無料ブログはココログ

« 《OLにっぽん》#07 | トップページ | 《風のガーデン》#07 »

2008/11/21

《七瀬ふたたび》☆07

再会、そして・・・』(あらすじ)

七瀬(蓮佛美沙子)は父・精一郎(小日向文世)と心の声で会話し、再会を約束する。マジックバーの店長・増田(北村総一朗)は七瀬に、家族として一緒に暮らすよう勧めた。しかし、恒介(塩谷瞬)は七瀬と精一郎が会うことに反対する。恒介には、悲しみに泣き叫ぶ七瀬の未来の姿が見えていたのだ。それでも七瀬の決意は変わらず、精一郎が待つ郊外の山小屋へ向かう。十数年ぶりに娘と再会した精一郎は自殺を装って姿をくらませた事情を語り始める。そのころ精一郎のかつての同僚・佐倉(光石研)も精一郎の居場所を突き止めていた。
     *****
お父さんに会える!七瀬は心が弾むのを抑えられなかった。
朗は全開になっていた七瀬を読んだ。

北品川署の高村は、どうにも七瀬たちが気になってしょうがなく、大学の藤子にまで聞いた。未知能力は本来だれでも持っている能力なんだと思う。そういう能力をを持つ人たちはそれを隠そうとするが、それが自分たちにとっては、隠す事が耐えられなくてまた悩むものだと話してもらった。

高村は七瀬を訪ねた。マジックバーのオーナーは、七瀬にも、朗と一緒に我が家で子どもとして暮さないかと提案してくれた。そこで高村の応対を一手に引き受けた。

高村は、夜また藤子と会って飲みながら話していた。七瀬や恒介の能力を認めればすべてつじつまが合うが、そうはなれないことを言った。藤子がまた過去から戻ってきた。手には高村が描いた名前を付けて。

恒介と藤子に、七瀬は話した。火田精一郎が生きていることを。
恒介は、七瀬をおびき寄せるワナかもしれないと言った。近くに居たのは確実だったのになぜ姿を現さなかった?
七瀬と会うことを誰にも知られたくない。誰かから逃げている。
まともな生活をしていたら、堂々と会いに来るだろう。

でも、もし父が嘘をついていたら、私にはわかるのよ。
どうしてそんなに父を疑うの?父の事がそんなに許せない?

朗を捕まえて、恒介は七瀬が叫んでいる未来に苦しんでいた。それが読めた朗は、七瀬親子の対面の場を教えた。
七瀬は秋沢駅に降り立った。タクシーで奥秋沢登山口までと頼むと、恒介と藤子が出てきた。そばで待ってるからと藤子は言った。

朗が学校から帰り道、高村刑事が待っていた。そこへヘンリーも来た。3人とも七瀬が心配だった。そこへ突風が吹き、看板が朗を襲った。高村はとっさに朗をかばい、ヘンリーは力を使って看板をその手前で、止めた。
ヘンリーは、僕たちの事が高村にばれて、シマッタと思ったが、朗は、大丈夫だよ。今までは僕たちの事怪しいと思っていたけど、そういう気もちが全部消えてたと言った。

恒介と,漁藤子が来ていると言うと、二人にも話したいことがあるんだと父は言った。
「どうして私たちを置いて行ったの?」
お前を守るためにはこうするしかなかった。
2人を呼んできてくれと言った。

天星電機の目的は、1日も早く未知能力を利益に結びつけることだった。だが、実用化するにはまだ分からないことが多すぎた。コントールする術を知らないまま実用に移すのは、新しく開発された薬の副作用をしらべもせずに、流通させるのと同じことです。そんな段階だったのに会社は、未知能力の二次利用をい進めていくと決定した。
能力のあるものを集め、育てて会社の武器にしようとした。これは暴走です。
会社は、私の研究も私の知識もすべてそのために提供しろと求めた。
私はそれに従うことはできなかった


「そして自殺を装って姿をくらました。」(恒介)

そうするしかなかった。

「俺たちを放り出して、」

君たちを守りたかったんだ。

「守りたかったのは七瀬だろう?」
「正直に話したらどうなんですか?自分の娘に能力を見つけて、能力を持った人間がどれだけ苦しむのかようやく分かったんだ。」

君の言う通りだ。私の勝手な思いで苦しめてすまなかった。(頭を下げる精一郎)

