無料ブログはココログ

« 《ライアーゲーム シーズン2》#05 | トップページ | 《交渉人~THE NEGOTIATOR~ 2》#08 »

2009/12/10

《リアル・クローズ》★09

『生き別れた恋人との衝撃の過去!』(あらすじ)

松善百貨店の合併により、越前屋には契約を解除したいという取引先からの申し出が殺到。年末商戦を前に、越前屋は存続の危機に陥っていた。松善百貨店に対抗する切り札として、美姫(黒木瞳)はニューヨークの日本未上陸ブランドとの専属契約に乗り出す。先方の契約の条件は、人気商品のハイヒールの製造を老舗靴工場に委託することだった。美姫は靴工場との契約交渉を絹恵(香里奈)に託す。しかし、靴工場の社長・竹内(田山涼成)に契約を持ち掛けても、相手にされず断られてしまう。何とか説得しようと通い詰める絹恵は、靴工場の片隅で1枚の写真を見つける。そこに写っていたのは、20年前の美姫だった

CAST
天野絹恵***香里奈 
蜂矢英明***小泉孝太郎 
田渕優作***西島秀俊
佐々木凌***加藤夏希 

木村瑞穂***能世あんな
林陽子***真野裕子
多村アヤ***えれな
森奈津子***南明奈 
天野まゆ***IMALU

尾崎隆***田中哲司 
大面厚***佐藤二朗
 
神保美姫***黒木瞳
     *****

松善が天萬と合併して、強大になったため、今まで取引のあった、たくさんの会社から、契約を見直したいと連絡が一斉に入った。尾崎は、足もとがぐらついていたが、美姫は、日本未上陸のSIELA & KEITH と交渉を続けていた。この会社は美しいフォルムのハイヒールが、この会社の3割のシェアを占めていた。彼らが目をつけたのが、浅草の老舗。創業65年、TAKEUCHI。この工場を抑えるのがSIELA & KEITHの契約につながると、美姫は考えていた。まず工場の確保と絹恵に指令が飛んだ。

絹恵は、朝から、田渕を見ると、花柄の枠が額縁に入っているように、とてもカッコ良く見えてしまい、胸がチクっといたんだ。リョウと陽子はすぐにこれは田渕に恋心と分かったが、絹恵は全く感じていなかった。

浅草TAKEUCHIは、注文品を作っている店で、聞いたこともないブランドに興味を見せなかった。毎日通えと田渕に厳命された。職人さん達とのコミュニケーションは、なかなかとれなかったが、それでも工場の掃除でも何でも言われたものはこなした。掃除中に、棚に入っていた写真立てには、身姫、ここの社長、もう一人若い男と、小さな男の子が映っていた。それをニコが田渕に転送した。

松善の蜂矢は、優秀な人材をどんどん越前屋から引き抜いた。
田渕は、越前屋に蜂矢を呼んだ。そしてニコから送られた写真を見せた。
蜂矢は答えた。美姫は、父の20年前の恋人だったと。
蜂矢の母は、早くに亡くなり、美姫にもなついていた。

同じころ、TAKEUCHIの工場をきれいにしてすっかり疲れてソファに寝てしまった絹恵。掃除の最中にプレゼントらしい紙袋を見つけ、高校生の孫に送るものを選んだ社長のセンスの無さに、妹まゆを呼び出して、選ばせたグッズを渡した。
社長は絹恵の足形をとり、見本を作ると言った。その時ついでに身姫の事も聞いた。デパートの1社員だったが、契約にはしつこくて、毎日来た。蜂矢の父は腕が良い職人で、独立した後もしばらくは美姫が通っていた。そのうち海外の百貨店から引き抜きの話が来た。あっさり飛び立っていった。

蜂矢は、父が踏み台でしかなかったと形容した。父は失意のまま死んでいった。
負け犬です。自分の力だけを信じて、どん欲に生きろとね。

田渕は、どう見ても、むきになっているとしか見えないと言った。

蜂矢は、もっと大きい仕事がしたくないかと田渕に聞いた。

絹恵は美姫に「世間話しに来ました」と言った。
熟練の職人さんの手の動きがきれいで、ずっと見ていても飽きないと話だした。
それを遮って

ハイヒールって、自然に反するものだと思わない?
歩きやすさを考えたらこんなものいらない。
でも女性っていつも変わりたいと思ってる。
美しくなりたい、強くなりたい。
新しい自分に成りたい。
そう言った女性達の思いがこのハイヒールを
生んだんだと私はおもうわ。
人生には沢山の選択肢があるわ。
私はいつも、新しいチャレンジができる所を選んできた。
このハイヒールに負けない自分でいられるために。
良い靴をはきなさい。
一流のホテルでは靴を見ればその人がどんな人か
分かるって言うわ。私も昔ある人からそう言われたわ。

事務所で田渕と話す絹恵。
どうしたら、あんなに強く生きられるんでしょうか?

12月8日、美姫のトークイベントが開かれた。
無理をする必要はありません。お一人お一人のリアル・クローズを
捜せばいいんです。

まず、・・・自分を知ること。
自分の求める者を知っていれば、進むべき道は
おのずと分かるはずです。

そこで手が挙がった。蜂矢だった。
人生の選択。
神保さん自身、間違って後悔した事は?

