無料ブログはココログ

« 《赤鼻のセンセイ 》#01 | トップページ | 《任侠ヘルパー》★01 »

2009/07/11

《ダンディダンディ・ダディ?~恋愛小説家・伊崎龍之介~》☆01

娘が心配なんだ』(あらすじ)

恋愛小説家・龍之介(舘ひろし)と娘・あかり(南沢奈央)との親子のきずなを描く。自由恋愛を提唱する龍之介は、“恋愛のカリスマ”と人気を集めていた。だが、龍之介は高校に入学したあかりに、恋人ができることを不安に思っていた。ある日、部活中にねんざしたあかりは同級生の悠樹(石黒英雄)と家に帰ってくる
     *****
少し遅れましたが、これから、アップしました。
夏ドラマは、どんどんはじまって、下調べをする暇がありませんでした。スミマセン ι(´Д`υ)アセアセ
<恋を知らない娘は不幸であるが、
娘の恋を知った父親はもっと不幸
である。  伊崎龍之介>

伊崎龍之介 作家生活35周年記念作品『恋の園』 出版記念パーティに出席のこの主人公伊崎。颯爽とダンディぶりを発揮した。

宿敵、佐々木泰三も現れて、にぎやかさがうかがわれた。龍之介は、窓の外の風船の束を見て、ふと思いつき原稿を書いてしまった。

パーティでは、かなりキザなセリフを吐いてましたが、舘さん、かなり照れていそうでした。
この恋愛小説家、飽くまでプレーボーイは、小説の中でのことで、・・・

すっかり不眠症になった伊崎は、心療内科医葉山の診察を受けた。
そこで、1週間前に娘のあかりが高校入学したことを話した。今年から突然共学になり、心配が増えたと、父親同伴のもう一人の父、あかりの友人朋香パパが嘆いていた。
すると、灯りの隣に小早川悠樹が座ったので、もう気が気でない龍之介は、すぐ後ろまで迫った。そこを担任の沢村に見付けられ、スピーを頼まれ、また恋愛論をぶって若者たちに恋愛を煽動した。
そうしておきながら、あかりの帰宅が遅いと、編集長三嶋にまでそわそわを言い当てられていた。

三嶋が、共学になったんだねと話していたが、男に免疫がないあかりには、ちょうどいいと強がりを言った。

あかりが剣道の部活中に捻挫して小早川が心配して付き添ってくれた。
あわてるパパΣ( ゜Д゜)ハッ!
編集長三嶋の手前、物分かりがよいパパを演じる龍之介bleah

テレビ局からの帰りに、他社の編集員堂島が、あかりが茶髪にピアスをした男のこと楽しげにデートしていたと、チクッた。実は、朋香が好きな男子だったのだけど心配性の龍之介は、あかりを見張ってもらいたくて、悠樹に頼みごとをした。

さらに、あかりの携帯をそっと隠した。誘惑に駆られて、中を見てしまったが、“R”というものが一番多かった。ダメだとわかっているのに押してしまった。・・・なったのは自宅の電話。アハハ( ´艸`)プププ

小早川を”コバ”ちゃんと呼んで、すっかり任せたが、その彼から電話で、あかりが遊園地にいることを聞き、飛んで行った。観覧車に茶髪と二人で乗ったと聞き、妄想が膨らんで、
観覧車が着いたら、中から茶髪を引きずりだした。しかし、一緒にいたのは、朋香だった。

あかりが付き添いでいたが、他から合流したので、驚く龍之介。
すっかり怒ったあかりは、祖母・サチの家に身を寄せた。

そこで、龍之介の連れ合いは、あかりと龍之介を置いて早世したようです。男手ひとつで子育てしようとするのは無理だから引きとりたいと申し出たら、自分の子だからと頑張ることにした。
しかし、それからすぐに、あかりが熱を出して危険な状態になって入院し、サチにあかりを引き取ると言う申し出に頷いた。

別れの朝、あかりは、パパと一緒が言い、ずっと一緒に居たいと泣いた。
そんなことがあったから、どうしても、あかりを自分の手の届くところに置いておきたかったようだ。

サチは、TVの龍之介をかけていた。中では、15歳の高校生が、中退して彼と一緒に住むことにしたと報告。それを聞いて、自分とオーバーラップした龍之介は、すっかり泰三ばりに、親は愛して愛して愛して、子供を育てるんだと力説。それを見ていたあかりは、泣いた。

戻ったあかりは、約束通り、男の人と付き合い時は報告するからと、さらに約束。
それがすぐに報告となった。
悠樹君と付き合いますって・・・これがまたトラブルのもとになります。

武骨なパパが、父親と母親の役をこなしながら恋愛小説を書いて、と来ると、自分の恋愛は?となりますね。立ちさんが、あかりのお弁当を作ってる様なんか、とってもかっわいい
と思えました。

« 《赤鼻のセンセイ 》#01 | トップページ | 《任侠ヘルパー》★01 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/45597014