「で、能力をコントロールする方法は判ったんですか?」

残念だが

「なるほど、判りました。」部屋から出ようとする恒介に「どこへ行くの?」と藤子が声をかけた。「もう聞きたいことは聞けましたから、外で待ってる」とドアを開けた。

藤子が聞いた
「火田先生。先生は企業のためにの研究を辞めるために姿を消されました。でも、研究ノートは残された。それはなぜですか?」

未来への希望です」 <希望>

未知能力がなぜ存在するのかまだ分からない。けれど、存在するからには、きっと意味があるはずなんです。あのノートはその意味を見つけ出すための手がかりです

「あのノート、今は、私がお預かりしてます。」

そうでしたか、あなたなら安心だ。

「先生が研究を再開されることがありましたら、ぜひお手伝いさせてください。」

ありがとう。その時がきたら、ぜひ。

「お話窺えてて、よかったです。それじゃあ、私も外で待ってます」

「お父さん、私の力にも意味があるの?」
お前が特別だったからだ。
お前に現れた能力は抜きんでて高かった。コントロールの仕方が解るまでは、封印するしかなかったんだ。そしてあとは恒介くんが言った通りだ。お前が私の一人娘だからだ。
父親の身勝手だ。

「今度は娘の身勝手を聞いてくれる?もう。。いや・・・離れて暮らすのは。お父さんと二人で暮らしたい。」

私にはまだ、やらなければならないことが残ってる。それが終わるまで待っていてくれないか

「いつまで?」
なるべく早く。約束する。そしたら一緒に暮らそう。2人で普通に・・
「約束ね」
ああ。来週もう一度会わないか?七瀬と一緒に母さんのお墓の行きたいんだ
「ホント?きっとお母さん喜ぶよ。」
そうだ、七瀬に渡すものがあるんだ。再開の記念にと思って作ったんだ。受け取ってくれるか
「ありがとう」手彫りのペンダントを受け取った。

お父さん、会えてよかった、またね。

部屋に戻ると、佐倉が居た。どうしても、研究に必要だからと拳銃を構えた。そうはさせないと、火田は、銃口を心臓部に下ろし、引っ張った。銃声がバスに乗った七瀬にも聞けて、胸がひどく傷んだ。藤子に時間を戻って!と言った。戻れるのは15分くらい。バスに初めに乗ったときに戻った。それでもバスを止めて貰い山道を走った。沢をのぼりかけて、銃声がし、また胸が痛んだ。叫ぶ七瀬。追いついた恒介。

未来が見える恒介。七瀬が悲しむところが見たくなかったのに、それに遭遇してしまうのも定めなのでしょう。藤子が、30分くらい過去に戻れたら、もっといろいろできるのと思いましたよ。

*****
今までの感想は、こちら

« 《OLにっぽん》#07 | トップページ | 《風のガーデン》#07 »

ドラマ(な)」カテゴリの記事

コメント

>藤子が、30分くらい過去に戻れたら、もっといろいろできるのと思いましたよ

私も思ったわ~。
未知能力者は七瀬が側に居ると能力が増大するみたいだけど、
飛ぶ時間を伸ばす事は出来ないんですね。
お父さん、もう生きているって事はないだろうなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/43178394

この記事へのトラックバック一覧です: 《七瀬ふたたび》☆07:

» 「七瀬ふたたび」第7話 [fool's aspirin]
七瀬、ついに父と再会! でもそれは悲しい別れへの始まりだった。 一方、高村刑事は藤子から未知能力の話を聞き、 彼らを信じ始める。 あっ、ども。おひさしぶりです。(期間限定盤)(DVD付) GReeeeN,GReeeeN,2BACKKA,ユナイトバス,高見優 JUGEMテーマ:エンターテイメント... [続きを読む]

» 七瀬ふたたび 第7話「再会、そして…」 [Happy☆Lucky]
第7話「再会、そして…」 [続きを読む]

» 七瀬ふたたび 第7回 [きゃんずぶろぐ]
NHKドラマ8 七瀬ふたたび 第7回「再会、そして…」 策士&ギャンブラー漁藤子だった萌え回(笑) 淡々と真実を語り「七瀬たちのことが気に掛かる」という共感を利用し高村刑事を引き込み,ついには居酒屋で差しつ差されつで美女を側に置いた高村が心を開いているとき...... [続きを読む]

