無料ブログはココログ

« 《交渉人~THE NEGOTIATOR~2》#04 | トップページ | 《東京DOGS》★05 »

2009/11/15

《JIN-仁ー》★06

生きてこそ・・・』(あらすじ)

仁(大沢たかお)は洪庵(武田鉄矢)ら蘭方医を敵視する漢方医療の総本山・医学館から呼び出しを受ける。勝(小日向文世)の口利きで護衛役として龍馬(内野聖陽)と恭太郎(小出恵介)を連れて医学館に向かった仁は、奥医師・多紀(相島一之)と対面する。その矢先、同席していた医学館の医師・福田(佐藤二朗)が苦しみ始める。福田の病状を重い胃潰瘍(かいよう)と察した仁は、咲(綾瀬はるか)と佐分利(桐谷健太)を呼んで緊急手術に挑む。手術を終え、一息ついた仁たちに、佐分利のメスが殺された女郎の部屋で見つかったという知らせが届く。

CAST
南方仁**大沢たかお 野風・友永未来(2役)**中谷美紀
橘咲**綾瀬はるか 橘恭太郎**小出恵介
佐分利祐輔**桐谷健太 山田純庵**田口浩正
タエ**戸田菜穂 喜市**伊澤柾樹
初音**水沢エレナ 伊東玄朴**小林勝也
緒方洪庵**武田鉄矢(特別出演)
新門辰五郎**藤田まこと(特別出演)
夕霧**高岡早紀 鈴屋彦三郎**六平直政
橘栄**麻生祐未
勝海舟**小日向文世 坂本龍馬**内野聖陽

「十八番、薬効ありsign03

歴史上、まだこの世に存在するはずの無い、ペニシリン。
でもこれは本当に許される行為だったのだろうか?

仁はまだ悩んでいた。

そんな仁に、医学館からお呼びがあった。
我が国医療の中心であり続けたまさに本堂が、漢方の医学館だった。
向こうからこちらを見れば、我らこそが西洋医術を勝手に持ち釿んだ新参者。所が今では、上様から多くの方々まで診る奥医師にその我ら蘭方医が次々任命されてます。
我らがかわいかろうはずはございません。
(やり手のベンチャーが嫌われるのと同じか)と独り言の仁。

使いの福田に、知りたいことがあればそちらから来るのが筋だと、かなり揉めて、でも仁が、行きたいで、けりがついた。
同席した勝が、こいつらと、竜馬と橘を護衛でつけさせた。

良順は、南方先生の身元に難癖をつけ、おかみに働きかける気かもしれんたとまだ怒っていた。ここ数年本堂側は、蘭方医の活躍により勢いを削られてきました。その功労者である伊東先生の失脚をいいことに、勢力を盛り返そうとしているのかもしれません。

生き神様、南方大明神と奉られていた。そこで、切られたら、赤い血が流れるのだろうか?死ぬのだろうか?とても不思議な感じで毎日を送っていた。

医学館では出自が分からない医師を医師とは認められないと言った。
急に福田が原を押さえて苦しみ出した。
仁が触診し、胃潰瘍穿孔ではないかと思う。手術して、穴をふさぐと言った。
多紀は、失敗したら、自分が腹を切ると言い放った。配下が、佐分利をはめるために佐分利のメスを殺された女郎の部屋に置いて置いたのを、見付けられた。

役人が来て佐分利が調べられた。
しばらく黙っていたが、佐分利は、女郎が残した手紙を見せた。そこには、病気を診てもらっていたが、お金が払えないから、死んだら腑わけして治療費に替えてくれと書かれていた。しかし、どうしても責任者を処罰したい彼らは、なんだかんだと理屈をつけた。
佐分利は、墓を暴いたわけでもないし、こっそり腑わけしている輩は沢山いる、それでも、自分を庇う佐分利に洪庵は

弟子の不明は、私の不明。
佐分利ともども身を引き・・

緒方先生!私は医術のためにやったのでございます。
国のため、道のため!

