無料ブログはココログ

« 《BOSS》☆LAST CASE | トップページ | 《MR.BRAIN》#06 »

2009/06/27

《スマイル》★最終話

僕らが最後に手にした笑顔』(あらすじ)

柴田(酒井若菜)ら裁判員たちによる最終評議が行われる。ビト(松本潤)は裁判での林(小栗旬)の母・暁子(キムラ緑子)の言葉を思い出していた。花(新垣結衣)を救うためにとった行動とはいえ、自責の念に苦しむビトは、一馬(中井貴一)にある決意を告げる
     *****
ビトは、自責の念から、控訴しないでと一馬に頼んだ。
人には、正しく裁かれる権利と義務がある。それ放棄するのか?と一馬がいくら言ってもダメだった。
さっさと席を立つビトだった。
もう殺してしまった林さんは戻ってこないと、すっかり弱気になっていた。
あの泣きさけぶ母を見たら、かなりビトにも響いたようです。
一馬は、ビトがいなくても、裁判はできると、頑張る気です。
花はまだ声が出ないで、でもエールを送っても、面会に来ないでとビトは言います。

控訴は最高裁まで棄却。
それはビトが出廷しなかったことでが原因ではなく、判決を覆すだけの新たな証拠が手に入らなかったからだ。

それから5年の月日がたった。
だが、皆あきらめてはいなかった。
林誠一郎、林の父親を探してはいた。初めの事件のビトの冤罪をでっち上げた男の存在。

警察で、林の居場所を何回も聞く一馬。それを後ろで聞いていた北川。聞かれていた刑事をと話すと、絶対林の居所は教えないし、証言もさせないと言った。万事承知しているという風に聞こえて、北川は、耳を疑った。
そんな北川に栄転の話が来た。上司にそれとなく冤罪を聞くと、そんな話もあったと軽く言われ、だが昔のことだと片づけられた。悩む北川。

刑務官は、落ち着かなかった。刑の執行が迫っていた。
一馬に立場上言えないが、、明日の朝と知らせた。

ビトは、一馬に、あったが、一馬に花をもうよこさないでくれと言った。
生かし一馬は自分が惚れた女一人くらいしっかり守ってやれなくてどうすると言った。
ビトが一人で死んで、周りのだれが喜ぶんだ、と帰ろうとするのを、敏感に感じたビトは、施行命令が出たのか?と聞いた。そんなの俺が知るわけねえだろうとドアを閉めた。

一馬のところに北川が来た。一言「新宿中央公園にいる」すべてを絶ってホームレスになっていると教えた。

走る一馬。北川は、君たちのためじゃない。真実を裁きたかっただけだ。

やっぱりあっておいた方がいいとみどりに言われて、走った花。柏木がいて、こっそり会わせてくれた。もう会えないと言うビトに、また声が出るようになった花は、古いハンカチを出した。昔富士山の見える場所に住んでいたが、父のことでいじめられて、ランドセルを踏切の上に掛けられて泣いていたら、とってくれたお兄さんがいた。彼だけがやさしかった。それが、ぱったり本屋で見かけたときには嬉しかった。そう、だから唐突にビトを見つめていたんですね。

公園のホームレスを片っ端から捜す一馬たち、しかしなかなか見つからないで、茫然としているところに一人の男が立った。
林誠一郎だった。息子さんの事件はと聞くとカバンから、くちゃくちゃになった新聞紙を出した。辛さはわかるが、2000年にあなたが陥れた葉や革ビトが、どんなにつらい人生を歩んできたかを説いた。しかし、断ると言われた。彼の証言で迷惑をかける人が大勢いると。

この期に及んでもまだ組織が大事ですか?

2015年8月28日。
死刑執行当日。
<I have a dream.
僕には夢がある。
それは、レストランを作ることです。
そのレストランは多国籍料理の店です。
さまざまな国の料理が味わえるレストランです。
あなたと2人で、一緒にそのレストランができれ
ばいいなと思います。
店の名前は、まだ決めてません。
でもそこで食事をしている人はみんな笑顔です。
顔見知りも見ず知らずのの人も
みんな同じテーブルについて・・・
そして笑顔なんです。
もしも誰かが、僕の夢を笑っても
哀しまないでください。
もしも誰かが、僕らの夢を壊そうとしても
心配しないでください。
大切なものは、目に見えないのだから。
僕がいないことをどうか悲しまないでください。
僕はいつも、あなたの笑顔の中にいるから。
僕らの世界には、笑顔があふれているんです。>

ビトの部屋がノックされた。
泣き崩れるビト。しかし部屋に入れられた。
少しして走る足音。

死刑執行6時間前。

一馬は、林父に食い下がった。
あなたの息子さんは、幼いころから、親の愛情を求めていた。
あなたのやさしさを心から求めていた。
それが受け入れられなかった彼は、暴力で人を服従させることで
心の空白を満たし、必死で孤独から逃げようとしていたんです。
彼にはそれしか手段がなかった。
彼もまた、あなたの被害者の一人なんです

