無料ブログはココログ

« 《コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命》最終回 | トップページ | 《恋空》最終章☆後編 »

2008/09/13

《魔王》最終話

最後の対決死が絆を引き裂く!!』(あらすじ)

ある日、直人(生田斗真)に赤い封筒が届く。中には同じタロットカードが2枚入っており、それは次のターゲットが直人であることを意味していた。絶望のふちに立たされた直人を救いたいと、中西(三宅裕司)は領(大野智)に「もう許してやってください」と頭を下げる。また、しおりも報復をやめさせようと、領に思いをぶつけた。しかし、領は何も答えず、その場を去ってしまう。直人は領の報復を自分の手で止めることを決断し、領を11年前の事件現場へ呼び出す。領と直人がにらみ合う。
     ********
あなたは俺と同じ顔をしている。自分の罪や苦しみ、後悔してしきれない。そんな顔をしています。

直人にそう言われ、将棋倒しのように広がる波紋。苦悩する領。
中西が持ってきた赤い封筒には、直人宛に2枚のカードが入っていた。

中西と戻る途中で、薫が走って来た。芹沢君のお兄さんが直人を呼んでくれってと言われた。いぶかしげに戻る直人に兄は語った。
「俺はだめな兄貴だな。昔から、意気地がなくて、お父さんに、言いたいことをはっき口にするお前をずっと羨ましく思ってた。」
「なんだよう、急に」
「俺は、いつもお父さんの顔色ばかりうかがってた。お父さん、ホントはお前に後を継いでもらいたいんだ。お父さんのことを頼むな。タバコ、買ってきてもらえないかな。最後に一服したいんだよ。」
「判った」と立ち上がる直人に
「直人、済まない」と言った。

左手に隠し持っていた小さな紙を机に置き、胸ポケットから、シガーケースを出し、震える手で1本とり出した。意を決してライターで火をつけた。
ドアを開けて,典良が横たわっているのを見た直人は「兄貴!」と叫んだがもうこと切れていた。駆け付けた栄作は、兄の手を握って、どうしてとつぶやいていたが、、「兄貴がこれを」と机の上に会った紙を父に手渡した。そこには『おとうさん ご迷惑ををおかけして申し訳ありません』と書かれていた。「バカなことを」、と言いながら、号泣した

「直人、私を許してくれ。この世のすべての人を、幸せにできるなどと、偽善者の思い上がりだと思って、誰かの幸せの陰には、必ず誰かの不幸がある。それがこの世の道理だ。息子たちの幸せを守る道だと信じていたがこの年になって情けない。私の間違いから、典良を死に追いやってしまった。」
「兄貴をお願いします」
{お前たち二人は私の息子だからな。」
「はい」
典良の手を握りしめオイオイと泣いていた。ドアを閉めて泣く直人。

廊下を行く領を見つけて中西は、「先ほど芹沢典良さんが自殺されました。これもあなたの狙いなんですか?幼いころの傷はその人の一生を支配します。真中友雄が、17歳という若さでこれ以上ないような哀しい経験をし、その上世の中の影を知った。それが彼を恐ろしい怪物にしてしまったのかもしれない。ですが、これだけはわかってほしいんです。芹沢も15の時から11年もの間罪を背負って行きている。真中友雄が、あいつの辛さを一番分かってやれるはずです。もう芹沢を許してやってください。」上司と言うよりは、隣のオジサン的に一番芹沢の痛みを理解してくれた中西だった。

領は何も言葉を発せず、霊安室の近くを通りかかると、廊下で壁にしがみついて泣く直人がいた。

マンションに帰り、暗室の写真の中からひときわ大きい直人の写真を引っぺがした。他の写真も叫びながら剥がした。

帰宅した栄作は、典良の写真を出して悲しみをまた新たにしていた。立ちあがったとたんに胸を押さえて倒れた。

外を歩く領に、しおりが現れた。「怖いんです。成瀬さんが心配で、あなたに何か起こりそうで。」かまわず行きかける領の背中から抱きついたしおり。「もうやめてください。なぜ暗いトンネルの中に住もうとするのですか。少しでいいんです。顔を上げて見てください。きれいな木漏れ日が見えませんか?木々のざわめきが聞こえませんか?春には可愛いお花が咲くんです。秋には紅葉が包んでくれるし、冬は落ち葉の絨毯ができます。雨が降ったあとには大きな虹が架かることもあるんです。成瀬さんが進もうとする道にはこんな幸せな景色がありますか?
肩に置かれた手を振りほどいて、何も言わずにしおりを置いて行った。

