無料ブログはココログ

« 《救命病棟24時》#07 | トップページ | 《官僚たちの夏》#10 »

2009/09/24

《働くゴン!》

『大活躍の報道記者は2児の母!頑張りすぎて夫に逃げられ仕事と子育て板ばさみ生活…ママはどうして働くの?事件解決と見つけた答えは…』

男性中心のテレビ局報道部門で、子育てをしながら働く女性報道記者の奮闘を描く。脚本・水橋文美江、監督・南雲聖一。 「テレビ日本」の報道記者・よし子(篠原涼子)は、数々の感動の取材で“泣かせのゴン”の異名を取っている。一方、彼女が仕事にのめり込み過ぎたことから、11年間も家事を引き受けてくれた夫に逃げられてしまう。彼との関係修復が無理だと察したよし子は、息子の咲(森本慎太郎)と春(佐藤詩音)を一人で育てていくことを決意する。そんな中、よし子はデスクの伽帆(風吹ジュン)の指示で、5歳の男の子が行方不明になった事件を担当することになる。

  *****

2009年東京。
上空をヘリが飛んでいた。


(上原)本日午後3時ころ 東京銀行西日向支店で
爆弾を所持しているとみられる男が支店長や行員を
人質ににとり、たてこもるという事件が起きました。
男は、先月待つまでこちらの西日向支店に勤務していた
屋島冬次 37歳とみられています。
男は現在も立てこもりを続けており、こう着状態が
続いております。

屋島は、顧客情報を漏えいしたとしてクビになっていたが、それは自分ではないと言うことをマスコミを通じて発表したいと、要求を出した。その相手に”ゴン”を指名した。

黒いハイヤーから降り立ったのは、ロン毛、紺のタイトスカート、
白いブラウス、黒いハイヒール、左手にワイヤレスマイクを持ち
各社報道陣の波をワケさせて、立ち入り禁止の黄色いテープを
越えて中に入った。

犯人は爆薬を持っていると言われたが、わたしにも武器はありますと、
マイクをかざした。


私は今、現場に来ています。
銀行内に立てこもった。男の要求を受け、今から、
独占インタビューに向かいます。

テレビの画面には、銀行内の大きな玄関扉に向かう
社会部
権俵 よし子記者  銀行籠城緊急う生中継

とあった。

屋島冬次さん!権俵 よし子です。
ご指名いただき、光栄に存じます。
何かマスコミを通して
お話したいことがあると伺い
まいりました。
早速ですが、まずは・・

中からうるせえ!の声。

ごちゃごちゃぬかしてんじゃねえと叫びながらドアが開いてゴンは引っ張り込まれた。

突然ボンという爆発音が響き渡った。
マイクは下に落ちていて中の様子は分からなかったので、上原が中継しだすと、ドアが開いて、人質の行員が煙の中走って出てきた。

犯人が出てきた。かなりしおらしくなっていた。

後ろからゴンが続き、足元のマイクを拾い

権俵 よし子です。
立てこもり犯である屋島は、15年間勤め上げた銀行から
身に覚えのない、顧客情報の漏えいを疑われたと言うことで、
大変ショックを受けたと言います。
真面目で実直だった故に銀行に疑われたという深い悲しみは、
彼を豹変させ、絶望と孤独の淵に追いやってしまったのです。

(屋島の泣き声)

しかしながら、支店長および、行員8名を人質に立てこもると
言う卑劣な行為は、許されることではありません。

権俵 よし子でした。

この中継を見ながらも泉は、何で私がと思いっぱなしだった。
ソルボンヌ大学を出て、ハーバードの交換留学生にもなったゾックリの
経歴。なのにグルメ番組の担当で、実のある仕事は全部権俵よし子がもっていってしまう。

