無料ブログはココログ

« 《OLにっぽん》#06 | トップページ | 《風のガーデン》#06 »

2008/11/14

《七瀬ふたたび》☆06

父への鍵』(あらすじ)

七瀬(蓮佛美沙子)と藤子(水野美紀)らは恒介(塩谷瞬)の待つ離島に到着、すぐに廃虚となった研究所を訪れる。実験用ラットの訓練器具を見つけた時、七瀬はかつて父・精一郎(小日向文世)からその器具で自分の能力を試されたことを思い出す。同時に自殺したという父が、ここでひそかに研究を続けていたのではないかと思った。東京に戻った恒介は、地雷除去活動をする未知能力者・武田(長谷川博己)と再会する。一方、七瀬の元を、精一郎の同僚を名乗る佐倉(光石研)が訪ねてくる。佐倉は七瀬に、精一郎が書いたという遺書を見せる。

     *****
フェリーで、海に飛び込んだミサトを、ヘンリーの力で、懐中から甲板に引き上げたが、たくさんの人がそれを見ていた。漁が跳びましょうと七瀬を連れて、飛び込んだ。
ミサトが、母親に叱られて手すりを乗り越えようとしていた。七瀬がその前で引きとめた。
母親に何をしているのか聞かれたが、愛しているならちゃんと話してくださいと頼んだがその通りにする人ではなかった。ミサトは、心の中で、七瀬に感謝した。

高村に電話がかかって、西尾が病院から逃げだしたと連絡が入った。
休暇はそこで終わりで、高村は帰った。七瀬は、まだ何もわからないが、解ったら、知らせると言った。
七瀬には、高村が、悪い人ではないと思えたんですね。

おぎ島上陸。かなり中まで歩いて、建物があった。船上で、朗は、ミサトの母が、昔子供が沢山乗って来たことがあったと、思い出していたのを読んだ。
建物の中は、まるで研究所だった。これは何だろうと見せられたのに、七瀬は見覚えがあった。マウスの予知能力の研究用に父が、作ったものだった。しかし、それ以上の進展は見せず、皆で帰郷。建物の中で、監視カメラだけが静かに回っているのが、とっても不気味でした。誰が見ているのだろう?

店に戻り、皆がいつものように働き出すと活気づいた。そこへまた高村刑事が現れ、オーナーが文句を言うと、職務ではなく個人的だと言いながら、七瀬に時間を作れと奥へつれていった。今回は、父ぷ屋に関しての雑誌の記事をコピーしてきた。七瀬は見たことがなかった。それを書いた記者は知り合いだから今度会ってみるか?と勧められた。

瑠璃の部屋へ戻ると、来客だった。自分で佐倉尚吾と名乗り、父とは同僚だったと言った。ずっと七瀬を探していたと言った。
その男は、なんと父の遺書を持っていた。父の字で、書かれていた。
 こんな形で別れるのは残念だ。
 しかし、莫大な資金を費やしても期待した成果が全く得られ無い今、
 これ以上の絶望には耐えられない。
 ひとつだけ頼みがある。
 これから何があ起きても、お前だけは変わらないでくれ

 


複雑な気持ちでいた七瀬。恒介に、間違いなくあれは父の字だったと話した。
恒介は、「まだ答えが出たわけjyない。降りだしに戻っただけだろう。いいんだよ、またやり直せば。」

恒介は、西尾が見つからないから、七瀬を毎日送った。
その時間に、この間空振りだった、武田雄司から電話が入り、その足で会いに行った。
今度はどんな仕事かと聞いたら、予知能力で株をやったりして金もうけしていたが、
「人生金がすべてというわけではない」と悟りきったようなことを言いだした。
何があったのかと聞くと、「やりがいのある仕事が見つかったんだと」、答えた。
NPO法人の地雷除去。世界全体の利益を考えて、そういうグループに入ることにしたんだ。そこにあと2人百合子と正明だった。恒介に話しだけでも聞いてみたら言った。
漁に話をすると、そこは超能力に興味があるのか?と言ったが、今までの仲間が3人も集まっていることから、恒介は、能力を切り離す方法があるのかもしれないから、言ってみると気持ちが固まった。そこで初めて、恒介に漁にも超能力があることを話した。
見てきた未来が、過去に戻ることにより、変わったと・・・

瑠璃のマンションに戻った七瀬。瑠璃は、合コンで、出かけると起き手紙があった。
そこで声が聞こえた。
「七瀬。聞こえているか?七瀬。頼む。聞けていてくれ」
お父さん?窓を開けてベランダに出た。

