無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/29

《ごくせん卒業スペシャル’09》

'08年に放送された第3シリーズの完結編』(あらすじ)

私立赤銅学院高校の教師・久美子(仲間由紀恵)は、卒業を控える3年生の大和(高木雄也)らの進路が無事に決まり、一安心していた。だが、倉木(桐山照史)らの就職の内定が会社の都合で取り消しに。いら立った倉木らは2年生とケンカし、卒業式の直前に謹慎処分になってしまう。
      *****

大江戸一家の朝がいつものように始まった。
すべての命に感謝して
いただきます。

祖父の黒田の号令で、朝食が始まった。
話題は、卒業式。すると、テツたちが、あっしらからお召しものでもと提案があった。だがいつものド派手なもの(数学上等と刺しゅうしたスウェットとか)だろうと察しをつけた久美子は辞退。

ミノルは、次はシロムクでも送りたい。いずれ結婚はするのでしょうと聞かれ、そりゃあねと答えを聞いて、また,テツの妄想が始まった。「お嬢」「テツ」呼び合いながら寄り添って、・・・だが気づくと横にいたのはミノル。またテツにひっぱたかれた。

いつものように、切り火をしてもらって出かけた。

続きを読む "《ごくせん卒業スペシャル’09》" »

2009/03/28

《幸福(しあわせ)のスープはいかが?》☆後編

NHK・RTHK共同制作ドラマ

いざ香港試食会』(あらすじ)

究極のめん作りに励む男女を描く後編。スープ作りのヒントを得ようとする哲也(成宮寛貴)は、美蘭(めいらん・アニー・リウ)を連れて実家の讃岐うどん店に帰った。哲也の気まぐれに腹を据えかねていた父・茂雄(塩見三省)に怒鳴られながらも、哲也らは茂雄に教えを請う。二人の熱心な姿に、茂雄はようやく“味作りの心”を語り始める。
      *****

あとから追いかけたメイリンが哲也に会えて、二人でおとうさん攻略が始まった。

なにしに戻ったと言われて、答えられない哲也。そこでメイランは、祖父のことを話した。体が利かなくなって、自分では作れず、味が落ちて、客足が遠のいたと。しかし、父親は、哲也と話してると一喝。ビビる哲也は、ちっとも変わらない父親に、出てけ!と言われて、飛び出した。

続きを読む "《幸福(しあわせ)のスープはいかが?》☆後編" »

《幸福(しあわせ)のスープはいかが?》☆前編

『香港の恋が作る味』(あらすじ)

NHK・RTHK共同制作ドラマ 
日本と香港を舞台に、理想のめんを探す男女の恋愛と家族との交流を描く。日雇い仕事で生活をする哲也(成宮寛貴)は、毎日に嫌気が差し、逃げるように元恋人がいる香港へ。そこで、米のめんを使った庶民料理・魚旦粉(ぎょたんふん)の店の孫娘・美蘭(めいらん・アニー・リウ)に出会う。店の経営が芳しくないと知った哲也は、美蘭とともに店の再建を誓う。
     *:****
田尾哲也(成宮寛貴)は、バイトで食いつなぐ生活をしていた。
そんなある日、仕事にあぶれ、ネットカフェで、仕事探ししているとメールが入った。
昔の彼女だった。チョコレート(猫)の世話をしてくれる人がいない。とあった。しばし思考が止まった。
俺が、面倒見ようか?
冗談はやめて
自分のことで精一杯のくせに
本気なんだ、そっちに行く。

続きを読む "《幸福(しあわせ)のスープはいかが?》☆前編" »

2009/03/25

《絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット》最終章スペシャル

愛してるよリイコ…理想の恋人ロボが奇跡の復活!!封じ込めた想いが今再び…僕はどうしてロボットなのでしょうか?…さよなら、ナイト…」
(あらすじ)
'08年放送の連続ドラマのスペシャル編。パリで活躍するパティシエの梨衣子(相武紗季)は元上司で婚約者の創志(水嶋ヒロ)と、会社の社運を懸けたプロジェクトのために帰国した。その夜、3年前に壊れたはずの梨衣子の恋人型ロボット・ナイト(速水もこみち)が現れる。だが、ナイトには以前の記憶がなく梨衣子は困惑を。
     *****