直人は栄作に電話するがつながらない。胸騒ぎがする直人。

領はその足で、葛西と接見。宗田を殺した犯人がまだ見つからないのかと聞く。わざと、ええ、まだと答える領。「あなたの保釈が認められましたと言った。保釈金は私が。暴行教唆で実刑になれば、外に出られるまで何年かかるかわかりません。少しの間だけでも愛する人を大事にしてあげてください。」領は、典良が自殺したことは伏せていた。

「父さん、父さん。嘘だ。父さんと話したいことが沢山あったのに。」と声を上げて泣いた。

葛西が麻里に電話すると。あの家を出ることになったと言い、部屋で待っていても良いかと聞かれた。ふっとなごんだ表情になり、指輪を買い求める葛西。それをじっと恨めしげに睨みつける山野がいた。
領の携帯が鳴った。山野に呼び出されて、なんで葛西を釈放したと激こうしていた。彼も十分苦しみましたからと答えたが怒りは鎮まらなかった。あいつも僕をいじめていた一人なんだ。「あなたは誰のために復讐しているんですか?」
「モチロン英雄です。もういいあなたには頼らない。僕がこの手で仕留めます。」
「何をするつもりですか?」「うるさい」「やめてください。そんなことをしたら、英雄があなたを止めた意味がなくなる。」ナイフを持って進む山野。止める領。近づいてナイフを持った手を触ると、びくっとして領を刺した。道路にうずくまる領。「もう,止めるんだ」「うるさい」

指輪を買って気分よく麻里に会えると帰宅を急ぐ葛西。ぶつかられたので、袋の中身を改めていると、背後から山野が刺した。そのまま倒れた葛西。袋から転がり出た指輪が気になるが届かない。

しおりが帰宅すると、成瀬が来て置いて行ったと渡された。あけてみると手紙とオルゴールだた。その手紙には、
僕はあの日からずっと一人きりで生きてきました。
信頼とか絆とかそんなものは一切捨ててきたつもりだったんです。
愛情や人を思う気もちさえも。でもそうではなかった。
あなたがいつも僕を見ていてくれた。
あなたの温かな思いが僕の心の冷たい棘を優しく溶かしてくれるような気がした。
一番大切なものを置き去りにしようとしていた僕にその無益さを教えてくれたのはあなたでした。今までの過ちを捨て、新たな未来をあなたと一緒に生きていけたら、あなたを近くに感じるたびに何度そう夢見たかわかりません。
でも、僕はもう、後戻りすることはできません。
あと一人どうしても死ななくてはいけない人間がいるんです。
しおりさん、申し訳ありません。そして今までありがとう。

中西から、芹沢を捜す電話がかかってきた。しかし途中で、直人が拳銃を無断で持ち出したことがわかった。走るしおり。
刺された領をそうとは知らず、呼び出した直人。
中西が芹沢の家に行くと、栄作がソファに寝かされていた。

