無料ブログはココログ

« 《ジャッジⅡ~島の裁判官 奮闘記》☆04 | トップページ | 《チーム・バチスタの栄光》#06 »

2008/11/18

《イノセント・ラヴ》#05

『救いの手』(あらすじ)

佳音(堀北真希)は、殉也(北川悠仁)の前から姿を消す。アルバイト先に姿を見せないだけでなく、携帯電話までつながらなくなってしまった。一方、耀司(福士誠治)は、雑誌記者の池田(豊原功補)を襲撃した後、故郷の長野に向かう。そして、山本(山本圭)という心療内科医の医院に侵入し、佳音のカルテを盗み出して破棄。山本は、6年前の事件の後、佳音を診察した医師だった。新聞では耀司が起こした襲撃事件が報道されていた。佳音は、刑事から耀司の事件を聞かされ、マスコミも佳音のアパートに押し寄せていた。そんな中、美月(香椎由宇)から事件の記事を見せられた殉也は、昴(成宮寛貴)に教えてもらい、佳音のアパートにくる。
     ******

美月に、殉也の前から消えるように言われた 佳音。目覚ましのベルの音で目覚めたが、隣の布団には耀司が帰った様子が無かった。

殉也は、バイトも無断で休んだ佳音に連絡を取ろうと、何度も電話したが、スイッチが切れていた。昴の工房へ行き、佳音の住まいを聞いた。携帯もつながらないし、自宅も知らないし。昴はほっといた方がいいんじゃないかな。自分からいなくなったってことは、探してほしくないと言うことなんじゃないかな。

鉄工所から電話がかかり、耀司が顔を出さないと言われた。
心配する佳音だったが、耀司は、記者の池田を襲ってから、PCの記事を消して、すぐに長野へ向かった。山本心療内科についた。そこはかつて、佳音がPTSDの治療でかかっていた。山本が鍵をかけて外出したのを見届けて中に入り、佳音のカルテを探し出して、持ち出して燃やした。

佳音の部屋がノックされた。お兄ちゃんと言いながら開けるTぽ、警察が来た。耀司が戻っていないと知ると家宅捜索が始まった。
「兄が何か?」といぶかる佳音に「記者の池田次郎さんを襲ったんです」と言われた。

病院でかなり元気な池田。高校時代、”石頭の池”とあだ名されたくらいの硬さがで、大したダメージは受けていないようだった。自分のPCを持ってきてくれた編集長に、
「ヤツ(耀司)が、俺を狙ったのは、俺の取材がいい線ついているからじゃないですか?」

耀司はすぐに東京まで戻った。鉄工所でケンカした同僚の所に匿ってくれと身を寄せた。
新聞でも指名手配されたと載っていた。
殉也も、洋服の寸法直しにきた美月に、「仕事が面白くなくて辞めたんじゃないの」と言われ、ムキニなって「そんな子じゃないんだ。やっぱり警察に連絡してみようかな」と言いだされ、「そんなことしなくても判るわよ。彼女の事なら。」「え?」
「お兄さんが犯罪者なの。秋山耀司って名前。新聞にも載ってるわ。」佳音とのやり取りで、兄は出てこなかったのを思い出していた。

弁護士に連絡を取る佳音。再犯は難しいと言われた。「被害者が示談に応じるしかないわね」とまで言われてしまった。ドアの向こうには、記者連中が集まって佳音に話を聞きたがった。

昴に再度佳音の住所を聞く殉也。「この前あの子、聖花の誕生日に、手作りのケーキを持ってきてくれたんだ。」

佳音のアパートにつくと、記者たちがコメントがとれなくてぶつぶつ言っていた。ドアをノックするが開かない。と、かすかに聞こえるのは、淳哉がお礼に上げたオルゴールの音色。「佳音ちゃん、中にいるの?」好きな人の声はわかるものです。ためらいがちにドアが開いた。中へはいる殉也。お兄さんの事新聞で読んだよ。どうして言ってくれなかったの?首にされると思ったの?」後ろを向いている佳音に向って言った。
「今までそうだったんです。ずっと、兄のことを知られると、離れていくんです。みんな・
「僕は離れないよ。僕には判るから。何かを背負ってどんどん一人ぼっちになる君が。
聖花のことを話したとき、君は僕のために祈ると言ってくれた。僕も君のために祈るよ。」

