無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/31

《BOSS》☆07

女vs女の心理作戦』(あらすじ)

カメラマン・安田のでき死体が浴室で見つかる。風邪薬と酒を飲んだ形跡があり、警察は事故死と判断。だが、多くの芸能人のスクープ写真を撮影していた安田の死に、マスコミが騒ぎ出し、絵里子(天海祐希)らが再捜査することに。絵里子は安田の部屋にある写真をチェックし、ある期間だけ写真がないことに気付く。
     *****
実は早起きして描いた記事がまた消えました。ココログのテンプレートも関係するのかもしれませんね。かなりがっかりです。

パスしようかとも思いましたが、もう一度簡単に感想を書きます。

***
管理人が家賃の督促をしに入った部屋から、安田というカメラマンの死体が発見された。

野立が、絵里子に無断で、”イブニング ボイス”の出演を快諾されていた。
キャスターの高峰仁美は、同じ仕事に真剣な絵里子を見て、親近感を覚えていた。

続きを読む "《BOSS》☆07" »

2009/05/30

《アイシテル~海容~》#07

(あらすじ)

さつき(稲森いずみ)は再度、被害者の小沢家に手紙を書き、富田(田中美佐子)に託す。手紙を読んだ聖子(板谷由夏)は、心に変化が現れる。一方、やっと智也(嘉数一星)と面会ができたさつきは、感極まって何も話すことができないでいた。そんなさつきの姿を見た智也は、母親の愛情を感じ、富田にすべてを話すと告げる。
     *****

さつきは、家裁で、富田に会った。
自分が生きていくことの意味はなんだろうと思った。
智也が犯した罪を一緒に背負い、共に生きていくことだとそう思いました。
私たちにできることはご遺族の苦しみを思いつづけること。
それだけです。
そのために生きていくことを許していただきたくてこの手紙を書きました。
2通目の手紙を被害者の家族に渡してほしいと差し出した。

智也に面会した。
お母さんは大丈夫なの?お父さんから入院したと聞いたけど。

思いがけないやさしい言葉に泣きだすさつき。

続きを読む "《アイシテル~海容~》#07" »

2009/05/29

《臨場》★07

ユズリハの家作られた不自由な死』(あらすじ)

左足が不自由な老人・宮坂(西沢利明)が変死した。同居している娘の祥子(藤真利子)と直樹(中村育二)夫婦は、宮坂がかもいで首をつっていたのですぐ首から帯を外し布団に寝かせたと話す。だが、倉石(内野聖陽)は、首をつると真っ白になるはずの遺体の顔がうっ血しているのを不審に思い、殺人を疑う。
      ******

台東区、谷中、閑静な住宅街。
臨場要請。縊死による変死。

厄介なことは、鴨居から下がっていた死体を家族がおろして布団に寝かせたこと。
索条痕が首の高上。

顔面うっ血。
左右の眼瞼。眼球結膜に、溢血凡斑を伴った米粒大の溢血点多数。
左右の眼球混濁はなし。
口腔粘膜に多数の溢血。溢血斑を伴った米粒大の溢血点多数。
舌は上下歯部のわずか前方に溢血。

続きを読む "《臨場》★07" »

2009/05/28

《白い春》★07

名乗れない痛み』(あらすじ)

春男(阿部寛)はさち(大橋のぞみ)を育てた村上(遠藤憲一)の店で働き始める。実父と明かさない条件付きだが、近くに居られるだけで満足だった。ある日、村上らの外出中に、さちが体調不良で学校を早退し、春男が看病することに。さちの部屋で面倒を見ているうち、春男は父親だと名乗れないつらさに襲われる
     *****
むらかみベーカリーに就職した春男。栞には、とても幸せそうに見えて、つい意地悪をしてしまう。
仕事にもだんだん慣れてきたが、前と同じに接しようとするさちに、康史から、クギを刺されている春男は、近づけない。
そんなある日、職人の山中恵一が、配達途中に事故に合い、病院で右手を治療中と連絡が来た。佳奈子と康史が様子を見に出かけてしまった。そこへさちが赤い顔をしてふらふらと帰宅。学校で仲良し3人組のホームパーティで、盛り上がっていたが、頭痛と熱で早退してきたのだ。
熱と言われても、額を触れない春男。だが心配で心配で、さちにオジサンは上へ読んではいけないと言われたと聞いているが、心配が優先して、ついに2階に上がった。薬は?おかゆは?聞いても満足にできない春男だったが、さちのためなら、なんでもと言う意欲は買えます。

続きを読む "《白い春》★07" »

《アタシんちの男子》#07

急接近にドキッ!』(あらすじ)

亡父・新造(草刈正雄)が残した巻物を手掛かりに、子供たちはそれぞれ出生の秘密を調べ始める。風(要潤)は実子なのに養子とされた事情を探る。また、千里(堀北真希)は5歳のときに失跡したという明(岡山智樹)の母親捜しを。翔(向井理)や優(山本裕典)らも加わり、母親の関心を引くための仕掛けを考える。
     *****

僕が遺産だよというロボットの、おなかには、6人に対する個別の巻物が入っていた。
「つらい過去から逃げている君たちは負け犬だ」と、かなりアジっているロボットに触発されて、出て行った。時田が一人でお茶しながら、「これが社長の望まれていたことでした」

朝、機嫌良く、みそ汁を作って、リビングに行くと、猛と、翔が入ってきた。
明まで。

千里に腕相撲に負けた井上さんが、明にイケメンちびっこ大会を教えてやったが、旅に出た井上さんの代わりになった国土豊が、応募券を投函するのを忘れて、すっかり行き詰った。そこで、テレビに顔のきく優に頼んで、出場者枠をもう一人無理に作ってもらった。
のど自慢なのに、まったく歌わず、マジックの達者な智に教えられて、お母さんに会いたい明は、必死だった。それを知っている義兄たちも、母親に会わせようと頑張った。