上原に歩いている時何でしゃべろうとしないの?と聞かれても無言。
それでもゴンが,泉は大丈夫と言ってくれても、上西は、撮り直しを命じた。

季節外れの移動があった。熱い男、村西純が来た。
そこにゴンの携帯が鳴った。
慌ててトイレで見ると、夫の夏生からだった

家庭と仕事どっちが大事?
さらに、次から次へメールが来た。

疲れてトイレから出ると、さらにメールが。
君には仕事も、子供もいる。しかし、メグポンには俺しかいない。

「メグぽん?」

俺は、メグポンと暮らす。離婚してくれ、子供たちを頼む。

なんじゃそれ・・・・

<ある日、君が生まれて、わたしはママになった>

<いつか 君は聞くかもしれない>

<どうしてママは働いているの?>

<どうしてママは、働くの?>

<いつか 話して聞かせよう>

<働くと言うことは、どういうことか>

(上原)
<あるときはスーパー報道記者!>
(権俵 咲)
<あるときは、ダメダメ母ちゃん!>

(上原)
<権俵よし子 36歳 ひとは彼女をこう呼ぶ>

<働くゴン!>

権俵よし子です。
11年間連れ添った夫が、離婚届を置いて出て行きました。
子供たちが、洗濯言ったのは着るものがないから。廊下まで洗濯物の山だった。

社会部で、村西に、ゴンには子供が二人いるが、編集者の夫がよくできた人で、家事の8割がたをこなすから、ゴンが仕事できると教えた。

夫の浮気相手、メグポンのもとに行ってみると、もうすでに取り返しのつかない状態だった。

11年間の夫の所持品をまとめてメグぽんのところに送り、父親代わりだと、キャッチボールの相手をしようと庭に出たが、誰も来なかった。
夜はコンビニ弁当。下の春は、おいしいと言って食べた。兄の咲は。なぜか敬語。
ゴミの日はちゃんと出してくださいと言われても、空回りしているゴン。

いない間はシッターを頼むと言う母に、咲は、父ちゃんが好きな人のところに行っている間と同じだから、いらないと答えた。それじゃ、二人の帰宅時間には電話して
「お帰り」と言ってあげると頑張ったがさて・・?!

2人が、洗濯物のシャツをたたんでいるのを見て、慌てるゴン。今までだってたたむことくらいしていたと言われた。

2人の子の寝顔を見てこれから育てなければならないと決心した。

ゴミ捨てをして、食卓で、すっかり寝てしまたゴン。

テレビでは、和泉のグルメ番組が映っていた。それを見ながら海人の母は警察に電話した、昨日から5歳の息子が帰ってこないと。

ゴンに連絡が行った。すぐに母親のコメントを取って来いと言われた。
ゴン節で、泣きを入れて、ドアを開けさせた。

駅弁フェアで、泉は、並ぶ主婦に海人くんがまだ見つからないからと話をされて、さらに、紺色の車で黒っぽい服装をした男に連れ去られたと情報を得た。
で介にそれを知らせたが、裏は?と言われ、社会部だから、そちらをやらせてと頼んだが、デスクに叱られた。捜査本部にいた上原は、警察もそれを知っていて、後悔捜査に踏み切ろうかと言う時、その男から連絡があった。何と別れた父親だった。

母親の秀子は、帰ってこない子供に、父親の携帯に電話したが知らないと言われ、さらにk捜しまくった。再度電話すると、実は僕が連れて行った。海人はこちらに引きとると言われた。海人には代わってもらえなかった。
もう会えないのではないかと思うと、会いたくてとすがる様にゴンに話した。

ウソで、よかったです。何はともあれ、海人くんが無事でよかったです。

わたしとんでもないことを、と泣く秀子。

お母さん、今の本当の気持を一言。

お騒がせして申し訳ありませんでした。

悪いのは、あの人なんです。とテレビで流されて、父親健人が、怒って母親を擁護するような報道を辞めろと怒鳴った。

デスクに、父親を取材してみるかと、デスクに泉は言われた。

喜んで健人のところへ行ったが、とんでもない事実が分かった。
飛んで戻った泉だったが部長はゴンを呼べと言った。そこでも泉は、自分を売り込んだ。

家に戻る前に、電話すると、春がまだ戻っていないと兄から言われた。実は春は、駅弁フェアに一人で行こうとして生き方が分からずに、ウロウロして居る所を咲野同級生の母親に見つかった。兄弟で風呂に入り、兄に叱られる春。ゴンは風呂場に飛んで入り、春をしっかり抱きしめて泣いた。咲きはそれを見て、敬語は止めた。

鉄道フェアに必ず連れて行くと、指切りまですると、携帯が鳴った。
秀子からだった。母親のことを今度は虐待と、一方的に各社で報道。
ゴンを信用していたのにと言われて、切られた。腑に落ちないゴン。

春は、検便の便が出ないで騒いでいた。

社会部に行って泉が撮ってきた父親のVTRを検証したがよくわからなかった。
屋上にいたデスクにそう話したが、和泉にはここでの最後の仕事と不吉なことを言った。デスクの職を解かれて、移動になったと言った。
泉も、デスクもゴンには分からないと言った。
今一番しっちゃかめっちゃかなのにね。

