無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/31

《風のガーデン》#04

『ゲラニウム』(あらすじ)

白鳥貞美(中井貴一)は、よさこいソーラン祭りを見に札幌を訪れた。祭りに参加している娘のルイ(黒木メイサ)に会うためだ。桟敷席から6年ぶりに見るルイは、はつらつとして美しく、貞美は胸が熱くなる。そして貞美は、水木(布施博)のクリニックで再度検査を受けるが、治療の効果はほとんど出ていないという。貞美は列車で富良野へ向かい、タクシーに乗って、妻・冴子の墓参りをする。久しぶりに見る富良野の風景だ。そしてルイが育てているガーデンを見に行く。隠れて岳(神木隆之介)の様子もうかがう。やがて、東京の病院に戻った貞美は、二神(奥田瑛二)に自分も同じ病に侵されていることを打ち明ける。
     ******
6月8日(日)  札幌
YOSAKOIソーランi
10時半ころルイをホテルに連れて行きます。
旭川 北の大地。
人と自然を大事に思う心。
その思いを天空に解き放って
みやびな心が点に響く。
来たの大地に、祈りをこめて。
さあ、欲を捨てて、今を生きよ。
雅心天響く(がしんてんきょう)

踊りが始まった。

続きを読む "《風のガーデン》#04" »

《七瀬ふたたび》☆04

対決』(あらすじ)

七瀬(蓮佛美沙子)に悪事を暴かれた西尾(今井朋彦)が瑠璃(柳原可奈子)に接近、七瀬は注意を促す。藤子(水野美紀)の検査で、七瀬には並外れた超能力があることが判明。周囲の人間の潜在能力まで触発していることも分かり、七瀬は困惑する。そんな中、瑠璃の勤め先の美容院で盗難騒ぎが発生。七瀬は背後に西尾のたくらみを見通す。
     *****
西尾と接触するなと 恒介に言われた
瑠璃は、西尾に、いろいろ言いくるめられていた。
西尾をマークしていたのは、刑事もだった。
マジックパブのヘンリーも、七瀬たちが、そばに居ることで、だんだんん念動力が、強まっていった。恒介は、それをヘンリーに言うなと言った。

続きを読む "《七瀬ふたたび》☆04" »

2008/10/30

《OLにっぽん》#04

見果てぬ夢』(あらすじ)

琳(タン・ジャースー)と洋(ローラ・チャン)の作ったマニュアルにミスが見つかり、何者かによって改ざんされたらしいと分かる。弥生(浅野ゆう子)は中国アウトソーシングの阻止を狙う者の仕業に違いないと言い出し、小旗(阿部サダヲ)が犯人捜しの役を買って出る。まもなく、小旗と一緒に総務課全員のパソコンを調べた島子(観月ありさ)は、マニュアルを改ざんした張本人は、営業本部長の伊藤(小木茂光)に指示された都留(井上芳雄)だと突き止める。島子の追及に対し、都留は素直に”犯行”を認め、辞表を書くという。だが、島子は、それ以上、都留の責任を追及せず、騒ぎのもみ消しを図った。
       ******

中国の二人には、島子が、なぜ結婚するのか、皆目わからなかった。
そりゃそうですよね。当人の苦肉の策がこんな形になったのだから。
他の所員をリストラできないからって、自分が辞めることもないと思うんですけどね。
せっかく中国の派遣が二人来て辛辣な意見を言うのだから、彼女たちと切磋琢磨して、職場を変えていく物語かと思ったら、なんでも日本流に、「あいまい」にぼかして、問題なしにするやり方に、実は、ずっとムカムカしているのです

続きを読む "《OLにっぽん》#04" »

2008/10/29

《チーム・バチスタの栄光》#03

麻酔科医の告白』(あらすじ)

チーム・バチスタの連続術死について、リスクマネジメント委員会が招集される。心臓外科教授の黒崎(榎木孝明)は、不安な点はないと調査を強引に打ち切ろうとするが、白鳥(仲村トオル)はバチスタ手術全32件の記録映像の貸し出しを求め、チームの中に連続殺人鬼がいるかもしれないと言ってのける。そして白鳥は、記録映像をチェックし始めるが、席を外したすきに2番目の術死となった「ケース29」のDVDが盗まれてしまう。白鳥は廊下ですれ違った鳴海(宮川大輔)を疑うが、鳴海は資料室にいたと反論。身体検査をしたが見つからなかった。やがて白鳥は、「ケース29」の書類を調べ、ほかのケースとは異なる事実に気付く。

    *********
術死は4件:
CASE27 高田い久志  50歳
CASE29 田中良一   41歳
CASE30 鈴木弘幸   59歳
CASE31 橋元由紀子  49歳

失敗したのは大人だけsign03子供はいない。これは単なる偶然か?

続きを読む "《チーム・バチスタの栄光》#03" »

2008/10/28

《イノセント・ラヴ》#02

衝撃の一夜』(あらすじ)

佳音(堀北真希)は、殉也(北川悠仁)へのクリスマスプレゼントに、ピアノ形のオルゴールを玄関先に置いて帰る。翌朝、それに気付いた殉也が美月(香椎由宇)に話すと、聖歌隊の子どもの中の誰かなのではないかとからかわれる。佳音は偽名を使い、清掃員として派遣会社に登録し、紹介された仕事は駅構内の清掃だった。ある日、仕事を終えた佳音は、殉也の家に立ち寄って、こっそり家の中をのぞくと、殉也がオルゴールの音色に耳を傾けていた。一方、雑誌記者の池田(豊原功補)は、少年刑務所に収容されている佳音の兄・耀司(福士誠治)を訪ねる。事件の裏に何か事情があるとにらんでいたのだが、耀司は何もしていないと繰り返すだけだった。
      ******

