無料ブログはココログ

« 《スマイル》★07 | トップページ | 《ぼくの妹》#07 »

2009/06/01

《MR.BRAIN》#02

変人脳科学者vs蘇る美しき幽霊!!脳トレで人は蘇る!?』(あらすじ)

刑事の津村(神保悟志)と元鑑識課員の高田(福井博章)が相次いで殺された。現場にあった指紋は、津村と高田が担当捜査官だった事件の犯人のものと一致。だが、犯人だった竹神(Gackt)は、1年前に殺人罪で死刑になっていた。話を聞いた九十九(つくも・木村拓哉)は、幽霊の仕業だと興味を抱き、殺人現場に出向く。
     *****

1年前
2008年5月
東京拘置所で刑の執行があった。
竹神が。絞首刑になった。僕は必ず生き還って、お前たちの肉を食べに行く。
不気味な始まりです。

2009年5月
刑事・津村が殺された。
両手を切断されていた。
次が鑑識でかかわった男・高田。

林田が、科警研に来た。幽霊がよみがえることがあるのかと言っていたが、現場を見せてと九十九に言われて、また丹原刑事に怒られた。
そんな丹原も、竹神の4人目の被害者の婚約者宮藤とは面識があった。竹神に襲われた時、持っていたねっくれるを警察から返してもらったとき、発作的に踏切で、電車に飛び込もうとしたのを助けた経緯があった。

宮瀬が、報道陣の前で、竹神が死刑にならなければ、私が殺しますと叫んだとき、民意は
決まった。そこで、狙われるのは、彼女と思い訪問すると、岸川刑事がもう来ていた。今夜から警護してくれると言ったそうだ。そんなタイプではないのにと訝る丹原。

九十九は、3人目から何で死体に、突然指紋がべたべた出始めたのか。
4人目の宮瀬の婚約者は、手足を体育館前の坂を降りた、木の横のごみ箱に両手足を捨てられ、胴体は、海に捨てられたが、見つかっていなかった。

調書を和音に読ませながら、死体を捨てたのが、午前2時と聞き、茶色い屋根の体育館というのは、おかしい、暗くてどうして色がわかるんだ。そう疑問を出した。科警研に戻って、この事件をはじめから見直すように言えと言った。助手の身分でそんなこと言えないと答えると、君は何ができるんだと九十九は聞いた。実・験・台!と答えたが、意を決して、皆を集めて、必死で訴えた。局長がそれこそ科警研でなければできないと、会議して皆で再検討を始めた。

九十九は、宮瀬の店をのぞくと、岸川が張り付いてた。もし最後が、竹神と違う犯人だとするとその犯人はまだのうのうと生きていると言うと岸川はさっさと消えた。
すぐに科警研に行くように丹原たちに連絡が来た。

再検査の結果、最後の被害者後藤の着衣から、3人の皮膚片唾液、体液が見つかった。津村、高田、そして誰だかわからない者。切断された腕から圧迫痕が見つかった。切断するときに犯人が押さえたできたものだろう。そこから割り出された犯人の手の大きさは、竹神のものとしては小さすぎた。一致したのは、津村の手だった。
4番目の事件に関しては、犯人は竹神ではなかった。犯人は、津村、高田、そしてもう一人。

指紋のデータは改ざんされたのではと九十九は言った。そうすれば、べたべた出てきてもおかしくない。津村のものだったから。
竹神と間違えて、黒いコートを着ていた後藤に職室をかけた際逃げるように走るのを止めてこず他時、壁のボルトに後頭部が当たり、殺してしまったのが事実のようだ。それを竹神の仕業にした。

もうひとつ違う班からのデータが出た。竹神の供述では、地下道の入り口付近で後藤さんを襲ったことになっていたがあまりに人目につきやすいことから、トンネル全体にルミノールをかけたところ入り口から約25m先、後藤さんの血痕と引きづられた跡が見つかった。
このボルトから後藤さんの脳細胞の一部が検出された。このボルトと、後藤さんの後頭部の高さは一致します。おそらく後藤さんは押されて、ボルトが後頭部に突き刺さり、亡くなったと考えられています。現場がトンネルだったのが幸運でした。雨風で経過しても、証拠を検出できたわけです。

