無料ブログはココログ

« 【2010年冬ドラマ】何を見ましょう? | トップページ | 《救命救急24時》2010 SPECIAL »

2010/01/04

《龍馬伝》☆01

上士と下士』(あらすじ)

脚本・福田靖、演出・大友啓史。
天保14(1843)年、高知城下。9歳の坂本龍馬(浜田龍臣)は学問も剣術も苦手、その上泣き虫で、父・八平(児玉清)や姉・乙女(土屋太鳳)は龍馬に武士らしく、強くたくましく育ってほしいと願っていた。土佐藩には、上士・下士の厳しい階級制度があって、龍馬はふとしたことから、上士の少年を怒らせてしまい、上士に無礼討ちされそうになる。母の幸(草刈民代)が決死の覚悟で上士を止め、龍馬は事なきを得るが、その事件が基で幸の病気は悪化し、程なくして亡くなる。
時はたち、嘉永5(1852)年、龍馬(福山)は剣術の腕を磨き、たくましい武士に成長していた。幼なじみの平井加尾(広末涼子)は美しい娘に成長し、ひそかに龍馬に恋心を抱いていた。武市半平太(大森南朋)は下士のリーダー的存在になり、弥太郎(香川)は一人、学問に専念していた。ある日、恩師を失い自暴自棄になった弥太郎が、上士にけんかを吹っ掛けてしまい、龍馬は仲裁に駆け付ける。
 
CAST
坂本竜馬*福山雅治
岩崎弥太郎*香川照之
武市半平太*大森南朋
平井加尾*広末涼子
坂本乙女*寺島しのぶ
岡田以蔵*佐藤健
坂本千野*島崎和歌子
坂崎紫瀾*浜田学
望月亀弥太*音尾琢真
岡本寧浦*ベンガル
坂本権平*杉本哲太
武市冨*奥貫薫
坂本幸*草刈民代

明治15年(1882年)
郵便汽船三菱社長 岩崎弥太郎の視点で描かれる坂本龍馬。
土佐から土陽新聞の記者坂崎紫瀾が取材に来た。
彼は、『坂本竜馬』について弥太郎に聞いた。

<15年前 徳川幕府を倒したのは実は坂本竜馬という一回の浪士だった。

それだけではなく、明治政府の枠組みを作ったのも実は坂本竜馬。

坂本竜馬がいなかったら、岩崎弥太郎も三菱を作らなかった。>

そこまで聞いて、弥太郎は、龍馬を調べてどうすると聞いた。

僕が聞いた話が本当やったら大変な人物じゃないですか!
けんど、そんな人がおったとは今は誰も知らんがです。
教えてください、岩崎社長。坂本竜馬と一体どんな人物やったがですか。

龍馬はの・・わしがこの世で一番嫌いな男やった
あんな能天気で!自分勝手で!人たらしで!おなごに好かれて!
あればあ、腹の立つ男はどこにもおらんのじゃき。

弥太郎の視点で描かれる龍馬像。私には、JIN-仁ーでの強烈な龍馬がまだ記憶に新しいのですが・・・

天保14年(1843年)土佐
弥太郎が、まだ10歳のころ。日本が明治と言う時代に代わる前
土佐藩には、侍の間にも上士 下士という厳しい身分差別があった
着る物や、履く物まで決められていた。下士は一生下士のままで、上士には
なれなかった。弥太郎の家は、下士よりも低い身分の地下浪人だった。

坂本の本家は商人(あきんど)で、サムライの株を買って、今は父の代で3代目になっていた。龍馬は体の弱い母、と年齢の開いた兄と姉にしごかれるが、いつも泣いて帰ってきた。ある日、上士が通るので、道を開けていたが、後ろからカエルが飛びついたので、ビックリして立ち上がってしまった。その時上士の子供を水たまりに押し倒してしまった。怒った上士に連れて行かれた龍馬。家に知らせに走る仲間たち。あいにく、病に伏せっていた母の幸だけがいた。飛んで行って、子の不始末は親が責めを負うと、竜馬をかばった。母は、それがもとで亡くなった。

