無料ブログはココログ

« 《とめはねっ!》☆第三回 | トップページ | 《ブラッディ・マンデイ シーズン2》初回 »

2010/01/23

《ヤマトナデシコ七変化》#02

『お姫様きのこ』(あらすじ)

美音(高島礼子)が急に帰国することになった。恭平(亀梨和也)たちはスナコ(大政絢)を、美音が帰国している間だけでもレディーに見せようと奮闘する。そんな折、急用で帰国できなくなった美音の代役で、美音に仕えるセバスチャン(平泉成)が下宿先を訪問。恭平たちは慌てるが、セバスチャンの前に現れたスナコの様子がおかしい。スナコはひょんなことから「お姫様キノコ」を食べてしまい、女の子らしい性格に豹変(ひょうへん)していた。セバスチャンはレディーらしく振る舞うスナコに喜ぶが、なぜか恭平は面白くない。

CAST

高野恭平 - 亀梨和也(KAT-TUN ) 
遠山雪之丞 - 手越祐也(NEWS
中原スナコ - 大政絢 
織田武長 - 内博貴
森井蘭丸 - 宮尾俊太郎 
中原タケル - 加藤清史郎
中原美音‐高島礼子」
笠原乃依 - 神戸蘭子 
真一 - 大杉漣
セバスチャン‐平泉成
まり:星野亜希

*****

まりたちは、4人で恭平たちを見張っていた。
スナコの存在に、気が気でない様子。そこで考えたのが毒キノコ作戦。
捜して、寂れた商店街で買い物をしていたスナコの荷物に、入れた。

突然美音が帰国すると宣言したので慌てた恭平たち。まだスナコを調教してはいなかった。
しかし戻ったのは執事のセバスチャンだけだった。どうにかスナコを隠す事に躍起になっていたが、スナコは、空腹で、もらったキノコを調理して、食べてしまった。

倒れたスナコが、気がつくと豹変していた。
武長達がネットで、スナコが食べたと言うタケルが教えてくれたきのこを調べると

「お姫様きのこ」と呼ばれていた。食べると女性ホルモンが活発になる作用があり、女らしくなる。ちなみに王子様のキスによってその毒は解毒されるという言い伝えがあると。

スナコの変化はめざましかった。
セバスチャンが、レディーと認めるくらいのにこやかさで、接したが、過去を全て忘れて、料理の天才的な所まで、影をひそめてしまった。

美音との約束には好都合だったが、どうもいつものスナコとは勝手が違い、めんくらうばかりだった。美音の部屋を自由に使っていいと言われて、毎日ドレスを着ているスナコ。
タケルに、美音がいないときには私がママ代わりになってあげると言った事まで忘れて、恭平に泣きついた。

セバスチャンは、人体モデルのひろし君たちを早急に処分するよう同居人たちに命じた。
スナコに聞いても、いらないと言った。

恭平は、2年前にここに連れられて来た時の事を思い出していた。キレイに生まれたばかりに、さらわれそうになったり、それがもとでのトラブルが続き自暴自棄になっていた恭平に、

世間は関係ないのよ。周りに騒がれる自分が嫌いなら、
あんたが好きな自分をさがしたら
。」

をするように美音は言った。
スナコは,元に戻さなければと、恭平がスナコにキスをした。しかし元には戻らなかった。そこで「ブスナコ」と呼んだが、しばらくして戻ってきた。
セバスチャンは、毒キノコなら時間がたてばもとに戻ると教えた。
美音への報告も、スナコがレディーにほど遠かったが、言わないでくれた。
毒キノコを食べたのを知っていて、手当てをし直では、暴露しようと思ったが、それなりの努力をしている恭平たちをみたから、言わないでおいたと、小粋に計らってくれた。

玄関のわきに、落とし穴があり、そこで、スナコが捕まった。まりたちが、何を考えてるんでしょうね。

今回は、誰が敵(?)と分からぬまま過ごしてますが、来週はさらにスナコの危機に、恭平たちが対決の姿勢を見せるのでしょうか?
セバスチャンだけが目立った回でした。

*****
今までの感想は、こちら

« 《とめはねっ!》☆第三回 | トップページ | 《ブラッディ・マンデイ シーズン2》初回 »

ドラマ(や)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/47366005

この記事へのトラックバック一覧です: 《ヤマトナデシコ七変化》#02:

» ヤマトナデシコ七変化 第2話:初キス [あるがまま・・・]
カメラ目線!( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤーーーリッ 初回もそうだったけど、毎回このサービスショットが拝めるのかな?{/hearts_pink/} 亀ちゃんと目があったような気がして、スナコじゃないけど、「まっ・・・まぶしぃ〜{/kirakira/}」って なっちゃいそう{/face2_happy_s/} 今回もスナコちゃんは、まぶしさに耐えながらも、喫茶・迷宮入りにて隠し部屋という 暗くて落ちつくスペースを確保したり、さびれた商店街の存在も知ったしと 何とか頑張って生活してる様子{/good/} そんなス... [続きを読む]

» 鬱の鬱による鬱のためのヤマトナデシコ七変化(大政絢)善意のセクハラ(亀梨和也) [キッドのブログinココログ]
う~ん・・・とうなる展開である。 ものすごい問題提起なのだが・・・そこを素通りしていくのである。 つまり、悪意なき性的嫌がらせの問題である。 ドラマの中で・・・ドラマ版の主人公・恭平(亀梨)は無知による思い込みから、「キスをすれば毒キノコの中毒症状が緩和される」と信じてヒロインのスナコ(大政絢)にキ... [続きを読む]

» ヤマトナデシコ七変化 第2回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『初キス』 [続きを読む]

» 2010年冬ドラマ、始まりましたね♪ その2 (#^.^#) [ひろくんのほのぼのコラム ( ^_^)_∀]
 おはようございますm(_ _)m   2010年冬のドラマ、前回に続き、ドラマ [続きを読む]

« 《とめはねっ!》☆第三回 | トップページ | 《ブラッディ・マンデイ シーズン2》初回 »

最近の写真