「七瀬。もしこの声が届いていたら、部屋の電気を消してくれ。聞こえるか、七瀬?
私はテレパスではない。お前の心を聞くことはできない。だから聞こえていたら部屋の、電気を消してまたすぐつけて欲しい。」スイッチに急ぐ七瀬。
「聞こえているんだね。七瀬。ありがとう。」
七瀬は走って外に出た。
「七瀬。すまない。12年もお前を欺いてきた。お前はきっとひどい父親だと思っているだろう。恨んでいるだろう。本当にすまない。
母さんが亡くなっても、会いにすらいけなかった。お前一人に、七瀬にだけに悲しい思いを背負わせた。悪いのは父さんだ。判ってくれとは言わない。許してもらおうとも思っていない。しかし、七瀬。お前を思い出さない日は1日もなかった。
すぐにでも、お前をこの手で抱きしめたい。お前の話を聞いてやりたい。だが、今はまだこんな形でしか話せない。七瀬。お前に頼みがある。3日後にこれから言う場所に来てくれ。
昔、家族旅行で行った、あきさわ渓谷のあの山小屋。お前一人で来てくれ。必ず一人で。
歩道橋の上で、<お父さん、一緒に暮らそう、お父さんと暮らせるなら何もいらない!>
ファストフードの店の前を走り、そこで店内に座っていた父と、すれ違った。
<どうして今、会えないの?>
「すまない、七瀬。愛しているよ、七瀬。3日後に待っている、七瀬。」
お父さん!と叫ぶ七瀬。その心の叫びと、未来が変わらないと思う恒介。

3日後、何が起きるんでしょう?
心の声が聞こえても、近づいていくとそれが大きくなったりしないのかな?せっかくすれ違ったのにわからないなんてsign03
遺書を見せてくれた、佐倉。彼もなんだかありそうです。

*****
今までの感想は、こちら





« 《OLにっぽん》#06 | トップページ | 《風のガーデン》#06 »

ドラマ(な)」カテゴリの記事

コメント

佐倉は絶対に何か企んでいますよね~。
西尾に声かけたのも佐倉だろうし。
大きな戦いになるのかなぁ。

何かあっても藤子の能力で戻ればいいのに・・・。何度もパワーを使うと死んじゃうのかなぁ?shadow

>心の声が聞こえても、近づいていくとそれが大きくなったりしないのかな?せっかくすれ違ったのにわからないなんてsign03
ホントです~。 切なくて、泣けそうでした。

次回、何が起きるんでしょうね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/43109033

この記事へのトラックバック一覧です: 《七瀬ふたたび》☆06:

» 「七瀬ふたたび」第6話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
親に愛されたいと願う子どもの叫びと 死んだはずの父の声。 第6話『父への鍵』 [続きを読む]

» 七瀬ふたたび 第6回 [イニシャルNが好き♪]
 [七瀬ふたたび] ブログ村キーワード  やっぱり漁と七瀬は時を遡り、少女を助けました{/hakushu/} でも、七瀬は浮かない顔(いつもだけどね{/face_tehe/})で「人の運命を変えてしまった」と・・・。 う〜ん、死ななかったから良かったんじゃない?ではだめなのかな。 難しすぎて私にはよくわかりません。  七瀬の未来を見ている恒介は、心配なのかいつもより七瀬と一緒にいます{/hearts_red/} なんだかいいカンジ{/onpu/} 恒介が「読むな{/m_0208/}」って言うシー... [続きを読む]

» 「七瀬ふたたび」第6回 [日々“是”精進!]
第6回「父への鍵」七瀬たちは恒介と島で再会し、謎めいた研究所跡を訪れる。そこにはラットを使った実験器具が残されていた。七瀬は父・精一郎がそれを使って実験をしていたことを思い出す。自殺したはずの父は生きて研究を続けていた・・・。七瀬にはそう思えた。東京で...... [続きを読む]

» 大橋未歩 不倫合コン朝帰り現場撮った《動画あり》 [大橋未歩 不倫合コン朝帰り現場撮った《動画あり》]
大橋未歩の不倫合コン現場がついに撮られた!相手は大橋未歩がお持ち帰りされたイケメン歯科医の男性。しかも、今回は正真正銘の本物映像が流出。人妻の大橋未歩はやはりエロい! [続きを読む]

» 七瀬ふたたび 第6回 [きゃんずぶろぐ]
NHKドラマ8 七瀬ふたたび 第6回「父への鍵」 小島の廃屋に残された研究施設。 しかし,天井のカメラは生きていて捜索する七瀬たちを見ている。 どこにどうやって画像を送っているのかという疑問を持たせないように,離れ小島の港で高村刑事に携帯電話で通話させて無...... [続きを読む]

» 七瀬ふたたび 第6話「父への鍵」 [Happy☆Lucky]
第6話「父への鍵」 [続きを読む]

