無料ブログはココログ

« 《恋空》☆04 | トップページ | 《太陽と海の教室》#07 »

2008/09/01

《Tomorrow》#09

妻の死と病院閉鎖ー大切な人からの手紙』(あらすじ)

市内で開業医をしている仙道(岸部一徳)の妻・昌江(水沢アキ)が病院を訪ねてくる。これまで多くの患者に市民病院を紹介してきた昌江は、病院がセレブ病院になることに複雑な思いを抱いていることを航平(竹野内豊)に話す。その時、突然、昌江が脳幹出血を起こして倒れてしまう。航平と愛子(菅野美穂)が懸命に処置をするが、昌江の意識は戻らない。紗綾(緒川たまき)は、このままでは植物状態になる可能性があるという。仙道はかねて延命処置はしないでほしいと願っていた昌江を思い、人工呼吸器を付けることを戸惑っていた。しかし、自力呼吸が弱くなる昌江を前にして、呼吸器を付けることを決意する。そんなある日、航平は蓮見(陣内孝則)から翌月末で病院を閉鎖すると告げられる。

     *********
この病院ごと、患者さんを守ろう」航平は、愛子と共に戦おうと決心した。

遠藤は、看護師長(エドさん、24じかんTVでは、たくましかった。)に子供を愛さない親だっていると、言った。誰かを助けたかったら、自分が強くなるしかないの。

市民病院に来るはずだった、ブルー軍団が、全員キャンセルになり、遠藤は、その善後策に追われていた。あとで判明するがそれはすべて松永議員の画策で、市民病院を閉鎖して、大娯楽施設にする構想を練っていた。

仙道の妻で、医師の昌江が休みだからと市民病院に資材の見学に来た。前日も患者に付き添ってほとんど寝ていなかった。元気で行動的な人だった。航平が引き取って、案内を始めると、設備の立派さを羨ましがった。さらにもっとと自分で奥まで行った。愛子が昌江を探しに来たので、航平が行くと、倒れていた。大至急応急処置をしたが、血圧が200mmHgを超えていた。航平は脳出血を起こしているかもしれないと言いながら、モニターをつけた。唇をかみしめる仙道。

遠藤が、脳幹の一部が残り、今のところ自力で呼吸しているが、このまま意識が戻らない可能性は非常に高く、所謂植物状態になる可能性があると診断した。

ベッドサイドで、考え込む仙道。そこへ航平が来た。写真立てに子供の写真を見て、これはと聞いた。仙道の子供で、将棋が強く、市の大会にも出たことがああったが、8歳の時肺炎をこじらせて、あっけなく亡くなったと話した。それに今奥さんが意識不明。あまりに過酷な出来事です。

さらに遠藤は、MRIを示し、自発呼吸が弱くなっているので、人工呼吸器をつけて延命処置はできると説明。延命措置をせずに自発呼吸ができなくなった場合、そのまま脳に酸素が行かなくなり死にいたる可能性が高くなります。
昌江は仙道に、Living Will 延命措置をせずに尊厳死を選ぶ遺書を残していた。

遠藤は、母のベッドサイドにいた。そこへ院長が、母の見つかったときに着ていた衣類と所持品を渡してくれた。持っていてあげなさい。君のいう奇跡が起きた時のために。

副市長が、最後通告をしに病院に現れた。
今月末を持ってこの病院は全面閉鎖。脳外科の専門病院の計画は全て破棄し、この病院は建物ごと取り壊し、この地域一帯が大規模なホテルを中心としたリゾート地として再開発される予定だ。松永議員の判断だ。詳しい話はまた後日。

町の有力者松永の意見には反対できなかった。病院がつぶれるか、市がつぶれるかの瀬戸際だと土下座した副市長。

遠藤の処にマコトが遊びにきた。赤いランドセルも自分で選んで、「ボクね、学校に行ってるんだよ」と報告。笑顔を見せてマコトと話す遠藤。

突然ブザーが鳴り、昌江が危険な状態になった。遠藤は専門病院へ出かけて留守。人工呼吸器をつけてくれと頼む仙道。

誰もいない待合室のベンチで、考え事をする仙道。航平が通りかかると
「私はいったい何をしているんだろうって、考えてたんです。息子の病気にも、昌江さんの体の状態にも気付かずに、今もまた昌江さんの気持ちを無視してしまっている。昌江さんは、
Living Will を残していたんです。自分がどんなふうに死を迎えたいのかそれを伝える遺言書です。昌江さんはいつも言ってました、もしも自分がこういう状態になってしまったら延命処置はしないでほしい。尊厳死を望むって。判っていながらどうしても決心がつかないんですよ。万に一つの可能性を捨てきれないんです。私は自分勝手な男です。

