無料ブログはココログ

« 《救命病棟24時》#06 | トップページ | 《オルトロスの犬》☆08 »

2009/09/19

《任侠ヘルパー》★最終話

最後の手段』(あらすじ)

彦一(草ナギ剛)、りこ(黒木メイサ)たちは、「タイヨウ」が閉鎖に追い込まれたことを鷹山(松平健)に報告する。そのころ、晴菜(仲里依紗)や園崎(大杉漣)は、利用者たちの受け入れ先を探していた。そんな中、閉鎖された「タイヨウ」に、多数の高齢者がやって来るという事件が起こる。彼らを連れてきた鎌田(渡辺哲)は、自分が経営する施設がつぶれたため、一晩でもいいから高齢者たちを預かってほしいと懇願する。園崎は仕方なく受け入れるが、翌朝、鎌田と連絡が取れなくなる。それでも、高齢者たちを見捨てられず、炊き出しが始まる。彦一もそれを手伝うが、再びやくざに戻る自分たちが何をしているのかと、心は揺れていた。

CAST
翼 彦一 (草なぎ 剛) 四方木りこ(黒木メイサ)
和泉零次 (山本裕典) 鷹山三樹矢(薮 宏太・Hey!Say!JUMP)
黒沢五郎 (五十嵐隼士) 美空晴菜 (仲 里依紗)
六車雅人 (夕輝壽太) 羽鳥涼太 (加藤清史郎)
日野弥生 (中別府 葵) 堀井皐月 (安田美沙子)
松原浩美 (橘 ユキコ) 大島陽介 (山田親太朗)
古賀健介 (高木万平) 古賀康介 (高木心平)
戸川由香 (甲斐まり恵) 野村愛子 (三浦まゆ)
鷹山源助 松平 健(特別出演)
二本橋賢吾 (宇梶剛士)園崎康弘 (大杉 漣)
羽鳥 晶 (夏川結衣)

     *****

木曜日から、パソコンのENTERの調子が悪く、さっきも2回目の記事アップをする前に、また消えましたsweat02
気分はかなり萎えていますが、拡大分だけ、少しはしょって行きますdash

鷹山にタイヨウが閉鎖になると、一同が報告した。
幹部hは、最初からあきらめてるヤツは選らばねぇと言った。

タイヨウでは晶が、涼太と最期の住まいを決めて出て行くところだった。

最後に、頑張れよと、彦一にしては珍しい言葉が口をついてでた。

晴菜が、彦一たちに変な人が来ていますと知らせた。
飛んで出ると、バスに乗った介護難民だった。年金生活者が大部分で、まともな施設に入れないと言い、せめて一晩でもと言っていたがそのまま逃げた。

受け入れ先を探しに行くが、無届の介護施設なぞはおぶつと布団¥が接しているような異臭がする部屋だったり、で、なかなかタイヨウのように手をかけるヘルパーすらいなかった。ちょうどそこに彦一たちが稼いでいた、振り込み詐欺の電話が鳴った。何とも複雑な彦一。

涼太は、学校から母、晶のもとへ帰った。二人であたらしい所で頑張ろうと約束したが、どうしてもそうはいかない。言われてすごすごと戻りました。

介護難民に温かい食事を出していたが、彦一は、途中で耐えられなくて、お玉を叩きつけて部屋を出た。
研修が終われば、また年寄りを骨の髄までしゃぶりつくすんだと矛盾した立場なのに悩んでいた。部屋に戻ると、涼太が真っ暗な中でビデオを見ていた。腹を立てていた彦一は出てけと言ったが、涼太は、自分で自分の口を押さえて、泣き声を押し殺していた。手を取ると、そのまま足にしがみついて、エーンエーンと泣きだした。こらえていたのが、一度に噴出した。泣かせます。

翌朝、元気を取り戻した涼太は、開いた食器を片づけていた。
そこへ藤堂達が視察に来た。
ヘルパーも、医療面でもいきわたらないと文句は言うが、それなら、お前らが見てくれるのかとの問いに、ヘルパーの資格がないからと逃げた。
しょうがなくはない。
行き場のない高齢者はたくさんいる。だから彼らを救うと言う名目なら何でもまかり通ってしまう。認可も、医療も健康管理の体制もない。そんな劣悪な状況に、高齢者を押しこんで介護施設と言う。

彦一は介護とは何かと聞いた。藤堂は、分からないと答えた。

そこへ、六車が現れた。
介護施設ではなく単なる集合住宅として申請すれば、誰も出て行かなくてもいいんですよね。高専賃(高齢者専用賃貸住宅)
するんですかね。何か考えてるようです。