お前の言う道とは、自分のためだけの道や。
道を開くと言うならば、お前は堂々と「腑分けはすべし」と
そう叫ぶべきやったんやないか。

そんなことやったって、・・・

玄朴先生も私も「人殺し」「出て行け」と石のツブテを投げつけられながら
種痘と言う道を開いてきました。
いや、この医学所も、玄朴先生らが資材を投げうって作ったもんや。
道を開くということは、自分だけの逃げ道を作ることやないsign03

松本先生、玄朴先生、残りました弟と南方先生をよろしくお願いします。

医学館に呼び出された仁のために咲派、花魁野風の身体検査をした。野風は仁に診てもらいたがっていた。咲派、野風を羨ましいと言った。顔が・・・

仁は、部屋に戻り、未来との写真を手に考えていた。

もし、俺が医学所でペニシリンを作ったりしなければ、佐分利先生や、緒方先生は
こんな事になったんだろうか?

咲は、物言わぬ写真とやらに話すならは私に話してと言ったが、

今までもずっと物言わぬ未来に話しかけていたからクセになっていると答えた。

確かに君に、答えを求める事はできない。
それに写真に写る君が良くなっていそうだからと言って
今ここにいる人たちの明日を踏みにじっていいという理屈は成り立たない。
これは、恐らく、俺の招いた歴史の混乱だ。

翌日仁は、洪庵を西洋医学所に訪ねた。
佐分利に行ってしまったことを思い出したと。

医術を志すなら、まずは体を知れと。
私が焚きつけたようなものです。
ですから、佐分利先生のことは
お許しいただけないでしょうか?
奉行所の方へは、今回は私が元凶であったと申し出ます。

えたいの知れない私が、煽動したとなれば、
医学所は責めを追うことは無いでしょうし

確かに、それなら傷はつかぬが

ではそういう形で

いや、それはなりませぬ。
先生はここに残る。
それが国のため、道のためでございます。(洪庵)

緒方先生がここにいらっしゃることこそが、
国のため、道のためです。
予想ですが、放っておいても、医療技術や
薬は進化すると思います。
分かりやすく、利益になるものには、
人は皆飛びつきます。それはとても簡単な事です。
ですが、石を投げられ私財を投げうってでも
人を助けたいと願う、医の心を伝えて行く事は、
とても難しいことだと思います

ペニシリンの製造派?と危ぶむ皆には、緒方先生が続けてくださってと答え、
そこに来た佐分利、あんな元聞いたことオマへんでと泣き声になっているのに

良いんですよ私は・・・・

出口に外を向いて立つ竜馬は、
何がどうええんじゃsign02
ここにおればその医術を広めことも
いくらでもできるがじゃろう。
それを嘘をつき、ありもせん責めを負うて
どこをどう押したらそんな理屈になるぜよ。

どうしたんですか?

先生には、欲っちゅうものがまったく見えんぜよ。

欲?

おうよ。
人間は、欲深いいきもんじゃ。
国のためなら、死ぬることができるっちゅう志士も
人のために生きるとほざく医者も、
ひと革剥けば、成り上がりたい、金が欲しい
名を残したいっちゅう欲でがんじがらめじゃ。
わしだってそうじゃ。頼まれもせんのに
この日の本の国をもっとええ国にしたいと
思うちょるがは生まれてきたからには、
何かやってやりたいっちゅう欲からじゃ。
けんどその欲があるから、わしゃ進んでいける。
欲は生きる源じゃ。じゃが先生のやっちょることは
まるで仏じゃ。もし人であるならば、死人じゃ。

死人・・・

わしゃ心配なんぜよ。(竜馬派、神の手を握った)
何の欲もの撃て、殺されるっちゅうてもポカーンと
しちょる先生が。いつか命さえ「はいそうですか」
ちゅうて、ポーンと放り出しそうで・・・

この時初めて分かったんだ。
俺にはこの世界に対する執着がない。
だから私心など無い仏のようなことができる。
がだからこそきっと何一つリアルに感じられないんだ。
俺はもう本当に死んでいるのかもしれないな
。>

橘家では、咲が、私は何のためにいるんでしょうと兄に聞いた。
兄も私も役立たずだと答えた。
誰でも、自分の価値が、測れないとき絶望的な時ってあるのですよね。
咲は深い悲しみに沈んでます。