マスコミなんか皆おんなじね。
あなただけは違うと思ったけど。・・・秀子に言われた言葉が胸に来た。

秀子を訪ねると、これから仕事だと言った。
何で海人くんの意会いに行かないんですか?と聞いた。
答えず彼女は立ち去った。
店に行ったゴン。厨房の人に話を聞いた。
あん時も

あん時もプレセントを忘れたみたいで飛び出したが10分ほどして手ぶらで帰ってきたと教えてくれた。
店の近くを歩くと自転車屋があった。そこでサインを頼まれて、ゴンは立ち往生。
春が間に合わないと泣くので咲が電話するが出られなかった。

掲示板にデスクの次の職場、仙台支局 制作センター報道制作部 部長と辞令が貼られた。

駅弁フェアは、3人で走ったが、最終日は4時までと言われ、もう片付けに入っていた。
がっかりして戻る3人。咲は、あんなに大丈夫かと聞いたじゃないかと、かなり強硬に抗議した。春は、母ちゃん仕事で忙しいのにわがまま言ったからと、すっかり申し訳なさでいっぱいになっていた。そんな春を見ても、俺は絶対許さないと、咲は飛び出した。

泉は、海人の通う保育園にも聞きとりに行った。保育士が、あんなに嬉しそうに、転んだと隣の子に話す海人を見たのは初めてだと言った。それが虐待?

秀子に話を聞こうとノックするが返事がない。たたずむ泉に、困っちゃったと自転車屋さんが、子供用自転車を届けに来た。
ゴンに電話すると、知ってる、近くに自転車屋さんがあったでしょとこともなげに言われた。ゴンは今春とチャンバラをしていた。

泉はいろんなことが全部つながるのが分かった。
海人は、補助輪無しで乗れるようになるから、お母さんには言わないでと、保育士に頼んでした。これは虐待じゃない!
公園の貸自転車で練習していた。裏を取れとゴンは泉に行った。

翌日は日曜日、村西がどうも健人の態度がおかしいと言いだしたと上原がゴンに電話。ベテランはあなたもでしょと、言って今日は泰樹とって子どpもたちと遊園地行くのと電話を切った。

咲はとても喜んだ。

会社に行くと、何だかみんなの視線が刺さるようで、仕事人間のゴンはドキドキ。
それでも、上原は、遊園地に行く」フリをして、俺に記者魂を思い出させてくれてと
感激していた。彼が撮ってきたVIRには、確かに父親が、虐待なんかする女じゃないと
認めていた。
デスクに報告したがゴンが、それならなぜ母親が海人くんに会いに行かないのかと
疑問を呈した。
お母さんがしっかり海人くんと向き合うことがなければ、これを終わらせることはできませんと、進言。

母親のコメントを撮りに向かったがいなかった。
そこへ咲から電話で、春が熱を出して、母ちゃんを読んぢると言われ走って帰った。

秀子に手紙をゴンが書いた。

鏡 秀子さま
権俵よし子です。
別れた後秀準から、虐待なんて無かった事を
聞きました。

お誕生日のプレゼンの自転車のことも知りました。
少しでも、何かお力になれることはないかと、
考えております。
追電話くだされば、いつでも参ります。
わたしはお母さんの味方です。

春の熱は下がった。
そこに秀子から電話がかかった。
どうしても行かなくちゃならないと言う母ちゃんに、抵抗する2人。

どうして働くの?
どうして働かなくちゃいけないの?

咲は、お金がいるんだよと言った。
そうだね、お金がいる。
それに強くなんなきゃ。
強くなるためだよ。
春と咲を守るために。

母ちゃんも遊園地、すっごく楽しかったな~。
あんなふうに春と咲と毎日楽しく遊んでいた言って思うよ。
今だって春のそばにずっと居たいって思うよ。・・
でも行かなきゃ。

春は働かない。大変だから働かない。
働くことは生きること。とゴンは言った。

秀子に会ったゴンは、デスクに明日、中継車を秀子のアパートまで出してくれと頼んだ。
テレビでは、幼児連れ去り事件の続報として、ライブで中継していた。先日虐待の疑いがあるとして事情聴取を受けていた母親について、その後の独自の取材により、新たな事実が判明しました。現場に権俵記者が行っています。