りこは、彦一を屋上へ誘った。
頭は彦一を幹部にと考えているようだと言いさらにそれを譲ってくれと言った。

怖えんだろ、極道に戻んのが。
ごまかすんじゃねえよ。わたしだって怖えんだよ。
でもわたしは、戻んなきゃなんねえ。
幹部の椅子と一緒に。
あんたには守りたいもんがあんだろう。
わたしには、守んなきゃいけないもんがあんだよ。

だったらなんなんだいannoy

りこは突然両手を地べたについて、土下座した。頼む、幹部の座譲ってくれ。頼む・・

部屋に戻ると、涼太がコンコン咳をしてソファに寝ていた。仮病かと言いながら職場に戻ると、修羅場になっていた。医師が往診して肺炎だから、救急車呼んで、間に合わなければタクシー呼んで病院へ連れてってと叫んでいた。

アノ、クソガキflair

彦一は飛んで行って涼太を連れてきた。
病院へ、藤堂夫婦が駆けつけた。熱はあるが大丈夫だと言われた。
藤堂はもう、涼太には関わらにでくれと言われた。

帰り道、公園にホームレスがたくさんいた。頭を水道で洗っていたのが、姥捨て下鎌田だった。とっ捕まえて馬乗りになっても鎌田は俺が最初に姥捨てしたんじゃないと言い張った。

家族じゃねえか、国じゃねえか!ヤツらを墓場まで運ぶ義理は俺にはねえんだよ。
だから捨てたんだよ!何が悪いってんだよ!

タイヨウでは園崎が、皆を集めた。がらんとした食堂を皆で掃除していた。
利用者の受け入れ咳が全部決まったと報告。明日病院から直接送られると言った。

松原は、
集団感染してやっと受け入れ先が決まるなんて。
なーんであんなに一生懸命探したんだかね。と笑った。

今日まで本当によく頑張ってくれました。心から感謝します。
タイヨウは終了します。本当にありがとうございました。

部屋に戻った5人は、和泉から、頭の伝言を聞いた。
幹部は、翼 彦一。明日の総会で発表する。

ふざけんなそれだけかよ。
ちゃんと説明しろよ。
何のための研修だったんだよ?

頭から言われ太朗。
それは自分で考えろ。

(五郎)分かんねえよ。
どんだけ考えてもよ。
なんか半波に終わっちまってよ。
結局、何もできなかったじゃねえかよ。

彦一は、荷物をまとめて、タクシーを待っていた。
そこへ、今までの利用者たちが、タイヨウ目指して戻ってきた。
呼ばれた園崎は、皆をお帰りと優しく迎えた。
彦一は「行くか」と声をかけたが、五郎は、

飯でも作るか

と言って、スーツを脱ぎ、刺青を見せながら、黄色いユニフォームに着替えて

兄貴・・と言うと深々と頭を下げた。

彼は極道へではなく”任侠”の道へ進みました。

晴菜と目があったりこは初めて二人で居酒屋へ行った。
ちゃんと挨拶できてなかったし、と言うりこに、晴菜も、酷いこと言ってそれっきりだったので、ちゃんと謝りたかった。

組長はポン酒が飲めないといけないと言いながら、ホントは、グレープフルーツサワーが好きだと、かなり打ち解けた。

彦一は、もう眠っている晶の足もとでブツブツと報告していた。

ガキ、親父のところへ戻ったぞ。
タイヨウもつぶれっちまったよ。
偉そうなことばっか言ってよ、結局よ、
何も守れなかったんだ。
幹部って言われてもうれしくねえし、
そんな俺が幹部やって、何ができんだよ。

あなたらしくない。

バカヤロー、起きてたのかよ。

起こされたのよ。わたしも何もできなかった。
涼太にも、なにも。

んなことねえよ。

でもわたしはわたしだって言ってくれたのは
あなたじゃない。
今日ね食事の時間に、厨房から焦げた匂いがしたの。
その時涼太のお弁当を作ってる自分を急に思いだした。
それまであの子の存在すら忘れてたのに。
あなたの言ったことは正しいんだと思う。
記憶が無くなっても、わたしはわたしでしかない。

あなただってそうでしょう?

泣いていた彦一。これからタイヨウへ戻りました。

りこは、誰もいない総会の席で頭にあった。
今日の総会は中止。

バカのきまぐれでな。

幹部は辞退すると。自分よりよっぽど気合が入ってるヤツがいるからってね。
あいつの気持汲んでやれ。

タイヨウでは、バリケードが作られた。
和泉に、幹部の座を捨ててこんなことするなんてと言われ、
そう言うおてめえも同じ穴のむじなじゃねえかと反論。

仕方ねえ、任侠を知っちまったからな

藤堂から電話がかかった。早くお年寄りを解放しろと言われたが、
ここで最後まで面倒をみると突っぱねた。
目の前にいる人間を見殺しにしなけりゃ
成り立たなねえような制度だったら
いっそのことつぶしたらどうだ?