英雄が殺された場所で対峙した二人。
「結末に相応しい場所ですね。」「最後、標的は俺か?」拳銃を構えた。
「復讐は未完成のまま終わる。俺のせいでたくさんの人が死んだ。おやじや、兄貴まで。
俺のせいで始まった復讐だ。だからおれの手で止めるしかないんだ。」拳銃は領に向けられているが引き金を引けない。
「何を迷っているんです。憎くないんですか?あなたは、たった一人の父親と、優しいお兄さんを奪われた。そしてかけがえのない親友まで殺されたんだ。殺しても飽き足らないほど憎いはずだ。ちがうか!法律では僕を裁けない。復讐のかhんすは今しかないんだ。早く殺せ!」直人は、はっとして銃を下げた。
「あんたの目的はこれだったのか。俺に自分を殺させることだったのか。罪を逃れた上に、今度こそ人を殺した裁きを受けさせるために、自分の命を犠牲にしてまで。
「あなたはまだ分からないんですか?僕の人生に失うものなんて、とうになかったんだ。英雄と、母が死んでから、これで全部終わる。ようやく。僕が僕に帰る時が来るんだ。さあ、撃ってください。これは真実から逃げたあなたの義務なんです。」
「やめろ。「終わらせるんだ」良は直人の拳銃を持った毛を、自分の腹に引き寄せた。
「撃て!それがあなたの役目だ。僕を殺せ!」直人の手から拳銃がすべり落ちて乾いた音をたてた。首を振り嫌だと言う直人。「できない。あなたをここまで苦しめたのは、俺だ。なのに俺にはあなたを殺せない。」泣く直人。
「終わらせるんだ」とつぶやきながら、落ちた拳銃を拾い上げた領。
「このまま、生きていたら、僕は自分を許せない。」いきなり自分のこめかみに銃口を当てた。「止めろと叫んで銃が上を向いて球が発射した。二人でもみ合いになり「終わらせるんだ、」「止めろ」「僕を殺してくれ」と叫び合いながらじゅうの引き金が引かれた。お互いに見合う二人。直人が膝をついて腹を押えた手を離したとたんに倒れた。
「しっかりしろ。」と言いながら、携帯を取り出した領を制し「こ、こ、これで良かったんだ。最初から、こうしていれば、」良の手えお両手で握り、携帯は下へ落ちた。
「生きてください。精一杯、自分のために生きてください。友雄さん。許してください。俺のことも、あなた自身も」と言ってこと切れた。「しっかりしろ、目を開けてくれ」と泣きながら「目を開けてくれ、死ぬな、死なないでくれ」と叫んでいた領。
直人をよりかからせ、自分もその横に座った領。出血がひどくなっていた。「許してくれ、僕のことも、あなたのことも。」

しおりが走って現場に着くと、領が直人の肩に頭を乗せていた。直人の手には英雄のひしゃげたハーモニカが握られていた。泣くしおり。二人は、穏やかな顔つきになって、まるで兄弟のようだった。

中西が警察を辞めて海の近くに済んだ。そこを訪ねたしおり。海を見ながら話す二人。
「良かったですよ。ここにきて。女房がね、褒めてくれるんです。顔つきが人が替わったように穏やかになったって。知らない間に、大切なことを置き去りにして生きてきたんだって、この海に気付かされました。あいつらに一度でいいから見せてやりたかった。詩織の前に黒い蝶が2引き舞って、沖の方ね飛んで行った。トマトがおいしいと促されて部屋へ入ると、仏壇にひしゃげたハーモニカが置いてあった。そこに手を伸ばすとバシーンと。。。

原作が、韓流だそうで、白黒しっかりつける結末に、かなり血なまぐさかったです。終わってみれば死体の山。あいまいさを美徳とする私(うそです!)には刺激が強かったですが、面白く見させてもらいました。
お気楽さんに、途中で切れていると知らされて、再度見直ししました。一番良い所でプッツンでしたごめんなさい。だから余白が多かったのですね。申し訳ありません。

*****
今までの感想は、こちら

« 《コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命》最終回 | トップページ | 《恋空》最終章☆後編 »

ドラマ(ま)」カテゴリの記事

コメント

本当になんか喪失感が…
韓流だと揉み合いが少ないのでこれは面白かったのではないでしょうか?

mapleみんとさん、こんにちわ。

>そして誰もいなくなった…なラストでした。
>ラストの二人のシーンにはただただ涙(T-T)
>救いのない最後のようですが、成瀬と直人は
>これで救われたのかもしれません。

