無料ブログはココログ

« 《ブラッディ・マンディ シーズン2》#06 | トップページ | 《龍馬伝》☆09 »

2010/02/28

《君たちに明日はない》#06(最終話

『人にやさしく』(あらすじ)

真介(坂口憲二)は、ホームレスとなり、怒りを向ける気力さえ失っていた平山(村田雄浩)の姿に触れ、社長の高橋(堺正章)に、リストラされた人たちの再就職を支援する事業を始めたいと提案するが、全く受け入れられない。一方、田舎に帰る決意を固めていた陽子(田中美佐子)に、石綿事務局長(前田吟)は、建材協会会長(夏八木勲)を伴い、次期事務局長のポストを薦めるが、陽子は固辞してしまう。そんな時、真介の助言で会社に残った緒方(山崎樹範)が開発した新商品が海外で爆発的にヒット。おもちゃメーカー社長(長谷川初範)が高橋を訪ね、緒方をリストラしなかったことを真介に感謝し、経営が持ち直したら、ほかのリストラした社員を再雇用したいと話す

CAST
村上真介**坂口憲二
芹沢陽子**田中美佐子
高橋栄一郎**堺正章
山下隆志**北村有起哉
平山和明*村田雄浩
順子**麻生祐未


*****

公園で、プライドも無く、ゴミ箱をあさっていた平山を見た真介は、陽子にも

「実際面白いかもよ。ビ切り会社が就職まで世話してくれるのは」

と背中を押された。その勢いで、プライベートの高橋社長が寿司屋に居たのを捕まえて、新しい事業、リストラされた人材の再活用を提案した。しかしその時、入って来たのは先日真介が、リストラを失敗した会社、ドンドの大橋社長だった。今回の緒方紀夫の件も含めた謝罪の席だった。切るべき人材を抱える事になって先方はご立腹だった。

陽子は、石綿に送別会と称して呼ばれた料亭が、超豪華で、目の前に座る人が、アイカワホームの社長だとわかった。
石渡は、関東建材業協会の事務局長をしていたが、この春で定年。その後任んき陽子をと推薦してくれた。二人で騙すように、陽子をこの席に呼んだが、陽子は、事務局長奈良、年齢的肉体的にももっと若い人の方が良いのではないかと意見を述べた。

相川が、「協会に属している会社の社長も戦後から数えて
3代目に代替わりしてましてね。社長さん方、みんなあなたと同年代か
ちょっと上くらいですよ。」

相川はさらに、会社人としての評価には社内的評価と
社外的評価の二通りあると思う。
社内での人間会計やしがらみ含みでの社内的評価は
本当に仕事ができるかどうかを表していない。しかし
社外的評価はそんなもの抜きにした
ヤツはできるか、できないか
だけです。
あなたが企画したプロジェクトの評判が相当いいのは
あなたご自身も認識してるでしょう。

陽子は、大社長におほめの言葉を頂いて、
天にも昇る気持ちだが、実際は、そこまでの人間じゃない
と思う。

人に対する評価は自分で下すもんじゃない。
他人が下すもんですよ。ちがいますか

真介は、高橋に追い返されてウツウツと歩いていたが、やっぱりと思い直して走って戻り、大橋社長に、いきなり頭を下げた。高橋が、自分の一存で、緒方を残したと席を丸く収めようとしていたのに、当事者が顔を出しては、面目丸潰れ。

今君は、緒方を残した事について
正当性を語りに来たのかな?

いえ、そうではなく、・・

高橋社長!

申し訳ありません。

こんな事を聞かせたいために、私を
食事に呼び出したんですか?

