無料ブログはココログ

« 《ライアーゲーム シーズン2》#03 | トップページ | 《交渉人~THE NEGOTIATOR~ 2》#06 »

2009/11/26

《リアル・クローズ》★07

女のバトルと生きる道』(あらすじ)

2階のヤングカジュアル売り場のチーフマネージャーに任命された絹恵(香里奈)は、若者の熱気に圧倒されつつ、まみ(中別府葵)に好印象を持つ。いっぽう、モニターとして越前屋を訪れたまゆ(IMALU)は仕事中の美姫(黒木瞳)に対し、ある言葉をかける。

CAST
天野絹恵***香里奈 
蜂矢英明***小泉孝太郎 
田渕優作***西島秀俊
佐々木凌***加藤夏希 

木村瑞穂***能世あんな
林陽子***真野裕子
多村アヤ***えれな
森奈津子***南明奈 
天野まゆ***IMALU
小西まみ***中別府葵

尾崎隆***田中哲司 
大面厚***佐藤二朗
 
神保美姫***黒木瞳
     *****

達也としっかり別れた絹恵。ボロボロになったが、仕事に復帰でした。
2階、ヤングカジュアル売り場。若者向けのアンテナコーナーを新設します。

あなたをそのプロジェクトの、チームマネージャーに任命します。
名称は「マジッククローゼット」
身姫にそう辞令をうけた。
テーマは十代の女の子を百貨店に呼び戻すこと。
田渕も、今までと勝手が違い、どうしていいかわからない状態。

言われて、来たけど,馴染めないコーナーだった。

この時代、若い層は、中古品や、低価格帯に定着。
セレクトショップも活路を探しています。

テレビでは、セレクトショップ GOLDYとのコラボアクセサリーをやっていた。
加えて向かいのビル、来年には外資の低価格大量生産メガストアが
いよいよ上陸してきます。
誰もが動いてます。越前屋だけが多田手をこまねいているわけには
いきません。動くのはだ~れ?

はいpaper  結構sign03 で、2階ヤングカジュアルへ・・・

シンデレラタウンの販売員小西まみが客に組み合わせの仕方を教えていた。

勝手の違う場所で、ボーっと見ていた絹恵に、小西が近寄った。シンデレラタウンのチーフだった。今度マジッククローゼットの販売員萩野を連れてきた。
すぐに小西は、2階の商品構成と売れている物の資料を絹恵に差し出した。
まみは、絹恵に、美姫様と対等に口が利けるので、あこがれていたと外交辞令を言った。

それを無座して頑張ろうという絹恵に、あまり乗り気ではないまみ。

田渕は、冬のワンピの試作品を高校生たちに見せて、ヤバイ、超ヤバイの連発に面食らっていた。そこにいたのが、絹恵の妹まゆ。そうとは知らず、ちょっと変わったいで立ちなので、そこの君どう思うと声を掛けると、フリルが甘ったるい、丈を短くと言われた。後で試すという田渕に、今持ってるよ、と、バッグからハサミを出した。名前が貼ってあった。
「天野まゆ」田渕は驚いたが、おかげでまゆは大量サンプルゲット。
絹恵を捜して売り場を行く眉に、田渕が待ちなさい、そこのちびっこと声を掛け、絹恵にあげたオリジナルのTシャツを見せた。そこでまゆは、私が上げたTシャツ!と声を上げた。
やっぱりな、反抗的な目がそっくりだ。ニコラは、すかざず、シンデレラタウン、マジッククローゼットの招待券を差し出した。

姉貴と違ってセンスあるな、という田渕に、
これでも、デザイナー志望ですから。

ほう、未来のココ・シャネルか。

代官山にお店を開くの。越前屋と契約してあげてもいいよいいよ。

生意気だな、お前。おい

まゆは、もう身姫のマネキンへの気付けに気を取られていた。

お店の人?

ええ、いらっしゃいませ。(美姫)

こっちとこっち、ジャケットを交換した方がいいかも。
それから、

それから?

ストールじゃなくてモコモコマフラーの方が面白くない?

