞美津子
山内豊信*近藤正臣 千葉定吉*里見浩太朗

*****

戦になったら、剣など役に立たないと言って、道場を追い出された龍馬。後悔しても、それがなぜ間違いなのか分からず、もんもんとしていた。
黒船を見て、剣を止めると言うのが分からず佐那は、龍馬を訪ねた。しかし黒船に取りつかれていた龍馬は上の空だった。

千葉定吉も、黒船に、剣で勝てない事は承知していたが、だからこそ、剣は自身の身を高める物として必要だと考えていた。それが龍馬にわかるか?そう重太郎に語った。

龍馬は、黒船で頭がいっぱいだったが、桂に言われた松陰先生の受け売りと言う言葉が引っ掛かり、松陰先生に会えば答えが分かるかもしれないと、また桂に会いに行った。

嘉永7年(1854年)1月16日
半年前に去って行ったペリーが、今度は9隻の艦隊で戻ってきた。
阿部正弘は、とにかく話し合いたいと言って、ペリーを上陸させた場所は、横浜村。
そこで日本の運命を決める交渉が始まった。

もし、NOといえば?

WAR sign03

こりゃ大変と、また開国の話が始まった。
アメリカ殿交易で幕府が潤えば、徳川の與は、未来永劫続くと伊勢の守は考えていた。
これは我らのための開国である・・と幕府は考えていた。

そんな事とはつゆ知らず各藩は戦に備えて江戸の沿岸に陣を張った。

土佐では武市の意見書に藩主はご満悦だった。山内豊信をあげつらっていたから。
それでも武市が下士の出である事が気に障っていた。武市は吉田東洋に呼ばれた。

岩崎の意見書は、箸のも棒にも引っかからず、弥太郎は不満だった。だが加賀屋に呼ばれて街中を歩いていると武市とすれ違った。

加賀屋は、平井の妹、加尾に意見書を呼んでくれと言われて、読んだら、商人には成るほどと思える事が沢山あった。江戸で学問をしたいなら、費用は加賀屋が持つと言う話だった。

武市は東洋に、異人を打ち払うと意見書にあったが、本当に異人と戦って勝てるか?
日本の船は、異国へ行けぬが、あいつらは当たり前のようにやってくる。それだけ力の差は歴然だと言った。

異人の足で神州日本が踏みにじられるのだから断固打ち払うべきですと、応えて

その程度の男か・・・  と言われた。

異国と対等に戦う事などできない現状を把握していなかった武市を叱咤激励したつもりだったが、武市は下士の出だから、と自分を卑下した。

桂に、松陰から手紙が来た。黒船に乗って、異国へ行きたいとあった。
もし捕まったら死罪は免れないと、桂は慌てて外へ飛び出した。そこへ龍馬が来た。一緒に松陰を捜すと、小舟を用意していた。
龍馬に、この先に何があるか知りたくないか?と問うた。そう言われて、龍馬は剣術出悩んでいた自分が小さく感じた。一緒に連れてって下さいと頼んで、ぶん殴られた。
それは私の役目だと。

安政元年(1854年)3月
日本とアメリカはついに条約締結に至った。
日米和親条約 調印。
長崎以外に函館と下田。

この瞬間、徳川幕府の鎖国政策は終わりを告げた。
日本の歴史は、大きゅう変わったがじゃ。
結局吉田松陰の計画は失敗に終わった。
陸に戻った松陰はその足で自ら奉行所に名乗り出、
長州へと送り返された
。>

龍馬は、飯屋で、松陰が自ら名乗り出て捕まったことを知った。
千葉道場へ行き、自分が間違っていた事を詫びた。

ワシは、剣を・・・道具じゃと考えてそうたがです。
己は何ものか。己が進むべき道はどこながか、
それは己を極限まで追い詰め、無の境地にたっしてこそ
見えてくるがです。そのためにワシは剣術をやりよったがです。

先生どうか、ワシを許してつかあさい。
もういっぺん、この道場で、ワシを鍛えてつかあさい。
お願いいたします!

一つ聞かせてくれ、坂本。
剣で、黒船に立ち向かえるのか?

黒船に通用するかせんかは、剣ではなく、
この坂本龍馬いう人間の問題ですsign03

ハハハ、、坂本。
時がかかったのうflair

良しすぐに稽古の支度をせい!