3年後。
クロノスヘブン社に神谷博士が来てから、ロボットがどんどん精巧になった。会社の株もどんどん上がった。ただ、神谷は、ロボットも意志を持って

初めて完璧と言えるのではないかという信念を持っていた。どうしてもタイプ01を引き合いに出してしまった。白鷺は、あれは神のいたずらだとしか言えなかった。

倉庫管理部には、タイプ01を作った並切が、おもちゃを作って楽しんでた。
遅くに倉庫管理部へ行った神谷は、01を出してみていた。

続きを読む "《絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット》最終章スペシャル" »

2009/03/24

《ヴォイス~命なき者の声~》☆最終話

別れの時、僕らの明日』(あらすじ)

ゼミの終わりが迫る中、大己(瑛太)らは高校生・潔美が刺殺した配達員・成瀬の解剖に当たった。潔美は成瀬が襲ってきたと話し、捜査で成瀬が暴行事件で逮捕されたことがあると判明した。だが、佐川(時任)は潔美の正当防衛を疑い、潔美の親せきの大学理事長を怒らせてしまう。大己らは事件を調べ直す。
     ******

ゼミ生も終盤にきて、彼らも、楽しいだけではない現実を味わっていた。
親友のたっての願いを実現してしまった父親は、多分執行猶予付きの有罪判決を受けそうだし、自分ではけじめつけて、院長を辞めた。そんな父を見ているから、亮介は、このまま法医学を続けることはできないと思って言っていた。父は、循環器のほうを進めて、いたのに反発して、おまけに、生きている人を相手にするのが怖くて法医学を選んだ亮介は、大己と話していた。
大己は、佐川教授の強引な誘いで参加したが、大己にとって、法医学って何なんだろうな?と疑問に感じていた。

続きを読む "《ヴォイス~命なき者の声~》☆最終話" »

2009/03/21

《ラブシャッフル》#最終話

運命の人にめぐり逢うために』(あらすじ)

啓(玉木)が引っ越しをすることになり、愛瑠(香里奈)たちはパーティーを開くことに。そこへ、啓に呼ばれた海里(吉高)が現れ、海里が死んだと思い込んでいた旺次郎(松田)は思わず涙を流す。そんな中、啓と芽衣(貫地谷)の結婚式が行われるが、入場してきた新郎新婦を見た愛瑠たちは困惑する。
     :*****
芽衣を説得する啓(ウサタン)。医者の亀ちゃんと、ゆっくり付き合いが進む愛瑠(アイアイ)。ウサタンは芽衣を泣かせてしまった帰り、ぐったり、うなだれてエレベーターを待った。その後ろから、カメちゃんと和気あいあい気分も盛り上がっての帰宅はアイアイ。二人で、お互いを親友と言って無理してます。芽衣と結婚したら、”マスオさん”状態(嫁の実家で生活)なるんだと、しんみり認識のアイアイ。エレベーターが28階について、ドアが開くと、菊リンとOちゃんが「おかえり!」「ただいま」
今回違っていたのは、それからフォークダンス”オクラホマ・ミキサー”が始まった。すぐに諭吉(ユッキー)が到着。みんなで楽しく踊っていた。が・・
目の前の信じられない光景に、また幻覚かとOちゃんは、叫んだ。

続きを読む "《ラブシャッフル》#最終話" »

2009/03/20

《ありふれた奇跡》★最終話

最終回』(おらすじ)

見知らぬ若い女性から赤ん坊を預かった中城加奈(仲間由紀恵)と田崎翔太(加瀬亮)。5分で戻ると言ったその女性は、20分経っても戻ってこなかった。トイレに女性を探しに行くも女性の姿はなく、その後も慣れないながらもミルクをあげたり、おしめを換えたりと、買いに走った育児本を参考にしながら懸命に世話を焼く加奈と翔太。2時間が経過した。警察に届けようと提案する翔太に加奈は、「もう少しこうしていたい」と本音を漏らす。さらに数時間が経過するが、女性は現れる気配はなかった。翔太が加奈に内緒で誠(陣内孝則)と警官の権藤(塩見三省)を呼ぶと…。
     *****