朝になり、新聞を取りにきた殉也が、佳音の置いて行ったピアノ型のオルゴールを見つけた。佳音もまた名前を偽って清掃派遣会社に就職した。今度は駅のトイレなどを掃除する役だ。時間がきて、殉也の家の前を通ると、うっとりオルゴールを聞いている殉也がいた。安心して佳音は、その場を離れた。

続きを読む "《イノセント・ラヴ》#02" »

2008/10/26

《Room Of King》☆04 と《ギラギラ》☆02

heart04叱って欲しい女と男!?もりじパリでチャンス到来!』(あらすじ)

森(水嶋ヒロ)はマリア(秋本奈緒美)に気に入られ、フランスに連れていかれた。転機を迎えた森を、朝子(鈴木杏)はうらやむ。そんな中、朝子は強盗事件を機に芸能事務所からスカウトを受けて困惑。返事に悩み、ルームメイトの料理人・孫(板尾創路)に相談する。
     ******

孫。天才的料理人。
響京子。ごっつい恐い脅迫状に悩む産婦人科医。
マジマックス。布袋さんに振り回される。
朝子。人質からだっきゃくせな。
森。こればっかりが巧く行ってる。
パリへ来たもりじ。生け花なぞ、したことのないモリジは、ビビっていた。
“心に響く花束”そうかと、言いながら、彼なりに悩んでいた。そんな処に電話。
ぐじぐじ悩んで会社まで休んで甘いって響さんに怒られた朝子。
もりじは、迷ったら面白そうな方へ行くと言った。
響。妊娠してるのにセックスしていないと言った患者が、また来た。
これじゃないとダメとかこんなことしたらとか世間体を気にしてどうすんのよ。
女にはにね。1つや2つ、人に言えない秘密があるの。そのほうが魅力的じゃない。
必要以上にいい子にならなくていいんだよ。あなたが幸せになること考えて。

響節炸裂!イケメン看護師涙

続きを読む "《Room Of King》☆04 と《ギラギラ》☆02" »

《ジャッジII~島の裁判官 奮闘記~》☆01

『過信』(あらすじ)

南の島の裁判所に赴任した裁判官と島民との触れ合いを描く第2弾。三沢恭介(西島秀俊)が大美島に赴任して2年目の夏、小学校で幼児がテニスの審判台の下敷きになり、重傷を負う事件が起こる。両親は学校と町に対して損害賠償訴訟を起こす。恭介は和解を勧めるが、幼児の父・章二(保阪尚希)と学校側は拒否する。

           ******

三沢さんは、どうして裁判官になったのか?
どうしてかっていうとね、・・
どちらか一方の立場に立って争い事や事件を見るより公平な立場で見る方が
自分の性格に合っているように思えたからです。


続きを読む "《ジャッジII~島の裁判官 奮闘記~》☆01" »

《ブラッディ・マンディ》★03

裏切り者は誰だ!?味方に潜む敵の影!!テロ首謀者・現る』(あらすじ)

サードアイは、藤丸(三浦春馬)を殺そうとしたマヤ(吉瀬美智子)を捕獲。テロの詳細を聞くため、拷問する。さらに、ウイルスについて調べる敷村(神保悟志)が出門(TET)に誘拐され、監視カメラの映像から高木(田中哲司)が出門と組んでいる ことが判明する。
     ********
今年の1月7日先生 どこにいましたか?
その日は教会行っていたわ。
教会?
あの映像に映っていTる。ロシアの教会よ。
せっかくやさしくしてあげたのに、バカね。  と拳銃を構えられてしまった。
ソファから立ち上がり、少し移動すると、マヤが、逃げても無駄よと、拳銃の安全装置を外した。引き金を引いた瞬間、銃声がしてマヤが飛んで、ソファに転がり右肩から出血していた。
そのままソファに倒れこんで呆然とする藤丸。向かいのビルの屋上から、ライフルで狙ったものだった。サードアイの仕事だった。

続きを読む "《ブラッディ・マンディ》★03" »

2008/10/25

《流星の絆》☆02

傘と似顔絵と謎の女』(あらすじ)

両親を殺害されてから15年、時効まで残り3カ月となったある日、功一(二宮和也)が働くカレーハウスに刑事・柏原(三浦友和)と萩村(設楽統)がやって来る。似顔絵に関する有力な情報が寄せられたので、泰輔(錦戸亮)にその人間に会ってほしいと言う。その夜、功一は泰輔と静奈(戸田恵梨香)に柏原の言葉を伝えた。功一が店に戻ると、客の行成(要潤)がカウンターで泥酔している。功一は行成と世間話をするうち、コックを夢見ていたころを思い出す。そして久しぶりに父親の形見のレシピノートを取り出し、行成の好物のハヤシライスを作り始める。一方、泰輔と静奈は、静奈が会社を辞める原因を作った上司・高山(桐谷健太)への仕返しを考える。功一もいつしか巻き込まれ、3兄妹は財テクマニアの高山相手に作戦を立てる。 
     *********

1993年11月 横須賀
アリアケ横の路地で、傘をクラブ代りにゴルフしている柏原。かなり集中して石ころをゴルフボールに見立ててます。
さらに奥の窓のひさしに乗った功一が、「ねえ、君、名前は?」と声をかけられていた。
ゴルフを辞めた柏原が、その横を通りながら「コウイチ」と言った。
「有明功一くんだよな、確か」本職に返って呼びかけた。「メシ食いにきたときちょこっと話したことがあるんだ。おじさん、覚えてる?今夜のこと詳しく生きたいんだけど。話せるかな?」「無理ですよ、まだ1時間」経っていないからというつもりが、もさもさと、功一がひさしから降りてきた。

続きを読む "《流星の絆》☆02" »

2008/10/24

《風のガーデン》#03

タイム』(あらすじ)

