無料ブログはココログ

« 《ありふれた奇跡》★03 | トップページ | 《銭ゲバ》★02 »

2009/01/24

《ラブシャッフル》#02

運命の人は一人だけですか?』(あらすじ)

1週間ごとに相手を代えるというルールの下、早速、ラブシャッフルが始まる。啓(玉木宏)は旺次郎(松田翔太)のパートナー・玲子(小島聖)と、愛瑠(香里奈)は旺次郎と、正人(谷原章介)は芽衣(貫地谷しほり)と、愛瑠のパートナー・諭吉(DAIGO)は正人の患者・海里(吉高由里子)と1週間、恋人として過ごす。啓は積極的に恋人関係を楽しもうとする玲子の態度にタジタジとなる。愛瑠はカメラマンの旺次郎に撮影してもらうが、しつこく質問され、気分を害す。諭吉は海里とのデートで懸命に話し掛けるが、海里は寡黙なままで盛り上がらない。そんな中、啓は玲子と出掛けたバーで、外国人客と小競り合いになる。
     *****

ラブシャッフル!
恋人交換は始った。でも、これって、正人が勝手に決めてるんでしょう?何かわけありとしか思えませんね。

今回は、みんなが出てきて、玉木さんの痩せすぎが気になりませんでした。ヨカッタgood

啓が、半分消えそうな自尊心を引きずって帰宅。エレベーターが開くと、廊下で宴会がたけなわだった。料理がストレス発散の旺次郎、正人、愛瑠だった。早くパジャマに着替えて、パジャマパーティーに参加しない?

こんなとこじゃなくて部屋で飲めばいいじゃない

僕の部屋は本で埋もれててね。
俺も暗室がわりにしてるから
私はまだそこまであなたたちに心を許してないし。
すごい許してる雰囲気だけど
君の部屋は、現実的に君が借りているわけではないし。
それ言いますか。今の俺に。

社長に呼ばれたが、芽衣は、まだぎりぎりまで話さないでいてくれた。
それを聞いて、3人とも、芽衣の肩をもった。
いっそのこと話してすっきりさせたいだろうね。
辛いだろうね。
罪悪感は日々募る。なのにあなたは自分の事ばっか。何がセーフよ。人格的にはアウトじゃない

翌日。
啓は、また精のつく食事を玲子ママから食べさせられた。

愛瑠は、旺次郎からスタジオに呼ばれ、たくさんの衣装をつけて、彼の質問に答えながら、写真を撮られた。
質問が核心に触れた。愛瑠は、双子の兄祐樹。小学生の時に病気で亡くなった。彼が原因で恋愛できないのではと旺次郎。

正人は、芽衣を部屋へ入れた。
人を癒すには3Pが必要だと言われている。
プラント、ピープル、そしてペット。
せっかくだから催眠療法をと言われ、椅子に座った。

廊下で出会った啓は気が気でない。出てきた芽衣は、ボーっとしていた。そのまま愛瑠が乗ってきたエレベーターに乗り込んだ。
愛瑠は、涙を拭きながら、帰って来た。それを見て、諭吉は、動揺した。
駐車場から上がってくる旺次郎を襲ったが、ボクシングをしている彼に殴られて倒されただけだった。愛瑠に何をしたんだ。いきなりヌードで写真撮ったとか。「心は裸」にしたけどな。
そんな愛瑠は、プールでバリバリ泳いでいた。
不幸が押し寄せているのはおれだけじゃない。良い思い出は思い出としては辛いこともある。

