無料ブログはココログ

« 《ヴォイス~命なき者の声~》☆07 | トップページ | 《トライアングル》★08 »

2009/02/24

《メイちゃんの執事》☆07

オレがそばにいる』(あらすじ)

執事の交換が中止になり、理人(水嶋ヒロ)は久しぶりにメイ(榮倉奈々)の元に戻った。が、陰(オンブラ)寮にメイの姿はなかった。そのころ、メイと剣人(佐藤健)は、多美(谷村美月)におびき出され、森の奥にある古い洋館「時間(とき)のない館」にいた。多美は、事情がのみ込めない2人に向かって、ルチア(山田優)のためにおまえたちを始末すると告げる。泉(岩佐真悠子)との決闘(デュエロ)の時、男たちにメイを襲わせたのも、理人とメイが抱き合っている写真をばらまいたのも、すべて多美がやったことだという。多美にだまされた2人は大ピンチに。
     ******

タミーにさんざんだまされて、”時間(とき)のない館”に閉じ込められ、仕末されそうになった。
マメシバ一人では多勢に無勢。…最大の難局は、どうやら他の執事。神田が救ったようです。

戻っているメイに皆がどうしたと聞いてきたが、タミーが顔を出すと、メイが引っ込んだ。タミーの執事神田が死客を退治した。
タミーと神田は一緒の施設にいたが追い出されて路頭に迷っていた時、手を差し伸べてくれたのがルチアだった。だからタミーは、ルチアの邪魔をする者は徹底的に排除して来た。

クラスメートたちは、学校をやめると宣言したメイをどうしたらよいかと悩んでいた。最後は総出で、うどんつくりをし始めた。あまりのいい加減さに、総指揮をとって全員でおいしいうどんを食べた。

校長は、退学届をもう、いらないでしょと言うのを、皆とのうどんつくりは最後の良い思い出になりましたと、冷めた感じで言った。

部屋を奇麗にして、出ようとするメイに、理人が
私は1年前から、メイ様を存じ上げていました。
周太郎様とユウさまがお亡くなりになるずっと前、
私が詩織様から離れたすぐ後に。
そのころ私は、執事を辞めるつもりでした。
お仕えしていた詩織さまが心を病み、
どうすることもできなかった私は逃げ出したのです。
私は変わっていく詩織さまが怖かった。
あの方が、私に向ける思いに、
執事としてどうしても答えることが出来なかったのです。
そして、あの街を訪れたとき、…それからほんの少し
メイ様の暮らしを見させていただきました。
本郷家の血を引くメイ様が、どのような方なのか、
(マメシバとか、夏実たちとバカバカしてたでしょ)
お友達を大切にされていることも
ご両親のためにいつもお手伝いをされるていることも、
メイ様のおっしゃるその普通こそが、私にとって、
何よりも美しく感じられたのです。
そんなメイ様だから、私はお仕えしたと思いました。
メイ様は本郷家のことを何もご存じない。
その穏やかな生活が続くことを願いながら、
それでも私は思っていました。
もしも、メイ様を誰かがお守りする必要があったなら、
それは自分の役目なのだ。
私にとってメイ様こそ心からお仕えしたいと思える
本当のお嬢様だったのです。
ですが、私は執事としてメイ様をお守りすることが。・・
私はこの学園で頑張り続けるメイ様をいつの間にか、
執事としてではなく・・・

メイは、トランクを持ち、
「ありがとう、ずっとそばにいてくれて。」涙のたまった眼で、理人を見てドアを開けた。

ヘリのローターの音に飛び出してきた剣人。ンバンで止められなかったんだ。理人は様子がおかしいです。

ヘリのサルぽとを聞きながら、ルチアは、ドアをにこにこしながら開けると、ローズ校長が「満足した?」と声をかけた。
「あの子を失った理人はただの抜け殻よ。そんな彼を手元に置いて、それであなたは幸せなの?」
「婚約者を奪われたあなたは幸せだったんですか?」
「本当に手に入れたい存在なら、抜け殻でもかまいません。」
「私もそう思ってた。でも、それって辛いわよ。以上、先輩からの忠告でした」と言って温室から出て行った。
<メイの両親がローズと、そんな感じでかかわっていたのでしょうかね>