白鳥(中井貴一)は、二神(奥田瑛二)に手術がうまくいかなかった事実を隠して病状を説明し、痛みを取り除く薬を処方する。検察は、大事件に発展しつつある企業のM&Aにからむ株不正取引の陰に二神の存在があると確信し、病院側に本人の事情聴取を要求してきた。白鳥は、尋問は無理だと検事に告げる。そして、めいの上原さゆり(森上千絵)が白鳥に会いに来た。七回忌の話で、さゆりは、ルイ(黒木メイサ)がよさこいソーラン祭りに出るのを見て、終わってから会う段取りをすると提案する。そのころ北海道では、ルイが恋人の宮内明(白石雄大)と会っていた。異動が決まった宮内は、妻を伴って間も
なく大阪へ移り住むという。白鳥は頻繁になってきた痛みにモルヒネパッチで耐えていた。
     *******
白鳥貞美は、院長室に呼ばれた。検察が、事情聴取できるかと聞いてきた。大きな手術をしても自力で動けたのだから聴取に耐えられるはずだと言ってきた。
この二神というヤツ、なかなかの黒幕だった。

続きを読む "《風のガーデン》#03" »

《七瀬ふたたび》☆03

悪魔のまなざし』(あらすじ)

七瀬(蓮佛美沙子)の働くマジックバーに、透視能力を持つ経営コンサルタント・西尾(今井朋彦)が現れる。西尾は紳士を装いながら、その裏では顧客の重要情報を透視し、悪用していた。バーの店長・増田(北村総一朗)に接近した西尾は、増田の妻・尚子(伊藤榮子)ががんであると信じ込ませ、手術費用を工面するため店を売却させようとたくらむ。西尾の悪意を見抜いた七瀬は恐怖を覚える。一方、超能力の謎の解明に取り組む藤子(水野美紀)は、恒介(塩谷瞬)に研究への協力を求める。しかし、恒介は依頼を断った。恒介は自分の予知能力のことをもっと知りたくなり、かつて七瀬の父・精一郎(小日向文世)の超能力研究に参加した仲間たちを訪ねる。
     *******

七瀬は、西尾の横に居たら、恒介の出すカードを裏向きで透視していた。それを、恒介に知らせると、「放っとけ」と言われた。

続きを読む "《七瀬ふたたび》☆03" »

2008/10/23

《OLにっぽん》#03

寿退社』(あらすじ)

弥生から、総務課のリストラ要員を1人選ぶよう命じられた島子は、どうしてよいか分からずにいた・・・。
それぞれの課員達の家庭事情や会社への思いやりを知ってしまった島子には、誰か1人、リストラ候補を選ぶなど到底、できることではなかった。
一方、桜が担当する『事務用品の発注と管理』が次なるアウトソーシングの項目と決まり、マニュアル作りが始まるが、桜本人の仕事が奪われるという、危機意識は薄く、スキル的にも中国チームに叶わないと諦めムード。コネで入社した桜のコネの効力が消えたと知った島子は、本気でがんばらなければリストラされる、と自分の仕事の目的も忘れて逆にはげます。

まもなく、営業2部から総務課に、フロアの配置換えをして欲しいとの連絡が入る。島子の言葉でヤル気になった桜は、立候補。朝比奈も島子がフォローすると聞き、OKサイン。桜は、ヤル気満々で仕事に取り掛かる。
       ******
私って、なんて不幸なOLだろう。・・・」びっくりして我に帰ると、目の前に小幡@チビ太が、居て、むしゃむしゃと朝ごはんを食べながら話していた。弥生から、リストラ係を命じられて、悩む島子。「会社は仲良しクラブではありまへん。」
「どうして今まで気付かなかったんだろう。小旗さんと私って・・・立っていると落差があるけど、座っていると座高が同じなんですね。」

続きを読む "《OLにっぽん》#03" »

2008/10/22

《ギラギラ》☆01

伝説のホストカムバック』(あらすじ)

七瀬公平(佐々木蔵之介)は、妻・桃子(原沙知絵)と愛娘に囲まれ、ふつうのサラリーマンとして幸せな暮らしを送っていたが、突然のリストラで仕事を失ってしまう。36才で学歴も資格もなく、再就職先を見つけられない公平は、偶然、六本木を訪れ、封印した過去を思い起こす。

公平は、かつて“六本木の王”と呼ばれた伝説のホストだったが、桃子と出会い、夜の世界を引退したのだった。今の自分が可能性をつかめるのは、ホストの世界しかない……そう確信した公平は、愛する家族を守るため、妻には内緒で、1年間だけホストに戻ろうと決心する。

     ********
チームバチスタの栄光が、録画されていなかったので、先週見て、なかなかの力作だった、ごひいき、佐々木蔵さんの主演の”ぎらぎら”をレビューします。(毎週金曜放映)

会社では、部長の不手際を全部しょわされて、七瀬公平が、リストラされた。後輩がしきりに嘆いていた。今夜は飲みましょう。僕の知り合いが六本木で店を出しているので、そこに行きましょうと案内していた。バースディーケーキを抱えたホストが走ってきて公平にぶつかった。ホストクラブ”リンク”では、からかわれたホストが、くさっているとオーナーから

続きを読む "《ギラギラ》☆01" »

《イノセント・ラヴ》#01

残酷な運命と闘う…新しい私の始まり…』(あらすじ)

若者たちがそれぞれに抱える孤独と戦いながらも愛する人を思い、明るく前向きに生きる姿を描く。
秋山佳音(堀北真希)は、6年前に両親を殺された。犯人として逮捕されたのは、5歳上の兄・耀司(福士誠治)だった。が、佳音は兄の無実を信じ続けていた。そして故郷を捨てて上京。清掃会社でアルバイトを始めた。ある日、佳音は、長崎殉也(北川悠仁)の家に派遣される。殉也は音楽家だったが、今は教会で子どもの聖歌隊を率いるほか、パブレストランでピアノを弾くアルバイトなどをしていた。1人で掃除していた佳音は、1冊の古いアルバムを見つける。殉也の幼いころからの写真が張られていた。そこに殉也が帰ってくる。佳音は、人が笑っている写真が好きだというと、殉也は一緒に写真を撮ろうと言い出し、彼女の携帯電話を借りて写真を撮った。以来、その写真は佳音の宝物になった。
     ********