諭吉は正人の患者海里。リストカッター。何も話さない。歩いていると突然トラックの前にいる。危ない子。諭吉が一方的に話すだけ。

愛瑠は、食料品を買い込んだ旺次郎の荷物を取って、料理教えてもらおうかな。
祐樹のこと思い出すとね、私はいつも時間が止まっちゃうの。
いくつの時?
小6。
事故?
ううん、病気。どんどんやせちゃってね。双子だからね時々罪悪感がわいて。・・祐樹じゃなくて私がなってもおかしくないのに。でも不思議、眼だけは澄んでいて、きらきらしていたの。お医者さんにもうダメと言われた晩。祐樹から離れなかった。夜中泣いてたら、祐樹を起こしてしまった。「もう泣かないで、よかったよ、愛瑠じゃなくて僕で
それじゃハードル高えな。そんな男と比べられたら。だけど俺ならいい勝負だ。俺がもし死にかけたら「愛瑠じゃなくてよかった」と言ってやるよ。そしてすぐにキスかと言うところで、うさたんから電話。玲子を持て余して、今六本木のバーで、黒人と戦うことになりそうだと。仕方なく駆けつけた。ビリヤード対決は?
菊リンと食事の芽衣は、ギャラリーがいれば、絶対系がかつと言った。私はいつでもファンなんです。啓は本当は2流じゃないすごいんです。

そんな啓は、玲子を連れ込んで、朝食会にも顔を出さない。愛瑠がドアホンを鳴らすとやっと出た。しかし玲子がシャワー借りるわと出てきたから、すっかりお冠。

シャッフルされてきましたねnote
かなり楽しくなってきましたよ。
何やってもカッコ良い松田さん。玉木さんより今回最注目heart04

菊リンは、あのヘヤースタイルいやらしいですね。

*****
今までの感想は、こちら

« 《ありふれた奇跡》★03 | トップページ | 《銭ゲバ》★02 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

cafeまこさま。

>キザなセリフも、旺次郎だとそれなりに聞こえるのが
不思議~。バケラッタのくせに(笑)

アハハscissors
違う番組で、アニキが出ていましたが、これが又イイオトコになってましたheart04

>谷章さんのヘアスタイル、ほんと変ですよねー
でも、いつもの外はねスタイルだと、ちょっと
軽く見えちゃうかもしんないので、役柄的には
いいのかも~

少しいやらしげな心療内科医run

beerくうさま。

>菊りんのヘアスタイル、不評ですよね~(^▽^;
あのべったりさがいやらしげで(笑)

>いつも、すましていて、何も悩みがないような
菊りんの裏に隠れる悩みや過去も、今後は
出てくるのかしら~。

この2話では、あまり働いていなかったから、
きっとたっぷりでそうですnote

cakeひかるさま。
お返事遅れsweat01

>昨日のラブシャは想像をそそって、あんな恋愛したいこんな心に動きがあるのか
そういったワクワクな気持ちにそそられました

そうそう。中々みんなが乗ってましたねnote
2回めにしては、楽しかったです。
>だから、都合で見えなかった1話目を再放送して欲しいです

実は1話はあまり乗れませんでしたannoy
再放送は最近早いから、きっともうすぐですよ。

コメントをありがとうございました。
また遊びにいらしてくださいね。

キザなセリフも、旺次郎だとそれなりに聞こえるのが
不思議~。バケラッタのくせに(笑)
谷章さんのヘアスタイル、ほんと変ですよねーsweat01
でも、いつもの外はねスタイルだと、ちょっと
軽く見えちゃうかもしんないので、役柄的には
いいのかも~coldsweats01

菊りんのヘアスタイル、不評ですよね~(^▽^;
いつも、すましていて、何も悩みがないような
菊りんの裏に隠れる悩みや過去も、今後は
出てくるのかしら~。

昨日のラブシャは想像をそそって、あんな恋愛したいsign01こんな心に動きがあるのかsign02
そういったワクワクな気持ちにそそられましたsmile

だから、都合で見えなかった1話目を再放送して欲しいですflair

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/43837818

この記事へのトラックバック一覧です: 《ラブシャッフル》#02:

» ラブシャッフル 第2話:運命の人は一人だけですか? [あるがまま・・・]
うさたんが人妻と…(/TДT)/あうぅ・・・・ いや〜ん、そうゆうのもアリなんだ{/face2_lose_s/} てか、ビリヤードでかっこいいとこ見せちゃったもんね〜。 しかも自分の為に戦ってくれたんだと思うと、そりゃあの人妻もはぅ〜ん{/hearts_pink/}ってなるわな・・・ きっとあの後、うさたんを酔いつぶして、無理矢理せまったに違いないっ{/ee_3/} ちくしょーーー{/rabi_angry/} てゆ〜かぁ、劇中で諭吉がこのセリフ言ってたけど ぶっちゃけ日常生活で「ちくしょー」なんて... [続きを読む]

