無料ブログはココログ

« 《ギラギラ》☆04 | トップページ | 《Room Of King》#06 »

2008/11/10

《ジャッジⅡ~島の裁判官 奮闘記》☆03

反抗』(あらすじ)

恭介(西島秀俊)は万引で捕まった少女・由佳(柳生みゆ)の審判を行う。裕福な家庭に育った由佳だったが、「父親は大嫌い」と言うだけで、罪を犯した動機を語ろうとしない。心配する両親(嶋田久作・美保純)の意も酌んで、恭介は保護観察処分として家に戻した。ところが、その間に由佳は再び万引をしてしまう。そんな折、恭介の転勤の話が持ち上がる。すると島に来てから見違えるほど明るくなっていた娘・麻衣子(桝岡明)の態度が反抗的になる
     *****

<その日夫は万引きして逮捕された少女の勾留質問をしていました。
少女は 1年半前にも万引き事件を起こし、今回は現行犯逮捕の後、他にも万引きの余罪を自供したことから検察は勾留請求をしました。>

今回の勾留は、工藤由佳。万引きだけだが、すごく顔色が悪いので鑑別所で、治療に専念させて健康を取り戻させようとした。

<勾留質問とは、逮捕された被疑者の拘束をさらに続けるかどうかを判断するため
裁判官が被疑者の弁解を聞く手続きです。>
家族は、父、母、弟。父親は観光会社やイベント事業もてがけている。母親は専業主婦。7歳年下の弟は本土で、小中一貫校へいっています。

在宅勾留が決まり、10日後に、家庭裁判所に送致されてきました。
摂食障害があり、今自宅に帰すと、かなりリスクが大きいという報告があった。
観護措置をとって健康状態を見て行った方がという話し合いに、書記官の斎藤にどう思うか恭輔が聞くと、私は書記官ですからそういう判断はできません。と断られた。
我々はチームで仕事しているんだからと谷川に言われても、私の仕事ではないと思いますと、事件を一定の枠内でなるべく早く終わらせたいという態度だった。
警察でこの事件の捜査が京終わると言うことで母親が来ていると言われた。
午後から少年審判廷がはじまった。
1年半前にもここに来たことがありますね。

今回つづけて3軒のコンビニでお菓子をぬすんでしまったけれど、どういうことからお菓子を取ろうと思ったのかな?その時の気持ちを思い出せますか?
何も答えない由佳に母が促したが、お母さんは今回のことをどう思っておられますか?と恭介に聞かれた。

「前の万引きの時に厳しく叱りました。本人も深く反省していると。まさかまたこんな事に…。申し訳ございません。どうか、寛大な処分をお願いします。」
「由佳さんは、食事をちゃんと摂っていないようですいようです。摂食障害の疑いがあるようですが。お母さんに思い当たることがありますか?」
「イエ、それは知りませんでした。」
谷川調査官の進言通り、引き続き鑑別所での保護観察処分になった。

大阪の祖母から電話があり、来年は本土にかえれるのか?と聞かれた。
麻衣子は、衝撃を受けた。大美島が大好きになり、友達も沢山でき、島のイベントを楽しんでいた。転勤族につきものの、悲哀を小さい時から味わうのは過酷です。その日以来麻衣子はかなりブルーになっていた。

裁判所の受付では、自己破産申立人の下川が怒鳴りこんできた。宛名と中の書面の名前が違うと言うものだ。斎藤に急がされて、入れ違ったようだ。そこで庶務課長の野見山が代わって頭を下げた。同期の斎藤が赴任してきてから、瀬戸は元気がなかった。課長が責任をかぶった。

由佳の父親が、来た。先日改めて由佳さんを鑑別所で調査する決定をしましたと、谷川が報告すると、
ちょっと待ってくれ!たかが万引きだろう!・・・世間体も考えてやってくれ。」
「『たかが万引き』とはなんですか?!貴方のお子さんです。」

久しぶりに家に帰った工藤は、妻に摂食障害ってなんだと聞いた。両親とも、子供がどんなに心を痛めているのかわかろうとしていなかった。

通勤途中で、先日封筒のん髪を入れ違った下川の工場に差し掛かると、野見山課長が頭を下げていた。またあんたかと言われ、もうずっと毎日詫びを入れていることが解った斎藤。感謝の気持ちをこめて課長に初めてお茶を出した。”?”な野見山。

家では、麻衣子がストライキ中。おにぎりというと、走って部屋から出てきて、おにぎりを持つとまた部屋に消えた。

谷川が、工藤を訪問。来年の皆既日食を目当てに借金して、イベントを考えていた。
「すぬふり(なまけもの)島の人のことを言うが、嫌いっちば。本土の人間の目 向かせなきゃ・・・今 人を呼ばなきゃ将来がない!生きていけんどや!」
「むすめさん・・・由佳ちゃんだって必死なはずです。」「家内に聞いてくれ」とさっさと戻りかけた。「おとうさん!」と肩を掴んで戻す谷川に「この大事な時にあいつは!」
子供の非行は・・・子供からのSOSなんです!調査に時間をください。お願いします。」頭を下げる谷川に「人目につくから帰ってくれ」とけんもほろろ。

