無料ブログはココログ

« 《ハンチョウ・神南署安積班》☆06 | トップページ | 《白い春》★06 »

2009/05/20

《アタシんちの男子》#06

ママが恋人?!』(あらすじ)

珍しく姿を見せた風(要潤)は千里(堀北真希)の部屋を物色し始める。亡父・新造(草刈正雄)が隠した遺産を探しているという。勝手な振る舞いをなじる千里に、風は「新造は何人もの人生を台無しにしてきた大悪人。君は裏に隠された顔を知らない」と言い放つ。それを聞き、千里は事実を知りたくなる。
     *****

千里が、トリックハート城に戻り、5人に歓迎されているところへ、風来坊の風が、戻ってきた。一方的に、千里を、恋人にすると宣言。それも、いろいろ裏があって、本当は、新造の遺産を探す目的で千里の部屋を探したかった。それで、27人の女と別れるから、千里を彼女にして謝罪会見をさせていた。

すっかり謝るのが嫌になっていたころ、やっと風の思惑がわかってきた。
ネットカフェで皆に知らされた千里は、すっかり引きこもり。
智と,優は、そんな千里が心配でたまらない。

猛が、バイク便の社長に会うと、アタッシェケースを持っていることに感心して時間を指定をもう一度確認。しかし、早めに着いたところは政治家の家で、中身は、カツラだった。
探す猛。

響子が、千里たちが温泉を探すと聞いて、中身をダイナマイトにすり替えたのだ。

風の後をつけて千里の部屋に入った翔は、時計の音が狂っていることに目を付けて、
上を探すと鍵が見つかった。さらに、他のとけの裏側を探すと、小さな字が書かれたプレートが見つかった。皆で必死に解読するがわからない。千里が聞かれて、

愛・爺・得るなどと書かれたプレートを、英語のアルファベットに置き換えたら。と言って並べ替えると、”LIVING"になった。

リビングでは、猛が必死に探し物をしていたが、響子が戻し忘れたので、カツラをそっと放り投げて消えた。

風の婚約者の中にハードゲイがいたが、彼だけは城の中を迷ってさ迷い、やっとリビングに太dりついた。剣をぎらつかせて迫るゲイに、智は、マジックをかけた。
井上に、連れ出されていくゲイ。
猛が、暴れてゲイに投げられてぶつけた欄干の飾りが飛んで、そこから鍵穴が見えた。
鍵は、ぴたりとそこへ吸い込まれ、壁がギギギと動いた。

千里の携帯が鳴った。
父親からぜひ話したいことが、と言われ、ネットカフェに飛んでいくが、あの時、千里を城から遠ざけたかった時田の策略とわかった。飛んで戻ると、誰もリビングにはいなかった。
時tが、マフィンでお茶していた。ミラクルの2号機が、体内に入れていた義兄弟たちへの新造氏の言葉を見た彼らは、城から出たと時田は言った。

この城には他に何かありそうですね。響子が、ボーリングしていたのは、千里の田舎のオジサンだし、二人で意味深なこと言ってました。
時田も大とぼけで、彼らを城から遠ざける大好きですから。
さて千里は、新造氏の遺志をどう読み解いて、行動するのか?
だんだん面白くなってきました。養子義兄弟たちの個性が、際立ってきて、連帯感も出てきたし、後はそこに、実子だった風がどう絡むか。

*****
今までの感想は、こちら

« 《ハンチョウ・神南署安積班》☆06 | トップページ | 《白い春》★06 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/45069853

この記事へのトラックバック一覧です: 《アタシんちの男子》#06:

» アタシんちの男子 第6回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『ママが恋人?!』 [続きを読む]

« 《ハンチョウ・神南署安積班》☆06 | トップページ | 《白い春》★06 »

最近の写真