嘉永5年(1852年)
武市が仲人をした婚礼の席で、酒が飲めない武市に無理に飲ませたヤツがいて、武市は泥酔した。帰り道龍馬が、武市を背負って仲間と帰る道に上士が通りかかった。道を避けても、まだ狭いと言われ、龍馬が、田んぼへ降りた。全員を下ろし、さらに手をついてと要求させて、皆がいきり立っていた。

武市が二日酔いで、切腹すると騒いでいた。仲人が二日酔いで申し訳ないと言うものだった。刀を隠し、駄々っ子を大人しくさせて、龍馬は、武市道場へ赴いた。では、お前が相手を生徒、無理に市内を握らされた龍馬は、強かった。それなのになぜ上士に卑屈になるのだと皆が言った。それは話が違うと龍馬は言った。

頭の上がらない姉の乙女に、説教されたが、何で目クソは、目がしらから出るのだと言って、煙に捲いた。

下士の井上が、上士の山本に新刀の試し切りに使われた。
きっと山本はお咎めを受けると皆をなだめた武市だったが、お咎めも無く過ぎた。
井上の家に行った龍馬は維持に、兄妹仲ようまっすぐに生きろと言った。、負けてはいかんと言って、財布ごと金を握らせた。

それを見ていた弥太郎

岡本寧浦先生は優しいお方で、井上が死んだと聞いてワシに
土産を持たせた。けんど巾着ごと金を置いてくる奴がおるとは
下士のくせに気前がえいのぉ、龍馬。

久しぶりじゃのう、弥太郎。いつぞや浜で会うて以来じゃ。

本当にあの気兄妹を不憫に思うやったら、
敵討っちゃれや。おんしの腕やったら、誰が相手でも
斬れるじゃろう。
そりゃ無理か。はははは
どんだけ剣術ができたち所詮,役にはたたんのぉ!
龍馬。ワシほど頭のえいヤツは、おらんきに。
わしゃ誰よりも、ずっとずっと偉うなっちゃる。
この世の中を上手ウにわたっていけるがは、
この岩崎弥太郎だけぜよ

どういてそんなことをワシに言う。

それはのう・・・
おんしが大嫌いじゃき。

そんな弥太郎の頼みの綱だった岡本先生が倒れた。目を掛けられていた弥太郎は、塾に残れなかった。上士の何とかいう奴が、塾を引き継いだ。そこであれていた弥太郎に、愚痴を聞いてやると龍馬が顔を出した。腹を立てて、店を飛び出した弥太郎が、ぶつかった相手が、この間井上を切った山本だった。外の大騒ぎに飛び出した龍馬は、弥太郎の代わりに謝った。それが又弥太郎の癪に障った。だが2人でもめているうちに川に落ちて少しは頭に上った血が下がった。

土佐もいつの日か変わる日が来るかもしれん。上士も下士もなくなる日が来ると夢を説く龍馬。母上が教えてくれたのは「憎しみからは何も生まれん

<龍馬はまだなんちゃあ、分かっちょらんかった。
自分がやがて幕末の混乱の中に飛び込み、
本中を駆け回り、海に乗り出し仲間を集めて
海援隊を作り日本が生まれ変わる礎をつくるがは
自分じゃ言う事を。
まずアイツを変えた最初の人間は
あの男じゃろうのぉ。・・・>

坂本竜馬は、おしゃれで、いつもピシッとした物を着て、
頭もきちんと結っていたそうです。ただ、人の話をちゃんと聞くから、
自分がその話に乗れた時は、すぐに方針が改まるのでしょうね。
福山龍馬は、まだ色が見えません。これから、アクの強い香川弥太郎の、色が濃く出すぎると、影が薄くなりそうです。
初回、面白さは、「JIN」の方が上でした。

« 【2010年冬ドラマ】何を見ましょう? | トップページ | 《救命救急24時》2010 SPECIAL »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

確かに。。。初回の引き込まれ方は「JIN」の方が
遙かに上でしたね^^;
でも、まぁ、あれはSFの魅力もあったから。。。かな。

>アクの強い香川弥太郎の、色が濃く出すぎると、影が薄くなりそうです。

これは思います。
やはり、役者としての力量の差が出てくるのでは。。。^^;
福山くんの頑張り所ですね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/47199151