病院。池田の病室。佳音が、ノックした。中では、退院の用意をしている池田が返事をした。兄を許してくれと勝手なお願いを言う佳音。なんでもしますからと必死な佳音に、お願いを聞いてあげないと言うわけでもないと記者魂が頭をもたげた。
「ただし、条件がある。」事件の後、PTSDの治療でかかった山本医院で、佳音のカルテだけがなくなっていた。もう一度治療を受けて、もう一度山本先生の治療を受けて6年前の記憶を思い出してほしいんだ。

殉也の家を掃除するようになり、かなり殉也にも心を開けるようになった、佳音。
「明日長野に行こうと思う。兄の事何か手掛かりがつかめるかもしれないし。それに私ももう一度、ちゃんと昔のこと思い出してみたいんです。・・あの事件のころになると、家族の顔がボンやりして。」知った方が立ち直れると思う。

治療が始まった。今、佳音は12歳。Xmasのパーティ。終わって各人が部屋に戻り、佳音はサンタを待っていた。階段を上がる足音が聞こえ、そして・・佳音は、過呼吸になった。
帰路。林の続く場所で池田は車を止めた。差し出されたのは、1枚の写真。

幸せそうな顔の両親と自分と、兄だった。
車のドアを開けて、走る佳音。追う池田。
<これはどこかで見たことがある場面だ・・>
時々佳音が夢でうなされる場面とそっくり

池田が追いついて、佳音の腕を掴んだ。転ぶ佳音。起こそうとする池田。
佳音はパニックを起こしそうだった。一人で座り込んで両腕を堅く自分にまきつけて震えていた。池田は、解った。父親か兄が佳音を襲ったことを。
「何もしないよ。帰ろう」と声をかけた。

ピアノバーでは、長野に行った佳音が、顔を見せず、気にした殉也がアパートへ行くと、ノックに声がない。ドアノブを回すと鍵をしていなかった。暗い中で座り込んで泣く佳音が振り向いた。
佳音は、兄の荷物が置いてあるのに気づき、袋の中からシャツを出すと、赤い血がついていた。そこでフラッシュバック。倒れている男。父親と、横に母親。呆然と立ち尽くす男・・・振り返った顔は、兄!!ナイフは床に転がり、兄の手は血で真っ赤だった。

「佳音ちゃん、大丈夫?」電気をつけてすぐ横に座った殉也。
「池田さんが持って来たんです。思い出せって言われて、私・・それで、思い出したんです。ずっと忘れてたこと。お兄ちゃんがナイフを持っていた。そのナイフGあ落ちて、血で真っ赤に染められていた。やっぱりあの時お兄ちゃんが、お父さんとお母さんを手に賭けたんです。でもどうしてもわからない。あんなにやさしいお兄ちゃんが、何であんなことをしなきゃいけなかったのか?仲のいい家族だった。お父さんも、お母さんも、お兄ちゃんも。・・でもお兄ちゃんが引きこもるようになって、少しずつ壊れていった。それでもお兄ちゃんは、何もやってないと思ってた、なのに、お兄ちゃんを信じて頑張ってきたのに。(激しく泣く)」
殉也が抱きしめていた。
泣く佳音が声を止めた。耀司がすぐ前に立って居た。殉也も振り返った。
「そうだよ、佳音。俺が、父さんと母さんを殺った。二人を殺して、あの家に火をつけたんだ。よく思い出したな。けど、もうこれ以上、何も思い出すな。」と言うと、警報音がなっている踏切を走って消えた。
握りしめた手を開くと、クリスマスプレゼントに佳音が送ったクロスがあった。
すぐそこは、警察だった。

殉也は、佳音を自宅に連れ帰った。「ただいま、聖花、佳音ちゃん連れて来たよ」明るく声をかけた。つづけて入ってきた佳音は、横を向いている聖花の目とまともにぶつかった。
「向こうのソファで、眠れるかな?」近づいて、肩に手を置き「大丈夫、もう恐い思いをさせないから。」どこまでもY指しい殉也。
聖花に「おやすみなさい」と言って佳音は部屋を出た。しばらくして、聖花の心臓は鼓動が落ちて、目から涙が流れ、いつも開いている両眼が閉じられた。心電図は警戒音を鳴らした。

怒涛のように、事実が顕わになりました。
それでも、まだ耀司が隠していることこそが、おとなしい耀司を狂気に走らせた動機だったのでしょう。
聖花は、自分に向けられていた、殉也の重たすぎる想いが、佳音に向いてきてことから、安心したのでしょうか?でもまさか、内田さん、回想シーンでしかしゃべらないのでしょうか?
置いてきぼりの美月と昴は何か企むのかな?