吉原では、野風花魁に、新造がご注進。夏屋で医者らしきものが南方先生の噂をしていた。アイツは化け物だ、切るしかないと・・・
慌てて、野風は咲に手紙を書いた。中身を読んで、びっくりした咲は兄がもう護衛を断られたことを知った。どうかお力をお貸しくださいとあった。

竹林を行くj仁の前に刺客が現れた。切られると思ったら、咲が足を引いた。2人で逃げたが、初めて仁は恐いと思い、手が震えたのを知った。
私はここで生きてるんですよね。ありがとうございました。咲さん。
ありがとう。

お礼なら野風さんに。

手紙を書いた。
一命を取り留めました。

それを握り締める野風だった。

咲派、何かふっきれてくよくよするのは止めた。

恭太郎は、目の悪い女郎を買った。

竜馬は、医学所に資格の事で文句を言ったが、それはあちらの方だと言われた。
新しいことで自分たちの地位が脅かされるのは、大変な脅威でしょうね。
新しい時代で生きていることが分かって、仁は、また、やる気が出そうですね。
おまけに袂から「平成22年」という効果が出てきたのは、なんだろう?

*****
今までの感想は、こちら

« 《交渉人~THE NEGOTIATOR~2》#04 | トップページ | 《東京DOGS》★05 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

野風と咲と2人の切なさに泣けました~(; ;)
この関係、どうなっていくんでしょうね。

22年の10円玉の謎が全く分からない私です~。
誰か他にも未来から来てるって事(?_?)

こりやっぱ一番面白いかも・・・。
今も昔も美人は得だねぇ。virgo

いろんな人のいろんな葛藤があって、まさに激動の時代なんだな~ってのが伝わってくる回でした。
緒方先生のように命を削るようにして道を拓いていく人もいれば
その足を引っ張ろうとする人間もいる。
医学館と西洋医学所の対立、その中にいる人間たちの葛藤が人間らしくておもしろいと思いました。
来週、タイムスリップのなぞがちょこっとわかりそうで楽しみです。

平成22年の硬貨にはびっくりですわ~!
過去へのタイムスリップのお話かと思いきや、
未来にまで話が飛んじゃってるだなんて、
頭が混乱するばかりですsweat01
それとも皆さんが予想されてるように、
仁がいなくなった現代の時計は
もう平成22年になってるのかなぁ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/46774588

この記事へのトラックバック一覧です: 《JIN-仁ー》★06:

» 「JIN-仁-」第6話 [またり、すばるくん。]
第六話「生きてこそ…」  [続きを読む]

» JIN-仁- 生きてこそ… [のほほん便り]
ついに、ペニシリンまで作り出してしまった仁(大沢たかお)の名声はますます高まり、様々な方面に波紋を呼びます 庶民の間でお札になるわ、ついに、この時代の医学界の流派の対立をも巻き起こしてしまうほど 本道である、医学館の奥医師の目にもかかり、医学館と対面 そんな中、福田玄孝(佐藤二朗)が突然腹痛を訴え、胃潰瘍穿孔の可能性が強いと判断した仁は、急遽医学館にて手術を行うことになります。緊張の現場の中、手術は無事、成功。 (はじめて内臓を見る咲は動揺のあまり手がとまるが、佐分利が代行)... [続きを読む]

» JIN-仁- 第6話:生きてこそ… [あるがまま・・・]
危機一髪!__( -"-)__セーフ! 万事休す・・・仁先生、刺されちゃうのかと思ったでありんす{/face2_shock_s/} 咲のおかげで事無きを得、お礼を言う仁先生ですが、咲ったら正直に野風から ピンチを知らせる手紙を受け取った事を言っちゃってるよぉ〜{/ase/} 野風と咲、二人に助けられちゃったね{/hearts_pink/} この事があって、初めてこの世界でリアルを感じた仁先生。死への恐怖で震える仁の手を 握り、死んでも平気なんて二度と・・・と自らも手をぶるぶる震わせながら言った咲を... [続きを読む]