この記事へのトラックバック一覧です: 《龍馬伝》☆01:

» 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者1時代は変わる命を粗末にするな! [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「龍馬伝」は幕末に活躍した坂本龍馬の生涯を追ったストーリーで1835年に生まれてから1867年に暗殺されるまでの33年間の生涯で日本を動かした坂本龍馬の生き様を描いていく。明治維新礎を築いた坂本龍馬は時代の常識に捉われず、新しい事に対して積極的...... [続きを読む]

» 新大河ドラマ「龍馬伝」第1回 [日々“是”精進!]
   新しい日本の形をつくろうと奔走した幕末の英雄、坂本龍馬の姿を、彼が設立した海援隊を金銭面で支えた岩崎弥太郎の視点から描く。第1回「上士と下士」1843年、高知城下で暮らす9歳の龍馬は、学問も剣術も苦手な上に泣き虫。父親の八平や姉の乙女は、龍馬に強...... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「龍馬伝」第1回「上士と下士」 [真田のよもやま話]
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。さてさて2010年の新春、いよいよ始まりました大河ドラマ龍馬伝!HEROやガリレオのようなドラマにしますと意気込んでらっしゃいましたねえ、脚本の福田様。そう聞くとなぜだか・・・なああんとなく思い出されるのはいつぞやの新選組なんですけど・・・ま、まあ今回は今回、どのようなドラマになりますものか興味が湧いてまいりました~。{%顔文字ファイトhdeco%}... [続きを読む]

» 大河ドラマ「竜馬伝」第1話「上士と下士」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
いよいよ始まった今年の大河ドラマ「竜馬伝」どんな風に「坂本竜馬」を見せてくれるか、楽しみにしてました(^^)今はまだどうしても竜馬=内野さんのイメージが強いので、それをどう払しょくしてくれるか。お手並み拝見としましょう(^^)竜馬の幼少時代。また天パが...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「龍馬伝」 #1 上士と下士 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
おととしの「篤姫」についで幕末の話です。 「坂の上の雲」はさらに時代が下っているので、 ちょうど重なる部分といったところですね。 [続きを読む]

» ★「龍馬伝#1」差別ってイヤ!! [・*:・ふわゆら生活・:*・]
全国の大河ファン&ブロガーのみなさま〜あけましておめでとうございます(´∇`)☆今年もついに始まりましたね〜大河ドラマ「龍馬伝」公式ページ福山雅治さん演じる龍馬って〜イメージ的にもいい感じだし〜楽しみですよねいろんなドラマに出ずっぱりな気もする香川さんの...... [続きを読む]

» 「龍馬伝」幕末の風雲児を思う・・・その1 [星の王子様の宝箱]
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   いよ [続きを読む]

» 龍馬伝1 今年こそハードコア大河と信じてもイイですか? [ぱるぷんて海の家]
だからぁ 正月早々長いドラマ観たら疲れるっての。 しかもハンディカメラで追いかける追いかける。 ただでも半分酔っぱらってるのに ますます 目が回る! そのうえ 福山龍馬カッコええわやっぱり。 と言っておく。 家人が福山ファンで、 今年は横で目を光ら....... [続きを読む]

» 龍馬伝 [Akira's VOICE]
初回の感想ぜよ  [続きを読む]

» 【龍馬伝】第1回感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
【初回視聴率は、1/5(火)夕方迄に追加予定】「上士と下士」このドラマは、郵便汽船三菱社長・岩崎弥太郎の視点で、坂本龍馬の生涯を描いています。その岩崎弥太郎役が、香川照之さんなので『坂の上の雲』と、だぶってしまいました。香川さん、確かにお上手ですが、別の人...... [続きを読む]

» 序盤、広末涼子で中盤、貫地谷しほりで仕上げに真木よう子と蒼井優か・・・万遍ないな龍馬伝(及川奈央) [キッドのブログinココログ]
キッドの実の弟が・・・「岡田以蔵は出るの?」と聞くので「仮面ライダー電王だよ」と答えると「・・・モモタロスか」・・・。 う~ん、微妙に間違っている気がする。 タケル~でボバンババンボンだというと・・・ああ・・・あの子か・・・とピンときたようだ。 そんな、今年の大河である。 司馬遼太郎版「竜馬がゆく」... [続きを読む]