2002年、12月24日 クリスマス・イブ

続きを読む "《イノセント・ラヴ》#01" »

2008/10/20

《Room Of King》☆03

叱って欲しい女と男!?もりじパリでチャンス到来!』(あらすじ)

森(水嶋ヒロ)はマリア(秋本奈緒美)に気に入られ、フランスに連れていかれた。転機を迎えた森を、朝子(鈴木杏)はうらやむ。そんな中、朝子は強盗事件を機に芸能事務所からスカウトを受けて困惑。返事に悩み、ルームメイトの料理人・孫(板尾創路)に相談する。
      ******
<全てはその不動産屋から始まった。>
将来その道のKingになれそうだと、僕がが判断したお方ばかりを、僕の一番大事にしてる、この素晴らしい家に住んでいただく、コンセプトなんです。
<9つの部屋、9人でルームシェア。
確かにここに引っ越してきてから、
人生が少しずつ動き出している気がする

続きを読む "《Room Of King》☆03" »

2008/10/19

《上海タイフーン》☆最終話

ありがとう上海』(あらすじ)

美鈴(木村多江)は新ブランドを立ち上げたものの、数々の困難に直面する。それでも、今度ばかりは曹(ピーター・ホー)に頼るわけにはいかない。再開発をめぐるトラブルで、曹はかつての勢いを失っていたのだ。父・雅彦(古谷一行)の助言で、美鈴は「上海コレクション」に参加して、自分のブランドをアピールすることにした。香(松下由樹)、麻里(MEGUMI)らの協力を得て、発表会当日を迎える。ところが、その日、美鈴の製品を作る縫製工場でストライキ騒動が起きてしまう。
     ******
「明日から上海中のデパートを廻って、売り込みだ。」
美鈴と香は、精力的に回り始めたが、どうもかんばしくない。
「オバサンがモデルやってもねぇ」と、あまりにもストレートに言われ、上海中のデパートから相手にされなかった。

続きを読む "《上海タイフーン》☆最終話" »

《ブラッディ・マンディ》★02

ウイルステロついに勃発!!迫り来る日本最後の日!!』(あらすじ)

藤丸(三浦春馬)の妹・遥(川島海荷)がさらわれた。犯人は、藤丸にTHIRD−I(サードアイ)のパソコンをハッキングし“クリスマスの虐殺”のデータを消すように指示。同じ頃、謎の人物からTHIRD−Iに「ウイルスをある女性に送った」と連絡が。電話の主は、ファルコン(藤丸)が目的と告げる。
   *******

サネイエさん、殺されちゃいましたね。

藤丸の妹遥の透析する病院で、起きたこと。院長が死体で見つかって、遥は大丈夫かと電話があり、、気づいた院長の奥さんが恐怖の顔で死んでいた。その病院の電話が鳴り、驚いて出た藤丸に、廃ビルへ30分で来いというものだった。最近のドラマは、走るのが主流でしょうか?画面がぶれて、とても見にくいです。

続きを読む "《ブラッディ・マンディ》★02" »

2008/10/18

《流星の絆》☆01

東野圭吾×宮藤官九郎!涙のNo.1ミステリー感動大作』(あらすじ)

東野圭吾の同名小説を宮藤官九郎脚本でドラマ化。

14年前に両親を殺された功一(二宮和也)、泰輔(錦戸亮)、静奈(戸田恵梨香)の兄妹は、静奈が金をだまし取られたのを機に詐欺を働くように。一方、刑事・柏原(三浦友和)は14年前の殺人事件を追っていた。

     *****
「大人になったら、犯人捜してさ、3人でぶっ殺そうな」

1993年11月 横須賀

当店自慢のハヤシライス  百年の歴史の味をどうぞ
アリアケ 洋食屋。

続きを読む "《流星の絆》☆01" »

2008/10/17

《風のガーデン》#02

エゾエンゴサク』(あらすじ)

死を目前にした男が絶縁していた家族の元へ戻っていく物語を通して生と死を描く。
白鳥貞美(中井貴一)は学会出席のため札幌を訪れた。貞美を慕う歌手の氷室茜(平原綾香)も一緒だ。貞美は札幌で開業医をしている水木三郎(布施博)を呼び出して、自分のエコー写真を見せる。そして、薦められるまま水木の病院で検査を受ける。結果は良くないものだった。一方、旭川でよさこいソーラン祭りの踊りの練習に励むルイ(黒木メイサ)。富良野の自宅に戻ると老犬の蛍がいなくなったと岳(神木隆之介)が泣いている。祖父・貞三(緒形拳)と一緒にガーデンを探し、倒れている蛍を見つけた。そして東京。膵臓(すいぞう)がんの手術後、無理に退院して行方をくらましていた二神達也(奥田瑛二)が貞美の病院へ運び込まれてきた。

     *****
5月7日(水)
お腹の痛みを伝える神経は主に数か所集まっている。これをね神経叢(しんけいそう)
神経のくさむらと呼んでいる。
これを遮断すれば、脊髄に痛みは伝わらなくなる。
たとえば、胃がんやすい臓がんのような上腹部痛はここ腹腔神経を遮断することで和らげることができる。腹腔神経叢ブロック。
しかし、痛みの範囲が広がってくると、この神経叢ブロックだけでは十分に痛みが止められない。そこで広く痛み神経を遮断する方法としてあるのが、硬膜外ブロック。
腹腔神経叢ブロックの場合は、うまくすれば、数か月ながもちしてくれるが、欠点はさっきも言ったように、広範囲の痛みが止められない。一方硬膜外ブロックの場合は、どんな薬剤を使っても数時間しか長持ちしてくれない。そこでチューブを入れてポンプで持続的に薬を送ってやればこれは相当長持ちしてくれるが、チューブを外す事が出来ないから風呂に入るのも大変だし。患者さんにかかる負担が大きくなる。