*****
今までの感想は、こちら

« 《ジャッジⅡ~島の裁判官 奮闘記》☆04 | トップページ | 《チーム・バチスタの栄光》#06 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

取り合えず、耀司の変わりに美月が暴れるキャラになりそうですね。
聖花はやっぱり安心したのかな?殉也重そうでしもんね…(; ̄ー ̄A

聖花の顔がアップになるたびに、何か表情に
変化が現れるのではと、聖花並みに目をくわっと
見開いて凝視して疲れましたわ~coldsweats01
最後の最後で涙を流して命が切れた聖花・・・
次週、何が起こるのか楽しみですわ~♪

>置いてきぼりの美月と昴は何か企むのかな?
今回は大人しかったですもんね^^;

耀司はやっぱり自首したんでしょうか?
もうホラーは見られないのかな~(笑)

>聖花は、自分に向けられていた、殉也の重たすぎる想いが、佳音に向いてきてことから、安心したのでしょうか?

ね~。。。聖花の涙は色々な意味に取れますね。
まだ死なないとは思うんだけど~。。。
昴の考えはよく解りませんが、美月の攻撃は強まるんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/43150112

この記事へのトラックバック一覧です: 《イノセント・ラヴ》#05:

» イノセント・ラヴ 第5話「救いの手」 [Happy☆Lucky]
第5話「救いの手」 [続きを読む]

» 【イノセント・ラヴ】第5話 [見取り八段・実0段]
池田を殴った後、耀司は山本心療内科に忍び込み、佳音のカルテを焼く。帰って来ず、職場にも行っていない耀司を心配する佳音の元に刑事がやってきて家宅捜索を始めた。記者の池田二郎さんを襲ったんです。耀司は、職場のうるさい男・卓夫の元へ匿ってくれと駆け込んでいた...... [続きを読む]

» イノセント・ラヴ【背後にたつ男 耀司】 [FULL OF LOVE]
 ども。殉也よ、お前もか、と勝手に佳音の家の中に入る姿を見て思ったすももです。何?このドラマは皆、鍵が開いてれば入るわけ?ってか、みんな鍵かけよぉ〜よ〜〜(^_^;)とシリアスなシーンで爆笑しながら思ったすももです(笑)  なんだよ、なんだよ。先週くらいから、ホ....... [続きを読む]

» イノセント・ラヴ 第5話:救いの手 [あるがまま・・・]
志村、後ろ後ろ!\(>з<)丿ギャー 悲しみにくれる佳音の肩を抱く殉也の背後に、お兄ちゃん・・・ 殉也も殴られちゃうのかとドキドキしましたわ〜{/face2_lose_s/} んがっ、土足で部屋に上がり込むだなんて・・・ったくこの兄妹ったら どこまで常識ハズレなんだか{/hiyo_shock2/} お兄ちゃんは、殴打事件後の逃亡に、診療所への空き巣行為に 盗み出したカルテを焼くという犯罪行為に走り、 佳音ちゃんは、バイトを無断欠勤という社会人としてはあるまじき行為をっ! 佳音ちゃんは、記憶と共に... [続きを読む]

» ラブをとってイノセントにしたほうがいいイノセントラブ・衝撃の第5話 [NelsonTouchBlog]
記者を襲ってしまったことで、またしても指名手配になってしまったお兄ちゃん。だが、カナズチで殴ったわりには攻撃力がなく記者はぴんぴんしていた。記者のお願いで掘北真希は過去のことに向き合い始めた。どうしても記憶障害で思い出せない過去、だが、断片ながら記憶が戻ってきているようだ。 しかし!まっき真希はどうやら自分の都合のよいことしか思い出せてないようで・・。というより都合がいいように記憶を変えてしまっているんじゃないの!? お兄ちゃんは相変わらずいつのまにか現れていてその行動範囲は広いが、心...... [続きを読む]

» イノセント・ラヴ 第5話 [エリのささやき]
先週の第4話を見てないけれど特に違和感もなく入れましたわ^^;それがこのドラマの持ち味か??(笑 [続きを読む]