» ラブシャッフル 第2話 [エリのささやき]
どうもこのドラマは自分には向いてないなあ〜と思うこの頃でした。 [続きを読む]

» ラブシャッフル 第2回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『運命の人は一人だけですか?』 [続きを読む]

» 【ラブシャッフル】第2話 [見取り八段・実0段]
やっぱり、このドラマは音楽がいいみんな、それぞれの場所で歌う「DancingQueen」本当にいつの世代の若者なの?愛瑠は、旺次郎に写真を撮って貰う。啓は玲子にスッポンを驕って貰う。諭吉と海里は、ファーストフード・デート。全く会話がはずまない。最初に一番つまらない...... [続きを読む]

» ラブシャッフル 第2話 「運命の人は一人だけですか?」 [TVお気楽日誌]
なぜかエレベーターホールでパジャマパーティーをしてる3人。社長に呼ばれたが、まだ何も言ってなかった芽衣(貫地谷しほり)に感謝する啓(玉木宏)。 [続きを読む]

» ラブシャッフル だんだんおもしろくなってきたんじゃないすか!? [NelsonTouchBlog]
題名まんまの恋人交換、ラブシャッフル。一見不純極まりない感じがするこのドラマも、見てみれば意外とピュアに溢れてる(と思いたい)。まあ、現実にこれを実行することは不可能に近いと思うんですけどね。。 一話はそれぞれの登場人物の紹介と、ラブシャッフルを実行するまでの背景。今回の二話から本格的なシャッフルが始まりました。 実行しようと提案したのは精神科医の谷原章介。この人ヒョウヒョウとして感情が読み取りにくいから真意はわかりずらいけど、患者の吉高由里子を参加させて、彼女の自殺願望を止めるために...... [続きを読む]

» ラブシャッフル第2話(1.23) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
ひょんな経緯から、ラブシャッフルすることになった4組のカップル、 ・IT企業の課長宇佐美啓@玉木宏 & 社長令嬢の香川芽衣@貫地谷しほり ・通訳の逢沢愛瑠@香里奈 & 超リッチな株男の大石諭吉@DAIGO ・カメラマンの世良旺次郎@松田翔太 & 人妻の上条玲子@小島聖 ・心療内科医の菊田正人@谷原章介 & 美大生の早川海里@吉高由里子・・・。 で、最初のラブシャッフルで、以下の組み合わせが誕生 ・宇佐美啓(玉木宏) & 上条玲子(小島聖) ・世良旺次郎(松田翔太) & 逢沢愛瑠(香... [続きを読む]

» ドラマ「ラブシャッフル」第2話 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
1周目のラブシャ開始!!すっかりみんなのぬいぐるみ扱いになった啓。でもこのヘタレ感が愛されているよう。「ふふっ」って指を振る玉木くんが可愛すぎるっ!!でも本当シャッフルな恋人たちが交互に出てきて、ものっそめまぐるしい(><)ちょっと落ち着いて見せてくれ...... [続きを読む]

» ラブシャッフル 第2話「運命の人は一人だけですか?」 [Happy☆Lucky]
 第2話「運命の人は一人だけですか?」 [続きを読む]

» ラブシャッフル:第1話・第2話 [日常の穴]
「切ない思いを残して回り続ける。それが・・・」 「ラブシャッフル」 オモロー。 これは久しぶりにおもしろい恋愛ドラマ。 そこでふと思ったのは、最近は命を扱うドラマや職業モノ... [続きを読む]

» 「ラブシャッフル」第2話 [fool's aspirin]
ラブシャって言い方なんかイヤじゃね? またしても台詞運びはいろいろ微妙な野島脚本だが、 ラブシャによって、個々のキャラのいろんな側面が 見えてきましたよ! ダンシング・クイーン アバ JUGEMテーマ:エンターテイメント... [続きを読む]