ありがとうございます。

<この年5月。龍馬の江戸修行が終わった。>

今日までご指導いただき、まっことありがとうございました。
千葉道場での1年1月の修行、決して無駄にはいたしません。

定吉先生、またお目にかかれる日までどうか御達者で。

佐那は、避けるように道場の拭き掃除をしていた。見付けた龍馬は嬉しそうに、手伝いますと言ったが、終わったと言われて、佐那の目の前に座った。

土佐に帰っても、もっともっと江戸で修業がしたいと申し出てすぐに江戸へ戻ると佐那と約束した。

武市は、幕府が、異国に屈服して攘夷をしたことに異を唱えた。
俺たちが立ち上がらねばと、塾生たちに檄を飛ばした。

弥太郎は、一家で浮かれた。翌朝、加尾に一緒に江戸に行かないか、妻として・・・
さて、どうなるんでしょうね。

日本の鎖国は、悪い面ばかりではなく、独特の江戸文化を開花させました。
幕府も、オランダとは貿易してましたね。だから英語→オランダ語→日本語と
ややこしい通訳してました。

*****
今までの感想は、こちら

« 《君たちに明日はない》#04 | トップページ | 《コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命The 2nd season》★05 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/47510466

この記事へのトラックバック一覧です: 《龍馬伝》☆06:

» 龍馬伝 松陰はどこだ? [のほほん便り]
すっかり“剣の道”に迷ってしまい道場主・千葉定吉(里見浩太朗)から追い出されてしまった龍馬(福山雅治)は、時間をもてあましてしまいます。 心配した佐那(貫地谷しほり)が「陳謝して許しを請う」よう説得にくるも、黒船で頭がいっぱいで、むしろ「自分が剣術をやる意味を見いだせない以上、謝ることはできない」と突っぱねてしまいます。兄・重太郎(渡辺いっけい)に相談するも、当人の問題だと 桂小五郎(谷原章介)を訪れた龍馬は、師匠・吉田松陰(生瀬勝久)こそ話を聞くべき相手だと言われます。でも、本人は旅に... [続きを読む]

» 福山雅治『龍馬伝』第6回★吉田東洋、吉田松陰 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』第6回:松陰はどこだ?  小生からすると”落ち着き払った偉人”というイメージを抱いていた吉田松陰を、コミカルな役柄を演じることの多い”生瀬勝久”が演じるって、けっこう斬新な印象。  手堅く行くなら、生瀬勝久は使わないと思うのだけど、あえて生瀬勝久に演じさせるところが『龍馬伝』らしくて、小生は製作サイドの果敢な配役に感心します。 【 開国かWarか 】  ペリーが黒船9隻の大艦隊を率いて再来日。  前回来航時には、日本に1年間の猶予を与える予定だったのに、半年で戻ってき... [続きを読む]

» 「龍馬伝」第六話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
日本にとっての分岐点。 人々にとっての分岐点。 第六話『松陰はどこだ?』 [続きを読む]

» 吉田東洋の人物像について [龍馬伝 瞳の中のヒーロー]
昨日は久しぶりにリアルタイムで龍馬伝を見ることができました。ところがその後がいけませんでした。激しい睡魔に襲われ、ブログ更新しないで寝てしまいましたm(__)m。という訳で、本日は昨日書く予定だった吉田東洋(田中泯)の人物像についてです。 番組でも武市半平太とは..... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「龍馬伝」 #6 松陰はどこだ [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
今日はちょっと眠い・・・。 簡単レビューかもしれません・・・。 [続きを読む]

» 龍馬伝第6話(2.7) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
黒船を目撃したショックで、剣の修行に意味はないと口走ってしまい、 千葉道場にいられなくなった坂本龍馬@福山雅治が、 吉田松陰@生瀬勝久の叱咤を受け、千葉道場に戻っていたというお話。 あくまで剣の修行に関する迷いがなくなっただけで、 黒船に関しては、まったく結論が出てないような気がするのですが、まあいいか。 龍馬は黒船を見るために江戸に来たという感じだったなあ 吉田松陰は・・・30歳で亡くなった人なのですが、 福山雅治や谷原章介に影響を与えるほどの人物となると (↑あくまでこの大河では)、生瀬勝久で... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「龍馬伝」第6回「松陰はどこだ?」 [真田のよもやま話]
本日の重要な舞台となる伊豆下田。下田と言ったらキンメダイ!今がちょうど旬ですよねえ~、しゃぶしゃぶとか煮つけとかほんっとうに美味しいですよねえキンメダイ。深海ではまっ黒黒助で、太陽の光にあたるや否や赤と銀色の目にも鮮やかなあで姿に変身するキンメダイ。未だ青春の蹉跌の真っただ中のまっ黒黒助龍馬君、本日伊豆下田で鉄拳制裁で果たして何に目覚めますものかあ~~~!?{%一言・よろしくhdeco%}... [続きを読む]

» 「龍馬伝」第6回 [日々“是”精進!]
   第6回「松陰はどこだ?」道場を追い出された龍馬は、することもなく時間を持て余す。そこへ龍馬を心配した佐那が訪ねてきた。佐那は定吉に謝罪して許してもらえと促すが、龍馬は自分が剣術をやる意味を見いだせない以上、謝ることはできないと突っぱねる。その後、...... [続きを読む]