続きを読む "《アタシんちの男子》#07" »

2009/05/27

《ハンチョウ・神南署安積班》☆07

鬼と呼ばれた家政婦…遺産を狙う老老介護』(あらすじ)

脳梗塞の後遺症で手足が不自由な菊乃(佐々木すみ江)が乗った車いすが坂道を走り降り、横転した。菊乃の娘・早苗(朝加真由美)は、神南署で、付き添っていた家政婦・はつ子(泉)のしわざであると主張。だが、はつ子は靴ひもを結び直している間に車いすが走りだしたと証言し、安積(佐々木蔵之介)ははつ子の身辺を探る。
      *****

リハビリの帰りでした。坂の上で私の靴の紐が緩んだので、
座って結びなおして、その時車椅子が、急に坂の下を。
安積班に、菊乃の娘が家政婦。熊谷はつ子が、わざと押した。
殺人未遂だと訴えてきた。
班では朝から村雨がどうもおかしい。
一緒に行動している桜井に皆が迫った。
村雨の親が、具合悪くて、奥さんが、北海道へ行った。
娘の花はこちらへおいて言ったので、面倒を村雨が見ていた。
皆で村雨を定時に帰そうとするが、熱心な彼はすぐ仕事をしてしまう。

続きを読む "《ハンチョウ・神南署安積班》☆07" »

2009/05/25

《ぼくの妹》#06

だめんず好き』(あらすじ)

容態が急変した櫻井(大滝秀治)は、緊急手術で一命を取り留めるが、本名は九鬼で、研次(千原ジュニア)の実父だと判明する。盟(オダギリジョー)は、研次に知らせようとするが、連絡がつかない。櫻井は盟に、所有する花畑を売り、金を研次に渡してほしいと頼む。盟は不動産を駆け回るが、売値は研次の借金に及ばなかった。
     *****

九鬼老人は、入院して翌日に重い腸閉そくの手術を受けて、とりあえずの危機は脱した。
気付いた櫻井@九鬼は、あの九鬼を捨てた父親だと正式に名乗って、あの花畑を生きてるうちに売ってくれと盟に頼んだ。
実際、不動産屋を回ってみるが、借金をチャラにできるほどには売れない土地だった。
せいぜい200万から、250万。だが、九鬼老人に会うと、高く売れると言ってしまう、優柔不断さがあった。

理事長から、呼ばれて、京央製薬の孫を自宅まで行って往診すれば、ほしいものが手に入るとそそのかした。花畑を900万で買ってほしいと言うと、明日、診察の前に行ってみようと言われた。

颯は、300万の元手を3倍にする方法を愛人の弁護士が聞いて、競馬場に言ったが、それを増やすことができなかった。そりゃ0か900万ですから賭けられませんよね。その挙動不審ぶりを盟に報告するが、同情かららしからかかわらないでと盟に言われてしまう。

続きを読む "《ぼくの妹》#06" »

2009/05/24

《MR.BRAIN》#01

史上空前の脳科学ミステリー始動!!変人脳科学者VS連続テロ魔!!脳を使い瞬間移動!?』(あらすじ)

科警研の脳科学主任研究員・九十九(つくも・木村拓哉)が難事件を追う。国の高官二人が殺され、現場には血で書かれた図形が残されていた。殺された一人の自宅金庫に付いていた指紋は、暴行罪で拘置所にいる土田(志賀廣太郎)の物と一致。九十九は、自由に壁抜けできるとうそぶいた土田に興味を抱き、会いに向かう。
      ******

<<人間の脳。

重さわずか1400g

容積1400ccの中に500億の神経細胞が詰め込まれ

1秒間に2兆回の電気パルスが行き交っている

だがほとんどの人間は、

その脳のわずか5%しか使っていないといわれている。

まだまだ未知の器官である>>

続きを読む "《MR.BRAIN》#01" »

《スマイル》★06

僕が社長の無念を晴らす!!』(あらすじ)

汚名を着せられたまま自殺した 宗助 (前田吟)の死を通して、以前にも増して結束を深めた町村フーズの面々。
相変わらずのマスコミからの心無い報道に胸を痛めながらも 一馬 (中井貴一)の励ましにより、宗助の名誉挽回のために奔走する ビト (松本潤) や 花 (新垣結衣)。
さらに、二人はお互いの存在を意識し、二人で支えあう決意をする。
そんな中、一馬らが、ついに町村フーズの潔白を裏付ける証言者たちの説得に成功。ビトと花も、元従業員・美奈子 (村上知子) の説得に成功し、テレビで証言が放送され、町村フーズに問題がなかったことが証明される。
     *****

町村宗助のお通夜。
会場にもずっとカメラとレポーターが張り付いていた。
融資しなかった銀行は、担当者だけ焼香に来た。ビトたちの怒りがぶつかる。

ビトはどうしたら、社長の汚名がそそげるのだろうと考えた。
週刊誌に無いことをしゃべった美奈子をまず捕まえて、話をさせようとした。

続きを読む "《スマイル》★06" »

2009/05/23

《BOSS》☆06

天使?悪魔?天才少女の罠』(あらすじ)

大澤絵里子(天海祐希)は、英明女子学院の教師殺害事件を担当する。死亡したのは体育教師・増岡剛(松田悟志)で、頭部に打撃を受けていた。
現場に凶器など一切の遺留品がないのを見た絵里子は、犯人は頭がキレ、几帳面で粘着質な性格だと推測。対策室の木元真実(戸田恵梨香)、山村啓輔(温水洋一)、片桐琢磨(玉山鉄二)、花形一平(溝端淳平)、岩井善治(ケンドーコバヤシ)らに捜査の指示を出すと、英明女子学院へ向かう。
学校の入り口で女子高生・石原由貴(志田未来)と会った絵里子は、自分を瞬時に刑事だと見抜いた由貴が気にかかる。そんな中、かつて増岡と交際していたという由貴に、絵里子は事件当夜の行動を尋ねる。由貴は塾の自習室にいたと言うが、アリバイは証明されない