「5分この子を抱いてててもらえませんか?」若い女の頼みを聞いて、やわらかく、暖かくどっしり年っその物体をそっと確かめるように抱きしめる加奈。しかし、翔太は、赤ん坊預かって、20分も戻ってこない母親に、翔太は、あわてて、いらついていた。

泣く赤ちゃんに、右往左往する二人。一人っ子同士では、赤ん坊の世話をしたことがありませんから。

続きを読む "《ありふれた奇跡》★最終話" »

2009/03/19

《キイナ~不可能犯罪捜査官~》最終話

最終話 神隠し』(あらすじ)

駅前の人ごみの中で通行人が突然火だるまになる事件が発生する。キイナ(菅野美穂)は現場近くにいて目撃し、世界中で起こっている怪奇現象「人体自然発火」ではないかと考える。程なく、都内の団地のすべての部屋から住民約300人がいなくなった。テレビ局に犯行声明文が送り付けられ、テロや組織犯罪の可能性も取りざたされる。キイナやタケル(平岡祐太)の聞き込みによると、住民たちは団地自治会主催の映画鑑賞会が開かれた夜から翌日にかけて姿を消したらしい。犯行声明文に付いていた指紋から、送り主は団地住民の1人で、大学で清掃員をしている男と判明する。
       *****

キイナが、また遅刻で捜査会議が始まるよと、桜から電話をもらった時、キイナの後ろで通行人が、火だるまになっていた。
ベッパンで、担当することになった。そこへ莉子から電話がかかり、「キイナさんに相談が・・・」と言われ、うれしさ半分、期待半分のキイナ。
夜になり、父親の工藤真一郎から電話がかかりさらにあわてるキイナ。
しかし、それは、莉子のクラスメートが2日間も音信不通なので、調べてほしいという依頼だった。

続きを読む "《キイナ~不可能犯罪捜査官~》最終話" »

2009/03/18

《トライアングル》★最終話

Final決着』(あらすじ)

亮二(江口洋介)はついに、佐智絵、志摩野(堺雅人)、サチ(広末涼子)の3人を殺害した真犯人を突き止めた。信造(北大路欣也)に頼み、サチ殺害の容疑だけで真犯人を追う警察の動きを止めた亮二は、舜(稲垣吾郎)の協力も得て均(大杉漣)を追及。だが、そんな亮二たちを、何者かが別の場所からライフルで狙っていた。
     *******

25年前、君が第一発見者だと言う、事実をつかめず、君が受けた心の傷に、気付いてやれなかったことをふがいなく思っている。
済まなかった。と、信造は、亮二に頭を下げた。
本部の連中もそろそろ、だから、自分の手で25年前の事件に決着をつけたかった。そう信造に告げて、部屋を後にした。
スタジアムで待つ亮二。
足音が響き、来た男は、葛城だった。

続きを読む "《トライアングル》★最終話" »

《メイちゃんの執事》☆最終回

ラストkiss』(あらすじ)

メイ(榮倉奈々)が理人(水嶋ヒロ)を賭けて詩織(山田優)に対決を挑み、代理で理人と忍(向井理)が決闘することに。決闘前、多美(谷村美月)の攻撃で傷を負った理人は、忍に追い詰められる。詩織はメイに降参を迫るが、メイは理人の勝利を信じて拒否。逆上した詩織は、忍に理人の始末を命じ、メイも殺そうとする。
     *****

詩織命の、タミーが放った矢が、理人の右わき腹に刺さった。状態は良くない。オンブラ寮のクラスメートたちは、全員心配で、成り行きを見守っていた。「私が憎いだろう」とうそぶくタミーに、結局は自分が傷つくだけと言って、メイは何もしなかった。
理人が、手当を終え、廊下に出てきた。傷の上からそっと叩き、大丈夫と見せて、「お待たせいたしました。」と言う理人に、メイは抱き付き、
ひとつだけ約束して」と言った。・・・気になりますね。何を約束させたのかな?死なないで!か、勝ってheart02でしょうかね。

続きを読む "《メイちゃんの執事》☆最終回" »