逃げようとする林をむんずとつかみ、

林さん!
2000年の事件であなたが彼を庇うことなく正しく導いてやってれば、
こんな事態には至らなかったかもしれない。
彼が命を失うことはなかったかもしれないんです。
あなたに人の心があるならば、もうこれ以上、
若者の命を無駄にはさせないでください。お願いします。
お願いします、もう時間がないんです。
法廷で証言してください。

最後は土下座までしたが、道路を渡り切って彼は立ち止った。

いや~、ハラハラしました。

法務大臣の電話がビトを救った。

林父は、これからは、息子と私の罪を償っていくつもりですと結んだ。

判決は、無罪だった。
それから3年がたった。
1018年夏
死刑判決は、林の父親の情状酌量の口添えもあり、一部事実誤認も認定され10年に減刑。5年服役分を引き、模範囚だったので、1018年に出所。

花が車で一足先にレストランを開いていた。そこへビトが帰ってきた。
林の墓参りを一馬、ビト、花で済ませた。

<キング牧師はかつてこう言った。
私には夢がある。
いつか、肌の色や身分に関係なく、
すべての人が等しく同じテーブルを
囲む日が来ることを>

ビトが踏み出した1歩は

ほんの小さな1歩だ。しかし大切なのは

あきらめずに戦い続けること。

我々は決して一人ではない

最後まで、スマイルの意味がわからないと思っていましたが、苦しいことの積み重ねは、最後まで見るのが辛いくらいでした。それでも、一馬の熱弁に、引かれてここまできましたが、最後にもっと”スマイル”を見せてほしかったです。

*****
今までの感想は、こちら

« 《BOSS》☆LAST CASE | トップページ | 《MR.BRAIN》#06 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

やっと終わったって感じですよね~(^^;)
これを見続けた自分はMじゃないかと思ってるほどです~。
ビトも辛かったかも知れないけれど、見ている方も
辛かった。。。やっとホッとできましたわ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/45464554

この記事へのトラックバック一覧です: 《スマイル》★最終話:

» スマイル 最終回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『僕らが最後に手にした笑顔』 [続きを読む]

» スマイル最終話(6.26) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
死刑判決が下された早川ビト@松本潤は、 林誠司@小栗旬を殺害した罪悪感から控訴を拒否。 伊東一馬弁護士@中井貴一は、被告人のビト不在のまま、 高裁・最高裁に控訴・上告するも、新たな証拠もないため、棄却されてしまう。 それから5年経った2015年、 北川検察官@甲本雅裕の情報提供で、 林誠司の父林誠一郎@竜雷太の居場所を知った一馬は、 2000年の殺人事件の罪をビトに押しつけたことを誠一郎に証言させ、 ビトの冤罪を証明することで、死刑執行を阻止、 その結果、2009年の林誠司殺害の罪... [続きを読む]

» スマイル 第11話(最終話)「僕らが最後に手にした笑顔」 [Happy☆Lucky]
第11話(最終話)「僕らが最後に手にした笑顔」 [続きを読む]

» スマイル/第11話(最終回) [ブルー・カフェ]
スマイル オリジナル・サウンドトラックTVサントラ,山下康介HARBOR RECORDSこのアイテムの詳細を見る 「死刑を受け入れる」と言い切った悲劇の主人公・・・遂に最終回ですね。 ここまでお付き合いくださった方々、TB、コメント関係・・・ありがとうございました{/dogeza/} さて、第1話から胸焼けがしそうなくらい重い、暗いドラマですが、最後の最後に光明の光を見る事が出来るのでしょうか・・・? 主人公は「壮絶な生き様を見せた」というフィリピン人とのハーフ。しかし何処までも「受身体質」です。... [続きを読む]

» スマイル 第11話(最終回) 笑顔 [レベル999のマニアな講義]
『僕らが最後に手にした笑顔』内容裁判で死刑判決を請けた早川ビト(松本潤)伊東弁護士(中井貴一)は、ビトに頑張るように言うが、、林誠司(小栗旬)の母・暁子(キムラ緑子)の証言が耳に残るビトは、控訴を取り下げてくれと伊東に伝えるのだった。そして、最高裁で死...... [続きを読む]

» スマイル 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
自分の罪を受け入れることを決意したビト(松本潤)は、面会に訪れた一馬 (中井貴一)に、控訴を取り下げてほしいと頼む。 死刑になることで、林(小栗旬)の命を奪った罪を償うというのだ。 ビトは花(新垣結衣)に、もう面会に来ないでほしいと告げる。 5年後の夏、ビトは... [続きを読む]

» 「スマイル」第11話(最終回) [fool's aspirin]
まさかのギリギリ大どんでん返し!最後はみんなスマイルで終われるか?!JUGEMテーマ:エンターテイメント#160; [続きを読む]

