無料ブログはココログ

« 《不毛地帯》#04 | トップページ | 《チャレンジド》☆05(最終話) »

2009/11/08

《サムライ・ハイスクール》☆04

必殺!空中変身』(あらすじ)

平凡な高校生・小太郎(三浦春馬)は、なぜか戦国時代の先祖“サムライ小太郎”が乗り移ったことで、数々のピンチを乗り越えてきた。しかし、幼なじみのあい(杏)が小太郎よりも、男らしいサムライ小太郎を気に入っていることにやきもきする。一方、謎の図書館司書・ひみこ(ミムラ)は小太郎に「このままではサムライ小太郎に体を乗っ取られてしまうかも」と、不吉なことを言う。そんな中、高校3年生の小太郎たちにとって最後の進路希望調査が始まるが、進路の定まらない小太郎は気が重い。
CAST
望月小太郎***三浦春馬
中村剛***城田優
永沢あい***杏
望月優奈***大後寿々花
南百合香***小林涼子 桜田通 柳下大
三木サヤカ ***市川実日子
本山弘***金子ノブアキ
室井滋(校長) 望月信二***岸谷五朗
     *****

東雲歴史文庫で、ひみこに、小太郎はこの本を読んでからサムライに体を乗っ取られると文句言った。
この”ひみこ”がいいですよね。ブリトニーの監修で、ギャル語を自由に使って、着物姿で新境地を開きましたねgood

自分をサムライに負けないように必死に腕立てを始めた小太郎だったが、気になるあいには又元に戻ったんだと素っ気なくされた。

小太郎のクラスに、偏差値70以上の特Sクラスから落ちてきた小清水がいた。新学期から一度も顔を見せていたに、不登校だった。
担任の三木は、校長の言う自主退学を、ぎりぎりまで粘って、卒業させたいと言い張った。
小太郎は、あいにカッコ良い姿を見せたいがための、不純な動機で三木ニ、声を掛けてん切るとpaperを上げた。

一緒に実家へ行ってみると、寂れた文房具店だった。声を何度か掛けると、ぼさぼさ髪の男が顔を出した。同級生の望月と言うと

何しに来たannoy

バケツの水を掛けられた。

帰宅すると、妹の優奈が登校拒否していた。母が心配そうにリビングをうろうろしていた。
部屋に入る前に声を掛けて、お前の気持もわかるけどと言ったから溜まりません優奈ニお兄ちゃんに私の気持がわかってたまるかと、ぶん殴られ、、散々な日だった。

小清水の家には、あいも一緒に行くと2人の監視の意味でついて行ったが、小清水は友達なんかじゃないし、特Sクラスからドロップアウトした時点で終わったと言った。
そこへ、ヤミ金の取り立てが来た。

小太郎、あい、中村の3人は、すごすごと帰りかけると後ろから父親が追いかけて来た。
近くの小学校が廃校になり商売が立ち行かなくなったがどうしても店を取られたくないと頑張ったら、ヤミ金に引っ掛かったと言った。大学の準備金まで手をつけて、息子和也の夢も粉砕してしまった。親子で将来を考えられなくなった。

家にそのまま帰り、3人で暗い気持ちでいると妹が荒れていた。あいが話をすると、友達との約束を破り、シカトされていると言うものだった。メールでごめんと出したらとさらっと言って、そうすると優奈も素直に慣れて、もう大丈夫と言われた。拍子抜けの小太郎。

やっぱり小清水は、もう一度説得jと、翌日は、学校が休みなので、また3人で向かった。今度は上へと部屋へ上げてくれたが、奏s時してない部屋は、ペンキで、Xを書いたりゴミが散乱していた。これが今の俺にふさわしい部屋だと和也は言った。
分かったら帰れと。
父親が起こったが振り上げたこぶしを和也に当てることができなかった。

怒ったのは中村だった。

待てよ!伊藤さんが可哀想じゃないか。
仕事がうまくいかないのはしょうがないことじゃないか。
僕なんて、父ちゃん死んじゃったんだよ。
父ちゃんが居るだけでいいじゃないか!