» 福山雅治『龍馬伝』第1回★どうして目くそは目頭から・・・。 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』第1回:上士と下士  多くの人が同じ思いなのかと思うのですが、『JIN -仁-』におけるエネルギッシュな龍馬=内野聖陽が頭に焼き付いているから、ソフトな福山龍馬が現れてしばらくは、二人の龍馬のギャップで三半規管が揺さぶられたような気分でしたが、えらいもので初回が終わる頃には、福山龍馬がしっくりと馴染み始めました。 【 ざらついた画像が好き 】  映画風のざらついた画像が気に入りました。  クリアな映像とは違って、画面に深みと生命を感じます。  『天地人』の、いかにも「... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第1回 「上士と下士」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
う~ん、やっぱり香川照之は巧いよなあ~ 直前までやっていて、いやこの龍馬伝が終わったこの年末にも続く 「坂の上の雲」の中でも準主役の正岡子規をやっていて しかも労咳で今にも死にかけている、強烈なインパクトを残してまま この「龍馬伝」でも準主役級の岩崎弥太... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第1回 「上士と下士」 [しっとう?岩田亜矢那]
う〜ん、やっぱり香川照之は巧いよなあ〜 直前までやっていて、いやこの龍馬伝が終わったこの年末にも続く 「坂の上の雲」の中でも準主役の正岡子規をやっていて しかも労咳で今にも死にかけている、強烈なインパクトを残してまま この「龍馬伝」でも準主役級の岩崎弥太郎役を演じて 絶対、正岡子規のイメージ引きずるで〜と懸念したら なんの、なんの、見事な貧乏たらっしい ケチで、ズルく、根性のひんまがった岩崎弥太郎であった。 (明治の岩崎弥太郎はそれはまた別の貫録のある) 労咳で今にも死にそうな、でも俳句改革をしよう... [続きを読む]

» 龍馬伝 第1話「上士と下士」 [渡る世間は愚痴ばかり]
明治15年 郵便汽船三菱のパーティーが開かれ 郵便汽船三菱社長・岩崎弥太郎が挨拶を行っていた。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第1話 [またり、すばるくん。]
第1回「上士と下士」 [続きを読む]

» 龍馬伝 第1回「上士と下士」 [みはいる・BのB]
今年も大河ドラマ・レビューの始まりです。  大河ファンの皆様、あけましておめでとうございます。 [続きを読む]

» 龍馬伝 第1回「上士と下士」 [ブルー・カフェ]
龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)福田 靖 作,NHKドラマ制作班 製作協力日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る みなさまあけましておめでとうございます。本日から新大河ドラマ『龍馬伝』がスタートします。が、正直まだ坂の上の雲が抜けていない状態で・・・しかも三が日からのスタートって早いですよね?『風林火山』が確か8日からだったんで、異常に早く感じますわ。 まあ、そうは言ってもね、主人公は日本人の大好きな「坂本龍馬」!しかも『坂の上の雲』の原作者、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」ではない、と... [続きを読む]

» 龍馬伝 第1話 『上士と下士』 感想 [メガネ男子は別腹☆]
[龍馬伝] ブログ村キーワード 大河ドラマを見るのは天地人の第1話以来なので、1年振りとなります。 天地人は開始10分で飽きて寝オチしそうになりましたが、今回の龍馬はこれいかに!?... [続きを読む]

» 『龍馬伝』 上士と下士 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:エンターテイメントnbsp;明治15年。三菱郵船の社長となった岩崎弥太郎が主催するパーティから物語は始まります。自分は土佐の地下浪人だった、と過去の境遇を語る弥太郎に短剣を持つ青年が接近。「政治家と癒着し、私服を肥やす国賊め!」と叫んで襲いかかります。が、あっさり周囲に取り押さえられたその青年に向かい、弥太郎は強く反駁しました。その後、別室にいた弥太郎に坂崎という新聞記者が取材を申し込みます。取材は岩崎そのひとよりも、坂本龍馬という人物について聞きたい、というもの。その名... [続きを読む]