» JIN-仁- 第6話 [MAGI☆の日記]
JIN-仁-の第6話を見ました。MISIA/逢いたくていま(CD)西洋医学所の仁のもとに、医学館から福田玄孝という客が訪ねてくる。古くからこの国の医療の中心であった漢方治療の総本山である医学館は、異国の医術を持ち込んだ西洋医学所を快く思っていなかった。玄孝は同館の...... [続きを読む]

» 「JIN -仁-」第6話 当たり前です!先生は生きておられるのですから [バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)]
そうですよね 私はここで生きてるんですよね [続きを読む]

» JIN-仁- 第6回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『生きてこそ…』 [続きを読む]

» JIN -仁-#6 [NelsonTouchBlog]
#6 「いや~たいしたもんだ。先生よ、何か困ったことがあったら言ってくれ。おいら、力になるからよ!」勝林太郎が叫ぶ。勝は坂本龍馬や橘恭太郎を伴って西洋医学所に訪れていた。ペニシリンを製造している様子を見学し、勝は感嘆、うれしそうに南方仁にそう言っていた。龍馬もなんともいえない表情で仁の手を握った。「どういたらこんなの作りだせるがじゃ?先生は・・。」いつのまにか自分の手のひらと仁の手のひらを合わせている。。「・・運がよかっただけですよ。」苦笑いでそう答える仁。まさか、未来から来ているとは言...... [続きを読む]

» JIN-仁-第6話(11.15) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
その活躍から、江戸の町ですっかり有名となり、 南方大明神と呼ばれるようになっていた南方仁@大沢たかお しかし、仁は、幕末の世界にリアルさを感じられず、 生きている実感を感じられない状態だった。 坂本龍馬@内野聖陽から 「先生には、欲っちゅうものがまったく見えんぜよ。」 「欲は生きる源じゃ。 じゃが、先生のやってることは、まるで仏じゃ。 もし、人であるならば、死人じゃ。」と指摘されたことから、 「俺は本当に死んでるのかもしれないな・・・」という思いを強くする仁。 だが、刺客の襲撃に... [続きを読む]

» JIN〜仁〜 [FULL OF LOVE]
 ども。武田鉄矢さんに言われると、はい、と納得してしまうすももです。「道を開く」というお話はなんだかちょっと納得してしまいました。  さて、今回も人間らしかったなぁ・・・。今までどこか夢だと思っていて、リアルに感じられなかった仁が、自分はこの世界で生きて....... [続きを読む]

» ドラマ JIN-仁- 第6話 感想 [本家らう゛ろくた逃避中]
第6話 南方大明神て、あらあら先生あっと言う間にえらい時の人になってしまいましたね(笑) 医学館の奥医師、多紀の元へ向かう南方先生の護衛に付けられた竜馬と恭太郎さんですけど…護衛が必要とは、西洋医学所との関係の悪さが窺い知れます。でも握りっ屁とかして遊んでま..... [続きを読む]

» JIN仁6 ボクは死にましぇぇぇん!と来週緒方洪庵は叫ぶ? [ぱるぷんて海の家]
神易占い術―10円玉うらない (実践講座) いわゆる荒唐無稽なタイムスリップ物なのに 何でこんなにリアルで感情移入してしまうのでしょう。 しかもこのドラマ 大河の口直しとしても癒されるしぃ。 まさしく 南方大明神! あの御札貼っとこうかあなと思うく...... [続きを読む]

» 【JIN-仁-】第6話感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
【第6話視聴率追加済】(11/16)第6話の視聴率は、前回の20.3%とほぼ同じ、20.2%でした。これは、誤差の範囲内ですね。20%を維持できて良かったです♪相変わらず、20%を超えているのは、このドラマだけです!どうやら、このドラマがこの秋No1と、はっきりしてきましたね...... [続きを読む]

» JIN-仁- 6話 [アンナdiary]
あぁ。。。今回も咲さんの健気な姿にホロリ。 そして花魁だというだけで、南方先生の元へ向かえない野風の女心にも ホロリ。そして南方先生を心配する坂本龍馬がいいね。 [続きを読む]