» 龍馬伝 第6回 剣の道 [レベル999のマニアな講義]
『松陰はどこだ?』内容黒船を前にして剣術修行の意味が分からなくなった坂本龍馬(福山雅治)その思いを道場主・千葉定吉(里見浩太朗)にぶつけてしまい、千葉道場を出て行くよう命じられてしまうのだった。龍馬を心配する佐那(貫地谷しほり)は、道場に戻るようにと説...... [続きを読む]

» 龍馬伝 第6回「松陰はどこだ?」 [みはいる・BのB]
今週も『龍馬伝』のお時間です。(^-^) あらすじ・・・・・・ [続きを読む]

» 「龍馬伝」 第6話 [ice-coffee]
「松蔭はどこだ?」 お〜〜 鷲津さん登場かとおもいましたよ〜^^(By「ハゲタカ」) 青い画面の道場で怒りに剣を振り回す武市半平太@大森南朋さん^^ 今回は 武市半平太と 岩崎弥太郎@香川照之の 明暗が表現されました。 意見書が 藩主からお褒めのお言葉を頂いた半平太は 意気揚々 かたや 同じく意見書を提出したのに  うんもすんも無く 落ち込む弥太郎 この二人はまたもや 土佐の町ですれ違い火花散らすのでしたが 上士の吉田東洋@田中泯から来るように言われた半平太は ルンルン 米問屋・多賀... [続きを読む]

» 龍馬伝6 「松陰は下田だ!」 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
吉田東洋「力の差は歴然じゃ」武市半平太「断固、討ち払うべきです!」東洋「その程度の男じゃったか」半平太「下士は口を出すなと」「吉田東洋!」「うぇぇぇーー!!」逆恨みした武市半平太は、ダークサイドに墜ちダース平太になってしまう対照的に、ライバル弥太郎は、...... [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第6回:松陰はどこだ? [山南飛龍の徒然日記]
武市半平太の暗黒化路線が止まりません(笑)【今回の内容】・千葉道場を追い出され、途方に暮れる龍馬 道場へ戻るように佐那が説得しに来るも、戻る理由を見い出せず ふと、桂小五郎が言っていた吉田松陰の事を思い出したが、居場所不明 そうこうしているうちに黒船再...... [続きを読む]

» 泣かないと決めた日 #3 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
相変わらずうざい女だなー!!! 杏をなんとかしてくれーやー。 杏のシーンだけホラーになるから怖いわwwwwww 裏でいじめるなんて一番姑息…。 イライラするドラマ! といいつつ、見てしまうのは何故なんだろう。 はぁ… 万引き先輩とはいい感じになったと思ったけど...... [続きを読む]

» 竜馬伝 #6 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
松陰先生!熱い!! けど、あっさりとつかまって…しょんぼり@ 自分から自主しなくてもいいのに>< でもこれからも見どころあるよねーと期待してます。 あんなに熱い男だったとは! 実物もそうだったのでしょうか。 写真だと冷静沈着そうにみえます(勝手に で、その松陰...... [続きを読む]

» 我が身、江戸にて処刑されるとも大和の心は永遠であります(吉田松陰) [キッドのブログinココログ]
吉田松陰が小塚原回向院に葬られるのは安政六年(1859年)のことである。 それより先、高杉晋作や桂小五郎たち松下村塾の塾生たちに残した「留魂録」に記された一首が公的な辞世とされる。 身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂 猛烈に狂が発しており、心酔しやすい若者たちはこの言葉に踊ら... [続きを読む]

» 「龍馬伝」幕末の風雲児を思う・・・その6 [星の王子様の宝箱]
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   本日 [続きを読む]

» 龍馬伝 第6回「松陰はどこだ?」 [平成エンタメ研究所]
 剣で黒船に勝てるかどうかは問題じゃない。坂本龍馬という人間の問題だ。  そうなんですね、戦うのは<人間>なんですね。  剣は戦うための武器であり、手段でしかない。  蘭学もそう。オランダ語を話せれば外国人と交渉できるし、オランダの書物を読んで大砲や蒸気船を作ることも出来る。  要はその人間が何を考え、どう行動するか。  たとえば、剣を磨いて外国人を斬る攘夷のために使う人間もいるだろう。  だが、一方で剣を磨いて人格を高め、外国人と理解し合おうとする人間もいる。  要は<自分>。  そのことを龍... [続きを読む]

» 週刊きなこ庵:2月編1-7日&ちょっと龍馬伝 [山吹色きなこ庵・きままにコラム]
2月が始まりました。寒い日が続いてますね~。 . 今週はちょっと記事が滞って、な [続きを読む]

« 《君たちに明日はない》#04 | トップページ | 《コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命The 2nd season》★05 »

最近の写真