     ******
今回の現場では、犯人に結ぶ遺留品はなく、被害者のものも含め指紋はすべて拭き取られていた。しかも、酵素入りの漂白剤が撒かれてた。
おそらく犯人は、自分の痕跡を消そうとした。汗とか、唾液とか。
金目のものに手をつけられた形跡がないため、物取りの可能性は低い。
でもこれだけ、徹底的に痕跡を消したとなると…おそらくホシは、被害者に近い人間。
プラス、相当頭の切れる人物。

木元と私はまず現場へ。岩井と山村さんは、現場周辺の聞き込み。片桐と花形は、学校へ、私もすぐに行く。

続きを読む "《BOSS》☆06" »

《アイシテル~海容~》#06

(あらすじ)

さつき(稲森いずみ)は、清貴(佐藤詩音)の姉・美帆子(川島海荷)に責められ傷つくが、美帆子はさつきを責めたことを後悔する。そんな中、妹・彩乃(田畑智子)の決まりかけていた結婚が相手の両親の反対で破綻。彩乃はさつきにきつい言葉を浴びせる。一方、小沢家は納骨を済ませ、気持ちを切り替えようとする。
     *****

美帆子に償いのために死んだらと言われて、川面に吸い込まれそうになったさつき。そこへサッカーボールが転がってきて、我に返った。

歩き始めると母からの携帯が鳴った。綾乃から連絡がないかと言われたが、ただならぬ感じで、すぐに実家へ帰った。
母は隠していたが、綾乃の縁談が智也の事件で、破談になった。話を聞いてすぐに探しに出た。いつも困ったときに行く神社に綾乃はいた。
かっこ悪いよね。彼氏を見る目があると大見え切った手前、綾乃も心中穏やかではなかった。さつきが話すからと彼氏に昂わせてと言っても、そんなきれいごと並べて、どうもなんないものは、どうにもなんないのよ!と、怒りをぶつける激しい言葉を浴びせた。

続きを読む "《アイシテル~海容~》#06" »

2009/05/22

《臨場》★06

罪つくり』(あらすじ)

売春と昏睡強盗で逮捕歴のある女性の変死体が、ホテルで発見された。毒物反応も外傷もなく捜査で病死と判断されるが、倉石(内野聖陽)は遺体の肩などに小さな赤いあとを見つけ、殺人と断定する。そんな中、留美(松下由樹)は知り合いの女性・素子(あめくみちこ)から、夫が心臓発作で亡くなったと聞かされる。
     ******

検視解剖を頼んで、待つ間に心臓発作を起こした男が運ばれてきた。
キーホルダーを落としたので、小坂留美が、それを拾い、渡した。その患者は、以前小坂が心臓マッサージをして助けたことがある桐岡だった。
解剖では、覚悟の自殺と倉石の見立てと同じだった。

すぐに臨場の要請が、新宿歌舞伎町からあった。
所轄は、病死と断定したがった。
南方にベッド。西窓側ベッド上に着衣をまとった女性死体。
頭部を南方にし、下肢、やや北東の方向。仰向け。
右下腿部は、ベッドから外れ、床へ向かう。
「受話器が外れていた時間は?」
「夜9時6分から死体が発見された10時14分までと」

続きを読む "《臨場》★06" »

2009/05/21

《白い春》★06

運命の絆第二章』(あらすじ)

刑務所帰りという経歴が災いし、春男(阿部寛)はなかなか仕事が見つからない。そんな中、さち(大橋のぞみ)の育ての親・村上(遠藤憲一)の店で従業員を募集していることを知る。村上は、面接に現れた春男に驚くが、春男が付け入るすきがないくらいの、さちとの立派な親子関係を見せつけようと採用を決める。
           ******

春男の就職は、懲役を食っている身には厳しかった。年齢制限は35歳。
人生90年になろうとしているのに、人手がほしいところはたくさんあるのに、枠があるんですね。働きたい前期高齢者がたくさんいるはずなんですけどね。
やっとありついたのは、工事現場のガードマン。しかし連れてこられた現場は、むらかみベーカリーからすぐだった。佳奈子が、さちを連れて買い物から帰ると、交通整理をするのっぽを見つけた。さちに見られないように横道にそれた。帰宅して康史に話すと、早速春男に会いに行った。春男は、それじゃパン屋は、儲かるのかと言った。親子が食べていけるといった。
春男にはカチンときた。

続きを読む "《白い春》★06" »

2009/05/20

《アタシんちの男子》#06

ママが恋人?!』(あらすじ)

珍しく姿を見せた風(要潤)は千里(堀北真希)の部屋を物色し始める。亡父・新造(草刈正雄)が隠した遺産を探しているという。勝手な振る舞いをなじる千里に、風は「新造は何人もの人生を台無しにしてきた大悪人。君は裏に隠された顔を知らない」と言い放つ。それを聞き、千里は事実を知りたくなる。
     *****

千里が、トリックハート城に戻り、5人に歓迎されているところへ、風来坊の風が、戻ってきた。一方的に、千里を、恋人にすると宣言。それも、いろいろ裏があって、本当は、新造の遺産を探す目的で千里の部屋を探したかった。それで、27人の女と別れるから、千里を彼女にして謝罪会見をさせていた。

すっかり謝るのが嫌になっていたころ、やっと風の思惑がわかってきた。
ネットカフェで皆に知らされた千里は、すっかり引きこもり。
智と,優は、そんな千里が心配でたまらない。

続きを読む "《アタシんちの男子》#06" »

2009/05/19

《ハンチョウ・神南署安積班》☆06

存在しない男を愛した女…3650円の人生』(あらすじ)