講義をしながら、痛みをこらえる貞美だった。

 
 

続きを読む "《風のガーデン》#02" »

《七瀬ふたたび》☆02

危険な力』(あらすじ)

土砂崩れを予知したことから、七瀬(蓮佛美沙子)と恒介(塩谷瞬)は刑事・高村(市川亀治郎)から怪しまれる。七瀬は老人ホームの入居者たちからも気味悪がられ、退職を決意する。悲しみに暮れる七瀬は、母の葬儀に来ていた大学の研究者・藤子(水野美紀)を訪ねた。そこで七瀬は父・精一郎(小日向文世)がかつて超能力の研究に従事していたこと、当時少年だった恒介が被験者として協力していたことを知る。そんな中、連続通り魔事件を捜査していた高村は、犯行現場に居合わせた恒介を容疑者として逮捕した。恒介が警察で取り調べを受けている時、七瀬は真犯人と出くわし、追い掛ける。だが、力づくで押さえ込まれてしまう。
     ********

母が事故に遭った日 私は、本当の自分に目覚めた。
<七瀬の秘密>「なに?」『すごいな七瀬』父
さらに「七瀬とどこか田舎に引っ越し、名まえも田中に戻してくれ。危険なんだ。」
心の声<気の毒 事故なんて・・・>なんで、人の声がと思う七瀬だった。

続きを読む "《七瀬ふたたび》☆02" »

2008/10/16

《OLにっぽん》#02

走れ!総務の女』(あらすじ)

弥生(浅野ゆう子)は琳(タン・ジャースー)と洋(ローラ・チャン)に、総務の業務マニュアルの1つを、1週間以内に作るよう命令する。2人は、一番面倒な「営業車の登録」のマニュアル化に挑戦する。指導係になった島子(観月ありさ)は、中国流のビジネススタイルに戸惑いながらも、がんばる2人を応援。ところが、マニュアルの完成が目前に近づいた時、琳がコンビニでバイトをしていたことが弥生にばれて、クビになってしまう。マニュアルは、間もなく出来上がるが、島子は、琳が翌日中国に戻されると知り気が重い。そんな折、停電と小旗(阿部サダヲ)のミスにより、完成したばかりのマニュアルのデータがすべて消滅してしまう。
     *****

アウトソーシングをどうしても受け入れたくない主任は、あからさまに、派遣されてきた2人に敵意むき出しです。
部長は早く結果が出なければ、新しい能力と交代させるよう、明らかに使い捨てモードです。

続きを読む "《OLにっぽん》#02" »

2008/10/15

《チーム・バチスタの栄光 》#01

『医療ミスか?殺人か!?』(あらすじ)

心臓移植の代替手術「バチスタ手術」に挑む大学病院の「チーム・バチスタ」が、手術中に患者が亡くなった。その真相に医師と役人が迫る。東城大学医学部付属病院の医師・桐生(伊原剛志)を中心とする「チーム・バチスタ」に、3例続けて患者が死亡する「術中死」が起きてしまう。心療内科特別愁訴外来の診察医・田口(伊藤淳史)は、病院長の高階(林隆三)から、その原因を探るよう依頼される。が、次のバチスタ手術のミーティングに出席した田口は、桐生に邪魔者扱いされる。チームには桐生の義弟で病理医の鳴海(宮川大輔)、麻酔科医の氷室(城田優)、器械出しの直美(釈由美子)らがいた。そして直美は田口にそっと「患者を殺したのはわたし」と謎の言葉を残す。
     *****
バチスタ手術 CASE30 フローダウン。再鼓動しません。カウンターショックの準備。
CASE 30 術死。

続きを読む "《チーム・バチスタの栄光 》#01" »

2008/10/13

《ブラッディ・マンディ》★01

『日本最後の日!1人の命か!?4万人の命か!?最凶ウイルステロの陰謀と伝説の天才ハッカーの闘いがいよいよ今夜はじまる!!』(あらすじ)

高校生ハッカーが凶悪なテロリスト集団と戦う。ロシアの町で人々が失そうする事件が発生した。事件の真相を探る警視庁の秘密部隊「サードアイ」は、天才ハッカーと呼ばれる高校生・藤丸(三浦春馬)に、ロシア軍事施設のコンピュータのハッキングを依頼する。

    *****
ロシア極東・ヤスリース久
街全体がウイルス汚染で壊滅。知らないうちのテロは、許せません。

日本・東京 
警察庁警備局公安特殊三課 通商「THIRD-i」
テロリズム対策機関として警察庁に設置された、通称THIRD-i 警備局直属の実動部隊である。独自の捜査権限を保有しその超法規的な活動により、警察機構内でも非公式とされている。

続きを読む "《ブラッディ・マンディ》★01" »

《花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜》卒業式&71/2話スペシャル

あのイケメンたちが完全新作で一夜限りの復活!連ドラでは描かれなかった夏休み最後の一週間の謎に迫る』(あらすじ)