権俵よし子です。
虐待の真相、真実をお知らせいたします。
あの日、誕生日プレゼントを忘れてしまったおかあさんに、
海人くんは言いました。
「どうして忘れたの?楽しみにしていたのに」
お母さんは思わず言い返します。
「いい加減にしなさい」
どこの家庭でも見受けられる親子のいさかい。
しかし、その時、海人くん野お母さんは、離婚したばかりで、
心身ともに疲れていました。
そこに別れたご主人からプレゼントを渡したいと言う電話。
海人くんは喜びます。
その嬉しそうな姿に、おかあさんは、海人くんにこんなことを
言ってしまったのです。
「プレゼント貰ったらすぐ戻ってくるのよ。
パパの方がよかったら、パパと暮らせばいいわ。
ヤならもう戻ってこなくていい。」
「ママ~」
「ママもう疲れちゃった」
自分を責め、自暴自棄になっているところに、
さらに虐待の疑いをかけられてしまった。
わたしたち『テレビ日本』は園疑いを徹底検証し
海人くんの体のアザが殴られたものではない、
と言うことを確信いたしました。
実は今、ここに海人くんに来てもらってます。

海人くん、おはようございます。

<秀子のドアをノックする泉。
「おかあさん?海人くんはお母さんを喜ばせるため、
お母さんに内緒で、一生懸命 自転車に乗る練習を
していたんですよ。何度も転びながら・・・。あざは、
その時できたものなんです。おかあさん。
会って上げてください!海人くんに会ってあげてください。」>

何もしゃべらない海人を自転車のところまで連れてきた。

海人くんのお母さん、ちゃんと用意してくれたんだね。海人くんが欲しかった
自転車でしょ?
よーし、じゃ、乗ってみようか。(クビを振った)
あれ?どうして?

「だって、ママがいないから。」

あのね、海人くんのお母さんね、
海人くんに嫌われちゃったんじゃないかな~っと思って、
会いに行けなかったんだよ。
ホントは、会いたくて、会いたくて,会いたくて
会いたくて仕方なかったんだって。

「ホント?」

ホントだよ。だって海人くんのお母さんは、
海人くんのことがもうだいすきなんだから。

「僕も、ママのこと大好き!」

そっか、・・ほら、海人くん、おかあさんだよ。

土手を小走りで上がってくる秀子。

「乗る!」

乗る?そっか、じゃ乗ってみよっか。

「ママ見てて!」
よたよたと、それでも確実に親子の距離が縮んだ。
ごめんねと言いながら秀子は駆け寄った。

母親の子供を思う気持ちに嘘はありません。

家で見ていた兄弟。春も
良かったね。あの子とお母さん仲直りできたんでしょう?

それではスタジオに返します。権俵よし子でした。

連続ひったくり犯が捕まって取材に行ったためまた遅くなった。
そっと捜すと2人は入浴中。

春は、テレビの母ちゃんも家の母ちゃんも好きと言った。
2人で図~っと図~っと応援しようなと言いあっていた。

廊下で涙をぬぐっていると、電話がかかった。
担任の先生からだった。春の検便が、再検査に引っ掛かったと言われた。
あれはわたしのですと言った。すぐに病院へと言われ、すっ飛んで行くと,痔だった。
離婚は周囲に言いだせないままになっていた。

デスクが社会部を去る時が来た。

泉は、いつか部長を飛び越え上に立つ人間になって、デスクを呼び戻すと宣言!

明日はどんな明日が来るか分かりません。
今日一人の働く女性が新しい職場へと移って行きました。結婚をして、子供生み、それでも仕事を続けていた、その背中を見てわたしは走ってきました。今もこれからも走っていきます。わたしの後ろに続く働く女性のために

すごい豪華なゲストがたくさん出ていましたそれだけでも楽しかったです。
ママになった篠原さんがかなり楽しい母ちゃん役でした。

CAST
権俵よし子(篠原涼子) 和泉亜美(香里奈)
村西 純(平岡祐太)  権俵 咲(森本慎太郎)
権俵 春(佐藤 詩音) 春日良太(山口馬木也)
鏡海人(土師野隆之介)鏡秀子(戸田菜穂)
屋島冬次(森崎博之)碧い木警部(小野武彦)
よし子の元夫(谷原章介)メグぽん(大島美幸)
目撃主婦(板谷由夏)海人の父・健人(安田顕)
コック長(小松征夫)デパートの店員(加藤あい)
派遣社員(上地雄輔)春の担任(小泉孝太郎)
医者(大泉洋)容疑者(松形弘樹)神谷部長(升毅)
上原大成(沢村一樹)篠田伽帆(風吹ジュン)

« 《救命病棟24時》#07 | トップページ | 《官僚たちの夏》#10 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/46303568

この記事へのトラックバック一覧です: 《働くゴン!》:

