無料ブログはココログ

« 《ラブシャッフル》#01 | トップページ | 《銭ゲバ》★01 »

2009/01/18

《Q.E.D.証明終了》☆02

銀の瞳』(あらすじ)

可奈(高橋愛)が想(中村蒼)と古典の勉強に四苦八苦しているところへ幼なじみの鈴子(押元奈緒子)の結婚式の招待状が届く。鈴子の母は人形作家の七沢克美(江波杏子)で、無形文化財の候補にも上がるほどの人形を作っていた。もうすぐ作品を集めた人形館を開館する予定だったのだが、出資企業の大半が熱狂的コレクターの阿久津(谷本一)のダミー会社であると知り、失意のうちに克美は亡くなってしまう。その数週間後、人形館で阿久津が死体で発見された。・・・
     ******
可奈は、相変わらず。帰宅途中の燈馬を無理に家に連れて帰り、古典のお勉強。そこへ帰宅した父親。娘の部屋に男がいてもちっとも気にしなかった。
手紙が来ていると渡されたのが、亡くなった可奈の母の知人で、可奈を可愛がってくれた鈴子で、彼女の結婚式の招待状だった。
成り行きでまた連れて行かれた燈馬。もうすぐその家は、人形館になると楽しそうに話していたが、そこへ、阿久津と言う金融業者が鈴子の婚約者とともに来て、悪態をついて行った。

人形館の出資者が、阿久津のダミー会社で、ゆくゆくはのイン行間は彼の手に落ちることが見え見えだった。
体の弱い鈴子の母七沢克己は、著名な人形作家で、無形文化財の候補にも挙がっていた。そんな人形たちを見て、燈馬が驚いた。何も知らない加奈に、この人形が1体200万位すると脅かした。

阿久津の悪意があるやり方に体調がすぐれなかった克己は、亡くなった。
娘の鈴子は予定通り式を挙げると言っていた。初七日がすんで、鈴子の家の前を通りかかると、パトカーが止まっていた。阿久津が、人形の間で倒れて死んでいた。

可奈は、父の名前を言っても中へ入れてくれないので、昔の通り、塀を乗り越えて入った。廊下から伺うと、3人の第一発見者がいてそれぞれの証言が違うというものだった。

鈴子の婚約者吉野
改装のためアパートへ住んでいる鈴子を迎えに行き、鈴子を事務所において、ひとりで各部屋を見回っていた、阿久津の倒れているところに出くわし、「たいへんだ~」と叫んだ。皆が来て、警察へ電話という段になって、彼は新三マッサージをしたら助かるかも知れないと必死にしたが、だめだった。

鈴子
この家にきて、各部屋を一人で見回り、阿久津の倒れていつのを見つけた。「ふえ~」と叫んだ。ロビーにいた、管理人と婚約者が走ってきた。

安岡(管理人)
奥さまのスケジュール通り、今日はあの大きな人形を出して、絹布で拭いていた。1時半頃阿久津が現れ、どけと月ロバした。それから30分ほどして鈴子が現れた。鈴子に阿久津を合わせたくなかったので、飛んでいくと、阿久津が死んでいた。

証拠がそろわないから、わからないと言う燈馬に、工事の足場をするする上がって事件のあった部屋に入った可奈。調べるのはメールで指示があったじゅうたんがあるかどうか。

可奈の父が入ってきた。あわてて足場に乗った可奈は、Q.E.D.を見て滑った。燈馬も出てきて、大きな人形を見せてと言い、わかったが警察を混乱させたくないと口をつぐんだ。
父は第一発見者を全員集めるように言った。

燈馬は、吉野に前日阿久津に会ったときに七沢人形館のロゴの入った封筒を見ましたねと言った。2時に行くことも知っていた。
鈴子に、人形を売った1000万は婚約者のためで、男としての気持ちを考えると、金策に走り回っているとき、吉野からの連絡は受けたくなかった。

会社へ行くと七沢は、そちらへうかがっているはずと言われた。家に着くと安岡は、阿久津に合わせたくないと急いで出ようとするが、それを制して鈴子は行った。そこで阿久津が倒れているのを見つけて悲鳴を上げた。

どかどかと現れたのがあとの二人。

第一発見者は鈴子だった。鈴子をかばうため自分たちが第一発見者だと言った。

二人とも鈴子が犯人だと思った。忌み嫌っている阿久津が鈴子さんの足元で亡くなっているんですから。それと鈴子は護身用でスタンガンを持ち歩いている。それが凶器と考えたんでしょう。
吉野を犯人と思った鈴子は、人形を1体バッグに隠し、いないドロボーを作った。
安岡のいつも持っている絹を借りて顔を拭いた。その時は阿久津に突き飛ばされて倒れたので絹布は、床にあった。ゴム底の靴でウールの絨毯の上を歩きまわり、帯電した人形に触れたから静電気いっぱいで、普通の人にはちょっとびっくりするくらいの通電でも、阿久津にとってはペースメーカーを止めるに十分だった。事故によって亡くなった。