2人の視線が絡んだ。

後悔しないために、自分が選んだ道を全うするんじゃないでしょうか

成るほど。
逆に捨てた道はさっさと忘れると。
女性ってホント、切り替え早いですからね

手放したもう一つのモノが大きければ、大きいほど
人は頑張れるんだと思います。
遠くにいる、今はもう別の人生を歩んでいる大切な誰かの
存在が、前に進む力になることがあります。
きっと人生で一番大事なことは、誰と出会うか。
その結末が別れであったとしても・・

キレイ事が上手な人だ

TAKEUCHIで、作ってもらったハイヒールをはくと「しゅっ」と音がした。それが良い靴の証しだった。

ニコリンと帰りかけて、戻った絹恵はほっぴーを買った。
工房へ戻ると、足音を響かせた美姫が座っていた。そっと袋をおいて立ち去った絹恵。

美姫は、タバコを買いに消えた社長を待った。テーブルに恋人俊生の道具と、美姫の木型があった。持つと、彼が、

「こんな言い伝えを知ってるか?
恋人には絶対靴をプレセントしてはいけない。
その靴をはいて遠くへ行ってしまうから。」
「世界にたった一足。君だけの靴だ。
君をどこへでも連れて行ってくれる。
迷う事はない。君は君の人生を歩きなさい
。」俊生は美姫を送りだしてくれたんですね。
別れの辛さはじっと隠して必死に働いたのだから蜂矢は、恨むこと無いですよね。

難破船でもないのに、ネズミが右往左往するように、越前屋から逃げようとします。
ここ数年の百貨店の衰退ぶりは、寂しいものがありまた。洋服売り場は、シーンとしていましたからね。

*****
今までの感想は、こちら

« 《ライアーゲーム シーズン2》#05 | トップページ | 《交渉人~THE NEGOTIATOR~ 2》#08 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/46983213

この記事へのトラックバック一覧です: 《リアル・クローズ》★09:

» リアル・クローズ 第9回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『生き別れた恋人との衝撃の過去!』 [続きを読む]

» リアル・クローズ 第9話 選択 [レベル999のマニアな講義]
『生き別れた恋人との衝撃の過去!』内容松善百貨店と天萬との合併話が持ち上がったことで越前屋百貨店には、取引先からの契約解除の申し出が殺到する。対抗するために、美姫(黒木瞳)は、日本未上陸ブランド“SIELA&KEITH”との専属契約交渉を進めていた。そ...... [続きを読む]

» リアル・クローズ #09 [昼寝の時間]
原作 … 槇村さとる『リアル・クローズ』 美姫(黒木瞳)は松善の脅威に対抗する年 [続きを読む]

» リアル・クローズ 第9話:生き別れた恋人との衝撃の過去! [あるがまま・・・]
恋ではなく肋間神経痛ってかΣ(( ;゜ω゜)ナニッ!!! 田渕に見惚れる絹恵のアホ面が良かったわ〜{/face2_happy_s/} そして、絹恵目線の田渕に少女漫画のようなキラキラが入ってたのも最高〜{/kirakira/} 今回は、やっと美姫さまと蜂矢の関係がわかってスッキリ{/ee_2/} 年末商戦の切り札として、ニューヨークの人気ブランド『Siela&Keith』と 専属契約を結ぼうとし、その条件としてハイヒールの製造を浅草の老舗靴工場 『竹内』に委託することを依頼された美姫さま。その交... [続きを読む]

» ライアーゲームシーズン2第5話&リアルクローズ第9話。 [NelsonTouchBlog]
ライアーゲームシーズン2第5話。つかの間の日常生活を楽しんでいた神崎直(戸田恵梨香)。女子大生ということらしいが・・ほんとに大学通ってるのか?秋山深一(松田翔太)とか福永ユウジ(鈴木浩介)なんて、普段何してるんだろう??そんな日常も突然、ライアーゲームセミファイナルの開催で再び直達は決戦の舞台へ! セミファイナルに集まったメンバーはやたら人数が多い。これはシーズン1のようなスリルが待っていそうだ。違うことは、直が成長してこのゲームに進んで参加していること。すべてのプレイヤを救い、ライアー...... [続きを読む]

» 「リアル・クローズ」第9話 [fool's aspirin]
越前屋大ピンチ!次から次へと引き抜き攻撃だぁ〜!そしてやっと美姫さまと蜂矢の因縁が判明。タニショーが爽やかに出てきてワロタ。 [続きを読む]

» リアル・クローズ 第9話。 [だらだら感想日記の日々]
はい、今週も見ております(笑) 蜂屋と美姫さまが親子~? と思ったら、とーちゃんの恋人だったのね。 うん、どー見ても蜂屋の逆恨みにしか見えん!(笑) 谷原パパも新しいワクワクできる仕事に向かう彼女が好きだったんでしょうしね~。 実の子を置いて去ったのならま... [続きを読む]

» リアル・クローズ 第9話。 [だらだら感想日記の日々]
はい、今週も見ております(笑) 蜂屋と美姫さまが親子~? と思ったら、とーちゃんの恋人だったのね。 うん、どー見ても蜂屋の逆恨みにしか見えん!(笑) 谷原パパも新しいワクワクできる仕事に向かう彼女が好きだったんでしょうしね~。 実の子を置いて去ったのならま... [続きを読む]

« 《ライアーゲーム シーズン2》#05 | トップページ | 《交渉人~THE NEGOTIATOR~ 2》#08 »

最近の写真