» 龍馬伝 #01「上士と下士」 [昼寝の時間]
公式サイト . 簡単に。 前宣伝通りのカメラワークやロケが多いので画面はかなり動 [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第1回:上士と下士 [山南飛龍の徒然日記]
ついに始まりましたね。【今回の流れ】・土佐には上士・下士といった厳しい階級制度がある・子供時代の龍馬は泣き虫で、学問も剣術も苦手 強くたくましくなって欲しいと願う姉から特訓を受ける・弥太郎と知り合った龍馬だが、弥太郎はツンデレ系だった・上士を突き飛ばし...... [続きを読む]

» 龍馬伝 1 [しなもにあ]
いやぁよかったすよ天●人なんかよりよっぽどw香川さんは小汚いし大森さんは温水さんに似てるw児玉さんはアタックチャンスっていいそうだし草刈さんは踊りだしそう何より歌いだしそうな龍馬@福山が(・∀・)イイ!!!んー 来週も楽しみですでも一言言っていいですか?天...... [続きを読む]

» NHK「大河ドラマ 竜馬伝(新番組)」第1話:上士と下士 〜勇気のヒーロー [伊達でございます!]
日本が変わる礎をつくった男・坂本竜馬。挑むのは“ガリレオ”福山雅治。「JIN」の内野聖陽“竜馬”が、まだ目に強く焼きついているところでのスタートです。 [続きを読む]

» 『龍馬伝』第1回 [悠雅的生活]
〜上士と下士〜 [続きを読む]

» 【龍馬伝】第一回 [見取り八段・実0段]
おまんは、ただ無難に生きているだけだぜよ。わしには解らんぜよ。坂本龍馬っちゅう人間が。天保14年。岩崎弥太郎は10歳の頃、初めて土佐で坂本龍馬と出会った。龍馬は川に飛び込むのを恐れ、カエルを恐れ、甘やかされて育った弱々しい男子だった。そんな龍馬を弥太郎は...... [続きを読む]

» 龍馬伝 第一話「上士と下士」 [たらればブログ]
 今年のNHK大河ドラマは三菱の創始者である岩崎弥太郎の視点で描かれる坂本龍馬の物語です。  アバンで、記者から龍馬の事を聞かれた弥太郎は「この世で一番嫌いな奴だった」と目に涙を浮かべて語りだします。  岩崎弥太郎を演じる香川照之さんの表情に目を奪われました。そしてOPに入るのですが、なんか凄かった! 久しぶりに音楽を聞いて泣いてしまったです。でもチョット「善徳女王」に似ていると思ったのはきっと私だけよね?  龍が動き回っているOPは一瞬韓国ドラマのOPに見えてしまいますが、でも良い出来だ... [続きを読む]

» 龍馬伝 第1回 上士と下士 [レベル999のマニアな講義]
『上士と下士』内容時は明治15年郵便汽船三菱社長・岩崎弥太郎(香川照之)のところに土陽新聞の記者・坂崎紫瀾(浜田学)が取材にやってきた。“坂本龍馬とは、どんな人物だったか”と。龍馬を嫌いだという弥太郎は、語り出す。。。天保14年、弥太郎(渡邉甚平)が1...... [続きを読む]

» 今年は高知(四国)が熱い!?(その1) [旅人GENKIのぷらぷら日記・・・ver.2]
昨日からNHK大河ドラマ「龍馬伝」が始まりました。 タイトルにあるように坂本龍馬が主人公です。 33歳という若さでこの世を去った坂本龍馬。... [続きを読む]

» 龍馬伝 (福山雅治さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆福山雅治さん(のつもり) 福山雅治さんは、昨日から放送開始したNHK大河ドラマ『龍馬伝』に坂本龍馬 役で出演しています。●あらすじと感想 [続きを読む]