» JIN-仁-〜第6話 感想 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
JIN-仁-ですが、南方仁(大沢たかお)は幕末でペニシリンを作ります。自分が医学の針を進めることで現在の恋人の病気も治るかもしれません。仁のお札まで作られ神様扱いですが、坂本龍馬(内野聖陽)は光あるとこに影ありで仁の出現によりわりを食う者が暗殺するかもしれないと予言します。 漢方医のお偉方が仁に目をつけますが、無位無官の男にわざわざ会いに行く気はないので呼び付けます。松本良順は人の道に反すると怒りますが、緒方洪庵(武田鉄矢)も「そうなんですか!どうなんですか!」などと怒ります。(以下に続きます)... [続きを読む]

» 「JIN−仁−」 第6回 [トリ猫家族]
 はて・・・( ´・д・)? なぜに仁先生の袂から平成22年の十円硬貨が・・・? 仁は過去と未来を何度も行ったり来たりしてるってこと? それともこれは何かのメッセージ? ヽ(´゚д゚`)ノ さっぱりわからんぜよーーーー!!  仁が江戸時代にやって来て半年がたっ....... [続きを読む]

» ドラマ「JIN-仁-」第6話「生きてこそ・・・」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
医学界の派閥---------------!?西洋医学所と医学館の対立。やっぱどの時代にもこういうのはあるんだ。一応もともと合った医学館の奥医師は権力が強いようで、今話題の仁に会いたいと言い出したようですが、逢いたいならそちらから来るべきだともめてしまう。そこで穏便...... [続きを読む]

» 「JIN-仁-」第6話 [日々“是”精進!]
   第六話仁の神懸かり的な医術は江戸の町で大評判となる。仁は噂を耳にした医学館の奥医師、多紀から対面を申し込まれる。多紀と対面した仁は、素性について問いただされる。護衛についてきた龍馬や恭太郎も、一緒になって仁の素性をはぐらかそうとするが、医学館の仁...... [続きを読む]

» JIN-仁- 第6話 「生きてこそ…」 [電視劇的随便日記]
医学館の多紀(相島一之)から呼び出しを受ける仁(大沢たかお)。常々、漢方治療を本道とする医学館は、西洋医学を勝手に持ち込んだ新参者の西洋医学所の蘭方医を疎ましく思っていたのでした。佐藤さんは桜金造かと思った。 ... [続きを読む]

» 銀魂&仁 [別館ヒガシ日記]
は上位陣が集まるも潰し合う序章の展開だが 今回は冒頭から北斗の拳パクリ最高だったけども OPが書いた様な絵と流石の遊び過ぎ思うが が&がはオカシ過ぎて面白く が殴ってる所は血とか色々と凄かったし... [続きを読む]

» JIN−仁− 第6話 仁の決断 [レベル999のマニアな講義]
『生きてこそ…』内容ペニシリンを作り出してしまった仁(大沢たかお)その行いにより仁の評判は高まっていく。。。そんななか西洋医学所を敵視する“本道”医学館の奥医師・福田玄孝(佐藤二朗)が訪ねてくる。奥医師の多紀元えん(相島一之)が、仁に来いと言っていると...... [続きを読む]

» JIN-仁- #06 [昼寝の時間]
原作 … 村上もとか『JIN-仁-』 江戸時代にはなかった「ペニシリン」を作り上 [続きを読む]

» 龍馬の誕生日&命日でありんす(JIN-仁-#6) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
東芝「REGZA(レグザ)」CMソング、福山雅治「はつ恋」が12/16にリリース決定初回限定盤は、「リリー・フランキーデザインTシャツ&ドレスステッカー付」と「MUSIC CLIP&ドレスステッカー付き」の2種。『JIN-仁-』言うなればやり手のベンチャー企業 西洋医学所から江戸中...... [続きを読む]

» 手のひらを太陽に(綾瀬はるか)仁は触診(大沢たかお)暗闇でバッサリ(中谷美紀) [キッドのブログinココログ]
ああ・・・またも勘違いしていた・・・西洋医学所は本郷にあるものだとばかり思ってい [続きを読む]