» 「七瀬ふたたび」第6話 [fool's aspirin]
なんとお父さんが生きていた! 七瀬の心は乱れるが、 恒介は相変わらずイヤな予知に悩まされていた。 怪しいNPO法人や父の元同僚も登場して、 物語は核心に向けて動き出す。 家族八景 上巻 (1) (KADOKAWA CHARGE COMICS 16-1) 筒井 康隆 JUGEMテーマ:エンターテイメント... [続きを読む]

» NHKドラマ8 七瀬ふたたび 第6話 生と死、、、運命 [レベル999のマニアな講義]
『父への鍵』内容恒介(塩谷瞬)に会うために七瀬(蓮佛美沙子)たちは、おぎ島へ向かっていた。そのフェリーの中で事件が起きる。。少女が、、海に飛び込み。。。。七瀬と藤子(水野美紀)は、、、2人で時を飛んだ。そして高村(市川亀治郎)をヘンリー(郭智博)に止め...... [続きを読む]

» NHKドラマ8 七瀬ふたたび 第6話 生と死、、、運命 [レベル999のマニアな講義]
『父への鍵』内容恒介(塩谷瞬)に会うために七瀬(蓮佛美沙子)たちは、おぎ島へ向かっていた。そのフェリーの中で事件が起きる。。少女が、、海に飛び込み。。。。七瀬と藤子(水野美紀)は、、、2人で時を飛んだ。そして高村(市川亀治郎)をヘンリー(郭智博)に止め...... [続きを読む]

» 七瀬ふたたび 第6話 「父への鍵」 [テレビお気楽日記]
海に落ちたミサト(宮本侑芽)はヘンリー(郭智博)の念動力で引き上げられるが息を吹き返すことはなかった。自分たちも海に飛び込み過去へ飛ぶ藤子(水野美紀)と七瀬(蓮仏美沙子)。藤子は気絶してしまうが、七瀬はミサトの元へ・・・。やっぱり母親・薫(長谷川真弓)に叱られて自....... [続きを読む]

» 【七瀬ふたたび】第6話 [見取り八段・実0段]
恒介くんには話しておきたかったの。私は自分の意志で過去へ戻った。一度見た未来が変わった。やり直せた。はぎ島で発見した、不思議な装置。七瀬は、それを覚えていた。それは、ねずみの未知能力を調べる装置。七瀬は子供の頃、父とそれで「遊んだ」ことがあったのだ。ね...... [続きを読む]

» NHKドラマ8「七瀬ふたたび」第6話「父への鍵」 [優しい世界~我が心に迷いあり(β)]
父は生きていた! というわけで七瀬です。 今日も心神喪失状態なんで、乱文失礼しやす。 <だいたいのあらすじ> ・島に到着するも、父・精一郎(小日向文世)の作ったのと同じ、ネズミの実験装置があっただけ。 ・藤子(水野美紀)は、精一郎のノートの最後の部分「RAT... [続きを読む]

» 七瀬ふたたび(第6話) [霞の気まぐれ日記]
先週息を吹き返さなかったミサトを救うために、 漁先生(水野美紀)と七瀬(蓮佛美沙子)が一緒に飛び、 七瀬は彼女を救うことが出来ました。 しかし、「人の運命を勝手に変えた」ことが果たして良かったのか、 思い悩む七瀬。 それを、立ち聞き、、、ならぬ、“座り聞き”する..... [続きを読む]

» 七瀬ふたたび 第6回「父への鍵」 [shaberiba]
七瀬と藤子は時をさかのぼり、少女をすくった・・。 ヘンリーのしたことはすべて霧と消え、未来は変わってしまった・・。 それはいけない... [続きを読む]

» "長谷川博己" に関する話題 [人気の話題に注目する日記]
"長谷川博己" について書かれたエントリを検索してみました。 白石美帆さん、俳優・長谷川博己さんとアツアツ?!白石美帆さん、俳優・長谷川博己さんとアツアツ?! 2008/12/04(木) 女優の白石美帆さん。 エンタでMCとし... [続きを読む]

» 長谷川博己 [なおこ日記]
《七瀬ふたたび》☆06 ひそかに研究を続けていたのではないかと思った。東京に戻っ... [続きを読む]

» 長谷川博己 [けいの日記]
《七瀬ふたたび》☆06 ひそかに研究を続けていたのではないかと思った。東京に戻っ... [続きを読む]

» "長谷川博己" に関する話題 [注目の男性をウォッチンGoo!!]
"長谷川博己" について書かれたエントリを検索してみました。 ガン・ソクチン!: 七瀬ふたたび 第6話 11/16 12:10第6回「父への鍵」 …2008年11月13日放送  フェリーから海に落ちたミサト(宮本侑芽)を、ヘンリー(郭智博... [続きを読む]

« 《OLにっぽん》#06 | トップページ | 《風のガーデン》#06 »

最近の写真