不動産会社の女社長が事務所で殺された。出動した安積(佐々木蔵之介)らは、金融業者の河原崎(由地慶伍)が現場から立ち去る姿を見たと証言を得る。しかし、河原崎は犯行時刻に公園にいたと主張し、そこで見掛けたという人物を何人も挙げる。その記憶が克明過ぎるのを逆にいぶかしく思った安積は、捜査を続けることに。
     *****

安積が、娘に頼まれて、買い物をしての帰路、サッカーボールが転がってきた。
道路に出たボールを追いかけた子供が車の前に立った。
とっさにその子を抱えて、歩道に戻った安積。
急ブレーキで、事なきを得たが、ドアが相開いて、確認するように男が降りてきた。
安積は、その男の顔を見た。
すぐに携帯が鳴った。
事件だ。
不動産会社の社長が、殺された。

続きを読む "《ハンチョウ・神南署安積班》☆06" »

2009/05/18

《ぼくの妹》#05

鬼に恋した妹』(あらすじ)

里子(ともさかりえ)を突き落とすのを見たという九鬼(千原ジュニア)の証言で、盟(オダギリジョー)は警察に事情聴取される。そのころ颯(長澤まさみ)は九鬼に、里子と最後に会ったのは自分だと告白。里子は風で飛んだスカーフを取ろうとして転落したと告げる。だが九鬼は、死なせたのは同じで、一生かけて償えとすごむ。
     *****
事情聴取に4時間も取られ、九鬼の目撃証言で、警察に散々取り調べを受けた盟。

九鬼に振り回されている自分に腹を立てながら、やっと解放されて、外に出ると、理事長の娘、春奈が車で待っていた。古い友人相沢が、右肺腺癌で、オペのはずが、塚本が、風邪で体調不良だった。代わりにぜひオペをしてほしいと連れてこられた。

前回の失敗があるので、ビビった盟だったが、乗りに乗って、鼻歌交じりで、ベートーベンの交響曲田園をハミングしていた。これは乗っている時に出る盟の癖だ。

続きを読む "《ぼくの妹》#05" »

2009/05/17

《ゴッドハンド輝》★06

『工場爆発!!病院経営者の悲惨な過去!病院崩壊を前に輝が決死のオペに挑む』(あらすじ)

安田(渡部篤郎)とケビン(マイケル富岡)の話し合いは物別れに終わり、安田は病院を去る決意をする。そんな中、KZ病院(ケージーホスピタル)に転院した患者・寺尾に電話で呼び出された輝(平岡祐太)は寺尾の危機を救う。さらに輝は、清掃スタッフが病院に連れてきていた5歳の子供を、KZ病院内の浴槽で発見。懸命に救急処置を施す
     *****
足りないスタッフの中、必死に手術して、頑張る輝。
四瑛会の四宮梢は、自分が、ヴァルハラにいることはまずいと辞表を提出。安田は、自分が戻れば、兄や父が考え直してくれると思ってんのかと言った。
さらに、お前の力が必要だったから、採用したと言って辞表を破った。
輝が飛び込んできて、辞めるな、ここにいろと叫んでいた。

四宮梢の兄蓮は、2歳のとき心臓手術を受けていた。執刀は、真東広介。傷跡も残っていなかった。だから、真東輝にも絶対天運はあると、買収したがった。

あと三億あれば、ヴァルハラも残れるのにと思い悩むがどうにもできない輝。そこへKZ病院へ移った寺尾から電話がかかった。
駆けつけると、酸素吸入されて、さらに苦しげな寺尾がいた。

続きを読む "《ゴッドハンド輝》★06" »

2009/05/16

《スマイル》★05

『誕生日にもらった一生の宝物』(あらすじ)

ビト(松本潤)の人生を狂わせた張本人・林(小栗旬)が出所した。かつて対立していた不良グループのリーダー・甲斐(松田悟志)への復讐をたくらむ林は、ビトを再び悪の道に引きずり込もうとする。一方、一馬(中井貴一)は、大企業・帝国食品から、集団食中毒事件の犯人に仕立て上げられた町村フーズを救おうと奔走。しかし、社長の町村(前田吟)を中傷する捏造記事が週刊誌に載り、町村フーズの協力者がいなくなってしまう。
     *****
ぱったり出会ったのが、この世で会いたくない、林だった。
居丈高で、また自分の手足として使うために、ビトを離そうとしなかった。
一馬が無理矢理ビトを引っ張ってきた。

帝国食品の汚染米の調査は、なかなか困難だった。
毎日出かけ、話をして、皆が町村フーズと手を切らないと言ってくれていた。
しかしその足を引っ張る様に、暴露記事が出た。

続きを読む "《スマイル》★05" »

2009/05/15

《BOSS》☆05

悲しみの復讐者・後編』(あらすじ)

絵里子(天海祐希)らは映像から割り出した監禁場所へ向かうが、“5”と表示されたパソコンだけが残され、真実(戸田恵梨香)は見つからない。犯人は別の場所で監禁している真実の映像をネットで配信し、警察に5億円を要求する。絵里子は、配信されている映像から、犯人が真実を窒息死させようとしていることに気付く。
     *****

やっと到着したビルでは、水の中に人形が”5”の数字を付けて、浮いていた。
木本が、鎖に繋がれた場面をネットに公開してあった。電話が鳴りっぱなしだった。
丹波から木元が拉致されたことで、絵里子は、辞表を用意しとけと言われた。
だが、犯人から、大沢を窓口にすると指名された。
5億用意しろと言われた。

次に電話がかかってきたときには、5億から1億に値切った。
浅草寺に身代金を持って来いと言って、それは小野田班が受け持った。
ジュラルミンの大きなケースに入れた札束を持ってうろうろしていると、植木の下のほうに、カメラが仕込まれていた。画像が変わって、パソコンの下のほうに、テロップが流れ、皆さん、1億円持っている男です。皆さんで分けてください。