申し訳ありません。自分に未熟な部分があったのは事実で・・

せっかく高橋社長が、部下のせいにしないで穏やかにまとめようと言う席に、こんな竜巻見たいのが入ってきては、蹴散らされて、とんでもないことになります。

向き合うなら、とことんと陽子に言った。
辛くなるかもと言われたが、それでも真介はやりたかった。
陽子は、珍しく躊躇していた。
妹の泰子の事で、相手のミッキーの家にご挨拶に行ったら、
両親が現役の漫才師だった事でショックを受けて帰ってきた。
この話がどうなるかわからなかった。

二人で食事しての帰り道、オーロラビジョンで、トレンド商品の案内をしていた。
全米で大ヒットしたのは、緒方が、”リストラ君”と名付けた全自動お掃除ロボットだった。

会社に大橋社長が来た。わが社を救ってくれたと手放しの喜びようだった。
会社を救ったのは緒方さんです。

業績の回復次第では、リストラしてしまった社員の
中からもう一度社員募集をしたいと考えています。

結果的には、真介の判断が正しかった。
俺も俺の信念を曲げるつもりはない。
信念を曲げたら、経営なんてものはできなくなる。
でも俺俺以外の信念の持ち主を全部否定するつもりもない。
たちあげてみるか、お前の新事業!

陽子は石渡と会った。
社外的評価を納得したが、陽子以外にも適任者はいたのではと聞いた。

適任と思われる方は何人かいました。
実際あって話した人もいる。
しかしね、みなさん、安定している。
つまりできる人たちはですから、現状の生活に
大変満足してる。しかしね、この業界に、保守的な気持になりがちな
男性よりも、あなたのような女性が良いと思ってます
自分が良いと思ったら、わき目も振らず、まっしぐらタイプ。
この業界の社長さんたちは、程度の差こそあれ、
「いまのままじゃイカンと」危機感を持ってるんだ。
あなたのためじゃない。この業界の未来のために
事務局長引き受けてもらいたいんです

事務局長やらせていただきます。

数ヵ月後。定期総会があった。
その後懇親会、カラオケと続いたが、皆陽子をお客様扱いして、話の環に加わる事ができなかった。

真介も事業がやっと立ち上がった。平山にパンフレットを置いて行った。

泰子は、ミッキーがメジャーデビューを断って、泰子を取ったのですっかり鹿児島ライフに思いが飛んでいた。

陽子の事務局で欠員がでた、すぐに優秀な人材をと真介に初依頼があった。
社長にその旨報告すると、そこは社長たちが集まるところだからと明日のアポイントを取れと言われた。帰ってから、どこかで見た事があると言いだして、しっかり陽子を思い出した。個人的に付き合いはあるのかと詰問されて、頭を下げた真介。結果減俸。

面接に連れて行った事務員候補は陽子がカッカするほどだった。
知り合いだから手抜きの仕事してお金もらおうとか思ってるの?!

僕は手抜きしたつもりはないです。

あれで、はsign03

僕の意図は簡単には理解してもらえないと思ってました。
まあ、ここまで怒るとは思いませんでしたけど。

私の希望を無視するからでしょう。

この際だからはっきり言います。

なによ。

僕は陽子さんが好きです。
本当に大好きです。

え?

その短気なとこ、単純さ、ただしくありたいと
思う誠実さ、完璧主義なとこ、熱いとこ。
苦手だなと思う人も世の中にはいる。
たぶん陽子さんとぶつかるのは陽子さんと似たタイプですよね。?
友だちならそれもいいかもしれない、
そう言う事を繰り返し、堅いきずながうまれてくるかもしれないし。

職場に船頭は二人要らない。あなたの要求だと、船頭が二人になってしまうと説いた。
優秀な部下なら陽子の教育次第で、伸びると言って採用になった。

平山が汚い恰好で真介に面会に来た。
高橋は、言った。

好きな仕事への誇り。
稼いで来る自分への誇り。
俺が容赦なくクビを切れるのは、
誇りを持ち続けている人間は
必ずどっかで復活してくる、そう信じてるからだ

真介は、大衆演劇に就職した平山に面会した。
平山は、喜々として仕事していた。お客様が笑ってくれて
泣いてくれる。それを部隊の袖で見ていて、平山まで泣けてくる。
この仕事に出会えてホントによかった。