2009/03/17

《ヴォイス~命なき者の声~》★10

最後の大勝負』(あらすじ)

亮介(生田斗真)は桜井(田村亮)の死に疑問を持ち、桜井の妻・瑠美子(麻生祐未)に解剖を勧めた。結果、死因が病気以外のものと判明し、貴之(名高達男)らによる医療ミスの可能性が浮上。だが明確な証拠はなく、瑠美子は亮介を責める。後日、大己(瑛太)は桜井が入院した経緯などを聞くため瑠美子を訪ねる。
     *****
亮介は、父を疑うことから目をそむけたかった。
カルテも、手際よく書き換えられていたし、亮介のまだ若い正義感は真相を突き止めたくて、動きだしてしまった。

亡くなった桜井の妻が納得がいかない様子なのを見て、解剖を勧めてしまった。
病院から、法医学研究室にご遺体が運ばれた。

続きを読む "《ヴォイス~命なき者の声~》★10" »

2009/03/15

《ありふれた奇跡》★10

(あらすじ)

加奈(仲間由紀恵)と誠(陣内孝則)は、スナック「妙」で待ち合わせする。加奈は自殺しようとした時を振り返り、誰かに止められた気がしたが、それを翔太(加瀬亮)と重ねて恋人気分になっていただけかもしれないと話す。そんな加奈に誠はもっと気持ちを楽にすべきだと説く。ある日、四郎(井川比佐志)の元に誠が来た。そして、加奈と翔太を応援すると言い、四郎に反対ではなく励ますのが役割じゃないかと訴える。すると、四郎はおもむろに金を貸そうと言い出す。

     ******
首になった誠が、翔太の家を訪ねてきた。
英労に、金貸そうかと見透かされ、じゃあと言うと5000円やるからと言われて怒って帰った。
懲りない誠は、今度は、朋也を呼び出した。親たちはみな二人の交際に反対なので、誠と意見が合わない。結局1万円おいて、あなたが支払ってくださいと消えた。

続きを読む "《ありふれた奇跡》★10" »

《銭ゲバ》★09

最終話』(あらすじ)

ダイナマイトを自分の体に巻き付けて自殺しようとしていた風太郎(松山ケンイチ)は、それを見届けるという緑(ミムラ)を連れて小屋へ向かう。風太郎は、緑に絶対に途中で止めないようにと告げ、小屋の中に入る。導火線に火を付けた風太郎は目をつむり、自分が銭ゲバにならなかった人生を思い浮かべる。
     *****


「死ぬの?」
「はい」
「罪の重さに辛くなった?捕まって、死刑になるより、
自分で死ぬほうがいい」
<さようなら、おとうさん・・・>

「どのみち破滅するから」
「僕が間違ってなかったってわかったからですよ」

小屋に入る前、緑に絶対途中でとめようなんて思わないでくださいよ。と言った。

続きを読む "《銭ゲバ》★09" »

2009/03/14

《ラブシャッフル》#09

愛の裏返しは孤独だった』(あらすじ)

海里(吉高由里子)の行方不明騒ぎにショックを受け、旺次郎(松田翔太)の様子がおかしくなる。愛瑠(香里奈)は、正人(谷原章介)が亡くなった恋人によく似ている旺次郎に近づくため、ワザと心配させているのではないかと疑う。一方、啓(玉木宏)は諭吉(DAIGO)に海里の捜索を依頼する。すると諭吉も啓に頼み事をしてくる。芽衣(貫地谷しほり)を自分に譲ってほしいというのだ。また愛瑠が海里の件を玲子(小島聖)に相談すると、正人の部屋にいるのではないかと言われる
     *****
海里が消えてしまってから、明らかに旺次郎がおかしくなった。プールサイドに来ても、鈴の音がする。水の中かな?と言いながら、プールへ入ろうとした。アイアイは危険だと思った。結局菊リンに鎮静剤を打ってもらって、眠りに落ちた。
僕が一日見ているから、君たちは会社へと言うのがうれしそうなので、アイアイは、Oちゃんを壊してその中へ入ろうとするのかと聞いた。
アイアイの言うことが当たっているので、君はとても勘のいい子だと、菊リンも今の気持ちを言った。