続きを読む "《BOSS》☆05" »

2009/05/14

《アイシテル~海容~》#05

意外な真相…息子の秘密』(あらすじ)

事件現場に花を供えているさつき(稲森いずみ)の姿を偶然見てしまった美帆子(川島海荷)は、秀昭(佐野史郎)と聖子(板谷由夏)にそのことを話そうとするが、事件のことから立ち直ろうとしている二人を思い、なかなか言い出せずにいた。そして家族の再生を願う美帆子は、花や供え物でいっぱいの事件現場を元の状態に戻そうと提案し、秀昭もその提案を受け入れる。しかし、供え物の中にさつきが手向けた花があることを知った聖子は、複雑な気持ちになる。
     *****

花束を持って、現場で祈っての帰り道、美帆子が、さつきとすれ違った。
言葉がそこまで出かかって、かろうじて飲み込んだ。
帰宅すると、聖子が、キヨタンの大きめの靴を抱きしめて泣いていた。

和彦が、辞表を書いていた。
小沢家から戻された手紙。
逆の立場だったら同じことしていたと話す二人。
償いは、扉を叩き続けることだ。
だから、立ち止まってはいられにんだ
。」
富田からの言葉。だから今やれる事をやるしかないと、さつきは言った。

続きを読む "《アイシテル~海容~》#05" »

《臨場》★05

Mの殺人』(あらすじ)

元アイドル、かおり(小島可奈子)の遺体が自宅マンション裏で発見された。一見、自室のベランダから飛び降りた自殺のように見えるが、倉石(内野聖陽)は唇周辺の焼けただれたような痕からクロロホルムを使用しての殺人事件であると断定。捜査一課の立原(高嶋政伸)は捜査本部を設置し捜査に乗り出す。
     *****
5月9日 午後3時4分。
ワイドショーでは、元サッカー選手の松川が、婚約したと報じた。
マンションの裏で、十条かおりの死体が発見された。
基地ビル周辺にやけどアリ。左上腕、ろっ骨に骨折アリ。
シャツの袖口がにシミ。勉強堂に見せると、コーヒーのシミだった。
かおりはコーヒーは飲まない。
背中のほうに花粉の痕。ユリの花だった。

この二つのシミが意味するものは?

続きを読む "《臨場》★05" »

《白い春》★05

『本当の父親』(あらすじ)

追い出されるように「むらかみベーカリー」から戻った春男(阿部寛)は、さち(大橋のぞみ)が封筒に入れたと話す真理子(紺野まひる)の写真を探す。その写真を見て、春男とさちが親子であることに気付いた西田栞(吉高由里子)は、自分のポケットに写真を隠す。一方、さちは春男を乱暴に追い返した康史(遠藤憲一)に腹を立て、そっけない態度をとるようになる。康史と佳奈子(白石美帆)は、さちの誕生日が入った写真が、春男に渡ったことで、さちが春男の子供だと気づかれるのかもしれないと不安を隠せないでいた。 
     *****

康史に、追い出される春雄に、「写真大事にしてね、封筒に入れたの」と、声をかけたさち。それを聞いて、真っ先に封筒を探すが、写真はどこかへ落ちたらしく、見つからない。
外まで出て探していたが、帰ってきた栞の荷物の内側に引っ掛かっていた。
00年、12月28日。どう考えても、村上とは結びつかない日付だ。
他人の「ひみつ」を知ってしまった栞は、そっとポケットにその写真を忍ばせた。
しかし、ハンカチを出したとき写真も一緒に落ちた。日付を隠して飾らせたが、翌日春雄にはわかってしまった。すぐに電話で康史を呼び出した。

さちは俺の子だ。と、康史をぶん殴った。しかし彼も黙ってはいない。あのままだとさちは、施設行きだった。面倒を見ると言って真理子を安心させたと言い、春雄は人殺しだ。その手は汚れているといった。そんな手でさちに触れてほしくないときっぱり言われた。

続きを読む "《白い春》★05" »

2009/05/13

《アタシんちの男子 》#05

長男とキス?!』(あらすじ)
トリックハート城を追い出された千里(堀北真希)は、ホームレス生活に戻る。大蔵家の長男・風(要潤)が、これまでの千里の行動はすべてお金のためだ、と次男の猛(岡田義徳)や四男の優(山本裕典)たちにばらしてしまったからだった。千里は、風の言葉を否定しなかった。そんな千里に、五男の智(瀬戸康史)や六男の明(岡山智樹)もショックを受けていた。三男の翔(向井理)だけは、千里の言い分も聞くべきではないか、と主張したが、猛は、翔の言葉に耳を貸そうとはしなかった。
     *****

一番千里と接していなかった風が、なぜかトリックハート城に来て、千里が、金目当てで、ここにいると、暴露して、猛に出て行けと言われた。周りのみんなのショックは大きかった。
翔は、一人、千里を弁護するが、誰も聞かない。

町に戻った千里は、キャバクラのフロアレディーの高給に応募しようとして、豊たち古巣のインターネットカフェの人たちに、阻止された。

続きを読む "《アタシんちの男子 》#05" »

2009/05/12

《ハンチョウ・神南署安積班》☆05

私、夫を殺しました…DV妻空白の5分間』(あらすじ)

若者に殴られて警察に保護された勝江(岸本加世子)が、夫を殺したと供述。安積(佐々木蔵之介)らが勝江に同行すると、飲食店を経営する勝江の夫・瀬川(谷本一)が刺殺されていた。勝江の靴に付着した血痕は瀬川と同じ血液型だったが、勝江の供述はあいまいなまま。安積は勝江を一時帰宅させ、様子を見ることに
     *****
弁当を買いに行った黒木らが、帰り道目撃したのは、通りすがりの男が、女を突然、下げていた袋で殴った。メガネが飛んで壊れ、道路上に倒れこんだ女性。二人は走った。
暴行の現行犯で、拘束。
被害届を出してくださいと水谷に促されたが、出さないと言い、さらに、夫を殺したと供述した。