岸川のGPSが、宮瀬の家へ向かっているのを知って林田、丹原、九十九が駆けつけた。
岸川が殺され、九十九は、犯人はまだこの部屋の中にいると断言。
宮瀬のネックレスは?と聞いた、糸が切れたと答えた。
岸川の殺された現場に行きましょうと提案して皆で木々の間に行った。
何か落ちていると言った九十九。花でしょうと答えてしゃがんだ宮瀬。そこで、じゃんけんをしようと提案。九十九が負けたら、これ以上は言わないが、あなたが負けたら、ちゃんと話してと言った。
九十九はパーで勝った。手を開いてと言うが開けない理由があった。
手には、落としたネックレスの一粒が握られていた。もちろん九十九が失敬してきて落としたものでしたが・・・

後からわかったのは、竹神が、真相を宮瀬に手紙を出していた。
だから、竹神は、宮瀬を操って生き還ることを知っていたのかもしれない。

なんだか血なまぐさい、不気味なストーリーでした。
丹原、林田と九十九とのトリオが、なめらかにイエ、かなりぎくしゃくとしながら動き出しました。
科警研も、総出で、税金使ってくれてます(笑)
人数がいっぱいでしたが、こうして見ると、必要な人たちですね。

最後に九十九が倒れていました。また入院のようですね。

*****
今までの感想は、こちら

« 《スマイル》★07 | トップページ | 《ぼくの妹》#07 »

ドラマ(ま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/45199171

この記事へのトラックバック一覧です: 《MR.BRAIN》#02:

» TBS「MR. BRAIN(ミスターブレイン)」第2話:変人脳科学者 VS 蘇る美しき幽霊!! 脳トレで人は蘇る!? [伊達でございます!]
前回に比べると、今回は、ずっとよくできていたと思います。今回もまた、事件の解決には、直接脳科学が用いられることはありませんでしたが…。 [続きを読む]

» キムタクの「MR.BRAIN」第2話◆「犯人はこの部屋にいます…」 [子ソダチP's 航生L(気分は冥王星)SQ]
「MR.BRAIN」 第2話  高視聴率で好調の滑り出しを見せたようなので、ヘソの曲がりでヘンコの小生は、わざと意地悪な気持ちで「MR.BRAIN」を観賞することに・・・。  (キムタクの容貌が羨ましくて妬ましい小生の「ひがみ根性」も、意地悪な気持ちを盛り上げちゃう) 【 まずはTBS批判 】  木村拓哉、綾瀬はるか、水嶋ヒロらに番組をハシゴさせて、”番宣”の絨毯爆撃を仕掛けたTBSは、今週は映画『ROOKIES』の宣伝番組のオンパレード。(ワッ!世界不思議発見まで・・... [続きを読む]

» MR.BRAIN (妖気さえ漂う、Gackt) [のほほん便り]
サブタイトル、「変人脳科学者vs蘇る美しき幽霊!!脳トレで人は蘇る!?」 でも、イイのでしょうか? この、やや早めな時間帯。かくも贅沢に人気者を揃え、ここまでの猟奇殺人事件とは。 しかも、描写も、かなりハード。それに、真相は… 本来、正義の味方である、警察官が、うむむ… だった、だなんて とにかく、ディテールに至るまで豪華です。それに、目の保養なキャスティング とくに、キムタクと、今をときめく若手ふたり。綾瀬はるか&水嶋ヒロの爽やかさと、オトボケぶりが、一服の清涼感だけど、それに... [続きを読む]

» MR.BRAIN 第2回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『変人脳科学者vs蘇る美しき幽霊!!脳トレで人は蘇る!?』 [続きを読む]

» MR.BRAIN第2話(5.30) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
刑事の津村@神保悟志が両手・両足を切断され、殺害される。 部屋からかつて津村が逮捕した竹神@GACKTの指紋が検出されるのだが、 この竹神は連続殺人犯で、1年前に死刑を執行された人物。 既に死んでいるはずの竹神の指紋が検出されるはずがない。 やがて、津村に続き、竹神を逮捕した刑事が次々に何者かに殺害されていく。 犯人の正体は竹神の幽霊なのか? 興味を持った九十九@木村拓哉は捜査を開始する。 津村たちは竹神を追っていた頃、 ある男を誤って殺害してしまい、その罪を竹神に押しつけていた... [続きを読む]

« 《スマイル》★07 | トップページ | 《ぼくの妹》#07 »

最近の写真