尊厳死の宣誓書(リビング・ウイル Living Will)を昌江の遺書から取り出した仙道は、さらに彼女が自分宛てに残した言葉を噛みしめていた。

遠藤がオペで専門病院へ行っているのかと電話をした愛子は、母の見舞いと聞いていぶかしげだった。それが延命装置をつけていることで、高い料金を払うために病院を渡り歩いていることも察しがついた。
病院立て直しで雇われたのに、つぶす病院ではようがないから今週中にやめると言われ、昌江は航平の患者にすると言った。航平は、やり方はどうあれ、遠藤は、この病院には必要だ。協力していただけないでしょうかと懇願したが、高給を払ってくれるならと言われ、言葉が続かなかった。あなたくらいの腕があればどこでも通用すると言われたが、ここじゃなきゃだめなんですと強調した航平。勝手にしろと言われさらに患者がどうなろうと私には関係ないとまで言ってのけた。マコトは、あなたから勇気をもらった。本当は患者のことをおもっているんじゃないです?
「勝手な思い込みは迷惑よ。」認めたくない遠藤は、かなり逃げ腰になっていた。
愛子が口をはさんだ。「お母様の治療費のために働いているんじゃないですか?すいません。さっき脳外科専門病院に電話したときに聞いてしまったんです。先生のお母様がずっと病院に入院したままだと。先生が脳外科専門病院にこだわるのも、お母様をご自分の病院に引き取りたいためじゃないですか?私今まで、先生は儲けることしか頭にない、冷たい人間だと思っていました。でも本当は、」
「そんないい話じゃないわよ!確かに私はお金で、母親の命を繋いでいる。でもあの人のためを思っているわけじゃない。あの人に安らかな眠りが訪れるなんて許せないからよ。あのままでずっと生かし続けてやるのよ。」
「どうして?」
「あなたにはわからないでしょうね。愛される子なんて名前を付けられた人には」

愛子は、嶋脳外科の院長に面会した。
佐竹先生は、遠藤の学校の教授だった。遠藤の生い立ちを知っていた。苦労して大きくなるまでに、親戚中をタライ回しされた。父が病弱で働けず、病院の費用も払えなかったので結局亡くなり、残された母がいわゆる育児ノイローゼになりとうとうある日、母親が失踪。2年前に見つかったときには、意識がなかった。自分は愛されていなかったと思って育ったのではないかと佐竹も心配していた。

昌江の容体は安定していた。しかし、仙道は延命処置は止めます。もし自分がいわゆる植物状態になったら、延命処置はしないで欲しいと書いてあった。しかしLiving Willには続きがあった。もしもあなたがそれに耐えられないなら心が落ち着くまで私を生かしておいてほしいと書いてあった。死んでいく私より生きているあなたの気持を大切にしてください。あなたの悲しみは、私の悲しみです。そう書いてありました。そういう人なんです。いつも自分より私のことばかり書いて、それなのに私は・・・延命処置は中止してください。それが彼女の願いです。頭を下げて泣いた。

荷物を整理する遠藤に、航平が昌江の処置はすると話すと、まだ1週間後までは自分の患者だと言った。母のこと思い出してつらくなると思った?と聞く遠藤に、そうやって全部背負って独りで生きてこられたんですね。僕も8年間ずっと人はひとりで生きていかれると思ってました。この病院にきてそうじゃないんだと、人なんて弱くてちっぽけで、誰かの支えがあって初めて生きていけるんだなって、それでいいんだと思います。遠藤先生だって弱音を吐いていいんだと思いますよ
「どうして私が同情されなくちゃならないの。もう終わらせる。」終わらせるって何を?聞いてもゴミ箱にぶつかり捨てたはずの母の袋が落ち、中から小銭が落ちた。走って部屋を出て行った。

航平は小銭を拾い出した、とそこには新聞の切り抜きがあった。
遠藤は母の部屋に行き、人工呼吸器を外そうと手をかけた。間に合った航平。
なんなのあなたたちは人のためばかり動いて。
航平は、読んでみてくれと小銭れを渡すが下へ落とされた。航平が代わりに読んだ。
1993年、紗綾、東都大学医学部入学おめでとう 新聞の切り抜きに合格者の処に赤丸がされて余白に書かれていた。1998年。紗綾、医師国家試験合格、おめでとう
2003年、紗綾、脳外科医のホープとして紹介される、おめでとう

お母さんはあなたの消息をずっとたどってた。あなたのことをずっと思ってた、それが精一杯のLiving Willだと思います。「母の気持ちが分かったとき、初めて患者の気持ちが知りたいと思った。今母は何を望んでいるのか?どうしてほしいのか?心の底から知りたいと思った。これがきっと、あなたたちが言ってた患者と向き合うということだったのね。今頃気づいても、もう遅いわね。」2人と握手するして立ち去った。

数日後。穏やかなお迎えが昌江に来た。

議会の承認を得て、市民病院の取り壊しが決まった万感の思いで病院を去るスタッフ。

あと1回で、市民病院は再構築できるのでしょうか?愛子が事故に巻き込まれて、瀕死の重体とか。それでごり押しして病院を開けさせるんでしょうか?