続きを読む "《ハンチョウ・神南署安積班》☆05" »

2009/05/11

《ぼくの妹》#04

真実の告白…』(あらすじ)

盟(オダギリジョー)の勤める病院に、里子(ともさかりえ)の転落死を調べる刑事が訪ねてきた。動揺した盟は、手術でミスをしてしまう。上司に休暇を勧められ、自分を殺人犯だと言う九鬼(千原ジュニア)の本心を知ろうと行方を捜す。里子の部屋を訪ねた盟は、櫻井(大滝秀治)に、九鬼が来ていそうだという花畑に案内される。
     *****

刑事が、もう一度、里子の件で聞きたいと病院へ来た。その日の手術をミスして、嫌味な上司塚原に言われなくていいことを言われ、さらに長期の休暇をとって、また辞めろの攻勢が始まった。

帰宅しても、颯との話がかみ合わず、手術ミスをしたこと、明日は仕事を休むから、朝食はいらないと言われた。

続きを読む "《ぼくの妹》#04" »

2009/05/10

《魔女裁判》#03

裁判員の娘を誘拐…私は…無罪…危険な宅配便』(あらすじ)

無罪を勝ち取ろうとする被告側の、裁判員に対する切り崩し工作が続く。主婦のいずみ(加藤あい)は娘を引き合いに脅され、無罪を表明。有罪派は数人に。そんな中、徹(生田斗真)の恋人の新聞記者・香織(比嘉愛未)が、殺人容疑がかかる鏡子(石田ゆり子)に言われるまま、被告有利な記事を報道。有罪派の徹はがくぜんとする
     *****
先週、間違って消してしまって、見ていないのですが、それにしてもあまり話が進んでいませんね。

子供が誘拐と思って、必死に探すホワイト@徹。しかし、着信音が目に前でして、女の子が携帯を持っていた。落し物だと言ったが、持っていたのは、被告鏡子の娘柏木遥だった。
受け取った携帯が鳴った。黒幕黒川からだった。

続きを読む "《魔女裁判》#03" »

《ゴッドハンド輝》★05

ヴァルハラ崩壊・・消え行く夢 』(あらすじ)

輝(テル・平岡祐太)は、道端でうずくまる老人を発見。近くのKZ病院(ケージーホスピタル)に向かうが、会員制病院のため診断を断られる。容体が急変した老人を安田病院に移送し緊急手術を行う。一方、KZ病院の理事長・ケビン(マイケル富岡)と院長・安田(渡部篤郎)は留学中の顔見知りで、安田はあるいきさつからケビンに敵視されていたとわかる
     *****
寝坊した輝が、急いで自転車をこいでいると、道路の横であえいでいる老人と遭遇。
当人は、風邪だから、最高の医者に診てもらうんだと言って、目の前の胃キンキラキンのKZ(ケイジー)病院へ入って行った。
木になった輝は、あとをついてはいると、まるでホテルのロビーみたいな豪華さだった。

続きを読む "《ゴッドハンド輝》★05" »

《スマイル》★04

僕が彼女を守る!!』(あらすじ)

ビト(松本潤)の勤める食品加工会社に食中毒事件の強制捜査が入り、マスコミが押し掛ける。ビトは花(新垣結衣)と被害に遭った少女が入院する病院に再び見舞いに訪れるが、少女の母親から追い返されてしまう。一馬(中井貴一)は、毒物混入疑惑のあるもち米の仕入れ先である食品会社についてビトらと調査を始める
     *****
食中毒 騒ぎが広がり、戻った病院で、おはぎを食べた里菜が急変し、また処置室へ戻った。追いかけるビト。途中で花が倒れた。
おはぎをつまんだ花も、食中毒を起こしていた。
里菜の様子が心配なビトは、母親を見つけたが、烈火の如く怒られた。もう二度と近づくなと。
花が、点滴が終わり、気分が良くなり、病院を出ると、そこに、相模がいた。ビトは親しげに話す二人から離れていると、花が紹介した。区役所の福祉課勤務の人だったが、駆り出されて、町村フーズの食中毒の件を調べていた。

続きを読む "《スマイル》★04" »

《BOSS》☆04

悲しみの復讐者』(あらすじ)

絵里子(天海祐希)らは、特別犯罪対策室のPRのため、防犯イベントで劇をすることに。だが、真実(戸田恵梨香)が途中で放棄し、絵里子は激怒。翌日、真実から出社拒否のメールが届く。そんな中、拳銃による連続殺人事件が発生。絵里子は現場に残されたメッセージから、怨恨による殺人でまた事件が起こると考える
     *****
防犯活動の一環として、絵里子の班に、お鉢が回ってきた。

万一失敗しても、全員でフォローするからとボスは、木元にお守りまで渡したが、案の定、違う筋書きになってコントはめちゃくちゃ。
おまけに木元が、途中で、逃げ出したので、フォローどころではなくなった。

野立が、最近ピリッとしたところがなくって、せっかくの竹野内さまなのに、どうも嫌な男の部類に入ってしまいます。

続きを読む "《BOSS》☆04" »

2009/05/08

《アイシテル~海容~》#04

被害者家族への手紙』(あらすじ)

さつき(稲森いずみ)は富田(田中美佐子)から、智也(嘉数一星)が清貴(佐藤詩音)にトイレを貸すために自宅に呼んだと聞き、その優しさに救われる。そんな中、智也は清貴に“父親とキャッチボールをしないのは変だ”と言われたことにムカついたと話す。それを聞いたさつきと和彦(山本)は、智也の真意を考え始める。
    ****