こんなことしたって一部の年寄りしか救えねえ、
なんに解決にもならねえ。
そんなことこっちだって分かってんだよ。
神様じゃあるまいしなあ。
だけど俺らは、目の前にいる弱え奴ら
ほっとくことはできねえ。ましてや、少しでも
かかわった連中を途中で放り出す気にもなれねえ。
これが俺たちの筋の通し方だ。

そして、機動隊の突入が始まった。
こんな乱闘騒ぎ、必要だったんでしょうかね。
わたしには彦一の言ってる意味がよくわかるし、行政の行き届かなさも分かります。
介護は、理屈じゃなくて、時間との闘いです。ほんの少し手と時間を割いてもらえれば、どんなに救われる人たちがいることか。

皆が捕まった。そこにりこの四方木会が乗り込んできた。人暴れして多勢に無勢。
でもバカヤローがと言いながら、連帯感が感じられました。

警察の廊下で、利用者たちが、今日は盛り上がって良かったと、いつもイベントがないお年寄りにはスリリングな展開に胸をわくわくさせていた。すぐに現実に戻り、またたらいまわしかと暗くなっていた。

暗い廊下をすたすたと来たのは、

株式会社ケアマネジメント
代表取締役社長 六車 雅人と書かれた名刺を出して、

翼 彦一さんの依頼で参りました。
みなさん、今日から、わたしの施設でお預かりしますgood

これは爽快でしたねnew

本会議場で、藤堂は、答弁した。
介護保険制度は、まだ10歳にも満たない未熟な制度です。
次から次へと怒る問題に会わせて、いちいち修正を施すより
こんな制度はいったん忘れて、「まずは制度ありき」から、
「まずは、現場ありき」へ考え方をシフトした方がいいと思うんです。

自分の身近にいる弱者を守るためには、どうしたらいいのか、
僕たちは本気で議論をするべき時が来たんだと思います。

あれ?介護ってそもそも、
「弱気を助け強きをくじくってことじゃなかったでしたっけ?

このセリフはなかなか良かったです。
介護を体験するようになるには、最近の核家族化では、老老介護になって初めて分かる時代です。寝たきりになる前に、ほんの少しの介護が大事なんですよね。

五郎は、介護士の資格を取るために学校へ通いだした。
すっかり晴菜の尻に敷かれていた。

りこは、幹部になり、配下を引き連れ、海辺へ来た。
そこには今日留置所から出てきた彦一がいた。
組に戻るのも決めてないしでじゃあなと別れようとした彦一に、一つ頼みがあると物陰に引っ張って行ったりこは、そこで彼にキスをした。

おい、と呼ぶ彦一に、

頭だろ、とちょっと得意に言った。

晶の施設に行くと涼太もいた。兄貴と呼ぶ涼太に、坊やのお兄さんと聞いた。
今日は忘れてると言い、冷たいものでもお持ちしましょうと消えた。
花を持ってきた彦一が、わざとタバコを出して火をつけようとすると。
「ここは全面禁煙です!」と晶らしくタバコを取った。

後味が悪くならないドラマでした。
頭の意図は幾重にも取れますが、極道がせめてに任侠になって欲しいと言う親心かもしれません。

ふ~。遅くなりましたが、とにかくアップできました。

*****
今までの感想は、こちら
















« 《救命病棟24時》#06 | トップページ | 《オルトロスの犬》☆08 »

ドラマ(な)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/46254745

この記事へのトラックバック一覧です: 《任侠ヘルパー》★最終話:

» 任侠ヘルパー 最終回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『最終回15分拡大SP…最後の手段』 [続きを読む]

» 任侠ヘルパー最終話(9.17) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
閉鎖が決まった老人介護施設タイヨウだが、 介護難民が押し寄せてきてしまい、 翼彦一@草彅剛らは施設に篭城、施設を包囲した機動隊と応戦する・・・。 次期幹部の座をちらつかされた暴力団員たちが 老人介護をすることになったというこのドラマ。 数年前から、和泉@山本裕典をタイヨウに送り込んでおり、 老人介護に関心と憂慮を抱いていた(のだろう)鷹山@松平健。 そんな鷹山の意図を察して、介護ビジネスを立ち上げたのが、六車@夕輝壽太で、 機動隊と大立ち回りすることで、老人介護の実情をPR、厚生... [続きを読む]