» イノセント・ラヴ 第5話 [イニシャルNが好き♪]
 [イノセント・ラヴ] ブログ村キーワード  池田、石頭だったのかぁ〜{/face_tehe/} とにかく死ななくて良かったです♪  お兄ちゃんを許してもらう為に、長野でもう一度治療をすることになった佳音。 これじゃあお兄ちゃんの苦労が水の泡{/ase/} 診療所では思い出せなかったのに、池田から渡された写真で何かを思い出してしまいました{/down/} ・・・やっぱり虐待?{/face2_hungry_s/}   更に部屋に戻り、レジ袋の中のシャツについた血痕を見て、事件当夜の記憶まで甦った... [続きを読む]

» イノセント・ラヴ 第5話 [アンナdiary]
う〜〜〜〜ん、佳音を襲ったのは父で、それを許せなくて兄が父親を殺した? もしそうだとしたら、何も母まで殺さなくても。。。 兄は何で引きこもりになったんだろうか? まだまだ謎が解けず。。。イライラ。... [続きを読む]

» 「イノセント・ラヴ」第5話 [日々“是”精進!]
Distance第5話佳音が殉也の前から姿を消した。殉也は佳音と連絡が取れなくなり、困惑する。佳音はアルバイト先に姿を見せなかっただけではなく、携帯電話までつながらなくなっていた。一方、耀司は雑誌記者の池田を襲撃した後、生まれ故郷の長野へ。山本という心療内科医...... [続きを読む]

» 「イノセント・ラヴ」第5話 [fool's aspirin]
お兄ちゃんが暴れまくったおかげで、 マスコミ殺到! でも池田はやっぱり全然元気だったよ。 石頭らしいですから…。 ☆あんまり意味のない注意書き→このドラマに限り、あらすじ書くことを放棄してますので、突っ込みテイストな感想が嫌いな方は、続きは読まれない方がいいと思います。 フジテレビ系月9ドラマ 「イノセント・ラヴ」 オリジナル・サウンドトラック TVサントラ JUGEMテーマ:エンターテイメント... [続きを読む]

» 「イノセント・ラヴ」第5回 [トリ猫家族]
 美月(香椎由宇)に命じられた通り、殉也(北川悠仁)の前から姿を消そうとした佳音(堀北真希)だったんだけど、じ〜っと見つめられ涙を流して去られちゃ お優しい殉也が黙っていられる訳がないじゃ〜ありませんか・・ でも、神父(内藤剛志)がせかすから・・・追いか....... [続きを読む]

» イノセント・ラヴ 第5話 「救いの手」 [テレビお気楽日記]
池田(豊原功補)を殴り、パソコンにあった記事のデーターを削除してしまう耀司(福士誠治)。 突然来なくなった佳音(堀北真希)を心配する殉也(北川悠仁)。 [続きを読む]

» イノセント・ラヴ 第5話 「救いの手」 [テレビお気楽日記]
池田(豊原功補)を殴り、パソコンにあった記事のデーターを削除してしまう耀司(福士誠治)。 突然来なくなった佳音(堀北真希)を心配する殉也(北川悠仁)。 [続きを読む]

» イノセント・ラヴ 第5回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『救いの手』 [続きを読む]

» イノセント・ラヴ 第五話「救いの手」 [掃き溜め日記-てれびな日々-]
佳音(堀北真希)が突然涙を流し殉也(北川悠仁)の前から走り去ってから、佳音はアルバイト先のピアノバーにもこなくなり、携帯電話が繋がらなくて連絡が取れなくなってしまう。昴(成宮寛貴)に困惑してる気持ちを話す殉... [続きを読む]

» イノセント・ラヴ(ラブ) 第5話 『救いの手』 感想 [メガネ男子は別腹☆]
いっそのこと『危険なアニキ』にタイトル変えればいいんじゃね? 毎週毎週ツッコミ検定試験受けているかのような心持ちで感想書いてますよ。 そして録画見て反省会(呆) [続きを読む]

» 『イノセント・ラヴ』第5話「救いの手」memo [つれづれなる・・・日記?]
「救いの手」ってもしかして記者のこと? [続きを読む]

» ドラマ『イノセント・ラヴ』第5話 [頑張る!独身女!!]
このドラマはいったいどこに向かっているの?全然先が読めない。 [続きを読む]