誰が残っても、不幸がついてきましたね。
確かに私もこれで安らかになったと思いました。

最後にしおりは、何が見えたのでしょうか?気になりますね。

riceballお気楽さん、コンニチワ。

>記事が途中で切れてるねぇ。゚゚・(≧д≦)・゚゚

すみませんいつも、ありがとうございます。途中で記事が消えていました。その分、タグだけのころ、ずーっと博士が続いていたようです。書き直しました。

>ゴンゾウじゃないけど、自分だけ結論を出してスッ>キリ死のうなんて甘いよね。

ロシアンルーレットで、運試しじゃなくてよかった(笑)
直人の兄ちゃんは自殺。葛西が刺されて、直人は無断持ち出しの拳銃で死んで、領が刺されて死んで、栄作まで死んで、じゃ、中西は立つ瀬がありませんでしたね。

cloverくウさん、コンニチワ。

>結局、みんな死んじゃった(; ;)

直人の涙が枯れるかと思いました。きっとくうさんは、一緒に泣いているのだなと思いましたよ。

>直人の最後の命を賭けた謝罪は良かった。
>優しい人でした。
>終わってしまって寂しいです~。

撃てなかった直人なのに、なんで無断で拳銃持ち出したんでしょうね。
結果的にはOKでしたが、山野が良を刺すとは
思いませんでした。
二人で並んで、穏やかでしたね。

ハーモニカ、直人が握っていたのでは?それが何で中西が?そして、びりびり来て何だかわからない。ひどいなぁ。

budみのむしさん、コンニチワ。
>なんだか本当につらい結末でしたねぇ

はい、でもどちらが残ってもさらにつらいでしょう。

>最後は二人ともお互いのことわかりあえて
>少しは幸せに死んでいったのかなぁ?
>とか思ったりしました。

直人が、拳銃を構えている途中で魔王様の最後の一人が解るあたりで、やっぱり走っているだけの直人だ!と思いました。

そして誰もいなくなった…なラストでした。
ラストの二人のシーンにはただただ涙(T-T)
救いのない最後のようですが、成瀬と直人は
これで救われたのかもしれません。

記事が途中で切れてるねぇ。゚゚・(≧д≦)・゚゚
ゴンゾウじゃないけど、自分だけ結論を出してスッキリ死のうなんて甘いよね。

山野の暴走には、やられました。。。
こんなにストーリーに関わってくるとは思わなかった。
結局、みんな死んじゃった(; ;)
直人の最後の命を賭けた謝罪は良かった。
優しい人でした。
終わってしまって寂しいです~。

なんだか本当につらい結末でしたねぇ。
最後は二人ともお互いのことわかりあえて
少しは幸せに死んでいったのかなぁ?
とか思ったりしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/42458733

この記事へのトラックバック一覧です: 《魔王》最終話:

» 魔王 第11話(最終回) 復讐の終わる時 [レベル999のマニアな講義]
『最後の対決 死が絆を引き裂く!!』内容直人(生田斗真)に、赤い封筒が届いた。そこには同じタロットカードが2枚それは、次のターゲットが、直人であることを意味した。中西(三宅裕司)は、『許してやってください』そして、、しおり(小林涼子)も説得を試みるが、...... [続きを読む]

» 魔王(日本版) 最終回(第11話) 感想 [メガネ男子は別腹☆]
待ちに待った最終回! ラスト位は見ながらリアルタイムタイピングしてみようか(気合!) [続きを読む]

» 魔王 最終回 [Simple*Life]
まさか・・・・11年前の事件にかかわった人間が全員死んじゃうとは こんな結末は予想してなかった。 直人に自分を殺させるんじゃないか?っていうのは 思ってたけど・・・。まさか領が直人を事故で撃ってしまうなんて なんとも皮肉な終わり方でした。 まるで11年前...... [続きを読む]

» 魔王 最終回 [NelsonTouchBlog]
「魔王」最終回 直人の元に二枚のタロットカードが送られてきた。それは、いままでと違い直人自身がターゲットだということを意味する。「成瀬は最後に俺を殺すつもりです・・。」いままで直人自身を苦しめるため、あえて周りの人間をターゲットにしてきた成瀬領、いや真中友雄。ついにその標的を芹沢直人自身に向けたのだ! 薫が直人と中西の元へ走ってくる。芹沢典良が弟である直人と話したいという・・。直人は自分が容疑者として逮捕した兄に会う。取調室の扉を開ける直人の表情は暗い。机を挟みふたりは向かいあった。「...... [続きを読む]