続きを読む "《ラブシャッフル》#09" »

2009/03/13

《キイナ~不可能犯罪捜査官~》#08

死体なき殺人』(あらすじ)

雅(沢村一輝)がトンネル内を走行中、宮内真理子(松岡璃奈子)の幽霊を見たという話が、キイナ(菅野美穂)たちに伝わった。真理子は15年前の失跡事件の”被害者”とされ、事件は雅が担当した。現場とみられる神社には致死量の血痕があったが、真理子が発見されず、犯人も特定されていない。雅は以来ずっと1人で事件を追っていた。そんな中、山中で女性の変死体が発見され、それが真理子と確認された。その遺体は、事件から15年もたつのに、生きているように美しいままだった。死因は後頭部の打撲で、神社の境内で殺されて山中に運ばれ、埋められたらしい
     *****
1課に戻ると、桜が小説を読みながら泣いていた。キイナは、速読してもっとラストは泣いちゃうかも、と言った。霊が本当に教えてくれることがあるんだよねと言う話で盛り上がっていると、雅係長が戻ってきた。

青梅で、白骨死体が発見されたので、津田にちょっと確認してきますおT言い置いて出て行った。
尊は、「白骨死体って、事件ですか?僕たちもいかなくていいんですか?」と聞いた。

続きを読む "《キイナ~不可能犯罪捜査官~》#08" »

2009/03/12

《トライアングル》★10

十字架を担う者たち』(あらすじ)

サチ(広末涼子)は、亮二(江口洋介)の目の前で銃弾に倒れ、亡くなった。自分を責める亮二は、清子(風吹ジュン)から自分の人生を生きようとしていたサチの思いを聞き、憎むべき犯人の正体を突き止めようと捜査を再開。均(大杉漣)の過去を洗い直す中、唯衣(相武紗季)から信造(北大路欣也)の意外な真意を聞かされる。一方、15年前の八ケ岳の火災を追う舜(稲垣吾郎)も、佐智絵殺しの真相追及を自分に託した父・信造の真意を知る。
      *****
サチが目の前に立ったと思ったら、「パン!」と軽い音がして、サチが倒れた。すぐに駆け付けた丸ちゃんも含め、3人からは硝煙反応は出なかった。意識不明のまま搬送された病院で、サチは意識が戻った。
「真実を明らかにしても、あなたは救われないってこと。今以上重い荷物を背負うような気がする。私は、あなたに会えたから、自分の人生を生きようと思えたから、大丈夫」  
「わかった。わかったよ。」
「もっとあなたの笑った顔もっとみたかったな。」
またおれの身代わりで死んだ。誰かが俺を狙い彼女が殺された。おれの存在が彼女を殺したんだ。俺のせいだ・・・」

続きを読む "《トライアングル》★10" »

2009/03/11

《メイちゃんの執事》☆08

死なないで、理人』(あらすじ)

理人(水嶋ヒロ)は、弟の剣人(佐藤健)から、メイ(榮倉奈々)を懸けた勝負を挑まれる。そして、壮絶な殴り合いで迷いを吹っ切った理人は、ボロボロになりながらも立ち上がり、2度とそばを離れないとメイに約束する。剣人も体中に傷を負っていおり、リカ(大政絢)や青山(真山明大)から大げさな手当てを受ける。同じころ、ルチア(山田優)は忍(向井理)と多美(谷村美月)に、メイを徹底的に苦しめるよう命じていた。別の日、剣人を呼び出したメイは、彼に礼を言おうとした。が、剣人は、まだおまえのことはあきらめていないと告げる。
     *****
月曜日のスマスマ、見ましたか?ヒロくんの天然が見られましたねgood
今回のタイトル、かなりドキッとしたのですが、これはラストが大変・・
剣人が聖ルチア学園に戻り、ちゃんとけりをつけないと消えない、理人の中のメイと、メイの中の理人を消さないと、決着がつかないと、戦いを挑むが、はじめは一方的に、抜け殻のようになった理人を殴るだけだった。
もう、メイのことはどうでもいいというのかよ。お前なんかにメイを渡してたまるかよ!・・・で、また火がついた理人は、剣人をのしてしまった。