鈴子の結婚式の当日。いつもと違う洋服に鏡の前から動かない可奈。早くとせかす燈馬。そこへ安岡がライデン瓶静電気をためる瓶)を持って現れた。推測ですがと分かっていた燈馬。
他にはないウールの絨毯。スケジュールをきっちり書けた人。人形の図柄を確認した燈馬はそこに九尾の狐が描かれていたのを見た。

すべて推測ですから、これ以上の追求はしませんと燈馬は言った。

燈馬が推理しているときは、なかなかすっきり素敵です。
可奈の意味のない叫ぶようなセリフが少し気にならなくなりました。
燈馬くんが、紳士で、ポアロ見たいでいいですね。

*****
今までの感想は、こちら

« 《ラブシャッフル》#01 | トップページ | 《銭ゲバ》★01 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/43779363

この記事へのトラックバック一覧です: 《Q.E.D.証明終了》☆02:

» Q.E.D証明終了#2 [Sweetパラダイス]
前回よりは面白かったやっぱこうでなくっちゃね今回は【銀の瞳】おお〜サスペンスミステリーだ犯人は人形!?3人の証言が食い違ってるよ〜ちりとてちんの大ファンの私。実はゲストが気になったりして来週のゲストは誰かな〜?元凶は吉野だよな〜『知力の燈馬、体力の可奈』... [続きを読む]

» Q.E.D. 証明終了 第2回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『銀の瞳』 [続きを読む]

» Q.E.D.〜証明終了 第2話:銀の瞳 [あるがまま・・・]
犯人は死者!?〜〜〜(m-_-)mウラメシヤァ だけど逮捕出来ないんだから、しょうがないよね{/face_ase2/} 可奈が想と古典の勉強に四苦八苦しているところへ 幼なじみの鈴子の結婚式の招待状が届く。鈴子の母は人形作家の 七沢克美で、無形文化財の候補にも上がるほどの人形を作っていた。 もうすぐ作品を集めた人形館を開館する予定だったのだが、 出資企業の大半が熱狂的コレクターの阿久津のダミー会社であると知り、 失意のうちに克美は亡くなってしまう。その数週間後、 人形館で阿久津が死体で発見された。... [続きを読む]

» 「Q.E.D.証明終了」第2話 [日々“是”精進!]
   第2回「銀の瞳」可奈が想と古典の勉強に四苦八苦しているところへ幼なじみの鈴子の結婚式の招待状が届く。鈴子の母は人形作家の七沢克美で、無形文化財の候補にも上がるほどの人形を作っていた。もうすぐ作品を集めた人形館を開館する予定だったのだが、出資企業の...... [続きを読む]

» Q.E.D.証明終了 第2話 銀の瞳 [アニメ日和]
想に勉強を教えてもらう加奈。 [続きを読む]

» NHKドラマ8 Q.E.D.証明終了 第2回 3人の第一発見者 [レベル999のマニアな講義]
『銀の瞳』内容可奈(高橋愛)の幼なじみ・七沢鈴子(押元奈緒子)が結婚するというので、燈馬(中村蒼)とともに鈴子の家に行く可奈。そして、久々に鈴子の母・克美(江波杏子)と再会。実は、無形文化財の候補に挙がるほどの超有名な人形作家だった。話によると、自ら作...... [続きを読む]

» Q.E.D.証明終了vol.2 [ita-windの風速計]
■Q.E.D.証明終了原作者/加藤元浩脚本/藤本有紀演出/伊勢田雅也http://www.nhk.or.jp/drama8/qed/第2話銀の瞳〜人形の館で変死事件?--------------------------------------------------------可奈の母親が仲良くしていた縁で七沢家の鈴子の事を姉の様に慕っていた彼女...... [続きを読む]

» 【Q.E.D.証明終了】第2話 [見取り八段・実0段]
石の香や 夏草あかく 露あつし可奈の亡くなった母の親友だった人形作家・七沢克美の1人娘、鈴子が結婚する事になった。お祝いに行く可奈だったが、その場に金融会社社長の阿久津が現れる。阿久津は、七沢の計画する人形館の乗っ取りを企み、鈴子の婚約者・吉野にも借金...... [続きを読む]

» Q.E.D. 証明終了 第2回「銀の瞳」 [空色きゃんでぃ]
今回もQ.E.D.しちゃいます(。+・`ω・´)キラーン☆ 大卒の天才高校生・燈馬想(中村蒼)と剣道少女水原可奈(みずはらかな) すっかりコン... [続きを読む]

« 《ラブシャッフル》#01 | トップページ | 《銭ゲバ》★01 »

最近の写真