無料ブログはココログ

« 《不毛地帯》#07 | トップページ | 《JIN-仁ー》★08 »

2009/11/29

《サムライ・ハイスクール》☆07

『悪代官と一騎討』(あらすじ)

剛(城田優)とあい(杏)は、小太郎(三浦春馬)に別の人格が乗り移っていることに気付きはじめていた。ある日、小太郎が通う高校の校長・恭子(室井滋)が、新校舎建設のために父母から募った寄付金を横領した疑いがあると雑誌に載る。恭子はでたらめだと毅然(きぜん)とした態度を取るが、学校には父母からの問い合わせが殺到する。そんな中、小太郎は、ホームレス襲撃事件で退学になった岩永(賀来賢人)に偶然出会う。「おれを退学にしたアホ学校、つぶれてしまえ」と言う岩永を怪しく思った小太郎は、一人で岩永の自宅へ向かう。すると小太郎は、待ち受けていた岩永とその仲間たちに監禁されてしまう

CAST
望月小太郎***三浦春馬
中村剛***城田優
永沢あい***杏
望月優奈***大後寿々花
南百合香***小林涼子
三木サヤカ ***市川実日子
本山弘***金子ノブアキ


前回、小太郎をつけていた、間者と戦い、手の甲に、傷を作った。東雲図書館に行って、ひみこにこぼしたが、相手にされなかった。どんどんサムライタイムはふえるし周りも彼が危ない目に会うと、別人格になるのを知り、女の子に触れると、元に戻るって気付きだした。

時空のかなたからやってきた魂は、
この世に存在していることを知られる
わけにはいかないの。
もし知られたら、消え去るしかない。
宿っている肉体を道連れにしてね。

ひみこにこぼすと、反対に脅かされた。

F組に校長が来た。一番成績が悪いクラスと、再認識させてくれた。
入試で結果を出せと檄を飛ばして行った。

学校の写真を撮っている不審者2人。問い正すと週刊誌にS校jの校長が一億使い込みしたと、あたかも千国学院の亀井校長らしく書いてあった。

父兄たちも知るところとなり、騒ぎが大きくなってきた。
剛は、校長は嫌いだけど、こういうことするとは思わないと言った。そこへ岩永が声を掛けた。退学になったから、見物に来たと声を掛けた。不敵に笑う岩永に声を掛けながら、後をつけた小太郎は、岩永が、誰かに電話し、「もっとやってよ、潰れりゃいいんだよ、あんな学校」それを聞いた小太郎に、

お楽しみはこれからだよ。と言った。

学校はすごい騒ぎになっていた。そこへ校長が来てお答えします。
あの記事はでっと上げです。やましい所はございません。それだけ言って消えた

追いかけた小太郎は、職員室で校長に聞いた。
やましい所がないとは本当ですか?

面と向かって聞かれたことがないと言いながら、そんなことは知らないと言った。

そう聞いて、岩永の家まで行くと、男が望月と聞いた途端に封筒を差し出した。岩永のトレーニング用にに代議士の父親が買ってくれた倉庫だった。入り口に岩永が待っていた。中へ入るとドアが閉められ、男たちが、四方八方から集まり殴られた。帰りがけに襲われたのはこの男たちみたいです。

岩永が、退学させられたのも、小太郎がチクッタためで、それを詫びろと迫った。
そんなことできないと答えるr小太郎に、容赦なくpunchが飛んできた。

マジだ、ぶっ殺すsign03

聞いた途端にコタローがみなぎった。

貴様ら、腐りきっておる。

やっと本気になったかよ。

謝るのは貴様の方じゃ。
今すぐ全てを吐いて校長殿に許しを請え。

よい所でビキニ姿のポスターを見て又小太郎に戻った。

縛られていた小太郎は、気がついて、壁を蹴った。
お前や校長の平民にこけにされたから、許せねぇと岩永は言った。
どんなにお前が偉いのか知らないというと、父親は議員だと言った。
それは父親で会ってお前ではないと言って又岩永を怒らせた。

そこへ、中村とあいが、到着。
岩永にリンチに会っているのを見て、前に小太郎が、サムライになったときに言われていた、グズ、死ねを言ってみた。すぐにコタローが蘇った。

己の成した過ちを認めようともせず
他人のせいにするなど、卑怯千万!
おぬしの生きざま、口惜しゅうてしかたないわsign03

殿!と剛が旗を投げた。

大立ち回りの末、全員KOpunch

案ずるな、全員峰ウチじゃ。

校長が、体育館で、明日の生徒たちへの予行演習をしていた。
記事に書かれたようなことはしていない、が、混乱を呼んだのはこちらの責任。

そこで三木が本山巡査に利けることは今聞けとせっつかれて、顔を出した。

辞める気かときいた。何も説明しないではずるいと。すると、前に英語の教師をしていた学校が、できの悪い子ばかりで、問題を起こして廃校になった。
でもどんなにできの悪いダメな学校でも学校には卒業生がいる。
学校をつぶすって事は、その生徒たちから母校を奪うってことになる。
ニ度とそんな思いをさせたくなかった。だからどんな手を使ってもこの学校は、
ちょっとやそっとのことじゃ揺るがない、名門校にしたかった。
ところが誤解を生んでしまった。マスコミに付け込まれるようじゃ、校長は
失格。全ての責任を撮って校長の職を辞します。

待たれいsign03
何故辞さねばならぬ

普通に喋りなさい。

身に覚えのない噂ごときに、
負けてよろしいのか?
校長殿は、この学び舎を名門たらしめようと
日夜力を尽くして来たのではござらぬか


誰に物を言ってるの?