忍ぶが、メイの部屋へ行くと、”抜け殻”理人が動けないほどの高熱で震えていた。

散歩しても、もう理人はいない。メガネをはずすと理人の声が聞こえ、泣きながら「ごきげんよう」というメイ。あれだけきめ細かに世話をしてもらっていれば、昨日とは違う自分と、感情に悲しくなるものでしょう。
後ろからマメシバが、今日から執事やめようかと思って、驚かねえだろう、別に。と言った。どこかへ行って、と言いながらも泣くメイ。お前がいるここに居たいんだ。・・離れないからな、執事みたいか?それでも泣き続けるメイをとあすなろ抱きし、「離れないからな、俺は。執事じゃねえけど、俺はお前の傍にいる。お前が泣いてる間も、泣きやんだ後も、俺はずっとそばにいるから。」クー、メイ、口説かれてますね。理人を排除したから、やりたい放題でしょうか?

ここはどこ?「お帰りなさい、理人様」と詩織に言われて、またあわてて目をつむった。

抜けガラになった理人とメイは、また闘って、自分の入るべき場所を手に入れることができるのでしょうか?負けっぱなしなんて、つらいよね。
小さな戦いでも、自分がこうしたいという意思が大事です。

負けてた理人もしゅてきでしたけどheart04

*****
いままでの感想は、こちら

・・

« 《ヴォイス~命なき者の声~》☆07 | トップページ | 《トライアングル》★08 »

ドラマ(ま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/44167647

この記事へのトラックバック一覧です: 《メイちゃんの執事》☆07:

» メイちゃんの執事 第7話:オレがそばにいる [あるがまま・・・]
今度は剣人があすなろ抱き〜(ё_ё)ウフッ う〜ん、メイったら羨まし過ぎるぞっ{/face2_happy_s/} てか、とうとう学園から去ってしまったメイ。皆に迷惑がかかるのを恐れての 配慮なんだろうけど、何だか負けたみたいで納得いかね・・・ 多美の悪事もバラしちゃえばいいのに、言わないとこがメイのいいとこでもあり 悪い奴らにつけ込まれる部分でもあるんだろうなー。 きっと多美の事がわかれば、みんなも多美やルチアに対しての見方も変わるだろうに{/rabi_nomal/} んで、全面的にメイの味方に... [続きを読む]

» 愛ではない神の雫(亀梨和也)愛だったトライアングル(広末涼子)禁断の愛の執事(水嶋ヒロ) [キッドのブログinココログ]
火曜日は愛の日ではなくてドラマ対決である。順位は以下の通り。 ①「メイちゃんの執 [続きを読む]

» メイちゃんの執事 第7回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『オレがそばにいる』 [続きを読む]

» 小向美奈子さんがクスリに手を出した報道されないの理由 [元気の出る動画集めてみました]
小向美奈子さん、有罪判決になりましたね。でも、あの理由を聞くとちょっと気の毒ですね [続きを読む]

» 「メイちゃんの執事」(第7話:「オレがそばにいる」) [鉄火丼のつれづれ日記]
2月24日に放送された「メイちゃんの執事」(第7話)は、メイ(榮倉奈々)と剣人(佐藤 健)が“時間(とき)のない館”で、多美(谷村美月)に襲われるところから話は始まった。今回のエピソードを一通り見ていると、鉄火丼は「次回以降への繋ぎかな…?」という印象を受けた。けれども、あるシーンだけは楽しく見れたと思っている。それは…?... [続きを読む]

» メイちゃんの執事 第七話「オレがそばにいる」 [どらまにあ]
メイと剣人(佐藤健)は、多美(谷村美月)におびき出され、森の奥にある古い洋館『時間<とき>のない館』にいた。 『時間<とき>のない館』とは、舞踏会の日にここまでたどり着くことができれば好きな人と永遠に結ばれる、という言い伝えが残された場所だった。 しかし、..... [続きを読む]

« 《ヴォイス~命なき者の声~》☆07 | トップページ | 《トライアングル》★08 »

最近の写真