鑑別所で由佳と接見。
私の事なンてどうでもいいんだ。」父親のことを聞いた。
「自分勝手で、世間体ば気にする人。」母親は「普通の主婦。」ふつうのしゅふ?「普通の奥さんで、普通の母親。」それから摂食障害のことを自分の口から話始めた。
1年半ほど前、好きだった男子から「太ったね」と言われたのがショックでダイエットを始めて。「盗み食いとか、無茶食いとかして、でも全部吐いて。苦しいけど、吐くと気持ちがすっきりして、」

「摂食障害が万引きの原因でしょうか?」恭介は斎藤にも聞いた。
「女性だからとか関係ないと思いますが。・・ただ食べたいという欲求だけじゃなく吐きたくて食べずにはいられないなんて辛いですよね。男子に「太った」と言われただけで摂食障害になるとは思えません。摂食障害も万引きも、全部何か原因があるんじゃないでしょうか?」谷川は経験からこういうときは家庭環境なんだよなと、つぶやいた。

『八月踊り(はちがつぃおどり』
恭介は
一家で浴衣を着て全員で踊った。そのうち、麻衣子がしゃがみ込んで、ママも引っ越ししたくないのに何で言わないんだとすすり泣きだした。

由佳の家での保護観察処分が下った。父親も必ずと言っていたが、谷川との接見の日に母は父には何も話さず、何も話せず前と変わりがなかった。治まっていた過食が始まり、
部屋で吐いた。コンビニで万引きした。それを、酒造会社に就職した牧に報告。彼に付き添われて帰宅。原因まで詰められなかった恭介は私の責任と言った。
万引きの報告書を見ていて、毎回“おにぎり”があることに引っかかりを持った。また谷川、斎藤と話し合ううちに、斎藤が、「おにぎりは、母親を象徴しているのでは」と言った。

少年審判期日。母に席をはずしてもらい、食事について聞いた。食べるのを見られるのがいやで皆バラバラになった。病気の事母は知っていた。でも「しらんぷり」お父さんに女が居ても「しらんぷり

麻衣子は、母と海へサイクリングした。そこで、パパが、東京へ戻ると、忙しくなり、また目のように別居という事態を心配していた。子供の方が敏感に感じ取っています。

谷川に両親揃ってと言われた日、由佳の両親が争っていたが、また母親は言えなかった。しかしもう家には帰らにと言ったのを由佳は聞き逃した。そのまま、ひとりで部屋にこもると、写真に火をつけ、テーブルに散らばった菓子の包装に火が広がった。
牧の携帯に由佳から「リセットしたい」とメールが来たので牧は谷川に知らせにきた。恭介が応対したので、3人で由佳の家まで自転車を飛ばすと、家が焦げくさかった。由佳の部屋に火の手が上がっていた。両親も戻り、何が大事かわかったと後悔する父親。母もしっかり母親の役をしていた。
病気が完治しないので鑑別所で、治療に専念することになった。二人で待ってるからと言われた。

麻衣子の夕読み。校内放送で、八月祭りで泣いてしまったこと。この地を離れることになるだろとわかっていることなど、読んでいた。恭介もメールで知らされて夫婦で校庭で聞き、麻衣子を待った。

家庭も、職場も、思いやる心が大事です。
言わなくても以心伝心なんて無理ですから。
はい!私もこころがけまっすgood

*****
今までの感想は、こちら

« 《ギラギラ》☆04 | トップページ | 《Room Of King》#06 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/43067749

この記事へのトラックバック一覧です: 《ジャッジⅡ~島の裁判官 奮闘記》☆03:

» ジャッジⅡ 第3話 [渡る世間は愚痴ばかり]
万引きをして逮捕され勾留された女子高生の処置について検討する恭介と谷川。 [続きを読む]

» ジャッジ2〜島の裁判官奮闘記 第3話:反抗 [あるがまま・・・]
工藤家に幸あれ.:*゚.:(●´△`)人::.*オネガィ♪ 今回の話は・・・ 恭介は万引きで捕まった少女・由佳の勾留質問をしていた。 観光会社を経営している父・勲は支部長室に乗り込み、 たかが万引きで拘留するなと谷川調査官に詰め寄る。 家庭を顧みない父と、何も言えない母との間で家族の絆を見失った由佳は、 試験観察中に再び万引きを犯してしまう。 根本原因を最初に詰め切れなかったと自分を責めた恭介は、 由佳の事件記録を詳細にめくり直し始めて…。 父親は仕事を言い訳にして、子供の教育は母親に任せきり ... [続きを読む]

» ・「ジャッジII 島の裁判官奮闘記」第3話 [たまちゃんのドラマページ]
2008年11月8日(土)21時から、NHKで、「ジャッジII 島の裁判官奮闘記」第3話(「反抗」)が、放送されました。時間が経つと、記事を書けなくなるので、はやめの記事アップ! ジャッジ2〜島の裁判官奮闘記◇恭介(西島秀俊)は、万引きを繰り返す由佳(柳...... [続きを読む]

« 《ギラギラ》☆04 | トップページ | 《Room Of King》#06 »

最近の写真