仕事はあるのに、えり好みしてた。
肩書としてそれに見合った給料にこだわってた。
それも人生の一つでしょうけど。

浜松公演に行ったら、営業所の人が見に来ていて、
憐れむような目で「どうしたんですか?」

人生で最高の時を送ってます」と胸張って言っちゃった。

海が見える席で、陽子と話していた。これから食事と言う時、トイレに立った陽子と入れ違いに女が後ろを通った。

「ごめん、待った?」

コーヒーカップを持つ手が固くなった。待ち合わせの男がトイレに立った時

「順ちゃん、久しぶり」

「うそ!?」

「元気そうだね」

「うん。まあ」

「急に居なくなったから心配したけど。
今の人彼氏?ずいぶん若いね」

「うん彼、26歳すてき子でしょう」

「さすがだな、順ちゃん」

(陽子が会計で、払っちゃうねと声をかけた)

元気でねと、今度はしっかりと別れて。
陽子と並びながら、歩いて、

「結婚してください」

すぐに「はい」と言ってえ?となった陽子。
どうするんでしょうね?
真介は、階段で立ち往生の車椅子の人を介助しに走って行きました。

次のクライアントは、外食産業最大手の株式会社つばさ。
今回も人材紹介を合わせて希望している。

(真介)
「・・・・というわけで、これを機に外の世界覗いてみるのも
いいんじゃないでしょうか?
本当にあなたを必要としている会社があるんです
このままこの会社に居ても・・・

君たちに、明日はない 

平山が、悟ったのは、どん底に落ちてからでした。
えり好みをしなければ仕事は一杯あるんです。
まだ働いてみないうちから初めの選別で消されていく会社。
衣食住足りて礼節を重んじとなれるんでしょうね。まずは
最低限の生活を守れて、誇りを失わずに生きられるなら、
こんなに輝いている人も珍しいでしょう。

働く事の意義を教えられましたが、それと真介の年上好きがどうにも結びつきませんでした。そりゃおばさんとしては、選択肢が増えるのは嬉しいですけどね、あははbleah

*****
今までの感想は、こちら



« 《ブラッディ・マンディ シーズン2》#06 | トップページ | 《龍馬伝》☆09 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/47684847

この記事へのトラックバック一覧です: 《君たちに明日はない》#06(最終話:

» リストラが会社をダメにする [リストラが会社をダメにする]
リストラが株価や生産性を回復させるというのは幻想に過ぎない。 [続きを読む]

» 君たちに明日はない 最終回 (田中美佐子さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆田中美佐子さん(のつもり) 田中美佐子さんは、NHKで毎週土曜よる9時から放送されていた土曜ドラマ『君たちに明日はない』に芹沢陽子 役で出演しました。昨日は第6話(最終回)が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

» 君たちに明日はない 最終話:人にやさしく [あるがまま・・・]
おっ、おかあさん?Σ(゚∀゚;) えっ! 順子さんてば子持ちだったとは〜{/ee_2/}{/face_sup/} 突然姿を消した理由は、結局明かされる事無く終わっちゃったけど、 真介を好きな気持ちはあっても、子どもがいる事を告白する事が出来ず、 身を引いたって事なのかなぁ。不倫だったとは思えないから、陽子さんと同じバツ1? もしかしたら順子さんと再会したら、真介の心が乱れちゃうのかと心配したけど 落ち着いてたぞ〜{/ee_2/}陽子さんへの思いの強さがわかってホッ{/onpu/} で、陽子さんも... [続きを読む]

» 「君たちに明日はない」 最終回 人にやさしく [トリ猫家族]
 いや〜5回までは、いろいろ細かいアレもありましたが、いい最終回だったんじゃないですか〜? それぞれの登場人物たちの最後の決断もちゃんと見せてくれたし、 「リストラされた人間に明日はあるのか」という問いに、しっかりと答えてくれた 最終回だったと思います。 ...... [続きを読む]

« 《ブラッディ・マンディ シーズン2》#06 | トップページ | 《龍馬伝》☆09 »

最近の写真