» 魔王 最終話 「最後の対決死が絆を引き裂く!!」 [テレビお気楽日記]
直人(生田斗真)に煙草を買いに行かせ、自殺してしまう典良(劇団ひとり)。「お父さんのこと頼むな。」青酸カリの煙草まだ持ってたの?なんてずさんな警察なんだろう。 [続きを読む]

» 魔王 第11話(最終話) [エリのささやき]
復讐相手は自分を映す鏡。真実を掘り下げたかったけれど本当は生きる支えになっていた二人。 [続きを読む]

» 魔王 [Akira's VOICE]
最終回の感想  [続きを読む]

» 金曜ドラマ・魔王 最終話 「最後の対決 死が絆を引き裂く!!」 [生田斗真の秘密]
... 領(大野智)の復讐劇が、ついに終焉を迎える!! 直人(生田斗真)にタロッ... [続きを読む]

» 【魔王】第11話 最終回と総括感想 [見取り八段・実0段]
典良は、取調室で宗田に渡した物と同じタバコを吸う。お父さんを頼むと言い残して・・・どうして、お前こんな・・・駆けつけた父の号泣。もう、迷惑だとも選挙の前だとも言わない。哀れな父親の姿。私を許してくれ。誰かの幸せの影には必ず誰かの不幸がある。息子達の幸せ...... [続きを読む]

» 「魔王」最終話 [日々“是”精進!]
  最終話領の最後の復讐が幕を開ける。ある日、直人に赤い封筒が届く。中には同じタロットカードが2枚。それは次のターゲットが直人であることを意味していた。そんな中、直人は取り調べ中の兄、典良から呼び出される。一方、絶望のふちに落とされた直人を救いたい中西...... [続きを読む]

» 魔王 その11 [烏飛兎走]
          ___それがアナタの役目だ。 最終回でした。バッタバッタと消えて行きます。残り17分を見逃すな!的なCMが直前で流れたりwww兄キ・・自殺か・・・。直人、私を許してくれ。お前達2人・・・私の息子だからな。芹沢・父号泣。そうか、ちゃん...... [続きを読む]

» 魔王 Plot11・最終話 [ブルー・カフェ]
魔王TCエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 今日は朝から大野さんと生田くんが恒例の「電波ジャック」をやっていましたね。ドラマは全く笑いのない「ド・シリアスドラマ」なのに、撮影裏では相変わらず「可笑しな大ちゃん」と「やんちゃなとーま」というカンジでギャップがね〜(><)☆ また、魔王さまからは最後の「迷惑メール」が届き「最終回見てね♪」という驚くほど軽いノリと後番の「ボクの大好きなカズのドラマだから見なくっちゃ{/heart_pink/}」と「流石はリーダー!」というか単なる「ニノが良いんだよ... [続きを読む]

» 魔王 第十一話 最終回「最後の対決死が絆を引き裂く!!」 [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
「成瀬(大野智)は最後に俺を殺すつもりです」 届いた2枚のカードを見て直人(生田斗真)は確信をする。 典良(劇団ひとり)に呼ばれた直人。 典良ずっと直人を羨ましいと思ってた事を話す。 「お父さん本当はお前に後をついで欲しいと思ってるんだ お父さんのこと....... [続きを読む]

» 魔王 最終回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『最後の対決 死が絆を引き裂く!!』 [続きを読む]

» 魔王:第11話(最終回) [日常の穴]
「あんたの目的は、これだったのか。  俺に自分を殺させることだったのか。」 実に魔王らしい狙いだった。 法で裁かれ、自分の罪を償い続ける。 良心のある人間にとっては、殺され... [続きを読む]

» ドラマ「魔王」第11話(最終回) [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
復讐の結末。ふたりを待っていたのは・・・。いよいよ魔王さまも最終回!!なにせこのドラマは今期一番続きが気になって仕方がないドラマでしたね。最後まで引っ張って引っ張って、どうオチをつけるのか!?楽しみでした〜!!・・・でもまさかまさかのバタバタ劇と...... [続きを読む]