» 「七瀬ふたたび」第7回 [日々“是”精進!]
第7回「再会、そして・・・」七瀬は父・精一郎と心で会話して再会を約束し、その日が来ることを心待ちにしていた。七瀬が精一郎と会うことに恒介は反対した。恒介には七瀬が悲しみに泣き叫ぶ未来の映像が見えていたのだ。七瀬の決意は変わらず、恒介は七瀬に付き添って精...... [続きを読む]

» NHKドラマ8「七瀬ふたたび」第7回…蓮佛美沙子熱演!! [子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ]
2008年11月6日放送『七瀬ふたたび』第7回「再会、そして…」  今回は、蓮佛美沙子の熱演にシビレました!!  七瀬ふたたび改版 ┃ 蓮佛美沙子熱演  父・精一郎(小日向文世)と再会を果たした七瀬(蓮佛美沙子)の、嬉しさを溢れさせながらも少しはにかんだような表情がとても良かった!!  そして、帰路のバスに乗っていた七瀬にいまわの際の父が語りかけてくる。  「能力は使うな。能力者とは関わるな。何もかも忘れて、目立たないように暮らせ・・」「もう一度抱きしめたかった」  父... [続きを読む]

» 「七瀬ふたたび」第7話 [またり、すばるくん。]
第7回「再会、そして…」 [続きを読む]

» 七瀬ふたたび 第7話 再会、そして… [アニメ日和]
精一郎と会える事で、頭がいっぱいの七瀬。 [続きを読む]

» 七瀬ふたたび 第7話 「再会、そして…」 [テレビお気楽日記]
自分の能力を高村(市川亀治郎)に見せ、納得させる藤子(水野美紀)。居酒屋でどうやって危機的状況を作ったの?しかしこの雰囲気は惚れてまうやろ。 [続きを読む]

» NHKドラマ8 七瀬ふたたび 第7話 変わらない悲劇 [レベル999のマニアな講義]
『再会、そして…』内容突然、父・精一郎(小日向文世)の声が七瀬(蓮佛美沙子)の心に届いた。そして、再会の約束。そのことを、恒介(塩谷瞬)と藤子(水野美紀)に相談した七瀬。話を聞いた恒介はある未来を見たために、、反対するのだった。だが、七瀬は、父に会うた...... [続きを読む]

» 黒木メイサVS中井貴一、小西真奈美VS大杉漣、蓮佛美沙子VS小日向文世・・・娘と父の木曜日かっ! [キッドのブログinココログ]
「イノセント・ラヴ」が父と娘の間違った愛の形を匂わせているのに対し・・・木曜日は [続きを読む]

» 「七瀬ふたたび」第7話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
父の失踪の真相と再会と・・・別れと。 第7話『再会、そして…』 [続きを読む]

» 七瀬ふたたび 第7回「再会、そして…」 [空色きゃんでぃ]
「あたし一晩で、20キロも痩せちゃったの」 おいおい ゞ( ̄∇ ̄;) それはどんな超能力ですかw 七瀬(蓮佛美沙子)があまりにも上の... [続きを読む]

» NHKドラマ8「七瀬ふたたび」第7回「再会、そして…」感想 [優しい世界~我が心に迷いあり(β)]
精一郎、死す。 というわけで、お父っつあん、お亡くなりになりました。 恒介が予知し、藤子がタイムトラベル覚悟で臨むという、最強の布陣を敷いても、どうにもなりませんでした。 しかし、そういう結末に持っていくのはいいけど、もうちょっとギリギリの攻防がほしい感... [続きを読む]

» 七瀬ふたたび 第7話 [渡る世間は愚痴ばかり]
「父と会う」 [続きを読む]

» "小日向文世" に関する話題 [注目の男性をウォッチンGoo!!]
"小日向文世" について書かれたエントリを検索してみました。 だって私はドラマ好き♪ : 七瀬ふたたび 第7回 「再会、そして・・・」七瀬(蓮仏美沙子)は藤子(水野美紀)と恒介(塩谷瞬)に、父・精一郎(小日向文世)に会うことを話すが、七瀬が... [続きを読む]

» 【ドラマ】七瀬ふたたび 第07話 「再会、そして…」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
七瀬ふたたび 第07話 「再会、そして…」 評価: ── 七瀬、、、もう一度抱きしめたい、、、 脚本 真柴あずき ... [続きを読む]

« 《OLにっぽん》#07 | トップページ | 《風のガーデン》#07 »

最近の写真