無料ブログはココログ

« 《ありふれた奇跡》★04 | トップページ | 《銭ゲバ》★03 »

2009/02/01

《ラブシャッフル》#03

『愛情なのか友情なのか』(あらすじ)

啓(玉木宏)は酔った勢いで玲子(小島聖)と一夜を過ごしたらしいが、よく覚えていない。啓は愛瑠(香里奈)、旺次郎(松田翔太)、正人(谷原章介)に、玲子との件を芽衣(貫地谷しほり)には言わないように頼む。そんな折、婚約解消をまだ知らない芽衣の兄・浩介(野村祐人)は、啓に結婚披露宴への招待客リストを見せに来る。そうそうたる顔触れに驚き、啓は芽衣を呼び出す。すると芽衣から、旺次郎と寝たと告白され、がくぜんとする。その夜、啓は愛瑠、旺次郎、正人との集まりで、旺次郎が撮影した、今までに見たことがないような芽衣の写真を見せられる。芽衣との肉体関係をめぐり、啓は旺次郎に殴り掛かり、ラブシャッフルをやめると言いだす。
     *****

このところ、二日にわたって書いていたせいか、送信ボタンを押したら、真白な画面になって、私は真っ青でした。どうも、ココログとVISTAの相性が悪いみたいです。

出勤時のエレベータではどうしてもウサタンのセレブ玲子との登山が話題になる。Oちゃんが芽衣の相手だから言わないで拝むが、自分の得にもならないから言わないだけとかわされた。

ウサタンと海里。
パパが画廊のオーナー。
海里に専用のアトリエまであった。
そこへパパ登場。「殺されるsign03」と海里がつぶやいた。
ヌードモデルにされたウサタン。「嘘だと言ってよ、ジョー」

菊リンと、愛あい。
今回は菊リンの大学時代に通った居酒屋。
タナトスは、死への欲求。ああ、無機質の普遍性に帰りたいという衝動だよ。永遠の静寂。理由もなく死にたくなるなんて。普通にわれわれエロスに導かれてる大多数の人間には理解できない。

だから、自殺はいけないとか、残された人が悲しむんだからとか、
「なるほど!それであの子を混ぜてみたのね。ラブシャッフルに」

旺次郎と芽衣。
器用なOちゃんは、小悪魔メイク。この二人、花男の時も恋人として共演してました。

ロビーバーがまた開かれていた。
ウサタンは、芽衣に呼び出されて、カフェで、告白を聞いてきた。
曰く、旺次郎と寝た

それを確かめたくって、気もそぞろ。
しかし、聞いてしまった。
ビールのコップをテーブルに置くと
まいったね。もうバレチマッタのか。」と答えた。啓の鉄拳が飛んだ。

翌日、愛瑠は芽衣に真偽を確かめた。
嘘だった。こんなこと言ってはいけないときっぱり芽衣に言い、そのメイクは似合わないと言った。

ウサタンと、海里は、遊園地へ。帰りがけにゲームセンターのUFOキャッチャーに入っている片目のとれたパンダを取ってと頼まれた。

菊リンと愛あいは、菊リンが、亡くなった彼女の命日に墓参するのに付き合ってわかった。私は彼女が憎い。死んだあとまで菊リンを縛り付けて!と怒りも露わの愛あい。
「私じゃダメ?」と聞いた。
「いけないよ、愛瑠。君はそうやっていつも誰かに同情して恋愛を始めていたんだ。愛情と同情は暖かさは似ているが、赤と青のように、色が違う君は教会の言葉通りの日相手を選ぶんだ。共に助け合い、共に歩む。それがまた悲しみでも苦しみでもなくただ喜びである相手を。相性が隣り合った、ピースのように、パチリと合う彼がどこかにいる。」
「いないわよ。そんな人」
「双子の兄さんを言い訳にするのはやめなさい。僕のケースとは違う。君が言ったとおり病気だったんだから。君は、仕事や生活、子供、何かで折り合いが付けられる人じゃない。」
「どこにもいないわよそんな人。」

そこへ、ウサタンから電話。金を持ってきてくれとsign02

菊リンは、ふわふわと歩いていたが、涙をぽろぽろこぼして、膝をがっくり付き、なぜなんだ!と叫んだ。

ウサタンのたちの周りはギャラリーでいっぱいだった。何でこんなことに?と聞くと、応援してくれる人がどんどん増えたと言った。店の人が来て、信用にかかわるからと中のパンダをあげるからと取りだしてしまったが、愛あいは、自分でとれるまで頑張ろうと、戻させた。
しめて十六万2500円のデロンパンダちゃん。
海里も、こんなにほしいものが初めてだったのではないだろうか?