昨年夏の連続ドラマで描かれなかった夏休み最後の空白の1週間を描くスペシャル。芦屋瑞稀(堀北真希)が卒業して半年がたった。にもかかわらず、相変わらずの三寮長の元で、相変わらずの面々が、相変わらずのノリで競い合っていた。イベントは、「卒業記念!バレンタインデー・チョコ争奪戦!」。ブロッサム学園を含めた女性からいくつチョコをもらえるかを競うのだという。1位には椿校長(松田聖子)から金粉入りチョコがプレゼントされ、その年の「キング・オブ・イケメン」の称号が与えられる。すると、チョコの数を競い合っていた中津秀一(生田斗真)が佐野泉(小栗旬)に言い寄ってきた。「たくさんのチョコより、本当は瑞稀の1個が欲しかったんじゃねえの」。中津は、瑞稀と過ごした夏休み最後の1週間を思い出す。
    *****
この作品もフィクションですので、スペシャルな分だけいつもより大目にみてください

守衛が立つ門を走って通るブロンド女性。追いかけるが、するりとかわす。8月15日。今日は桜咲学園の登校日で、外はいつものように女子生徒が騒いで、キャーキャー言う声であふれていた。ブロンドは両手に白い靴を下げて、まだうろうろしていた。

続きを読む "《花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜》卒業式&71/2話スペシャル " »

2008/10/12

《Room Of King》☆02              

ピンチはチャンス!?大物アーチスト登場!!』(あらすじ)

森(水嶋ヒロ)や銀行員・朝子(鈴木杏)らのルームシェアが始まった。森はアルバイト先の客・マリア(秋本奈緒美)に花束を請われるが、好みが分からず悩む。一方、森と同居するスタイリスト・真島(渡部篤郎)は、わがままなミュージシャンとの仕事をしぶしぶ引き受ける。

    ********
大富豪のマリアに気に入られたモリジ。買ったこともない花を、どう調達するべきか、バイト先の店主の篠原に食い下がって聞くが、人の恋路には、かかわりたくないと言われてしまう。なんでもプレゼントはうれしいと聞き、適当に、ワイルドにブーケを作った。

続きを読む "《Room Of King》☆02              " »

《夢をかなえるゾウ》#02

合コン(秘)必勝法を教えたる!世界の偉人が“モテ”と“幸せ”を考える』(あらすじ)

会社の同僚、ルナに合コンに誘われたあすかは、相手が社長やテレビ局に勤める東大の同級生だと知った途端に浮かれまくる。そんなあすかに対し、自分は神様界の合コン王子だと豪語するガネーシャ。あすかは合コン必勝法を教えて欲しいと頼み込み、ガネーシャは『合コンでボディタッチする』という課題を与える。さらに、あすかはガネーシャが呼んだ世界の偉人3人からハチャメチャなアドバイスを受け、寝不足のまま合コン当日を迎える…。
ガネーシャから『合コンで黙る』という課題を出されたあすか。あすかは課題を守るが、失敗を繰り返して合コンは台無しに。あすかは何度もトイレに駆け込み、ガネーシャらに相談する。その間にもマヤはあすかが狙う城嶋と良いムードになっていく。そして合コン終盤、ようやくガネーシャはあすかに会話の許可を出し、『合コンで全員を好きになる』という次の課題を与える。果たして、あすかは
城嶋と仲良くなれるのか!?

続きを読む "《夢をかなえるゾウ》#02" »

《上海タイフーン》☆05

よみがえる女たち』(あらすじ)

美鈴(木村多江)は上海で、オリジナルの服飾ブランドを立ち上げることを決心する。デザイン画作りや店舗確保に1人で奮闘する姿を見て、香(松下由樹)や麻里(MEGUMI)も協力を約束する。そんな折、突然、母・君江(原日出子)が上海にやって来る。美鈴と一緒に父・雅彦(古谷一行)を訪ね、夫婦は10年ぶりの再会を果たす。ただ、それがきっかけで美鈴は両親の秘密を知る。美鈴の新ブランドの試作品が完成した夜、曹(ピーター・ホー)は美鈴に、初めて会った時からの気持ちを伝える。
     ******

曹のオフィスで、曹は「裏切ったんじゃない、信じてくれ」と言った。美鈴は「もう止めてあなたの言うことなんて聞きたくない」と、遮った。何もなくなった状態からの立ち直りは、女性の方が早い!美鈴は、母に「じゃあ、好きなことやればいいでしょ」と言われ、「なんでもできるじゃない、そこは上海なんだから」背中を押された。

続きを読む "《上海タイフーン》☆05" »

2008/10/10

《風のガーデン》#01

フジテレビ開局50周年記念ドラマ『スノードロップ』(あらすじ)

東京にある高林医大病院で麻酔科准教授を務める白鳥貞美(中井貴一)。麻酔学界の権威である貞美は、院長直々に霞ヶ関病院で後日行われるすい臓癌手術の協力を頼まれた。患者は株の不正取引の黒幕としてマスコミを賑わせている二神達也(奥田瑛二)だった。その夜、恋人でホテルのバーで弾き語りをしている氷室茜(平原綾香)とのデート後、帰宅した貞美はある事情により離れて暮らしている家族の幸せだった日々を思い出していた。 

 手術前日。術前説明のため霞ヶ関病院の二神の元へ向かった貞美だが、二神は病室を抜け出しキャンピングカーで怪しい仕事をしていた。貞美の説明に聞く耳を持たない二神。
姉の谷口冬美(木内みどり)の家を訪ねた貞美は、間もなく故郷の富良野で妻・冴子の七回忌があることを聞く。貞美は6年前に父・貞三(緒形拳)から勘当されて以来、富良野には帰っておらず、娘のルイ(黒木メイサ)や息子・岳(神木隆之介)にも会っていなかった。冬美はルイが6月に行われる「よさこいソーラン祭り」にダンスチームで参加することを告げ、会いに行くように勧める。

続きを読む "《風のガーデン》#01" »

《七瀬ふたたび》☆01

そして扉がひらく』(あらすじ)

老人ホームに勤める田中七瀬(蓮佛美沙子)は、母・静子(中村久美)の交通事故をきっかけに他人の心の声が聞こえるというテレパス能力に目覚める。死んだはずの父・精一郎(小日向文世)が生きているらしいと知った七瀬は、父の足どりをたどる旅の電車の中で、予知能力をもった恒介(塩谷瞬)、テレパスの少年・朗(宮坂健太)と出会う。電車が土砂崩れにあうことを予知した恒介は「降りよう」というが、七瀬は同意しない。
     ******、
私の名前は火田七瀬。
人の心が読めるテレパシーと言う能力をもっています。
これは誰かがつくり出した力?それとも、私の中に眠っていた力?
あなたと
私が出会ったことが、世界のすべてを変えてしまうかもしれない。
お前は俺の同類なんかじゃない。すべての秘密が解かれたとき、
大きな戦いが始まる。どうしてこんな力があるの?!!!