» 「龍馬伝」 第1回、上士と下士 [センゴク雑記]
大河ドラマ「龍馬伝」。第1回、上士と下士。 福山龍馬の登場!・・・・・・福山だわ、うん。 岩崎弥太郎が龍馬を語るという視点からの開幕。 ふむふむ。普通に龍馬の話だとありがちだしね。少し工夫したのかな? (大河公式より・・・記者は坂崎紫瀾。龍馬の小説を実際書いている人物。) しかし、明治のシーンを見ていると坂の上~のキャストの使いまわしじゃないかと・・・・・・ いや、何でもないですw 子供時代の龍馬。 文武ともに人並み以下で泣き虫の頃。 母の死。姉である乙女の指導とやることは... [続きを読む]

» 大河ドラマ龍馬伝★第1話上士と下士 [うさうさ日記]
大河ドラマ『龍馬伝』第1話〜上士と下士2010年大河ドラマがはじまりました〜大河ブロガーの皆様、本年もよろしくお願いいたしますさて、第1話。従来の大河とは画像処理がちょっと違うようですね。「坂の上の雲」と同じような感じです。スタジオっぽくなくなってます...... [続きを読む]

» 龍馬伝 上士と下士 [のほほん便り]
あるいは、大河では初めてかもしれませんね。サリエリ方式(アマデウス)で語られる物語… (むしろ、望むものを持てず、渇望した者の方が、それを持つ者の真価が分かる?!) 幼馴染みで、かなり人間臭い面を強くもち、ある意味、違うタイプの成功をなしとげた岩崎弥太郎に白羽の矢が立ったのは、うまかったかもしれません (サリエリも、いっときは一世風靡の時代の寵児、でしたもん) 龍馬は少年時代から、くりくりの天パーマだったんですね。(また、それも可愛い) 少年時代の彼は、いわゆるヘタレです。弱虫・泣き虫... [続きを読む]

» ■大河ドラマ「龍馬伝」。龍馬は一日にして成らずなのだ。 [そこに魂はあるのか?]
■最近のNHKは気合いが入っている。 一大巨編「坂の上の雲」をやりながら、その一 [続きを読む]

» 龍馬伝第1話(1.3) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
今年の大河ドラマ福山雅治主演『龍馬伝』が放映開始されました。 しかし、昨年の『JIN-仁-』での内野聖陽の坂本龍馬の印象が強烈だったからなあ、 あれを超えるのは、大変だと思うぞお で、『龍馬伝』は、岩崎弥太郎@香川照之の回想録のように描かれるわけね この第1話を観たかぎりでは、可もなく不可もなく。 良作になるとも駄作になるとも、まだ何とも言えないなあ。 龍馬のいる土佐藩が上士と下士の身分差が激しいことが描かれた回だった。 龍馬の母@草刈民代が上士に絡まれた龍馬を救ったものの、 無... [続きを読む]

» 龍馬伝 第1回 [タル★タル ソース♪♪]
今年の大河「龍馬伝」の第1話「上士と下士」 面白かったです。 [続きを読む]

» 『龍馬伝』 第1話 [美容師は見た…]
目くそはどうして目尻ではなく目頭から出るのか…確かにぃ!さすが目の付け所が違う龍馬(≧∇≦)ノ彡バンバン!脚本の福田靖さんのインタビューを読んで期待してたんですが、想像以上に面白かったですわ~。公式サイトでの大友啓史さんの言葉も良かったです。「演出家として、セット... [続きを読む]

» 龍馬伝、下士って一領具足の末裔?? [函館 Glass Life]
今年の大河ドラマ「龍馬伝」中々面白かったですね{/kirakira/} 風林火山→篤姫とドラマの感想などをブログに書いてい ましたが、龍馬に関してはあまり本も読んでいないので 書き様が有りません{/kuri_5/} 全く興味の無い人物ではないのですが、あまりにも有名 になり過ぎた感がありますよね{/hamster_2/} 龍馬暗殺の真相にはとても興味が有りますが、大政奉還 も龍馬の献策ではないという意見もあるくらい謎の多い 人物とも言えます{/kaminari/}{/kaminari/} ところで... [続きを読む]

» 龍馬伝・第1話「上士と下士」 [山吹色きなこ庵・きままにコラム]
龍馬の子供時代。 かわいかったですね。 川で友達と遊んだり、両親に叱られたり、兄 [続きを読む]

« 【2010年冬ドラマ】何を見ましょう? | トップページ | 《救命救急24時》2010 SPECIAL »

最近の写真