» 任侠ヘルパーも今宵限り・・・(草彅剛)ファースト・キスもらいます(黒木メイサ) [キッドのブログinココログ]
くどいようだが・・・任侠ヘルバーで極道者が介護に関係していることは珍しいことでは [続きを読む]

» 任侠ヘルパー 第11話(最終回)最後の手段 [レベル999のマニアな講義]
『最終回15分拡大SP…最後の手段』内容彦一(草なぎ剛)らの正体がバレ、騒ぎが大きくなっていく“タイヨウ”周辺住民の苦情により、ついに閉鎖されることになってしまう。そのことを彦一、りこ(黒木メイサ)三樹矢(藪宏太)黒沢(五十嵐隼士)二本橋(宇梶剛士)そ...... [続きを読む]

» 任侠ヘルパー 第11話(最終話) [Happy☆Lucky]
第11話(最終話) [続きを読む]

» 任侠ヘルパー&赤鼻のセンセイ(最終話) [霞の気まぐれ日記]
旅行やら出張やらで、しばらく家を空けている間に ドラマの方はどんどん最終回を迎えていたのですね。。 コールセンターやメイド刑事は、最終回を見る前に まだ2~3話溜まっているんじゃなかろうか、、、 って感じですが、とりあえず見終わったものから。。 ◆任侠ヘルパー..... [続きを読む]

» 任侠ヘルパー 最終回 [昼寝の時間]
翼彦一(草彅剛)、四方木りこ(黒木メイサ)、鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十 [続きを読む]

» 任侠ヘルパー 最終話:最終回15分拡大SP…最後の手 [あるがまま・・・]
終わった…_| ̄|○ ガクッ 来週からもう彦一にも涼太にも会えないのが淋しいよぉ{/face_naki/} 閉鎖が決まってるのに、よその施設の高齢者さん達を大勢押しつけられたり、 院内感染が発生したり、せっかく次の落ち付き先が決まった高齢者さん達が 舞い戻って来たり、更には立て篭もり事件での警察との乱闘もあり〜ので、 どんなエンディングを迎えるのかしらんと思ったけど、それぞれ微笑ましい姿を 見せてくれてホッ{/onpu/} なんと六車は、地域住民参加型を目指す介護施設を開設{/ee_3/} 驚... [続きを読む]

» 任侠ヘルパー 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
彦一(草彅剛)、りこ(黒木メイサ)、五郎(五十嵐隼士)、三樹矢(藪宏太)、 二本橋(宇梶剛士)たちは、介護施設「タイヨウ」が閉鎖に追い込まれたこと を鷹山(松平健)に報告する。 その頃、タイヨウでは晴菜(仲里依紗)や園崎(大杉漣)たちが、利用者たち の受け入れ... [続きを読む]

» 任侠ヘルパー 最終回 (加藤清史郎さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆加藤清史郎さん(のつもり) 加藤清史郎さんは、フジテレビ系列で毎週木曜よる10時から放送されていた連続ドラマ『任侠ヘルパー』に羽鳥涼太 役で出演しました。一昨日は第11話(最終回)が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

» 任侠ヘルパー [Akira's VOICE]
最終回の感想  [続きを読む]

» 任侠ヘルパー 最終回 [Sweetパラダイス]
893がへルパーって最初はびっくりしたけど楽しかった兄貴が出した決断は!?りこ姉さんどうする?どうする?あのりこ姉さんが彦一にキスを可愛い〜晶さんと涼太くんのとこへ行った彦一いじめられっ子だった涼太くん強くなったよね兄貴のお陰かなあのこけかたは晶さんが...... [続きを読む]

» 任侠ヘルパー 最終回 [Sweetパラダイス]
893がへルパーって最初はびっくりしたけど楽しかった兄貴が出した決断は!?りこ姉さんどうする?どうする?あのりこ姉さんが彦一にキスを可愛い〜晶さんと涼太くんのとこへ行った彦一いじめられっ子だった涼太くん強くなったよね兄貴のお陰かなあのこけかたは晶さんが...... [続きを読む]

» 「任侠ヘルパー」(最終話:「最終回15分拡大スペシャル…最後の手段」) [鉄火丼のつれづれ日記]
9月17日に放送された「任侠ヘルパー」(最終話)は、彦一(草なぎ剛)たちが「タイヨウ」が閉鎖に追い込まれた事を鷹山(松平 健)に報告するところから話は始まる。このドラマの最終話を見て、鉄火丼が思った“理想の介護”とは…?... [続きを読む]

« 《救命病棟24時》#06 | トップページ | 《オルトロスの犬》☆08 »

最近の写真