この記事へのトラックバック一覧です: 《ダンディダンディ・ダディ?~恋愛小説家・伊崎龍之介~》☆01:

» 赤鼻のセンセイ キャスト [今日のFX経済ニュース速報]
ドラマ「赤鼻のセンセイ」|Channel A アイボリーのChannel Aの記事、ドラマ「赤鼻のセンセイ」です。(続きを読む) 流-舞流ノ森 神永学「心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っている」 それにしても最後に存在を匂わせた「両目の赤い男」は、探偵物の宿敵なんでしょうかっ!? 2、3、4巻も購入するぞっ!! 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |. 赤鼻のセンセイ #1 | HOME | 角川文庫購入 第1弾. この記事のコメント ...(続きを読む)... [続きを読む]

» 【マジコン】ドラゴンクエストIX 星空の守り人【攻略】 [【マジコン】ドラゴンクエストIX 星空の守り人【攻略】]
ドラゴンクエストIX 星空の守り人 解析完了! [続きを読む]

» ダンディ・ダディ? 恋愛小説家・伊崎龍之介第1話(7.9) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
娘あかり@南沢奈央の恋愛を心配するあまり、 器の小さな行動を繰り返す哀れな父親伊崎龍之介@舘ひろしの物語 恋愛小説家という立場から、 『若いうちからたくさんの恋愛をしろ』と鷹揚にアドバイスしつつ、 実は、あかりに悪い虫がつかないか、気が気でない龍之介。 第1話では、あかりの携帯まで隠してしまう ウザい親父ではあるけど、 以前放映していた『花嫁とパパ』に比べると、龍之介は高圧的でもないし、 とんでもないことをやりかねないのは、『赤鼻のセイセイ』と同じなんだけれど、 舘ひろしと大泉洋の... [続きを読む]

» ダンディ・ダディ?〜恋愛小説家・伊崎龍之介〜 第1話 娘が心... [レベル999のマニアな講義]
『娘が心配なんだ』内容“恋の園”という、新作を発表した恋愛小説家の伊崎龍之介(舘ひろし)“恋愛のカリスマ”と呼ばれる龍之介は、女性たちに大人気。が、、そんな男にも、人には言えぬ悩みがあった。そのことで、セラピストの葉山修二(佐藤二朗)のもとに通う毎日。...... [続きを読む]

» ダンディ・ダディ? 第1話 [ぷち丸くんの日常日記]
伊崎(館ひろし)は若者から「恋愛のカリスマ」として人気を博している 恋愛小説家だ。 書いた小説の数だけ恋愛経験のある伊崎だが、この春、共学の高校 に進学した一人娘・あかり(南沢奈央)の恋愛問題になると目の色が 変わり、途端に保守的になってしまう。 ある日、部活... [続きを読む]

» ダンディ・ダディ?〜恋愛小説家・伊崎龍之介〜vol.1 [ita-windの風速計]
■ダンディ・ダディ?〜恋愛小説家・伊崎龍之介〜脚本-永田優子演出-池添博、本橋圭太、梶山貴弘プロデューサー-中込卓也、大川武宏、平部隆明、梶野祐司http://www.tv-asahi.co.jp/dandy/第1話娘が心配なんだ--------------------------------------------------------恋...... [続きを読む]

» 奈央ちゃんのまね とか♪ 及び ダンディ ・ ダディ? 初見感想 [夢 言 の ア リ ス / 未 来 の ガ ニ メ デ]
お父さん サイテ ー!な 舘さん サイコー!☆  で、 さっそくつきあいはじめちゃってる あかりちゃんて ゆくゆくは 彼にマ ジ 恋 ? するのかな?☆  [続きを読む]

» ダンディ・ダディ? #01 [昼寝の時間]
年頃の娘を心配するカリスマ恋愛小説家が引き起こす情けない騒動の数々。父と娘の心の [続きを読む]

» ダンディ・ダディ?~恋愛小説家・伊崎龍之介~ #1 [ほどほどの人生]
ダンディ・ダディ?~恋愛小説家・伊崎龍之介~、みました。 非常に簡単に言うと、 昔から使い古されてきた感のある、 父親による娘束縛ものです。 自分は恋愛小説家で恋に奔放な思想の持ち主であるはずの 主人公・伊崎龍之介@舘ひろしも、 娘のあかり@南沢奈央の恋愛に..... [続きを読む]

» ドラマ「ダンディ・ダディ」第1章 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
恋愛のカリスマ-----------小説家・伊崎龍之介。うわぁ、舘さんが思いきりタラシモードになってる〜〜(><)恋せよ少年!!恋せよ乙女!!彼は、恋愛を進める作家の一面、娘の恋愛事情には何かと首を突っ込みたがる父親。彼のライバルは文芸評論家の佐々木。これが鹿賀...... [続きを読む]

« 《赤鼻のセンセイ 》#01 | トップページ | 《任侠ヘルパー》★01 »

最近の写真