無料ブログはココログ

« 《ぼくの妹》#05 | トップページ | 《アタシんちの男子》#06 »

2009/05/19

《ハンチョウ・神南署安積班》☆06

存在しない男を愛した女…3650円の人生』(あらすじ)

不動産会社の女社長が事務所で殺された。出動した安積(佐々木蔵之介)らは、金融業者の河原崎(由地慶伍)が現場から立ち去る姿を見たと証言を得る。しかし、河原崎は犯行時刻に公園にいたと主張し、そこで見掛けたという人物を何人も挙げる。その記憶が克明過ぎるのを逆にいぶかしく思った安積は、捜査を続けることに。
     *****

安積が、娘に頼まれて、買い物をしての帰路、サッカーボールが転がってきた。
道路に出たボールを追いかけた子供が車の前に立った。
とっさにその子を抱えて、歩道に戻った安積。
急ブレーキで、事なきを得たが、ドアが相開いて、確認するように男が降りてきた。
安積は、その男の顔を見た。
すぐに携帯が鳴った。
事件だ。
不動産会社の社長が、殺された。

娘との食事は、キャンセルで、署に飛んで行った安積。
容疑者はすぐに割れた。
被害者と深い関係にあった、金融業者の河原崎だった。
ドアから逃げていく後ろ姿を目撃されていた。
しかし、こいつが、したたかで、その時間は公園にいて、考え事をたくさんしていたと答え、アリバイとして、その時公園にいた人たちを克明に挙げていった。
その記憶力が、あまりに鮮明なので、帰って捜査員たちの疑いを呼んだ。

河原崎の周辺を探っていたら、気になることがと、村雨が報告した。

金融会社の社長に、半年前河原崎が、貸した相手に自殺されるなんて、とこっぴどく叱られていた。そこで、河原崎は、その死んだ男を調べ始めた。
そこまで聞いて、ハンチョウは、飛び出した。
所轄に行き、担当者に聞くと、たしかに、野上が死んだあとに、男が一人来て、親友だが、話を聞いて驚いた。本当かどうか知りたいと、遺留品も見て納得して帰った。
調べに来たのはこの男では、と河原崎の写真を見せると、そうですと答えが来た。
飛び込んだ踏切の近くの飲み屋のライターが遺留品として残っていた。
その店主に聞くと、「全部か?」と言いながら、当時離さなかったことまで話した。

その日は、初めに黒っぽいコートを着た男がかなり飲んでいた。
次に来た男も黒っぽい服装だった。
初めの男が、出て行くとき、手前にかけた上着ではないほうを取った。
そこまでは、聞かれなかったから、話さなかったと言った。

踏切で飛び込んだのはどっち?
水野に失踪者を洗わせると、山根健二が浮かんだ。
離婚した元妻から3日前に失踪届が出されていた。
念のため、安積は、店主に、この男が同じことを聞きに来なかったかと写真を見せた。
「ああ、きたよ。あんたたちと同じこと聞いた。同じこと答えた」それは河原崎だった。

ボールを追いかけた少年人姿を見せた男が、つけていたネームプレートには
『山根健二』とたしかあった。みやび食品と車のボディーンは書かれていた。
工場へ行くと、その男が、いた。

携帯の着芽炉が、♪・・古時計・・と鳴った。出ると安積だった。すぐ後ろにいた。
「あなたの本当の名前は、野上拓也」
「待ってください、離さなければいけない人がいる。夜の12時まで待ってくれ」

安積は、その通りにした。
周りは、わざわざ、罪に問われるように出頭してくるはずがないと言った。

違う人生を手に入れた男だから、出頭してくると安積は言った。

不思議な夜だった。気づくと野上のコートを着た男が、踏切で電車にひかれた。
ポケットには野上の遺書が入っていた。方や、山根のコートには、免許証と、鍵があった。
1日待った。母の「生きるのよ、拓也」という声がした。
山根の部屋に行くと、健康保険証もあり、運転免許の紛失届を出して、山根になった。

子持ちの彼女ができ、一緒に食事する幸せを時割っていたら、半年ほど前にドアがノックされた。開けると、河原崎がいた。
金は返さなくていいからと、アリバイ工作を交換条件に持ち出された。

河原崎が、自分の罪を認めた。新しい女に、洗いざらい話すと脅されたので、灰皿で強打した、と・・

神南署の玄関に、子連れの女が立っていた。
その女は「名前はどうでもいい、あなたを待っていると、美鈴と二人で待っていると伝えてください」ちょっと泣けました。
他人の人生を生きるのは終わりだ。これからは大切な人と人生を歩めと諭した。

佐々木蔵さんのひょうひょうとしたところがいいですね。
部下たちが、結構手厳しいけど、将来は、ハンチョウのような刑事になりたいと憧れているのもいいですね。

*****
今までの感想は、こちら

« 《ぼくの妹》#05 | トップページ | 《アタシんちの男子》#06 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/45060229

この記事へのトラックバック一覧です: 《ハンチョウ・神南署安積班》☆06:

« 《ぼくの妹》#05 | トップページ | 《アタシんちの男子》#06 »

最近の写真