わしが見たところ、この学び舎は到底名門とは
言いかねる。すなわち、いまだに結果とやらは
出ておらぬ。

普通に喋りなさいと言ってるでしょう。

こたびの戦まだ勝負はついておらぬでは
あるまいか。ここを城とするなら校長殿は
お館様。わしらは家臣じゃ

何を言いだすやら。

まだ勝機はある。あるじたるもの、
勝負がつかぬうちに投げてはならぬ。
生きるために逃げること、生きるために戦うこと
共に意味のある事でござろう

ここはどうか、どうかこの城にとどまって
くだされ。
我ら臣と共戦こうてくだされ

<俺はサムライの言葉に初めてグッときた。
「生きる」?「戦う」?サムライにはきっと
何か強い思いがあるのだろう。もしかしたら

それがこの世に出てきた理由?>

LIFE is too short to be little!

人生は短いんです。くよくよしている時間はありません。

本当の悪って?

*****
今までの感想は、こちら

« 《不毛地帯》#07 | トップページ | 《JIN-仁ー》★08 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/46887801

この記事へのトラックバック一覧です: 《サムライ・ハイスクール》☆07:

» サムライ・ハイスクール 第7話 勝利への覚悟 [レベル999のマニアな講義]
『悪代官と一騎討』内容誰かに知られれば消えるかも。。。ひみこ(ミムラ)の言葉は、小太郎(三浦春馬)を戸惑わせる。そんななか、千国学院に雑誌記者がやってくる。亀井校長(室井滋)が、寄付金を横領したり。。。と黒い噂があるという。話を知った父兄達からの電話が...... [続きを読む]

» サムライ・ハイスクール 第7話 [ぷち丸くんの日常日記]
剛(城田優)やあい(杏)は小太郎に別の人格が乗り移っていることにうすうす 気づき始めていた。 すべてを話してしまいたい衝動にかられる小太郎だが、ひみこ(ミムラ)に 「しゃべったら、死ぬよ」と脅されてしまう。 そんなある日、小太郎の高校についての記事が週刊誌に載... [続きを読む]

» サムライ・ハイスクール 第7回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『悪代官と一騎討』 [続きを読む]

» 「サムライ・ハイスクール」第7話 [みーこの☆きまぐれ日記]
「サムライ・ハイスクール」第7話 〜悪代官と一騎討〜このドラマ、気がつくと もう7話・・・・早〜い!!小太郎のサムライを楽しみに観てます。簡単にあらすじは・・・望月小太郎(三浦春馬)にサムライ小太郎が乗り移るようになって1ヶ月。剛(城田優)...... [続きを読む]

» サムライ・ハイスクール 其の七 [ドラマハンティングP2G]
望月小太郎(三浦春馬)に “サムライ小太郎”が乗り移るようになって1ヶ月。剛(城田優)やあい(杏)は小太郎に別の人格が乗り移っていることにうすうす気づき始めていた。すべてを話してしまいたい衝動にかられる小太郎だが、ひみこ(ミムラ)に「しゃべったら、死ぬよ」..... [続きを読む]

» 鋼錬「言えぬ真実」&アンタッチャブル&サムライ [別館ヒガシ日記]
はブリッグズ要塞でスロウスが来襲の展開だが  [続きを読む]

» サムライ・ハイスクール 第7話 [JAOの趣味日誌]
|ストーリー|サムライ・ハイスクール サムライ小太郎、大活躍。しかし女を見ると元の小太郎に・・・・・ 今回校長の横領疑惑騒ぎの首謀者と思われる岩永につかまってしまい 絶体絶命のピンチに、しかしあいの機転でサムライ小太郎になり 岩永や手下たちを叩きのめした。 これで横領疑惑騒ぎは落ち着くかと思えたが、まだ一波乱あるようだ。 どうなる小太郎&サムライ小太郎・・・・・・ 人気ブログランキング   ←応援クイックよろしくお願いいたします。... [続きを読む]

» サムライハイスクール 小林涼子 9話 [サムライ・ハイスクール 三浦春馬 最新情報]
《サムライ・ハイスクール》07 南百合香***小林涼子 三木サヤカ ***市川実日子 本山弘***金子ノブアキ. 前回、小太郎をつけていた、間者と戦い、手の甲に、傷を作った。東雲図書館に行って、ひみこにこぼしたが、相手にされなかった。どんどんサムライタイムはふえるし周り..... [続きを読む]

« 《不毛地帯》#07 | トップページ | 《JIN-仁ー》★08 »

最近の写真