素敵なアド

ヴァイスありがとうございます。

どういたしまして。

じゃあ、試してみて、ご意見を伺って。

田渕に言わせりゃ、最強、無敵ですなまゆ

控室で、凌、陽子達と、新しい売り場の品評会。
みんな素直でいい子たちだと、ほめる絹恵。そこで名前が挙がった小西を聞いて、陽子が言った。
有能、意欲的、指導力もある。

それを聞いて「助かるぅ」と言いながら2階へ戻る絹恵。

陽子は、出かけた絹恵を目で追いなkがら、凌に、

小西がかわいいねぇ~。
どう思う?

下の子を育てるのは大変。特に女同士ならやっかいです。
あのお人よしがギャルを操縦できますかね。

売り場では販売員の萩野が、天野さんって、どんくさそう。
チーむマネージャー 小西さんがやればいいのに。
なんも分かってないオバさんが入ってくるなんて。

そんなこと言っちゃダメ。
あの人がヤングカジュアルの事知らないのは当たり前。
何でも教えてあげて、天野さんを盛りたてて売り上げを
上げるのが私たちの仕事。持ち場に戻る!

そこまではとてもできた人。
できの悪い上司でも・・・、使いようよ

敵情視察。まゆは契約社員だから、絹恵とは立場が違うと、ある所の話まで来るとスルリと逃げた。壁を感じた絹恵。

陽子と食事して、トイレに降りて行くと、下で蜂矢が、まゆを面接していた。今日はとても大人っぽい服装で、絹恵はまぶしかった。

職場に戻ると、前回もらった、まゆからのなんちゃってエルメスのスカーフをしたまま、美姫とすれ違う羽目に。
ヤバイ、かぶった。・・でもいまさら引き返せない。美姫のショール本物い
エルメスの11万円。私のは2980円・・・心臓がどきどきしたが、

横に避けて

お疲れ様ですと頭を下げると

お揃いねnote

sign02

田渕に、絶対、美姫様は分かってると嘆いたが、安物のTシャツにデニム、それに11万円のスカーフを合わせて、おかしくないかと聞く絹恵にこれ!っと雑誌を見せた。
安物に高い者意をコーディネートする、”ミックスコーデ”が今はやってると教えた。

若い子達にファッションの可能性をもっと教えたいと絹恵は思った。でも、ほかのブランドに話してもらえるかと聞くと又逃げた。
正社員は失敗しても、チームが支えてくれる。
次のチャンスをもらえる。
それは天野さんが、正社員だからです。
私は契約です。
失敗イコール明日の失業。

そんな同じ仕事してるんだよ。

でも、絹恵は、無神経と言われました。
神保部長と仕事するときなんか一生無いと,まみは言った。
給料は上がらない、どんなに努力しても、私が神保部長に
近づく道は、ないんです。

落ち込む絹恵。

職場のPCに、蜂矢からカモミールティーをご一緒にと誘いがあった。
不機嫌な顔をしていたが、結局、小西は取らなかったと話された。

まゆは、親友に、地元で大学に入ると言われた。

まゆは、またザスペースで、絹恵を待った。そこへ美姫が階段から降りてきた。
代官山でお店を開くんでしょ。私も買い付けにいこうかしら?と言うと、まゆは

一緒にやるって言った友達がそんなのただの夢だって。

お友達が止めたらあなたも辞めちゃうの?
ココ・シャネルはこう言ってるの。
掛け替えのない人間になりたいのだったら、
人と同じことをしてはダメよ。
たとえば皆が一斉に同じ方向に歩いている時になんかちがうな
と感じたら、反対方向に歩きだす勇気。
あなたの希望が本物ならその勇気を後押ししてくれるはずよ。
そう言う人が、新しい道を作るの。
あなたがホントに掛け替えのない人間になりたいのだったら、
一人を受け入れる覚悟を持つこと

ああ、深いですね。まゆには、無理だな・・・どうも可愛げのない、さんまを女にした感じですね・・

まみの売り場に美姫が来た。

このスタイリングはだれが?

