無料ブログはココログ

« 《臨場》★03 | トップページ | 《BOSS》☆03 »

2009/05/01

《アイシテル~海容~》#03

(あらすじ)

野口さつき(稲森いずみ)の5年生の息子・智也(嘉数一星)が、小沢聖子(板谷由夏)の息子・清貴(佐藤詩音)を殺害した容疑で、少年鑑別所に収容されてしまう。面会に行ったさつきは自分を拒絶する智也の態度にショックを受けるが、担当の調査員・富田(田中美佐子)の励ましで、母親として智也と向き合う決心をする。いっぽう小沢家では、自分のせいで清貴が死んでしまったと自分を責め続ける聖子を、娘の美帆子(川島海荷)と夫の秀昭(佐野史郎)が必死に支えていた。
     *****

関東少年鑑別所へ、智也の面会に行ったさつき。
向かいあって座る智也に、あれこれ話しかけると、帰ってきたのは

「うざい!うざいよ。」教官のほうを見て、「帰っていい?」
徹底的に、無視された。
調査員の富田に、辛抱強く見つめてあげてくださいと言われた。

小沢家では、聖子が、私が時間を間違えなければ、殺されないですんだのに。そればかり言って自分を責めて、自分の中から出てこようとしないでいた。美帆子は、誰もそんなこと言ってない、責めてないと言った。夫の秀昭は、新聞のチラシを見ては、率先して買い物をした。
美帆子は、一人孤独を味わっていた。

もっと智也のことを知りたいと、さつきは警察に行った。押収された智也の私物を、見せてもらった。そこに、見たことのない写真があった。刑事が気を利かせてコピーしてくれた。

智也は、調査官の富田を信頼し、”あの日”のことを話しだした。
キャッチボールしたんだ。あの子と。
道路工事をしていて、いつもと違う道を帰った。
あの家の前の道を通りかかると、”あの子”がぶつぶつ言ってた。
おしっこかと思ったら、うんちだった。公園へ行けば?
ママが行っちゃいけないって。
僕の家で、トイレを貸してあげて、出てきたら、僕の部屋で
グローブを見つけた。それで・・
頭を抱えて苦しがった。富田に抱きしめられて、智也は泣いた。

少しずつ、何が起きたのか分かっていくようです。

さつきは、警察でコピーしてもらった写真を、花屋の娘遥に見せた。誰か知っている子が映っていたら教えてと頼むと、翔太を公園で捕まえてくれた。

自由研究を、智也と一緒にして、カブトムシの一生をまとめた。カブトムシ大好きな智也が、家で飼えばいいのに、僕の家で飼ってくれって。
お母さんに、怒られるのはいいんだけど、虫が嫌いなお母さんだから、可哀想だから。智也はお母さんが大好きだったから。

小沢家は、やっと妻の聖子を買い物に連れだした。
帰り道、自転車に乗った小さい子が、兄を追いかけて行くのを見て、キヨタンと、思い出し突然道路で倒れた。
美帆子が帰宅すると、往疹の医者が、出てきた。。
父は、美帆子と明るく話すようになってきた。

実家へ戻ると、門に落書きがされていた。
書道教室の生徒が、何人も辞めていた。
義兄が、一言もないのはおかしいと彩乃が言った。
帰宅して、実家を出てきたと言うさつき。
夫は、そんなさつきを新しいアパートへ衣類を送るからと言った。
リストラされそうになった夫と、同じほう子を向けそうであ。すね。

お互いの家族が何が起きたのかわからずに事件に翻弄されるのが怖かったです。
富田が、さつきに話しているのを美帆子が、聞いてしまう。近くに住んでいれば家族がわかる可能性もありますね。

******
いままでの感想は、こちら

« 《臨場》★03 | トップページ | 《BOSS》☆03 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

いずみって誰ですか?さつきじゃなくて??