富田が、智也が話し始めたと、さつきは知らされた。
それを隣席で聞いていたのは、キヨタンの姉美帆子だった。加害者の親が、笑っている!胸が張り裂けそうだった。
さつきは、智也が、優しさで、キヨタンに声をかけ、家のトイレを貸したことを知り、わけがわからないままでも、まず優しさを教えられて、少しほっとしたのだ。

美帆子は、孤独だった。
土手で、考えていると、パパが買い物の帰りに、声をかけた。
美帆子は、もう思い出すまいと言ったパパが、どうしてもぐるぐるまわりでキヨタンを思い出していた。今日、見たさつきのことは、口から出かかって、やめた。
おまえは強いなぁ、とパパは言った。

続きを読む "《アイシテル~海容~》#04" »

2009/05/07

《臨場》★04

眼前の密室』(あらすじ)

刑事課長・大信田(石田圭祐)の妻・加奈子(原久美子)が、自宅で殺された。その夜は、新聞記者の愛(金子さやか)がネタを聞き出そうと、大信田の帰りを家の前で見張っていた。愛は、犯行時刻には誰も家を訪れておらず、密室状態だったと証言する。倉石(内野聖陽)は、遺体の髪に巻かれたカーラーをヒントに真犯人に迫る。
     *****

工務店の店主が殺害された。
検視官心得の一ノ瀬が、見立てた。
次、背面。
背部に顕著な証跡なし。
死斑は、右半身に集中。
顔面のうっ血が強い。
扼痕がわずかに認められますし、わずかに耳から出血。
扼殺と考えて矛盾がありません。
扼痕野角度から見て犯人は、力の強い男でしょうね。

続きを読む "《臨場》★04" »

2009/05/06

《白い春》★04

本当の父親』(あらすじ)

春男(阿部寛)はさち(大橋のぞみ)がパン職人・村上(遠藤憲一)と亡き恋人・真理子(紺野まひる)の間にできた子と分かり、沈痛な日々を過ごす。ある日、真理子の墓参りをした春男は、名前が旧姓のまま刻まれているのを不審に思う。また、墓地で真理子の妹・佳奈子(白石美帆)と会い、真理子らは結婚していないと知る。
     ******

さちの母親が、真理子だと知りかなり動揺した春男。不器用な彼は、それをどう表現していいかわからない。

むらかみべーかりーでも、さちが「わたしのおとうさん」と言う題で作文を書いて花丸をもらった。読んでもらって泣く康史。
阿倍ちゃんと遠藤さん、いつもならコワモテの、いるだけで、ピリリと場面がしまる人たちですが今回は、ずいぶん印象が違います。娘の成長にうれしいこと言われると、うれし泣きしたり・・・

続きを読む "《白い春》★04" »

《アタシんちの男子》#04

ラブな誘拐大作戦』(あらすじ)

翔(向井理)の息子・力(丸山歩夢)が行方不明に。程なく脅迫電話があり、その声から千里(堀北真希)は明(岡山智樹)の仕業と推理、力の居所を突き止める。力は父・翔と離婚した母・咲(浅見れいな)を仲直りさせたくて、明に誘拐を頼んだと言う。千里は力の思いに応えてやろうと、狂言誘拐に手を貸す。
     *****

力が、誘拐されても、要求は、必ず元夫婦で協力し合わないければならないことばかり。

おまけに首謀者が、力で、その協力者がだんだん増えて行った。
地下室の幽霊が出ると言われていた部屋から、おかしな声がするので、猛が覗くと、力を囲んで、優、智、明がいた。結局騒ぎ屋の猛も加わった。
脅迫電話の声から力だと見破った千里も、変装して翔の後をつけていた。だんだん大胆になり、VTRを撮りながら移動していた。

続きを読む "《アタシんちの男子》#04" »

2009/05/05

《ハンチョウ・神南署安積班》☆04

通り魔に襲われた女』(あらすじ)

女性を狙った連続通り魔事件が発生。被害者の一人・ゆかり(三浦理恵子)は、犯人のブランド物の靴を目撃していた。続いて被害に遭った美和(西尾まり)は、ゆかりが以前勤めていた靴メーカーのデザイン部長だった。捜査を担当した安積(佐々木蔵之介)らは、二人が部長の座をめぐる争いをしていたことを突き止める。
     *****
神南署管内で、連続通り魔が発生した。
初めに襲われたゆかりは、犯人の顔は見たが、黒いパ-カーをかぶり黒いサングラスをし、マスクをしていたと答えた。後は、白にオレンジのラインが二本入ったスニーカー、ジョーンズを履いていた。

続きを読む "《ハンチョウ・神南署安積班》☆04" »

2009/05/04

《ぼくの妹》#03

兄を守るウソ』(あらすじ)

盟(オダギリ ジョー)の上司・塚本(佐戸井けん太)の元に、里子(ともさかりえ)を殺した犯人は盟だという電話が入る。電話をかけたのが、里子の恋人・九鬼(千原ジュニア)と知った盟は、誤解を解こうと九鬼を捜すが見つからない。そんな中、夜中に出掛ける颯(長澤まさみ)の後を付けた盟は、颯が九鬼と会っている現場を目撃する。
      *****
<妹が僕の部屋に転がり込んできたのはおとといのことだ。>(盟)

殊勝にも、瀬川弁護士と別れようと思うが、毎日アパートに来て、ドアノックするし、仕事場にも来るし、私、顔見ると辛いし、だから、しばらくここへ置いてもらえないかなぁ。>

瀬川との不倫関係を清算するのは、兄としては、大歓迎だが、おかげで、ライフスタイルは、ずいぶん乱された。洗面所に脱いだ下着が順に落ちていたりで・・・

続きを読む "《ぼくの妹》#03" »

2009/05/03

《ゴッドハンド輝》☆04

母と子の命を救え!前代未聞の難手術に挑むもう1人のゴッドハンド!!』(あらすじ)