芽衣は旺次郎から、写真をもらった。
「メークさ、やっぱり今のほうがいいね。」
「アイアイにも全然似合ってないって言われちゃったし、よく見るとパンダみたいだった。」
「実は俺もちょっとそう思った。」
「ひどい!」
「まあ、思い出の1枚と言うことで」
「アゴまだ痛い?」
「エ?ああ、あの優男、意外といいパンチをしてたからなぁ」
「ねぇ、どうしてそんなのウソだって言わなかったの?」
「うん?う~ん。君が謙虚な女に見えたから。
「謙虚?」
「いいとこのお嬢だし、顔もキュートだ、普通さもっと図々しくなるんだよ。自分の幸せだけ考えて相手のことなんてアクセサリーぐらいにしか思ってない。そんな子が振り絞ってついたうそなら。乗ってやろうと思ったんだよ。」陸橋の欄干に寄り掛かっている旺次郎に近づき
「結局ズルイの。ほら、だって、実際には、汚れてないわけだし」
でも、心は痛んだでしょ?。ウサタンにそんな嘘ついたとき死にたいくらい痛んだでしょう。ぎりぎりまで男を振り回していい一杯悩んで迷ってもいい、いつか後悔しないようにナ。:
「ひどい女じゃないかな?」
「いや全然。正直、ウサタンがうらやましいぐらいだよ。そんなに好かれてさ。」
「何もしてないのにぶたれて災難だったね。」
「ま、いいよ。」スーッと、芽衣が寄ったと思ったら、キスをした。
お休みなさいとはにかんだような顔をして言ったが早いか、走って消えた。<ラブレターを押しつけて パタパタと去っていく・・・>
旺次郎好みの芽衣でした。橋の上から、ずっと芽衣を眼で追っていました。

アイアイとウサタンがそろって帰宅。またロビーにはバーが出ていた。
二人で土下座して「Oちゃんごめん」でもね、俺も謝んないといけなんだよね。と意味真ことを言った。
「芽衣ちゃん送って、一寸キスしちゃったから」
「またまたもうその手には乗らない。」{マジ唇柔らかかった」
「よくないだろ、バカ!」
「バカはあんたでしょう。お金返して」
「ほら、ウサたんにも」とキスのお返しをOちゃんがした

やっと3回目、アップできました。もうこれ以上の感想は書けません。
疲れました(ふ~)
今日は、「銭ゲバ」アップします。

******
今までの感想は、こちら

« 《ありふれた奇跡》★04 | トップページ | 《銭ゲバ》★03 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

3回目なのね~(◎-◎)お疲れさまです。
ココログさん、調子悪いのかな。。。

シャッフルすることで、みんなが自分の中に
何か見つけた感じになっていくのが良いですね♪
海里の変化に興味があります^^

>花男の時も恋人として共演してました。
お~!開始当初は覚えてたんですが、今回はすっかり
忘れてましたわ~sweat01
同じようにクールな役柄とはいえ、翔太くんのイメージが
かなり違うんだもん(笑)。

>真白な画面になって、私は真っ青
大変な状況をお気の毒に思いつつも・・・上手いっ!good

またまた消えちゃったの?お疲れさまです。happy02
菊リンは自分の心を癒した方が良さそうですね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/43919927

この記事へのトラックバック一覧です: 《ラブシャッフル》#03:

» ラブシャッフル 第3話 愛情の境界線 [レベル999のマニアな講義]
『愛情なのか友情なのか』内容つい、、、玲子(小島聖)とやってしまった啓(玉木宏)、、でも覚えていない。そんななか、新しいシャッフルがはじまる。旺次郎(松田翔太)と芽衣(貫地谷しほり)正人(谷原章介)と愛瑠(香里奈)啓と海里(吉高由里子)諭吉(DAIGO...... [続きを読む]

» 『ラブシャッフル 第3話』 [ +Paraiso*Caprichoso+]
ラブシャッフル今週もカップル別にみてみると・・・菊リン&アイアイ性格が男っぽいアイアイとは焼き鳥屋さんでがっつりビールかっ喰らいながらも勘の鋭いアイアイは菊リンの過去をツンツンその結果、菊リンには学生時代に付き合っていた彼女が自殺したとい...... [続きを読む]

» ラブシャッフル 第3話 「愛情なのか友情なのか」 [TVお気楽日誌]
玲子(小島聖)とのことは芽衣(貫地谷しほり)には内緒にしてほしいとお願いする啓(玉木宏)。今回は芽衣が相手だと挑発する旺次郎(松田翔太)。「全力でいかせてもらいます。」菊田(谷原章介)「狂おしい嫉妬、やきもち不安、それらを抱えて回り続ける。なぜならそれがラブシャッ....... [続きを読む]

» ラブシャッフル 第3話「愛情なのか友情なのか」 [Happy☆Lucky]
第3話「愛情なのか友情なのか」 [続きを読む]

» ラブシャッフル 第3話 [エリのささやき]
ようやく慣れてきました(笑)ドラマとは耐えるものなんですねえ〜 [続きを読む]

» ラブシャッフル 第3話 [塩ひとつまみ]
2回目のラブシャッフル。 パートナーは  啓 海里  諭吉 玲子  旺次郎 芽衣  菊田 愛瑠 先週、玲子と山を登ってしまった?啓は 芽... [続きを読む]