» 「仁-JIN- 第6回」 [DolceVita]
「仁-JIN- 第6回 生きてこそ・・・」仁(大沢たかお)の神懸かり的な医術は江戸の町で大評判となる。仁はうわさを耳にした医学館の奥医師、多紀(相島一之)から対面を申し込まれる。多紀と対面した仁は、素性について問いただされる。護衛についてきた龍馬(内野...... [続きを読む]

» JIN-仁- 第6話 [paseri部屋]
「JIN-仁-」(第6話)を観ました。出演:大沢たかお、中谷美紀、綾瀬はるか江戸では、神がかり的な仁(大沢たかお)の医術が大きな話題になっていた。ついには本道である、医学館の奥医師の目にもかかり、医学館と対面することになった仁。その医術は江戸時代を大きく動かそう...... [続きを読む]

» 【JIN-仁-】第6話 [見取り八段・実0段]
ここにいる俺は俺じゃないみたいだ。ここで起こる事は、どんな生々しい事でも何故かリアルには感じられない。もしかして、俺はもう、夢の中にいるんじゃないだろうか。永遠に醒める事はない・・・もし、斬られれば、この血は流れるんだろうか。仁の評判は瞬く間に江戸中に...... [続きを読む]

» 『JIN-仁-』 第6話 [美容師は見た…]
仁の噂は、漢方治療の総本山・医学館の多紀元琰(相島一之)の元にも届き、医学館に呼ばれた仁は出向くことになりました。良い人役が多かった相島さんですが、最近は憎たらしい役が多いですね~。逆に悪役を多く演じて来た俳優さんに善人を演らせたら、それ以上の持ち味を見... [続きを読む]

» Jin-仁 第六話 [Yが来るまで待って・・・]
この時代に存在するはずのない「ペニシリン」を作った事は、やはり本当はやってはいけなかった事なのではないか・・・。 そんな仁の思いとは裏腹に、仁の優れた「医術」の噂が江戸の町に広まり、南方大名神という護符まで出回るほどの大評判となる。 そんなある日、仁の元... [続きを読む]

» 仁-JIN-vol.6 [ita-windの風速計]
■仁-JIN-脚本/森下佳子演出/平川雄一朗、山室大輔、川嶋龍太郎プロデュース/石丸彰彦、津留正明http://www.tbs.co.jp/jin2009/第6話生きてこそ…--------------------------------------------------------この世にはないペニシリンを生み出した仁は、本当に許される...... [続きを読む]

» JIN−仁− 第六話「生きてこそ…」 [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
医学館の奥医師である多紀(相島一之)から、呼び出しを受けた仁(大沢たかお)は、龍馬(内野聖陽)と恭太郎(小出恵介)と出向く事になった。多紀から素性を問い詰められるが、仁は何も答えられない。その時、同席していた福田(佐藤二朗)が腹痛に倒れる。触診して仁は胃潰瘍穿孔で...... [続きを読む]

» JIN-仁-(第6話) [霞の気まぐれ日記]
何か、このドラマを見ていると、毎週泣いてる気がします。 まだ、こんなドラマを、作れたなんて・・・、 今までどうして出し惜しみしてたのさーー、とか思ってしまいます。。 感想はあまりうまく書けないんですけど、 とにかくのめりこんで見ています。 今回は、西洋医学所..... [続きを読む]

» JIN-仁- 第6話「生きてこそ・・・」 [shaberiba]
キタ――(゚∀゚)――!! 佐分利(まじめな?桐谷君)の活躍〜 でも・・。なんだか喜んでる場合じゃなかった・・。 彼の探究心は 彼と... [続きを読む]

» JIN-仁- 第6話 「生きてこそ…」 [青いblog]
あらすじ 幕末は、一人の脳外科医に委ねられた…。タイムスリップした脳外科医・仁が動乱の幕末を駆け巡る、超歴史スペクタクル&SFヒューマンエンタ [続きを読む]

» 坂本龍馬の歴史事典サイト [坂本龍馬の歴史事典サイト]
坂本龍馬の歴史事典サイトです、よろしくお願いします [続きを読む]

« 《交渉人~THE NEGOTIATOR~2》#04 | トップページ | 《東京DOGS》★05 »

最近の写真