続きを読む "《七瀬ふたたび》☆01" »

2008/10/09

《OLにっぽん》#01

働く女はすっぴん!?日本VS中国お仕事バトル勃発!!』(あらすじ)

自分の生き方を見詰め直していく商社総務課のOLたちの日々を描く。中国でのアウトソーシング(経費削減のため、人件費の安い海外の会社に業務を委託するやり方)の成果を視察して帰ってきた東慶商事総務課の神崎島子(観月ありさ)に、課の仕事を中国に移すとの話が伝わる。東慶商事では、人事部と経理部の業務の50%以上を人件費の安い中国に移管して結果を出していた。課長の朝比奈国彦(東幹久)が動揺する中、島子は、部長の富士田弥生(浅野ゆう子)から、中国の人材派遣会社からやって来る研修生を迎えに成田に行くよう命じられる。間もなく島子は、空港ロビーで、研修生の1人の若い女性、張琳(タン・ジャースー)と出会う。
    ******
杭州人材有限公司。島子は、会社の方針でこの人材派遣会社の仕事祖語ぶりを視察時計が、公園で止まっているので振ったらチェーンが壊れた。取り替えにいくと、店主が麻雀をしていて取り合わない。どうにかしてと大声を出して机を揺すったら、かなりのもめ事になった。そこへ日本の女の子をいじめるな!と現れた凸凹コンビ。暴れて、助けてくれた。島子は彼らは、中国人と思った。

続きを読む "《OLにっぽん》#01" »

2008/10/07

《ガリレオΦ》(10月4日)

操縦る』(HPよりの抜粋)
とある島で起きた密室殺人事件。男が日本刀のような刃物で刺殺された。その後、事件現場の小屋は爆発炎上。多くの人々が見守る中、犯人らしき人影は目撃されなかった。部屋には中からチェーンがかけられており、人の出入りした形跡も見あたらない。この事件を解決する糸口を求め、専門家の意見を聞くために帝都大学を訪れた草薙刑事(北村一輝)は、大学の掲示板で懐かしい名前を発見する。その男の名は、湯川学(福山雅治)。かつて草薙と同じバドミントン部の仲間で、今は帝都大学理工学部物理学科の助教授だ。学生時代から“超がつくほどの天才”と名をはせていたこの男の頭脳に一縷の望みを抱き、草薙は、湯川の研究室を訪ねることにした。

湯川と再会した草薙は、助手の栗林宏美(渡辺いっけい)の制止に耳も貸さず熱心に湯川を口説くが、湯川は、事件のあらましを聞かされても、「殺人事件なんかに興味はない」と冷たくあしらう。だが、草薙に「事件現場の島には、ステキな水着美女がウジャウジャいるぞ」とそそのかされてその気になった湯川は、捜査に協力するため事件現場に向かうことになった。そして、湯川研究室の研究生で好奇心旺盛な塩野谷あかり(長澤まさみ)もこの事件に興味を示し、勝手に湯川たちについて行く。捜査の手伝いを申し出るも、湯川に全く相手にされなかったあかりは、独自の調査を試みるのだが…?

 一方、事件現場を訪れた湯川と草薙の前に現れたのは、被害者の父親で車いす生活を余儀なくされている友永幸正(蟹江敬三)、被害者の妹で父親の介護をしながら生活を共にしている奈美恵(香里奈)、そして彼女の婚約者、紺野宗介(長谷川朝晴)…。謎めいた人々が次々と捜査線上に浮かび上がってくる中、果たして犯人は誰なのか?動機は?そして何よりも、どうやって密室殺人を完遂させたのか…?

天才・湯川が、旧友・草薙刑事と共に、初めて捜査に取り組む事件。果たして湯川は、謎とも思えるこの事件のからくりをどのように解明してゆくのか?

続きを読む "《ガリレオΦ》(10月4日)" »

2008/10/06

《夢をかなえるゾウ》#01(水川あさみ)とROOKIES SP

究極モテる秘密教えたる!オリジナル“幸せ”課題満載! 』(あらすじ)

大手広告代理店に勤務する派遣社員の星野あすか(水川あさみ)は、25歳の誕生日の当日、交際している正社員の坂東剛から大事な話があるというメールをもらう。プロポーズされると期待に胸を膨らませるが、告げられたのは別の女性との結婚だった。さらに、あすかが暮らすマンションが火事になってしまった。仮住まいとしてボロアパートに入居したが、部屋に置かれたままのテーブルにはゾウの形をした奇妙な置物があった。以前は、有名なカメラマンが住んでいた部屋だという。その夜、あすかは「幸せになりたい」と神様にお願いし、「神様なんて絶対にいない」と毒づいた途端、押し入れからゾウの姿をした関西弁の自称神様「ガネーシャ」(古田新太)が現れる。
     *********

結局、深夜の分は見られませんでしたので、あわてて、今頃見ました。

同じハケンでも、片や、ネイルアートして、仕事は遅く、玉の輿に乗ることばかり考えていたあすかが、25歳の誕生日に、付き合っていた坂東から別れを切り出され、さらに運悪く、自分のアパートを焼いてしまったことから、転がり込んだ部屋が、有名サラリーマンが住んでいたと言われた。