続きを読む "《メイちゃんの執事》☆08" »

2009/03/10

《ヴォイス~命なき者の声~》☆09

雨を読めた男の死』(あらすじ)

窓ふきを請け負う会社の社長・宇野慧(平賀雅臣)は、作業時にビルから落下したとされるが、命綱の不具合は見つからなかった。大己(瑛太)は佳奈子(石原さとみ)と共に解剖を手伝い、その後、佳奈子を連れて遺体発見現場に行く。そして、宇野が落下したビルの前に不自然なふき残しがあるのを見つける。訪ねた宇野の妻・真由美(中島ひろ子)は、借金返済のためにも早く保険金が下りてほしそうなそぶりを見せた。一方、実験室で薬毒物検査をしていた蕪木(泉谷しげる)は、宇野の血中から意外な成分を検出する。

      ******

病院では、院長貴之の回診時間が来て、作家の桜井真也が入院していた。貧血状態は少し改善。

 

続きを読む "《ヴォイス~命なき者の声~》☆09" »

2009/03/09

《銭ゲバ》★08

悪は静かに死んでやるズラ』(あらすじ)

茜(木南晴夏)が自殺した。緑(ミムラ)は、茜に冷たく接していた風太郎(松山ケンイチ)を激しく責める。罪悪感に駆られた風太郎は、うなされるように。そんな中、風太郎は緑を桃子(奥貫薫)との思い出の場所へ連れていく。一方、由香(石橋杏奈)は兄が多額の借金を抱えていると気付き、ある行動に出る。
     *****

家の中で、茜が死んだ。
茜に何をしたのか迫る緑。死んでいても生きていても、どっちでもいいなんて言われたら、多分私なら、そんなこと言った相手を殺してるでしょうね。で、霊安室で、緑は、ナイフで風太郎を刺そうと襲いかかったが、こんな男でも、殺せば、人殺しになると言われ、ナイフを取り上げられ、悔しがる緑。
風太郎は、さらに寝ると悪夢にうなされるようになった。
見届けると言った緑は、靴もはかず、パジャマのまま、裸足で、会社まで行き、金庫を大急ぎで開けて、札束を掻きだし出して、安堵する風太郎に、「社長、お忘れ物」と、スーツと靴を放りいれた。

続きを読む "《銭ゲバ》★08" »

2009/03/08

《ありふれた奇跡》★09

(あらすじ)

翔太(加瀬亮)の祖父・四郎(井川比佐志)は、子供を産むことができない加奈(仲間由紀恵)との結婚に反対。翔太は四郎に反発する。そんな中、加奈はすべての心配ごとを忘れて、初めて会った者同士としてデートを楽しもうと翔太に提案。加奈は翔太をホテルに誘うが、翔太は加奈の言葉に別れの決意を感じ、逃げ出してしまう
     *****
重夫が、興奮して、翔太に話すが、祖父・四郎の興奮ぶりがひどくて、父の話もわかりにくかった。
前回、早とちりの祖母・静江が、翔太を一方的に悪人にしてバッサリ切って帰ったから、今度は返す刀で四郎が切った。よっぽど応えて静江は倒れた。
いきさつがわかり、翔太は加奈にメールを打った。
加奈は、抹茶を入れていた。傍らの静江は、お茶が飲みたいと起きていた。当事者二人以外の所で大騒ぎになる話に、当事者だけが文句を言えないでいた。

続きを読む "《ありふれた奇跡》★09" »

《Q.E.D.証明終了》☆09

可奈のタイムカプセル』(あらすじ)

可奈(高橋愛)が小学3年生の時に埋めたタイプカプセルを、探偵同好会のメンバーが見つけ出す。中には写真と野球ボール、ゲームソフトが入っていたが、可奈にはほとんど心当たりがない。ボールに書かれた「中陵」の文字を手掛かりに、探偵同好会のメンバーが中陵野球部員・野辺(本間健大)を連れてくる。だが、ボールは野辺のものではないという。そのうち、同級生・西丸(中山卓也)がボールは盗んだものではないかと言い始める。大切と思っていたはずのものを、なぜ簡単に忘れてしまったのか、可奈は不安になる。
     *****
探偵クラブの連中が、神社に出る幽霊の代わりにダウジングで、地中に埋まっていた缶を見つけた。翌朝、可奈の名前が貼ってあったので届けにきた。・・缶の上に紙を貼りますかね。土に埋めるのにflair