» 魔王最終話(9.12) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
「あんたの復讐は、未完成のまま、終わる。 俺のせいで、たくさんの人が死んだ・・・」 成瀬領(本名:真中友雄)@大野智に銃を向ける芹沢直人@生田斗真。 この時点で・・・ 宗田@忍成修吾殺しの容疑者として拘束された芹沢典良@劇団ひとりは、 青酸カリ入りのタバコ...... [続きを読む]

» 『魔王』最終話と韓国版「魔王」放送日程 [ショコラの日記帳]
昨日(9/12)の『魔王』最終話、まさか魔王さま(成瀬領(大野智))が死んじゃうなんて!山野圭太(清水優)、あなたは真中秀雄のためと言いながら、自分をいじめてた奴に、復讐したかっただけじゃないの!それに、裁判の時だって、ちゃんと証言せずに逃げたんだから、あ...... [続きを読む]

» ドラマ『日本版「魔王」』最終話 [頑張る!独身女!!]
こんな結末なんだぁ哀しいね。哀しすぎる。 [続きを読む]

» 魔王 (最終回) [yanajunのイラスト・まんが道]
一昨日は、毎週金曜よる10時TBS系列にて放送されていた連続ドラマ『魔王』の第11話(最終回)が放送されました。●あらすじと感想 [続きを読む]

» TV「魔王」が終わってしまいました(T_T) [うさりーなの暮らしの雑貨]
TBS「魔王」が終わってしまいました・・・第1話は観なかったのですが、第2話を観たらすっごく良くて、「第1話も観ればよかった・・・」と、とっても後悔しました(;_;)毎週、毎週とっても楽しみで、息つく暇もなくじっと食い入って観ていました。嵐の♪「truth」の...... [続きを読む]

» 魔王 最終回 感想 [annyの日記]
金曜ドラマ「魔王」最終回(11話) さてさて 今宵は魔王の最終回です! 芹沢典良・留置所で直人を呼び兄弟で会話をし「お父さんを頼む」と… 芹沢直人・兄・典良が自らの命を絶った・・・そして「お父さんを頼む」のメモを栄作に見せる 芹沢栄作・典良の死...... [続きを読む]

» ドラマ・魔王 〜最終回〜 [いわぴいのドラマ日記]
 こんな結末ってあってもいいんでしょうか?領が自分を殺すことで復讐を完成させるつもりだと思い込んでいた直人は、領が秀雄と同じ状況で自分が殺されることを望み、それをもって直人に罪を償わせようとしていることを、最後の最後に知ってしまいました。もみ合う二人は...... [続きを読む]

» 『魔王』最終回(第11話)「最後の対決死が絆を引き裂く!!」メモ [つれづれなる・・・日記?]
まぁ、そんなところでしょうか。 [続きを読む]

» 魔王 (最終話)第11話 [シャブリの気になったもの]
魔王 (最終話)第11話 TBSテレビ 2008/09/12(金) 22:00~ 「最後の対決死が絆を引き裂く!!」     ★はじめに   今期では、もっとも引き付けられたドラマのひとつでした。 これぐらい設定がしっかりしていると... [続きを読む]

» 「魔王(2008/TBS)」レビュー [ドラマレビュー トラックバックセンター]
ドラマ「魔王」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *日本版/2008年/TBS *出演:大野智、生田斗真、小林涼子、田中圭、忍成修吾、脇知弘、上原美佐、篠原真衣、清水優、飯田基祐、東根作寿英、吉瀬美智子、劇団ひとり、三宅裕司、石坂浩二、他 感想・評価..... [続きを読む]

» 魔王 第11話(最終話) [るりりんのお散歩雑記]
満足しました~。 ・・で、サイドストーリーが見たかったらDVD買えってかっ。 [続きを読む]

» 魔王【許してくれ】 [FULL OF LOVE]
 ども。泣くのを我慢してみていたのですが、友雄がハンカチで直人の傷を押さえた瞬間に、涙が止められなくなったすももです。  ほんと・・・今日はよく人が死んだ。一気に何人もいなくなりました。でも、最後の二人の対決のシーンは本当の良かったと思います。大野君も生....... [続きを読む]

« 《コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命》最終回 | トップページ | 《恋空》最終章☆後編 »

最近の写真