無料ブログはココログ

« 《リアル・クローズ》★09 | トップページ | 《不毛地帯》#09 »

2009/12/12

《交渉人~THE NEGOTIATOR~ 2》#08

『最終任務?バスジャック発生!!』(あらすじ)

サマー・クロースに命を狙われている弓坂警視正(浅野ゆう子)を警護しつつ捜査を続ける玲子(米倉涼子)らの目の前で、高林元警視正(大杉漣)が何者かに射殺された。玲子は高林の最期の言葉「これで、いい」の真意を探ろうとする。サマー・クロースからの連絡が途絶える中、高林に絶縁状態の直樹という息子がいることが判明。高林と幼い直樹を撮影したホームビデオを見た玲子は、サマー・クロースを直樹と断定、すべては自分に対する恨みを晴らすための犯行だったと推理する。胸騒ぎを覚えた玲子は妹・澪(林丹丹)が働く喫茶店へ向かうが、澪はどこかへ出掛けて戻らないという。

CAST
宇佐木玲子***米倉涼子
木崎誠一郎***筧利夫
真里谷恭介***城田優
墨田耕平***笹野高史
蓮見芳樹***高知東生
桜庭健二***塚地武雅(ドランクドラゴン)
王子隼人***八神蓮
片山一義***高橋克実
桐沢圭吾***陣内孝則

高林元警視正の胸部を貫通した弾は、ウインチェスター社製9ミリパラべラム弾、サマークロースが所持していた拳銃と同型だった。
自宅から、「サマー・クロース」に関する記事の切り抜きが多数およびレセプション会場の見取り図が発見された。
高林元警視正が凶器を所持していなかった点も含めると、一つの推測が成り立つ。
おそらく元警視正は、サマー・クロースに関心を持ち、単独で調べ、弓坂警視正が狙われる可能性の高いレセプション会場にやってきた。そして、元同僚である、弓坂警視正をとっさに庇い、撃たれたものと考えられる。

宇佐木が黙っていることで桐沢はどうした?ときいた。

狙撃から丸一日たつのに、サマー・クロースは、
なぜ何の連絡もしてこなかったんでしょうか?

高林の身辺をもう一度洗えと桐沢が吠えた。
それを弓坂が聞いて、あいつらより先に捕まえろと部下に命じた。

工藤記者は、高林が、身を持って弓坂警視正を救っと、美談にまとめた事に対して、かみついていた。高林はそんな男じゃないと。

真里谷に会って、玲子だけが分かって無い、でもみんな一人ぼっちだからすぐに仲間かと言われた。高林警視正が殺された事を話すと何で止めなかったの?と聞かれた。

宇佐木は、妹の勤める喫茶店で、橘が休みなためコーヒーの味が違っている事に気付いた。

高林の所からはVTRテープも押収された。見ていくと、少年は、誰かに似ていた。
高林を失脚させたのも、・・私を見ていた。それに気付き、拳銃を持ち、「マスカレード」へ急いだ。しかし、1時間前に誰かの電話で妹は消えた。
澪に電話すると、男が出た。橘雅也。高林直輝。
あなたが、サマー・クロースね。
言うとおりにすると言った宇佐木に、つまんないなと言い、刑事と名乗らないこと。
通話を切らないこと。仲間と連絡しないことを条件にされた。

まず目黒方面に行ってください。見てもらいたいものがあります。

弓坂警視正に報告に行くと、知っていた。
高林が、気づき、隠密裏に解決してほしいと手紙をよこした。しかし、翌日、息子に撃ち殺された。

桐沢は、高林直輝をサマー・クロースと断定し、全国に一斉指名手配を掛けると言うと、弓坂は、タバコの煙を吐くと、

サマー・クロースの正体が元警視正の息子だったと公にできますか。

宇佐木玲子が高林直輝と一緒にいる可能性があります。

部下の命がかかっているから、何とかしろと・・
彼女も警察官なら、それなりの覚悟はできているはずです。

廊下で片山は、
闇から闇へきれいさっぱり片づけて,何もなかった事にしろってか・・

どこにゴミが落ちているか分からないから片づけようがない。

ウサギも、警視正にとってはゴミだったってこった。

俺たちも同じだ。

分かり切ったことで、熱くなってどうするんだ。

う~~ん。この体制、下の者のやる気を削ぎますね。男の上司なら、酒飲んで、愚痴言って終われるけど、同権とはいえ女じゃ、うっぷんがたまる一方ですよ。

宇佐木は、直樹の指示で、信号が見えたら左折した。

宇佐木にとって高林はどうだったかと聞かれた。

立派な警察官だった。だが行き過ぎた事はあった。

国と治安を守るためと思えないか?

間違いを正しただけだと言うと、それが誰に値してかと。

真里谷に、弓坂が面会した。
足音も気配も玲子と同じ。
高林のお友達?

同期で仲間だった。

0点だ。
0点だった者は満点を取ろうと頑張る。

直輝は、あなたにとってあの死刑囚は守るべき者かと聞かれた。

分からないと答えると、

分からない人間が刑事をやっているから、犯罪が後を絶たないんです。
教えてあげます。その先に閉店したクラブがありますね。そこに入ってください。
音楽がかかり、女たちが踊っていた。

しっかりみてください。
そこにいる連中、守るべき価値がありますか?
腐ってます。そんな奴らを守って何の意味がありますか?

甘利が分からなくなったと言って、宇佐木に撃たれた。それを思い出していますね。
周りの狂ったよううなヤツらが襲い掛かった。撃てと直輝は言った。拳銃を構えて、撃ちたくないから大人しくしてと宇佐木は言った。
カメラが仕掛けられていて、直輝は携帯で見ながら、話していた。

妹の澪が心配な玲子は、、元気なのかと聞いた。そこに入ってきたバスに乗れば、見えると言った。しかしそれは、罠だった。

クラブの連中に警察へ電話をとい置いて消えた玲子。すぐに木崎たちが駆けつけたが、話を聞かない男がいたので、こちらへ来いと言うと、紙袋から爆弾をつけられたビンを出した。それを見て、木崎は、その男に覆いかぶさり、重傷を負った。

桐沢は真里谷に面会した。そこには、弓坂もいた。
サマー・クロースが動き出したと言うと、真里谷は呼吸が荒くなり、玲子が死んじゃうとうろたえた。

バスには、初老の男が汗をかいて座っていた。彼は、玲子に声を掛けられると、上着を開けた。そこには、爆薬をつ吊りつけられた、哀れな姿があった。

玲子の命が欲しいサマー・クロース。
バスの乗客全員を救いたい。絶対絶命です。

******
今までの感想は、こちら

« 《リアル・クローズ》★09 | トップページ | 《不毛地帯》#09 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/46998063

この記事へのトラックバック一覧です: 《交渉人~THE NEGOTIATOR~ 2》#08:

« 《リアル・クローズ》★09 | トップページ | 《不毛地帯》#09 »

最近の写真