うるさいなannoy偉そうに言うなよ、雑魚がsign03

ざざ、雑魚じゃないよ俺たち。(小)

そうよ、雑魚って言う方が雑魚よ(あ)

黙れ!お前らに何が分かる!
俺はクソな親に人生めちゃくちゃにされたんだよ!
店を守る才覚も無く、あくどい金貸しに騙されて
父親失格じゃないか。
こんな売れないもんおいてどうすんだよ。

言いながら店の商品を床へばらまき始めた。
挙句に、学校の屋上の手するを乗り越えて

お前らが学校へ来いと言ったから来てやったよ。
ここで死んでやる。満足だろう。

オイオイ、甘えるのもいい加減にせいpunch

つまんない人生って、自分が奏するもんだと気付いてない和也は、夢中で進んできて、親が、1個100円の消しゴム売って、育ててくれたことを忘れています。それがつまんない人生と呼べるのかannoy

もっとで買い仕事をするために誰よりも良い大学出て・・・

1個100円の消しゴムjを100万個売ったら1億円だと言いながら小太郎は、フェンスを乗り越え、和也ニ向かった。和也が暴れ、二人はバランスを失った。

何でおれが死ぬの?まだ死にたくないよ~・・・と落ちて行った。

途中でコタローが目覚めた。和也を小脇に抱え、枝にぶら下がっていた。
失神している和也に、バケツの水を掛け、

口ほどにも無いヤツよのう。
不服なら、今一度あの場から飛び降りるがよかろう。
ニ度は助けぬ。

なんだよ、変なしゃべり方しやがって。

望月君は怒るとこうなるんだよ。(中)

早く屋敷へ戻れ。親御どのが心配しておる。

何が親御殿だ、わけわかんねえ。

文句を言いながら帰る和也を追いかけて耳をつかんだ。

痛え!

痛むか。
何故痛みを感じる?
おぬしは何故生きておる?
親御殿がおられるからではないのか。
金があろうが無かろうが、おぬしは、大事な命を親から
授こうた。それだけで親御殿に感謝すべきでござろう。
それを「負けた」「負けた」とはざいて、命を粗末にしようとは。
勝ち負けなど死ぬまで分からぬのが人間ではないか。

一丁前に理屈言いやがって。

まだ分からぬのか、来いsign03

荒らした店まで連れて行くと、両親は和也が振りまいた商品を丁寧に拾って、吹上元の位置に入れていた。そこへ小学生が買い物に来た。消しゴムと3年の漢字の書きとり帳を勝って行った。250円。両親は深々と頭を下げ、ありがとうございましたと言った。

しんみりしていた和也。そこへ昨日の取立て野連中が来て、ここを売って金を返せと迫った。あきらめがつくように手伝ってやると、金属バットまで持参だ。
両親は2人で後3課待ってと土下座した。

和也は彼らに突っ込んだ。待ってくれって言ってんだろう!そう言ったって通用しません。
お前は邪魔だと入り口まで飛ばされた。そこへコタローが立っていた。

ようやったsign01おぬしの思い、わしが引き受けた。
表に出ろsign03

弱気者の行き血を吸うヒルどもめ。
おぬしらの生きざま、口惜しゅうてしかたないわ!
おのれ、奸物!

和也は今日付けで自主退学し、働きながら大検を取り、自分の進みたい方向を探すと担任に言った。クラスの皆に「ありがとう」と言ってくれと。
3人は、仲間の笑顔で了解。

黒板を父と共に拭き、新しいチョークを並べ、小太郎の机には、「ありがとう」のメモを入れてあった。

高校生活が舞台なので、活躍の場が限られます。それでもサムライ・コタローは、なかなかカッコ良く大人たちまで言えないセリフを言います。そこはツボですね。
毎回、ミムラさんのひみこがミスマッチで笑えます。

******
今までの感想は、こちら

« 《不毛地帯》#04 | トップページ | 《チャレンジド》☆05(最終話) »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/46706334

この記事へのトラックバック一覧です: 《サムライ・ハイスクール》☆04:

» サムライ・ハイスクール 第4回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『必殺!空中変身』 [続きを読む]

» 三浦春馬 [あすかのつぶやき]
三浦春馬くんにファンレター 三浦春馬くんにファンレターを送ろうと思っているので... [続きを読む]

» 「サムライ・ハイスクール」(其の四:「必殺!空中変身」) [鉄火丼のつれづれ日記]
11月7日に放送された「サムライ・ハイスクール」は、小太郎(三浦春馬)たちが不登校の小清水君(濱田 岳)を説得しに行くというエピソードであった。鉄火丼は今回も、サムライ小太郎がおいしいところを持っていってしまった、と考えている。今回の中で一番かっこよかったサムライ小太郎の出てくるシーンとは…?... [続きを読む]

» サムライハイスクール 永沢あい 孤独の太陽 [サムライ・ハイスクール 三浦春馬 最新情報]
速報衝撃の逃走劇!最終回直前で押尾容疑者と同じ展開?主人公サムライ ... イケメンのサムライ小次郎☆. 期待しています。 次の放送では視聴率をもっとUPしてほしいです☆. 口紅 サムライ・ハイスクール 口紅. リボン キャスト リボン. 私立千国学院高等学校 望月小太郎 -..... [続きを読む]

« 《不毛地帯》#04 | トップページ | 《チャレンジド》☆05(最終話) »

最近の写真