続きを読む "《Q.E.D.証明終了》☆09" »

2009/03/07

《ラブシャッフル》#08

キスは突然炎のごとく』(あらすじ)

20歳になったら死ぬと言っていた海里(吉高由里子)の誕生日が翌日に迫る。旺次郎(松田翔太)の発案で、啓(玉木宏)たちは誕生日をカウントダウンで迎えることにした。一方、諭吉(DAIGO)は芽衣(貫地谷しほり)から、啓と結婚する考えを聞き、複雑な気持ちになる。そんな折、啓、旺次郎、諭吉の3人は正人(谷原章介)から急に呼び出される。正人の部屋に行くと、玲子(小島聖)が待っており、妊娠していることを告げられる。玲子は誰の子どもか調べるつもりはなく、政治家の父の後継ぎとして育てるという。正人の後輩医師・亀井(袴田吉彦)とのデートを終えて帰ってきた愛瑠(香里奈)は啓と遭遇、2人は軽い言い争いになる。
     *****

シャッフルされて、みんながずいぶん明るくなってきた。
海里も、Oちゃんに、甘えて、かなりノリノリに見えた。
諭吉は、やっと芽衣と話ができた。一番知りたいのは、芽衣の気になる人のことだったが、もう解決したと言われて、別れ際、胸がとっても痛んだ。
アイアイと宇佐タンは、かなり楽しく海里のプレゼントを買い、食事して、一緒の楽しさを満喫していた。

続きを読む "《ラブシャッフル》#08" »

2009/03/06

《キイナ~不可能犯罪捜査官~》#07

偽りの記憶』(あらすじ)

津田(金田明夫)の妻・真美子(宮崎美子)が殺人未遂で逮捕される。真美子は投資詐欺の復讐のため犯行に及んだと供述するが、捜索の結果、詐欺に遭った形跡は見つからなかった。だが、真美子が投資先の北海道へ行ったことは確認され、事実関係が錯綜する。そんな中、キイナ(菅野美穂)は真美子が飛行機恐怖症だと知る。
     *****

愛妻家の津田が、娘の卒業式に無事出席で来てうれしかったと感謝の念をこめ、妻手作りのマドレーヌを1課に配った。美味だった♪

ベッパン、尊と、1課の桜の3人でいつもの立ち飲み屋ですぐにも結婚相手を探さねばと二人がさわいでいた。前回の莉子の騒ぎで、親子の距離も、真一郎との距離もがぜん縮まったはずなのに、何も行動を起こしていなかった。

続きを読む "《キイナ~不可能犯罪捜査官~》#07" »

《トライアングル》★09

真実の向こう側』(あらすじ)

25年前に佐智絵を殺し、そして今また志摩野(堺雅人)を殺害したのは誰か。亮二(江口洋介)は、均(大杉漣)と信造(北大路欣也)への疑惑を強める。そして、丸山(小日向文世)と共に証拠を見つけようと均の身辺を探る。一方、舜(稲垣吾郎)は15年前に八ケ岳で起こった火災事故と亮二の関連を知る。
     *****
今月に入って、仕事が忙しくなり、毎日残業で、レビューが書けませんでした。ごめんなさい。(私が忙しい時は、周りの方が、大変な時ですから、歓迎すべきことではありませんけどね。)大至急追いつきますね。
   ***
亮二は、サチと会って、話をした。あの時、佐智絵を殺した犯人から、
「動くな!後ろを振り向けばお前を殺す!」
男の声だった。

続きを読む "《トライアングル》★09" »