» 働くゴン!(9.23) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
篠原涼子主演のドラマSP 出演者といい、ストーリーといい、日テレ水曜10時枠っぽい作品だった。 仕事に育児に奮闘する女記者権俵よし子を篠原涼子が好演してました。 なかなか面白かったし、連続ドラマにしてもいいかもしれない。 キャリアウーマンの一面・子供を守るママの一面・ 真相にたどり着くミステリーの一面etc、面白い要素がいろいろあるしなあ。 ただ、コメディータッチだった前半はよかったんだけど、 ややシリアスタッチになった後半はちょっとキツかったなあ 『もうちょっと裏を取ってから、報道... [続きを読む]

» 日本テレビ「働くゴン!」〜大活躍の報道記者は2児の母! 頑張り過ぎて夫に逃げられ仕事と子供に板ばさみ生活… ママはどうして働くの? 事件解決と見つけた答えは… [伊達でございます!]
仕事に夢中なあまり、夫から離婚を突き付けられた報道記者「ゴン」こと権俵よし子の奮闘を通して、「働く母親」にとっての仕事と家庭を両立を描いたドラマです。 [続きを読む]

» 売り切れなんですーっ。(加藤あい)仕事にかまけて家庭を省みない母親(篠原涼子) [キッドのブログinココログ]
さて・・・シルバー・ウイーク明けである。それなのに今日も墓参りをしたのだった。 [続きを読む]

» 「働くゴン!」仕事と家庭の両立に奮闘する泣かせの凄腕記者も家庭はダメ母ちゃんが家族愛の真実を追った児童連れ去り虐待事件 [オールマイティにコメンテート]
スペシャルドラマ「働くゴン!」は報道記者として数々の修羅場を切り抜け、泣かせのゴンと異名を取る権俵よし子が突然11年間連れ添った夫と離婚する事になり、今まで家事の全てを任せてきた事で両立しなければならなくなり、仕事と家庭の両立に苦悩しながらも働く事に対し...... [続きを読む]

» 働くゴン! なんだか、少しもったいないなぁ [レベル999のマニアな講義]
『大活躍の報道記者は2児の母! 頑張りすぎて夫に逃げられ仕事と子育て板ばさみ生活… ママはどうして働くの?事件解決と見つけた答えは…』内容東洋銀行西日向支店で立てこもり事件が発生した。犯人・屋島冬次(森崎博之)は、“泣かせのゴン”ことテレビ日本の記者・...... [続きを読む]

» 働くゴン! [ぷち丸くんの日常日記]
テレビ日本の報道記者・権俵よし子(篠原涼子)は、数々の感想の取材で 「泣かせのゴン」の異名を取っている。 一方、彼女が仕事にのめり込み過ぎたことから、11年間も家事を引き受けて くれていた編集者の夫(谷原章介)に逃げられてしまった。 浮気相手の漫画家のメグポン... [続きを読む]

» 働くゴン! [きゅうの日記]
《働くゴン!》 聞かせよう 働くと言うことは、どういうことか&g... [続きを読む]

» 働くゴン! [飯綱遣いの部屋]
働くゴン! 2009年9月23日(水) 21:00〜 日本テレビ (2時間SP) 日本テレビドラマ記事閲覧カウンター 「働くゴン!」の補足情報は→ランキングよ... [続きを読む]

» 働くゴン!「大活躍の報道記者は2児の母!頑張りすぎて夫に逃げられ仕事と子育て板ばさみ生活…ママはどうして働くの?事件解決と見つけた答えは…」 [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
銀行篭城事件の犯人から、名指しで呼び出されたゴンこと報道記者の權田原よし子(篠原涼子)ゴンは犯人に中に引っ張り込まれるが、すぐに人質は解放され犯人は自首。よし子は犯人の自供を淡々とレポートをする。 よし子が仕事にのめりこんでいるので、旦那(谷原章介)は子供....... [続きを読む]

» 働くゴン [こうきの出来事]
《働くゴン!》 ... ダメダメ母ちゃん!> (上原) <権俵よし子 36歳 ... [続きを読む]

» 働くゴン [ともやの日記]
《働くゴン!》 ... ダメダメ母ちゃん!> (上原) <権俵よし子 36歳 ひ... [続きを読む]

» 働くゴン! [飯綱遣いの部屋]
働くゴン! 2009年9月23日(水) 21:00〜 日本テレビ (2時間SP) 日本テレビドラマ記事閲覧カウンター 「働くゴン!」の補足情報は→ランキングよ... [続きを読む]

« 《救命病棟24時》#07 | トップページ | 《官僚たちの夏》#10 »

最近の写真