» ドラマ「スマイル」第11話(最終回) [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
僕は死刑を受け入れる--------------。林を殺した罪は自分の命で償うと決意したビト。説得する一馬の声も届かない。「俺は絶対死なせねぇぞ!!」いろんな意味で、衝撃作品だったこのドラマも、いよいよ最終回。裁判シーンは未来が分かってるだけに、もったり進んだ感じは...... [続きを読む]

» 「スマイル」 最終回 [トリ猫家族]
 まぁ・・・助かってよかったよねぇ・・・(* ̄ω ̄) 私も、ビトに生きて欲しいと思っていたから望んだ通りの結末なんだけどさ・・ なんだろう・・・このすっきりしない感じは・・・  結局のところ、最後まであきらめずに戦い続けたのは一馬先生(中井貴一)であって、...... [続きを読む]

» スマイル 第11話(最終話) [タル★タル ソース♪♪]
とうとう、スマイルも最終話です。あまりの不幸のてんこもりに気持ちが押しつぶされそうになりながらみてきたスマイルも、今回で終り。 そして今回は、涙の連続でした。 録画しておいたものを、夜中、誰にも邪魔されず1時間しっかり泣きながらみて、すぐに寝たら、はっきりいって今朝は顔中むくんでいて大変なことに。 朝いちから仕事だったのに、30分寝坊したからむくみとりにまでは手が回らず、それはそれは、目も当てられない状態でした(ためいき) ... [続きを読む]

» スマイル最終回 [NelsonTouchBlog]
「スマイル」最終回 「控訴・・取り下げてもらえますか?僕は死刑を受け入れる。」「おまえ、自分の言っていることがわかってるのか!?」「僕は林さんの命を奪った。だから自分の命で償う。」「むやみに死を選ぶことが償いじゃない、人には正しく裁かれる権利と義務がある!それを放棄するのか?」だが、ビトの想いは変わらない・・。ガラス越しのビトの表情は穏やかだが、どこか魂が抜けたような表情にも見えた。一馬も花も、ビトの突然の告白に衝撃を受ける。ビトは死刑判決を受けたことで意気消沈してしまっているのではなく...... [続きを読む]

» スマイル最終回 [NelsonTouchBlog]
「スマイル」最終回 「控訴・・取り下げてもらえますか?僕は死刑を受け入れる。」「おまえ、自分の言っていることがわかってるのか!?」「僕は林さんの命を奪った。だから自分の命で償う。」「むやみに死を選ぶことが償いじゃない、人には正しく裁かれる権利と義務がある!それを放棄するのか?」だが、ビトの想いは変わらない・・。ガラス越しのビトの表情は穏やかだが、どこか魂が抜けたような表情にも見えた。一馬も花も、ビトの突然の告白に衝撃を受ける。ビトは死刑判決を受けたことで意気消沈してしまっているのではなく...... [続きを読む]

» スマイル 最終回 (中井貴一さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆中井貴一さん(のつもり) 中井貴一さんは、TBS系列で毎週金曜よる10時から放送されていた連続ドラマ『スマイル』に伊東一馬 役で出演しました。先週は第11話(最終回)が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

» スマイル 最終回 [Sweetパラダイス]
ビトが助かってあ〜良かった柏木さん無理してくれてありがとう明らかになったビトと花ちゃんの過去ところでなんで話してるの?私の王子様・ビト運命の人だったランドセルの女の子気になってたんですよその子は花ちゃんでしたかビト、花ちゃんがほっとけなかったのねそんな...... [続きを読む]

» 【スマイル】第11話 最終回と統括感想 [見取り八段・実0段]
新宿運動公園だ。林の父親は、今そこにいる。なぜそれを。君たちのためじゃない。私は真実を裁きたかっただけだ。ビトは有罪、死刑判決となり、2000年の事件の証言などが集まらず控訴は出来なかった。北川検察官は、ある日、警察の喫茶室でなじみの警察官に会い、林の父親...... [続きを読む]

» 新垣結衣 スマイル 体重 [スマイル]
【送料無料・代引き手数料込み】☆新作腕時計入荷☆【SALE】【時計屋さん】シチズン腕時計(CITIZEN)NA15-1563Bレディース wicca(ウィッカ)【雑誌掲載モデル】【ドラマ『スマイル』新垣結衣さん着用モデル】【芸能人】【ソーラー時計】[30%OFF]商品価格:17,600円レビュー平均:4.5 スマイル 最終回 - 3.2step coffee スマイル 最終回 もう出演していないのに、なんだかんだで小栗旬さん存在感が一番際立ったドラマだった気もします。今回の小栗氏... [続きを読む]

« 《BOSS》☆LAST CASE | トップページ | 《MR.BRAIN》#06 »

最近の写真