» 何があったか覚えていないのがラブシャッフル(玉木宏)観賞用植物・愛玩動物・都合のいい人(貫地谷しほり)3P(香里奈) [キッドのブログinココログ]
ああ・・・またしてもタイトルでスパム扱いの悪寒が・・・。ラブ射~は自粛したにもか [続きを読む]

» 新手のキャラ紹介?! (ラブシャッフル) [のほほん便り]
軽妙なテンポでコミカルに進む、ラブシャッフル 最初は微妙なズレと居心地悪さ。距離感。だけど、それによって、意外なところから「新たな一面」?! …ありますよね。往々にして、そういうことって そういう、人間関係の機微をうま~く突いてて、なかなかに楽しかったです。 それを、登場人物の紹介に使うアイディアが面白いなぁ、と感じました しかし、啓(玉木 宏)。ビリアードがあれほどうまかったとは! 男前で、ユーモラスな味をだしつつ、“翻弄され男”が似合うとは、ますます大成の予感 (古典... [続きを読む]

» 酒を飲んでも山は登るな(ラブシャッフル#2) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『ラブシャッフル』  胸の谷間にくぎ付け!!!社長令嬢・香川芽衣@貫地谷しほりに婚約破棄された“うさタン”宇佐美啓@玉木宏ったら、セレブな人妻・上条玲子@小島聖にスッポンの生き血を飲まされ、ビールを禁止され、夜の戦いに備えて、精力♂をつけされられるのであ....... [続きを読む]

» ラブシャッフル 第2話 [塩ひとつまみ]
第1回目のラブシャッフル。 パートナーは  旺次郎 愛瑠  諭吉 海里  菊田 芽衣  啓 玲子 ちなみにみんなが口ずさんでいたのは ア... [続きを読む]

» ラブシャッフル(第2話) [霞の気まぐれ日記]
今回は、愛瑠(香里奈)の過去が明らかに。。 双子の兄がいたんですね~。 小学生のとき、彼は病気で亡くなってしまった。。 そんな彼と比べてしまうから、彼女の恋愛はうまくいかない、、、と。。 何もしゃべらない海里(吉高由里子)に対して、 一生懸命はなしかける諭吉(DAIGO..... [続きを読む]

» TBS「ラブシャッフル」第2話:運命の人は一人だけですか? [伊達でございます!]
パートナー交換のファーストステージ(2日程度の出来事にした見えませんでしたが)。 つまらないけど、おもしろい。軽そうで、深そう。不思議なテイストのドラマです。 [続きを読む]

» 吉高由里子が「あんなに格好いい岡田将生は初めて」とベタ褒め [あの人はこんな方]
吉高由里子が「あんなに格好いい岡田将生は初めて」とベタ褒め5月に全国公開を控える映画「重力ピエロ」の完成披露試写会が20日、都内で行われ、舞台あいさつに加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、脚本を担当した相沢友子氏、森淳一監督が登壇した。本作は、人気作家・伊坂幸太郎の70万部のベストセラー小説を映画化したもの。連続放火事件と奇妙なグラフィティーアートの関係を追う兄弟が、その事件の先にある驚がくの真...... [続きを読む]

» 「ラブシャッフル」第弐話 〜この女は、易々と抱ける女ではない〜 [混沌と勇気日記。 〜混沌とした情報を伝えし者By精神年齢27歳。〜]
ひょんなことから知り合いになった同じマンションに住む、啓(玉木 宏)、愛瑠(香里奈)、旺次郎(松田翔太)、正人(谷原章介)は、お互いのパートナーと共に“ラブシャッフル=恋人交換”をすることになる。1週間ごとに相手をシャッフルするというルールのもと集まった8人。最初のラブシャッフルは、啓が旺次郎のパートナー・玲子(小島 聖)と、愛瑠が旺次郎と、正人が啓のパートナー・芽衣(貫地谷しほり)と、愛瑠のパートナーである諭吉(DAIGO)が正人の患者の海里(吉高由里子)と恋人として過ごすこととなる。... [続きを読む]

« 《ありふれた奇跡》★03 | トップページ | 《銭ゲバ》★02 »

最近の写真