輝(平岡祐太)は、商店街で会った5歳の海斗(かいと・伊澤柾樹)のおなかにあったアザから内臓破裂を疑う。緊急手術により海斗は一命を取り留めるが、今度は妊娠中の海斗の母・聡子(渋谷琴乃)が倒れてしまう。しかも、胎児の心臓に問題があり、出産まで生きられないと分かる。輝は胎児のままでの心臓手術を提案する。
     *****

じゃんけんで負けた輝は、商店街のお弁当屋で皆の分を買って帰る途中、寝転がっておなかが痛いと駄々をこねる子供と遭遇した。普通じゃない痛がり方に、弁当そっちのけで、医者と名乗り、触診をすると、腹部にアザが、ありどうも内臓破裂のようだ。急いで病院へ連れ帰ると、緊急オペが始まった。
脾臓破裂と腸間膜に血腫があった。

続きを読む "《ゴッドハンド輝》☆04" »

《スマイル》★03

(あらすじ)

ビト (松本潤)が働く 「町村フーズ」 の納品先、上原東小学校で食中毒騒ぎが起きた。ビトが給食用の赤飯を納品した直後のことだ。

街頭ビジョンで、顔見知りの小学生・里菜 (寺本純菜) が救急隊員に運ばれる様子を見たビトと 花 (新垣結衣) は、慌てて小学校へと向かうが、野次馬でごった返した現場は立ち入り禁止。さらに、テレビ局のレポーターやマスコミが興奮するのを見た花は立ちくらみがして、しゃがみこんでしまう。

その頃、一馬 (中井貴一)と しおり (小池栄子)はテレビ局にいた。一馬がこの事件のコメンテーターとして、番組に呼ばれたのだ。念願のテレビ出演に張り切る一馬だが、いざ本番が始まるとガチガチに緊張して声が出なくなってしまう。ピンチヒッターのしおりは一馬と打って変わって堂々としたもの。一躍 “美人弁護士” として有名人に。
     :*****

小学校の食中毒騒ぎで、、テレビの画面に映し出されたのが、ビトになついていた、里菜だった。
走るビト。しかし、騒ぎが大きくて、やっとたどり着いた病院では、母親に、ビトの容貌から、面会拒否され、挙句に、もう近付くなと変質者扱いされた。
花束を持って行っても、拒否され、がっかりして帰ってきた。

続きを読む "《スマイル》★03" »

2009/05/02

《ゴーストフレンズ》☆05

必勝! 恋のデッサン講座』(あらすじ)

明日香(福田沙紀)は美術大学の受験を決意したが、予備校に通う多くの受験生たちの描く絵と自分のものを見比べると、合格できる自信はまったく持てない。ある日、父・孝太郎(モト冬樹)がひらく料理教室で、明日香はゴースト・幸平(マギー)を発見する。幸平は、教室の生徒のひとりである昌子(桃生亜希子)の幼馴染だったが、自分が死去したのち、同じ幼馴染の信二(星野源)と昌子の仲がなかなか進展しないことに気をもんでいた。美大の講師だった幸平から絵の手ほどきを受けることと引き換えに、明日香は彼の願いを叶えることを引き受ける。
     *****

美大を受験すると決めた明日香は、受験のための予備校にもいかず、ミクたちにせっつかれて見学に行った。レベルの違いに落ち込む明日香。
帰宅すると、父のテレビ撮影が押していた。後方に、おにぎりができていたが、テレビで父の話すことと、あまりにも大きい差にあきれていた。

続きを読む "《ゴーストフレンズ》☆05" »

2009/05/01

《BOSS》☆03

Case 03(あらすじ)

大澤絵里子(天海祐希)は、女性誌『エピソード』の読者モデルが連続して暴行された事件を担当する。野立信次郎(竹野内豊)は、新たな被害者を出さないため、ほかのモデルに刑事を付けて警戒していると言う。が、そんな矢先、再び事件が起きてしまう。

3人目の被害者・樋口ゆかり(酒井若菜)は重傷ではないが、精神的なショックを受けていた。状況を察した絵里子は、警護のため木元真実(戸田恵梨香)を病室に残す。絵里子は、片桐琢磨(玉山鉄二)、山村啓輔(温水洋一)、花形一平(溝端淳平)、岩井善治(ケンドーコバヤシ)ら、「特別犯罪対策室」の刑事に、事件の経緯を説明した。いずれも、ナイフで脅され、手錠と猿ぐつわをされて暴行されていた。現場にはその手錠などの遺留品が残されていたが指紋は検出されなかった。
     *****
電話が鳴って、絵里子が呼ばれた。
所割の刑事たちに任せておいても、護衛付きの読者モデルが、襲われた。
小野田は、今までの捜査上居を絵里子に渡したが、ホシをあげるのは、俺だと強がっていた。

続きを読む "《BOSS》☆03" »

《アイシテル~海容~》#03

(あらすじ)

野口さつき(稲森いずみ)の5年生の息子・智也(嘉数一星)が、小沢聖子(板谷由夏)の息子・清貴(佐藤詩音)を殺害した容疑で、少年鑑別所に収容されてしまう。面会に行ったさつきは自分を拒絶する智也の態度にショックを受けるが、担当の調査員・富田(田中美佐子)の励ましで、母親として智也と向き合う決心をする。いっぽう小沢家では、自分のせいで清貴が死んでしまったと自分を責め続ける聖子を、娘の美帆子(川島海荷)と夫の秀昭(佐野史郎)が必死に支えていた。
     *****

関東少年鑑別所へ、智也の面会に行ったさつき。
向かいあって座る智也に、あれこれ話しかけると、帰ってきたのは

「うざい!うざいよ。」教官のほうを見て、「帰っていい?」
徹底的に、無視された。
調査員の富田に、辛抱強く見つめてあげてくださいと言われた。

続きを読む "《アイシテル~海容~》#03" »

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

最近の写真