» 「イノセント・ラヴ」悲劇のヒロイン5封印された記憶の先にみたシーンは悲劇の序曲でしかないのかもしれない・・・ [オールマイティにコメンテート]
「イノセント・ラヴ」第5話は池田を襲った耀司は逃走し、佳音がかつて治療を受けた山本診療所に忍び込み治療の記録を焼却する。一方佳音はマスコミに追われ、殉也の下から姿を消す。しかし殉也は佳音が心配でいた。池田は佳音の記憶を思い出してもらう事を前提に再び治療を...... [続きを読む]

» 「イノセント・ラヴ」第5話【救いの手】 [NEW FRONTIER]
{{{: 佳音(堀北真希)は、殉也(北川悠仁)の前から姿を消す。佳音の過去を調べた美月(香椎由宇)から、黙って殉也の前から去るよう警告されたからだった。 殉也は、突然、佳音と連絡が取れなくなったことに困惑していた。佳音が、アルバイト先のパブレストランに姿を見せなかっただけでなく、彼女の携帯電話までつながらなくなってしまったからだ。殉也は、昴(成宮寛貴)のもとを訪れて佳音の件を打ち明けた。が、佳音が姿を消した理由を察した昴は、自分から消えたのだから放っておいた方がいいのではないか、と助言す..... [続きを読む]

» イノセント・ラヴ  第5話 感想 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
殉也まで不法侵入癖があったのですね(゜∀゜ ) 佳音の過去の記憶がなかなか蘇らないですな>< じれったい…! 多分父親がなんやらしたんだろうけど(゚Д゚;) しかし本当に兄が犯人なのでしょうかね。 絶対あやしい・・・・・ お兄ちゃんが妹をかばってるんでしょ....... [続きを読む]

» 『イノセント・ラヴ』第5話と視聴率 [ショコラの日記帳]
『イノセント・ラヴ』第5話「救いの手」を見ました。兄の耀司(福士誠治)が雑誌記者の池田(豊原功補)を襲いましたが、怪我で入院しただけでした。そうですよね。この人が死んじゃったら、事件はこのまま闇に葬られて、話がハラハラしませんものね。でも、警備員...... [続きを読む]

» ホリキッター、今夜はお泊りOKよ(イノセント・ラヴ#5) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
「こむぱひゅ休暇」から、まだ完全に復帰できてない(爆)チーム・ホリキッター・・・それは、ごく一部で流行っているらしい女優・堀北真希さんの愛称【ホリキッター】を、メジャーな「ホマキ」「まきまき」と並んで、wikipediaに載るくらいまで普及させることを目的として活...... [続きを読む]

» イノセント・ラヴ第5話(11.17) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
今回は、比較的、おとなしめのストーリーだったなあ。 耀司兄ちゃん@福士誠治の暴走は凄いのですが、 秋山佳音@堀北真希は、すっかり普通の女の子になっちゃったし、 (フラッシュバックは普通ではないですが・・・) 他の登場人物も、比較的おとなしめだったし。 でも、あくまで、そう感じられるのは、このドラマだからで、 普通のドラマなら、やはりぶっ飛んだ世界観ですな 「彼の純粋で綺麗な世界を、あなたの存在で汚してほしくない・・・」 桜井美月@香椎由宇に警告され、 長崎殉也@北川悠仁のもとに... [続きを読む]

» 『イノセント・ラヴ』 第5話 [美容師は見た…]
お兄ちゃんが可哀想で…泣けた~。・゚・(*ノД`*)・゚・。 前回のあらすじでスタートしましたが、BGMがいいですね~。これがなかったら絶対シラけるセリフ回しだと思いますわ。そしてこのドラマのBGM使いもやっぱり『ラスフレ』を感じます。そしてドキドキハラハラの展開も…で、池田の... [続きを読む]

» イノセント・ラブ#5 [Sweetパラダイス]
佳音の過去を調べた美月。警告されてます。ほんとうに黙って去る気?新聞で兄の事件を知ってしまった!!兄ちゃんが指名手配!?事件の記憶を思い出すため心療内科へクリスマスの日思い出したくない記憶あの人影は誰???虐待???両親が血まみれ???血のナイフを持っ...... [続きを読む]

« 《ジャッジⅡ~島の裁判官 奮闘記》☆04 | トップページ | 《チーム・バチスタの栄光》#06 »

最近の写真