*******
今までの感想は、こちら

« 《恋空》☆04 | トップページ | 《太陽と海の教室》#07 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

航平がすぐに遠藤の後を追ってたので、
実は市民病院と嶋脳外科って
かなり場所が近いのでは・・?と
ツッコミ入れてみたり(笑)
至近距離に脳専門病院は2つも要らない、、かも。^^;
次は愛子の危機みたいですが
どういう最終回で終わらすんでしょーね~。
しかし病院関係者の入院はちょっと食傷気味。。。

あんな元気だった奥さんが急に植物状態になったら、いくら遺書があったって、装置を止められないよね・・・。

市民病院の再建は望み薄状態になってきましたよねーcoldsweats02
違う形での再建となつのかなぁ?
てか、人工呼吸器って、外したら即ご臨終って訳でも
ないんですね。知らんかった・・・sweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/42343346

この記事へのトラックバック一覧です: 《Tomorrow》#09:

» Tommorow:第9話 [日常の穴]
「万に一つの可能性を捨てきれないんです。」 「たとえ意識がなくてもそこにいるだけで、家族が救われるっていうこともありますよね。」 そうだよなぁ。家族ってそういうものだと思... [続きを読む]

» Tomorrow−陽はまたのぼる− 第9話:妻の死と病院閉鎖 [あるがまま・・・]
呆気ない… ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜 あんなに奮闘してたのにねぇ{/ase/}松永代議士の鶴の一声で状況は一変{/ee_3/} なんじゃそりゃ・・・病院をつぶしてリゾート開発するにも 多額の費用がかかるし、それを回収出来る見通しがあんのかなぁ{/face_cry/} 副市長も辛いね・・・ しかしエド師長、間に合って良かった〜{/onpu/}マラソンでくたくただろうに シャキッと白衣に着替えて・・・違うか{/eq_1/}{/face_tehe/} てか、いつもなら放送時間内に武道館に間に合わなくても... [続きを読む]

» 『Tomorrow ~陽はまたのぼる~』#09の感想と視聴率・竹野内豊・菅野美穂・緒川たまき [Gecko's Cyber Cafe]
●『Tomorrow ~陽はまたのぼる~』#09の感想 今回は、遠藤紗綾(緒川たまき)が主役の話です。 緒川たまきさんのファンなので嬉しいです(´∀`) 母親の延命措置を続けてる脳外科医の遠藤紗綾。 その理由は母親への憎しみだった。 仙道郁夫(岸部一徳)の妻・昌江が病院内..... [続きを読む]

» Tomorrow〜陽はまたのぼる〜 第9話 「妻の死と病院閉鎖」 [テレビお気楽日記]
仙道(岸部一徳)の妻・昌江(水沢アキ)は開業医だったのね。新しい機材を見て回るうちに倒れてしまうのでした。 [続きを読む]

» Tomorrow−陽はまたのぼる− 第9話 リビング・ウィル [レベル999のマニアな講義]
『妻の死と病院閉鎖 大切な人からの手紙』内容仙道(岸部一徳)の妻・昌江(水沢アキ)がやってくる。仙道内科医院を開業している町医者で、市民病院に患者を紹介してきたという。そんななか、昌江が病院内で倒れる。脳出血を起こし意識が戻らず。。。。遠藤(緒川たまき...... [続きを読む]

» Tommorrow〜陽はまたのぼる〜vol.9 [ita-windの風速計]
■Tommorrow〜陽はまたのぼる〜脚本/篠崎絵里子、八津弘幸http://www.tbs.co.jp/Tomorrow2008/第9話妻の死と病院閉鎖----------------------------------------------------------森山はこの日、見知らぬ女性から診察を受けることになる。その女性は仙道の妻・昌江だった...... [続きを読む]

» Tomorrow~陽はまたのぼる~第9話(8.31) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
西山室市民病院は、脳外科専門病院への移行に伴い、 この月いっぱいで一般外来の受付をすべて終了。 しかし、脳外科を任されるドクターがすべてキャンセル。 更に、副市長@陣内孝則の口から、 専門病院の話はすべて白紙、 西山室市民病院自体を全面閉鎖、 建物ご...... [続きを読む]

» 公武合体じゃ(宮﨑あおい)合体・・・(堀北真希)俺は医者だ・・・延命する(竹野内豊) [キッドのブログinココログ]
夏の終わりの日本テレビの猛攻・・・「篤姫」↘23.3%・・・「Tomorrow」 [続きを読む]

» Tomorrow 九話 [Simple*Life]
やっぱり閉鎖になっちゃいましたね。 せっかく遠藤先生と和解しそうだったのに・・・ 副市長だって、本当は市民病院を残したいにきまってますよね。 でも・・・ 「このままでは市全体がダメになる」 と言われてしまったら・・・やっぱり病院閉鎖は免れないのかも ...... [続きを読む]

» Tomorrow (菅野美穂さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆菅野美穂さん(のつもり)菅野美穂さんは、毎週日曜よる9時TBS系列にて放送されている連続ドラマ『日曜劇場 Tomorrow~陽はまたのぼる~』に田中愛子 役で出演しています。今週は第9話が放送されました。... [続きを読む]

« 《恋空》☆04 | トップページ | 《太陽と海の教室》#07 »

最近の写真