続きを読む "《夢をかなえるゾウ》#01(水川あさみ)とROOKIES SP" »

《Room Of King》☆01

(あらすじ)

青山の花屋でバイトをしているフリーター、森次郎(通称もりじ)(水嶋ヒロ)はある日突然、謎の不動産屋に声をかけられた。青山の高級マンション「KING」を破格の値段で貸すというのだ。なぜなら「あなたは将来成功する人材=KINGになる人だから」、ということで…。「9人とルームシェア」という奇妙な条件ではあったが、もりじはその破格の値段に飛びついてしまう。同じく銀行で働く腰掛けOL、浅田朝子(鈴木杏)は、不動産屋から「KING」入居の誘いを受け、「オシャレなマンションだったから」という理由で、翌日引っ越すことを決意する。
 同じく性病科の女医、響京子(井川遥)も同じく不動産屋に声をかけられ「KING」入居するが、そこには売れっ子スタイリスト真島洋平(渡部篤郎)がいて、3人のテンションは一気に高揚。そんな中で、「KING」への入居が決まった途端、もりじや朝子に奇妙な出来事が起こり…!?
     *******

六本木の産婦人科の医院長京子は、一見してキャバ嬢にしか見えない。6人も看護師を侍らせているが、イケメンを雇おうかしらと本気で思っている。
花屋でかなりぼんやりしているフリーター。かけもちで働くもりじ。

続きを読む "《Room Of King》☆01" »

2008/10/05

《上海タイフーン》☆04

許せない男』(あらすじ)

家族を捨てた父・雅彦(古谷一行)との10年ぶりの再会はあまりにも哀しかった。美鈴(木村多江)は父を強烈に愛し、そして憎んでいたからだ。
一方、香(松下由樹)の店は、突然決まった再開発計画で潰されることになる。同時に大口契約も白紙になり、ついに香は絶望し帰国の準備を始める。再開発計画に曹(ピーター・ホー)が加担していたと知り非難する美鈴。重い心を引きずって美鈴は再び父に会い思いのたけをぶつける。

     *********
美鈴は、バスに揺られながら、楊泉にきた。訪ね当てたところで父は床屋をしていた。
「おとうさんsign01
{みすずflair」あわててメガネを外した。
お茶を入れながら、
「10年ぶりか。元気そうでよかった。母さんは元気か?」と聞いた。で
「元気よ。仕事で上海に来たの。で、野村って日本人がいるって聞いて」

続きを読む "《上海タイフーン》☆04" »

2008/10/04

《夢をかなえるゾウ》SP

このままやと2000%変わらへん!あなたの夢のかなえ方教えます』(あらすじ)

耕平(小栗旬)は、「金持ちになりたい」「成功したい」「自分を変えたい」と夢見るばかりで努力もせず、現実に不満を抱える26歳のダメ営業マンだった。そんな彼の前に、ゾウの姿をした関西弁の奇妙な神様・ガネーシャ(古田新太)が現れる。自分を変える方法を教えるというガネーシャのいうままに契約を交わすが、彼が与える課題は「靴を磨け」「人を笑わせる」などばかり。耕平はうさんくさく思いながらも、渋々課題を実践していく。そして彼は、少しずつ変わり始める。実はそれらの教えは、ガネーシャが育てたという世界の偉人たちが通過してきた課題でもあったのだ。
      *******

古田新太のガネーシャを、かなりアクが強くて、やっぱり巧い!と思いながら見入ってしまった。昨夜は、SPに続いて、遅い時間帯の水川あさみメーンへと続くようでした。かなりの長さがありましたから、端折って、次の番組へ続けます。次回からはどうするかまだ未定です。

続きを読む "《夢をかなえるゾウ》SP" »

2008/10/03

《キャットストリート》最終回

涙の卒業式』(あらすじ)

恵都(谷村美月)は映画の撮影初日、恵都を憎む奈子(高部あい)によって倉庫に閉じ込められる。だが「友達がいるから私は頑張れる」という恵都の言葉は、かたくなだった奈子の心を溶かした。撮影に遅刻した恵都はスタッフ全員から白い目で見られるが、全身全霊をこめた演技でスタッフから認められていく。恵都と浩一(勝地涼)は、初めてお互いの思いを告白しあう。そして恵都たちが「エル・リストン」を卒業する日がやってきた。
     *******

行かせないよ、撮影なんてと、ビルに閉じ込められた恵都。窓を壊そうとしてもびくともせず、立ち往生しているところに、マーサが入ってきた。パンとミルクを手渡そうとしたが、恵都は振り払った。ミルクはパイプに当たって瓶が砕けた。
「マーサ、どうして?」と問う恵都に
「僕は奈子さんに恩があるんだ。モデルとしてやっていけなくなって、ヘヤメイクに転向したとき奈子さんに拾ってもらった。今まで仕事が続いている。だから逆らえない。奈子さんは、今苦しんでる。僕は苦しんでる人が好きだ。高い所でいい気になってる人間より。」

続きを読む "《キャットストリート》最終回" »

2008/10/02

人形の家<シス・カンパニー公演>

人形の家
作:ヘンリック・イプセン 演出:デヴィッド・ルヴォー
キャスト
ノラ・ヘルメル:宮沢 りえ    トルヴァル・ヘルメル:堤 真一
ニルス・クロクスタ:山崎 一  ドクター・ランク:千葉 哲也
クリスチーネ・リンデ夫人:神野 三鈴   他

2008年9月23日(火) Bunkamura シアターコクーン

待望の舞台を観てきました。
楽しかったです。

続きを読む "人形の家<シス・カンパニー公演>" »

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

最近の写真