ハイ、私です。

つまらない・・
仕事が達者で、面白くない。

美姫にここまで言わせるんだから、泣いちゃいけませんよね。

保健室で、カーテン閉めて寝ている小西を気遣ってきたが、

お大事に、と言って戻ろうとすると、カーテンが開きまみが、

あなたにだけは同情されたくない。
苦労知らずの優等生。しかもオバさん。
何も分からないくせに適当なことばっか。
あなたなんかより、私の方が、何倍も苦労してるし、
何倍も仕事ができる。年下だからって
契約社員だからってなめないでよ。

だったら,泣くなっツゥの。
神保部長につまんないと言われたくらいで、私なんて今まで何回

ここで、絹恵は枕でひっぱたかれた。

待ちなさいよ。
その気強い所を何で隠してるの?
遠慮していい子の振り。
リスクは取らない、
決定的な判断は自分で下さないって?
いやらしい女。
仕事ができなきゃただの嫌なヤツ。
周りに合わせて、自分 くるくる変えて、

カメレオン女sign03

あなたは一体何がしたいの?
小西さん自身で本気で勝負してよ
annoypunch

いつだって本気です。本気に決まってるじゃない。
でもそれでも、誰も私を・・・

凌が、長ネギで、小西の頭を叩いた。
今夜、鍋。あんたん家で。

凌に自分で限界作ってどうするんだと言われた。若いうちは、契約だと自由に動ける。
美姫様の近くで働けるならと、凌は契約で入った。
本棚にすごく読み込んだファッション誌が並んでいた。
それを撮りびりびり咲いた。まみの宝物だった。
もう、あんたの中にあるから、と、凌は破きだして、ボードに貼ろうと言った。

4人で、作ったのは、宝の山だった。
着てみたいエルメスsign03

まみが借りられませんか?と聞いた。

美姫に聞くと、小西を一人でプレゼンによこすことが条件だった。
若い子だからとか、お金持ちだから、お金がないからということを抜きにして
もっといろいろ楽しめるんじゃないかと訴えた。
美姫は、エルメスに電話した。30時間ほど洋服を貸してくれと。
ヤングカジュアルとミックスコーデ。
ヤングには、スカーフの使い方で、これなら手が届くという感じでモデルさんたちが着こなしていた。

緊急役員会があった。越前屋が松善百貨店との合併話があることを田渕に話した。
田渕ハ、フィアンセに捨てられて、すっかりストレスがたまって、甘いものをうんとこさ買い込んでいた。

凌の携帯に蜂矢から、メールが来ていた。・・・

絹恵の立身出世話かと思ったのですが、まゆはどうなんでしょうね。話題性はあるけど、能面のような顔してるから、生きてるのが辛そうに見える人ですね。

感想はもっと早くにできているはずが、また勝手な再起動で、消えました。
母の調子が悪かったので、丸二日は、遅れました。ごめんなさい。

******
今までの感想は、こちら

« 《ライアーゲーム シーズン2》#03 | トップページ | 《交渉人~THE NEGOTIATOR~ 2》#06 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/46867550

この記事へのトラックバック一覧です: 《リアル・クローズ》★07:

» リアル・クローズ 第7回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『女のバトルと生きる道』 [続きを読む]

» リアル・クローズ 第7話:女のバトルと生きる道 [あるがまま・・・]
過食症?( ̄〜 ̄) モグモグ... 長年付き合った彼女と別れたとは言え、表面的には何の変化もなかったかのような 田渕だったけど、引き出しの中にはおびただしい数のお菓子がっ{/ee_3/}{/face_sup/} 美姫さまがお腹に気をつけるようにと言ってたのは、この事だったのねん{/ase/} てか、そんな事までお見通しの美姫さま、すげぇ〜{/kirakira/} そんな美姫さまに向かって、ぞんざいな口をきく奴が約1名{/face_nika/} 店員さんだなんて・・・まゆってば怖いもの知らずや... [続きを読む]

» 「リアル・クローズ 第7話」「ギネ 第7話」 [エリのささやき]
一人になる勇気ですね!群れない女はかっこいいのです。さすが美姫はいいことを言います。 [続きを読む]

« 《ライアーゲーム シーズン2》#03 | トップページ | 《交渉人~THE NEGOTIATOR~ 2》#06 »

最近の写真