2009/03/04

《メイちゃんの執事》☆07

決闘!!理人VS剣人』(あらすじ)
理人(水嶋ヒロ)に別れを告げ、聖ルチア女学園を去ったメイ(榮倉奈々)は、生まれ故郷に戻り、仲本家に身を寄せる。剣人(佐藤健)も、メイのそばにいるために執事を辞めて戻っていた。ある日、2人の前に理人が現れ、本郷家からの通達をメイに告げた。1週間以内に学園に戻らなければ学費の支払いを停止するという。同時に、今後は本郷家とのかかわりを絶ち、財産分与などの権利も放棄せよ、というのだ。メイが仲本家に戻ると、泉(岩佐真悠子)やリカ(大政絢)ら聖ルチア女学園のクラスメートとその執事たちがいた。クラス全員でメイを連れ戻しにきたのだ
     *****
Sランク執事も、病には勝てないようだねと、忍に言われた。本郷家から連絡があったと知らせた。
本郷家当主の金太郎は、メイが戻らなければ、柴田家の執事は、本郷家の後継者につくものと決まっていると言われて、詩織に戻るように言われた。

続きを読む "《メイちゃんの執事》☆07" »

2009/03/03

《ヴォイス~命なき者の声~》☆08

決して消せない炎』(あらすじ)

東凛大学の解剖室に、火災現場で死亡した60代の男性が運び込まれる。今成卓見(平田満)という警備員で、自宅付近の火災現場でカーペットに包まれた子どもの遺体を抱えていたという。今成には放火犯の疑いもかかる。解剖の結果、今成は肝炎を患っていたと分かる。そして、桐畑哲平(遠藤雄弥)は夏井川玲子(矢田亜希子)から今成の肝臓を実験室に運ぶように指示されるが、途中でシャーレを落として割り、あわてて拾い集めようとした時、指をけがする。哲平は感染の可能性があるとして入院するが、蕪木(泉谷しげる)は今成がB型肝炎であると突き止めた。
      *****

アキは、海外研修の面接を受けていた。哲平は一次で落ちた。
例により、哲平の部屋にたむろし、鍋をつつきながら、情報交換。
哲平は、”CSI"のDVDを収集用と鑑賞用の2枚ずつあったので、また
大己に、開けないなら、中身はいらないとからかわれていた。しかし、このシリーズで、哲平は、法医学をやろうと決めたくらいの熱烈なバイブルだった。イヤ、確かに面白いです。私も大ファンですheart04

続きを読む "《ヴォイス~命なき者の声~》☆08" »

2009/03/02

《ありふれた奇跡》★08

(あらすじ)

静江(八千草薫)らは、加奈(仲間由紀恵)の部屋で養子縁組のパンフレットを見つけ、意味深な行動を取っていた翔太(加瀬亮)が無精子症だと疑いだした。朋也(岸部一徳)に話を聞いて動揺した重夫(風間杜夫)は、加奈と直接話すことに。加奈は翔太と結婚しないのは自分の体の問題と告白。翌日、加奈は家族にも同じことを明かす。
     
*****
誠が、建売住宅の雑用に雇われて、その合間の話をするために加奈が誠に連絡した。

翔太が、子供をいらないと言い出して、それが軽く感じられて、もう会わないようにしようと考えているといった。
誠が気にしていた捨て猫騒動。建売の家の中に段ボール箱に入れられた子猫が、さっき見つかり、誠のせいだと言われた。

続きを読む "《ありふれた奇跡》★08" »

2009/03/01

《銭ゲバ》★07

命の値段も結局金ズラか…』(あらすじ)

加奈江(宮本裕子)に対する傷害の容疑で、逮捕された風太郎(松山ケンイチ)
風太郎をやっとの想いで捕らえることに成功した荻野(宮川大輔)は、風太郎を厳しく追及する。

取調室では一言も発せず、茫然自失の風太郎は憔悴しきって牢獄に倒れこむ。
その時、ある記憶が甦る。
それは、初めて殺人を犯した幼いころ街へ逃げ込んだ日の記憶。
一人の老人(品川徹)との出会いであった―――。
     *****

手は打ってあるので、別件で、事情聴取されていたが、真一が自首したので、即刻釈放。警察の前で、緑がまっていた。

三國一家も、タイした玉の集まりです。自分の親を殺した相手だと分かってからも同じ家に住みますかね・・・

続きを読む "《銭ゲバ》★07" »

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

最近の写真