無料ブログはココログ

« 《任侠ヘルパー》★07 | トップページ | 《オルトロスの犬》☆05 »

2009/08/23

《コールセンターの恋人》☆07

思いで代』(あらすじ)

都倉(小泉孝太郎)は恋人の静香(樋場早紀)から別れを告げられる。ショックを受ける都倉を響子(ミムラ)たちが心配する中、テレビでアイス(名取裕子)がビデオカメラを紹介し、「思い出は金で買える」と訴える。ところが後日、ビデオカメラで撮影した映像が録画されていないという苦情がお客様相談窓口に次々に入る。

CAST
都倉渉(小泉孝太郎)
青山響子(ミムラ )
酒巻謙一(松重豊)
宇野勉(安田顕)
八田ゆみえ(中島ひろ子)
近藤渚(滝沢沙織)
三上慶太(中林大樹)
明石涼介(石井康太)
上原千夏(山崎野々華 )
奥村静香(樋場早紀)
大村ミサキ(真下玲奈)
小松なみ(福井仁美)
中谷あさり(愛未)
金原舞(えれな)
白井萌(はねゆり)
中島栄作(柴俊夫)
川辺勇次郎(若林豪)
南極アイス(名取裕子)
     *****

外線でかかってきたのは、静香からの決別の電話。コールセンターの皆が気を使ってくれた。都倉にはそれがうるさかった。

今回のアイスの売り物はビデオカメラ。ところが、映らないと言う苦情がどんどん来た。
アイスも素敵なプレゼントをもらったが、ビデオに撮ったはずが、映っていなかった。
そこで賠償金を支払いなさいと社長にかけあった。
予算は、100万から、カメラ台を引いた63万2500円。とにかく思いで代をどうにかして辞退してもらわないとすぐに予算がオーバーする。そこでコールセンターの皆は腕によりをかけて頑張った。それができないのは都倉だけだった。

今度こそと身構えてとった受話器。
岡村沙代。電話は夫の正彦だった。
上手いこと言って人の弱みに付け込むような商売をして恥ずかしくないのか、とまくしたて、都倉のどのような思い出代でしょうか?との問いには、こちらは、今が精一杯で思い出なんかいらないんだよと怒鳴ってとにかく送り返すからと言って電話は切れた。

アオキョーが、調べると、岡村の購入カメラぷれ、クレームの出ている茨城工場のものではなく長野工場のものなので、今回の返品の対象商品では無かった。原則電化製品は、一度電気を通したものは、返品を受け付けないと言うことになっています。もういとど岡村さんにに電話して詳しく話を聞いてみてください。アオキョーは、事務的に都倉に言った。

こんな日もへまばかりなのが、都倉だから、しょうがなく電話をかけた。
岡村沙代は、カメラはまだ使っていないと言った。
ご主人から返品したいと言う電話をいただいてと話を進めていったが、沙代は、返品しない。いい思い出を残したいと言うが、それを聞いて都倉は、ふられた藩士とごっちゃになって話を自分からぶち壊していた。ご主人は、思い出なんかいらないと電話口で言うし二人の思いは完全に相反していた。過去の販売記録から、沙代は、今妊娠8ヶ月くらいと分かった。

直接会って謝罪をと考えた都倉は、沙代の住所まで行くと、ちょうど出かけるところだった。病院までついて行くと、産婦人科ではなくい外科病棟で、夫の正彦は、入院中。今日の手術に失敗すれば沙代と赤ん坊はどうやって食べて行くんだとカメラを返して生活費を考えている夫の言い分だった。
沙代は不安で、正彦がいなくなると考えただけでと泣いた。彼も折れて、撮影に同意。それを見ていた都倉はちょっと待ってとカメラを持って、公衆電話まで走った。出たのはアオキョー。今日大事な手術を受けるが、どうしても撮れてないと困ると念押しする都倉に、絶対大丈夫と言いきった。

都倉は正彦を撮った。
「お父さんです。え~っと・・・
今これを見ているお前は幼稚園に通っているか、
|小学校に通っているか分からないけど、
元気にやってますか?
お母さんの言うことをちゃんと聞いて勉強ちゃんとやってますか?
俺は、お前に自慢できるような人生は、・・・歩んでこなかった。
世の中に何か残すような仕事もしてこなかったしそれどころか
嘘も沢山ついたし
勇気がなくて、言わなきゃいけなかったことを言えなかったり
目の前のことから逃げ出したり、でもな、
人生にいいも悪いもないんだよ。
失敗したって、恥かいたって・・いいと思う。
お前が自分を何も飾らないで生きていけばそれでいい。
生きてるってことだけで素晴らしい・・・そう思うから

俺はお前と、お前のお母さんのそばにずっといるからね。」

手術前にこう言われては、私なら覚悟が決まるか不安です。

手術は深夜にまで及んだ。空が白々としたころ終わった。
成功した。嬉しくて、コールセンターに電話して、アオキョーにお疲れさまと言わせた。

戻ると、1000万の慰謝料をよこせと言った小山の話になったが、前回購入分のペアポロシャツを女性用だけ返せないかと問い合わせがあった。ルッソタワーのライトニングは、直前にキャンセル。だからプロポーズする前にフラレて腹いせに1000万請求してきていたので、慰謝料は払う必要がないと言うことだった。

なぜそれが分かったのかと言うと、アイスのプレシャスメモリーから録画されたライトアップされたルッソタワーの映像から、ドタキャンしたのが小山だと分かった。

アイスは、化粧室で、ミスターライトアップと呼ばれているこの間のライトアップの君が、女性相手だと必ずこの手を使うことを話しているのを小耳にはさんだ。すっかり引っ掛かっていたことに気付いたアイスは。、化粧水の価格設定が高いことを指摘してまた考えたら話をしましょうと電話を切った。

まだまだ一人浮いている都倉です。本社はさらに遠くなるので、このまま皆にしごいてもらっている方が幸せですよね。

*****
今までの感想は、こちら

« 《任侠ヘルパー》★07 | トップページ | 《オルトロスの犬》☆05 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/46003038

この記事へのトラックバック一覧です: 《コールセンターの恋人》☆07:

» コールセンターの恋人 第7話 思い出を残すビデオカメラ [レベル999のマニアな講義]
『余命1ケ月の夫と身重の妻…衝撃告白』内容都倉(小泉孝太郎)は、恋人の静香(樋場早紀)から電話で別れを告げられた。その姿をビデオカメラで撮る青山響子(ミムラ)。今回の商品は、超高性能デジタルビデオカメラ“思い出残しま専科”“思い出はお金で買える”という...... [続きを読む]

» コールセンターの恋人vol.7 [ita-windの風速計]
■コールセンターの恋人脚本:中園ミホ(1)(2)(4)(5)、大口幸子(3)(6)、福間正浩(7)チーフプロデューサー:黒田徹也プロデューサー:奈良井正巳、樽井勝弘、壁谷梯之演出:片山修、田村直己http://callcenter.asahi.co.jp/第7話余命1ケ月の夫と身重の妻…衝撃告白---------...... [続きを読む]

« 《任侠ヘルパー》★07 | トップページ | 《オルトロスの犬》☆05 »

最近の写真