失礼ですが、から太アパートとか意味わからない単語はあるし、変換間違いも多いし、大変読みづらい文章だと思います。

cafeみのむしさん。

>いったいそのあと何があったのか・・・
それを考えるとつらいです

やっと富田に心を開いてきた智也ですが、こういう事件は難しいのでしょうね。目撃者もいないし、状況証拠はしゃべってはくれないし。

bananaきこりさん。
>会ってしまうと被害者家族は余計憎しみが募るんじゃないでしょうか・・
情報として知りたいって気持もさらに強くなるだろうし・・・

そうなんですよね。美帆子が聞いてしまったことで、誰が犯人と分かっても、かなり複雑ですよね。
智也が、やっと口を開いて来ても、どうその時の状況を説明できるかですね。
一緒に悩んじゃいますよね。

とうとうばれちゃいましたね。
被害者の気持ちを考えると
辛いですね。
トイレに連れていける距離に住んでいるって
ことですもんね。
いったいそのあと何があったのか・・・
それを考えるとつらいです。

>近くに住んでいれば家族がわかる可能性もありますね。
そうですよね、智也とキヨタンだって偶然出会ったんでですから・・・
でも、会ってしまうと被害者家族は余計憎しみが募るんじゃないでしょうか・・
情報として知りたいって気持もさらに強くなるだろうし・・・
富田のほがらかな笑顔は視聴者にとっても救いですわ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/44851776

この記事へのトラックバック一覧です: 《アイシテル~海容~》#03:

» 海容 下 [*シール堂公認* 楽勝!?シール堂印刷の社長ブログ]
(昨日の続きです) http://kukku.tea-nifty.com/tea/2009/05/post-f455.html 聞き伝えられた話によると 交差点の向こうにいた母親は 「こっちに来ちゃだめ」と静止するつもりで 手を振ったそうですが、 子供の目にはきっと 手招きして呼んでいるように映ったのでしょう。 ..... [続きを読む]

» アイシテル〜海容〜 第三話「告白…少年の殺意」 [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
さつき(稲森いずみ)は智也(嘉数一星)と面会し、弁当の話をしたりするのだが、「うざい」と智也は言い放ち退室する。どうすればいいのか分からないさつきは、富田(田中美佐子)に相談すれと、「辛抱強くみつめてあげてください」と言われ、芯を強くもとうとするさつき。... [続きを読む]

» 「アイシテル〜海容〜」 第3回 [トリ猫家族]
 さつき(稲森いずみ)は少年鑑別所にいる智也(嘉数一星)に面会しに行くが、 「ウザイ」のひと言で拒否されてしまう。  さつきは職員がそばにいるから、こんな態度を取っているって最初思ったようですが、智也は正直になっただけなのでしょう。  さつきは、こんなふ....... [続きを読む]

» アイシテル 海容 三話 [Simple*Life ドラマ感]
心の闇を抱えて犯行に及んでしまったのかな? 母や父に対しての反抗心からこんなことをしでかしてしまったのかな? と思ったのだけど、違ってたのでほっとした。 本当は優しさを失ってなんかいなかったんだね。 お母さんのことをいつも一番に考えていて 自由研究でもお母さんが虫嫌いということで、カブトムシも 自宅で飼わずに、友達のところで飼ってもらうことにしたり・・・ 犯行当日も本当は困っているキヨタンにトイレを貸すために 連れ出したんだということがわかって少し安心した。 でもだった... [続きを読む]

» アイシテル〜海容〜 第3回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『告白…少年の殺意』 [続きを読む]

» アイシテル~海容~第3話(4.29) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
「いつから智也は・・・あの子は変わってしまったのでしょうか。」 小沢清貴殺害容疑で保護された息子智也に面会に行ったものの、 「ウザい」と冷ややかな返事しか返ってこず、 ショックを受ける野口さつき@稲森いずみ。 事件前の野口一家はあまり描かれてなかったけど、 智也少年の印象って、僕には変わってないのよね。 さすがに「ウザい」とまでは言ってなかったけど、 両親には心を閉ざしていた(諦めていた?)感じだったし。 母親であるさつきが冷静でいられないからなのかもしれませんが。 「もっと智... [続きを読む]

» 2009年春ドラマ、何を観るか決めました♪(#^.^#) [ひろくんのほのぼのコラム ( ^_^)_∀]
 いよいよ本格的にゴールデンウィークに突入しました♪(o^-^o) 今年は新型イ [続きを読む]

« 《臨場》★03 | トップページ | 《BOSS》☆03 »

最近の写真