» ラブシャッフル 第3話:愛情なのか友情なのか [あるがまま・・・]
チュウざます〜w( ̄Д ̄;)wワオッ!! 諭吉と人妻のベッドシーンより、芽衣が旺次郎にキスした事より、旺次郎とうさタンの キスシーンに1番ドキドキ{/m_0137/} 今回のうさタンのお相手は美大生。画廊を経営してるパパは、 絵を描く事以外禁止してるだなんて・・・ パパこそ異常じゃねーの?パパもカウンセリング受けた方が・・・{/m_0162/} パパの目を誤魔化す為に、絵のモデルのふりをする全裸のうさタン{/face2_lose_s/} てか本日見た女性誌に、玉木くんと吉高さんの噂が出てたから、め... [続きを読む]

» ラブシャッフル 第3回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『愛情なのか友情なのか』 [続きを読む]

» ドラマ「ラブシャッフル」第3話 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
2回目のラブシャ!!折角1回目のラブシャで上手く行ったかと思ったら、またも新しい出会い?ってか、今回は波乱でしたね(^^;)このドラマ、感想がというか、あらすじが書きにくいので、抜粋で簡易感想で今後は行きます!!・・・本当着地点が見えないので、最後どう...... [続きを読む]

» ラブシャッフル 第3話 [ぷち丸くんの日常日記]
1週間ごとに互いの恋人を交換する「ラブシャッフル」の2回目が始まった。 芽衣(貫地谷しほり)の相手は旺次郎(松田翔太)に決まり、啓(玉木宏) は2人の動向を気にかける。 そんな折、啓は芽衣から、旺次郎と寝たことを告げられる。 正人(谷原章介)、愛瑠(香里奈)と... [続きを読む]

» ラヴ・シャッフル 第3話 [まったり☆てぃ〜たいむ]
朝、フロアで顔を合わせる啓、愛瑠、旺次郎、正人。 啓は芽衣には言わないで欲しいと頼む。 「覚えてないんだ。」と。 そして「全力でいかせてもらいます!」と宣言する3人。 啓はあたふたする。 全く啓は・・・ なんだかんだ言いつつシャッフルに参加してるんだから、 いい加減腹括れよ!! 旺次郎と芽衣は撮影会。 啓は海里のアトリエへ。 そこへ父親がやって来る。 「君は誰だね?」 諭吉と玲子は蕎麦屋。 「お蕎麦でいいんですか? 精がつかない・・・」と諭吉。 愛瑠... [続きを読む]

» ラブシャッフル 第三話「愛情なのか友情なのか」 [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
朝、フロアで顔を合わせた啓(玉木 宏)、愛瑠(香里奈)正人(谷原章介)、旺次郎(松田翔太)玲子(小島 聖)と一夜を共にしていた啓は、必死で覚えてないと言い訳するが、愛瑠に冷たい目で見られる。ラブシャッフルに全力でいくという3人に、啓は焦りまくる。... [続きを読む]

» ラブシャッフル#3 [Sweetパラダイス]
それぞれの恋人を週ごとに交換するラブシャッフルの2周目実際はありえないですよね〜こんなことやったらダメでしょ海里がほったらかしになってるんですけど玉木くんのは・だ・かごちになりました先生の本命って修羅場になっちゃうよ自殺?確かに同情と愛情は違うよね〜ア...... [続きを読む]

» パンダがウチにやってきた(ラブシャッフル#3) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『ラブシャッフル』This is SEX!!!触んないでよ! 妊娠すっから!!!今週も死語というか、野島伸司の臭い語録が炸裂なぜならそれが、ラブ・シャッフル!L (_) ≦(^^)人間の性への本能、キラキラした物への欲望が、エロス。死へ....... [続きを読む]

» 【ラブシャッフル】第3話 [見取り八段・実0段]
全力で行かせて貰います諭吉は玲子さんと蕎麦屋デート。玲子さんは、諭吉相手では全く食指が動かないらしい菊りんとアイアイは居酒屋デート。啓は、海里のアトリエに連れて行かれ、絵を描くこと以外禁止のパパと鉢合わせ。絵のモデルのためのバイトと言うことに・・・旺次...... [続きを読む]

» ラブシャッフル第3話(1.30) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
「狂おしい嫉妬、やきもち、不安・・・ それらを抱えて、回り続ける。なぜなら、それがラブシャッフル♪」 ということで、ラブシャッフルの第2Rで、以下の組み合わせが誕生 ・IT企業の課長宇佐美啓@玉木宏 & 美大生の早川海里@吉高由里子 ・カメラマンの世良旺次郎@松田翔太 & 社長令嬢の香川芽衣@貫地谷しほり ・超リッチな株男の大石諭吉@DAIGO & 人妻の上条玲子@小島聖 ・心療内科医の菊田正人@谷原章介 & 通訳の逢沢愛瑠@香里奈 宇佐美啓&早川海里ペアは、ヌードモデルのアル... [続きを読む]

» 渡鬼の野村真美のヌード [渡鬼の野村真美のヌード]
渡鬼の野村真美のヌード [続きを読む]

« 《ありふれた奇跡》★04 | トップページ | 《銭ゲバ》★03 »

最近の写真