無料ブログはココログ

« 《魔王》#10 | トップページ | 《Tomorrow》最終回 »

2008/09/07

《恋空》最終章☆前編

ずっとずっと、好きだったよ!ふたりだけの結婚式』(あらすじ)

美嘉(水沢エレナ)と優(阿部力)は同じ大学に進学した。ヒロ(瀬戸康史)との接点がなくなり、美嘉は優の優しさに包まれて日々を送る。ヒロのことを思い出すのは1年で1日、2人の赤ちゃんに思いをはせるクリスマスイブだけだった。そんなある日、美嘉は、ヒロに頼まれて来たというノゾム(三浦翔平)から、ヒロが病気であることを知らされる。ヒロと別れて以来抑えてきた思いが、美嘉の胸中にあふれ出す。
     *****

いや~、久しぶりに、記事が消えました。あと少しでアップと言う時にannoy
まだ時間があるので、思い出しながら、書いて行きます。
卒業式。
ヒロは休み。
図書室の今週のおすすめ本「空と夢」の余白に
”キミは幸せでしたか?”と書いた美嘉。

美嘉は両親が式に出席した。卒業生が行進したとき、美嘉は、ポケットから出した封筒を父に渡した。

お父さん、お母さん
今日は来てくれてほんとうにありがとう。

今までいっぱい心配かけたね。
いっぱいごめんね。

でもこれからは二人に心配かけないような
生き方をしようと思ってます。

ちゃんと大人になるように、がんばります。
でもいつまでも見守っていてね。

大好きなお父さんとお母さんへ   美嘉

卒業証書を貰い、それぞれ思い出があった屋上を見て回り、最後は図書室へ行った。すると、黒板に<とても幸せでした>と書かれていた。ヒロとつぶやく美嘉。

校門の前でユウが待っていた。
ユウが好きな海へ行った。どんどん海が好きになるとユウに言った。
ユウと同じ大学に受かるとは思っていなかったと言い、美嘉に抗議されるが、卒業と合格祝いと言って砂の山を示された。そこに何かるから10秒以内に探せととカウントダウンされた。必死に見えないものを探し、指輪を見つけた。
  pledge<誓>と書かれていた。

病室。
卒業までぜってぇ生きてやると言った通りになったろう?ミナコが卒業証書を代理にもらってきた。
図書室の字も彼女でしょうかね。

12月24日がきた。
ユウとは未来ばかり見ていたいからと、断った。
花壇の所で、手を合わす男が居た。ノゾムだった。ヒロに頼まれたと言った。
ヒロは来ないんだ。それ以上言おうとするとノゾムに遮られた。

「どうして?」
癌、なんだって。ずーっと口止めされてた。美嘉にだけは言うなって。
でもあいつ美嘉のこと待っている。美嘉のこと思って戦っている
。」
「いつから?」
「高2の時から」
ヒロが、自分を嫌いにさせようと言った言葉が次々に美嘉を襲った。
だからヒロは、卒業式も休んだsign03

ユウが探しにきた。しゃがんで、手を合わせたまま、泣く美嘉を見て何かあったと悟るユウ。
帰宅しても、うわの空で、食欲もなく、夕飯を途中で立った美嘉だった。

部屋で、亜矢を呼び出し、窓から昔のように入ってきた。
「何?緊急の相談って?」
「亜矢はノゾムから聞いていたの?」
{何の事?」
「ヒロの病気のこと。」
「エ?何それ、知らないよ。病気って何の病気?美嘉!」
「癌なんだって。私何にも知らなくって、私、自分だけ幸せになろうとしていた。
ヒロが苦しんでいるのに、私だけ。亜矢。ヒロ、私を待っているって。でも
行ったら、ユウを裏切ることになる。あんなにやさしい人を傷つけることになる。
亜矢、私どうしたらいい?」
自分に正直になるのが一番だよ。それが誰をきずつけたにしても。美嘉、今、
誰のことを思ってる?だれの事を考えてる?誰に会いたい?誰のために生きたい?」

店にユウを呼び出したが、怖い顔をして話さない美嘉。見晴らしの良い所へ連れて行ったユウ。「話があるの」なかなか言葉が出ない。
「元カレが、ヒロが死ぬかもしれないって。」「どういうことだ?」
「私を待っているって。あんなにやさしくしてもらったのにすいません。私行かなくちゃ。
ヒロに会いたいの。」「行ったらアカン。そいつはまた美嘉のこと置き去りにして行くんやで。今度こそ、戻ってこんのやで。」「それでもいい。」抱きしめて、美嘉を守ろうとするユウを振りほどいた美嘉の指から、指輪が落ちた。びっくりして拾おうとすると、「拾たらアカン。好きな女の幸せを願えないなんて最低や。幸せにならな承知せんで。そいつが、美嘉のこと傷つけたら、どんな手使ってでも、奪いに行ったるからな。でも最後に俺の頼みも聞いてくれ。そいつの病院まで美嘉のこと送らしてくれ。俺が美嘉にできる最後の事や。」

「ありがとう」「はよ行け。俺が泣く前にはよ行け。美嘉お前と出会えて幸せやった。」
「ユウ」「ええな、これからはそいつのことだけ思ってやれ。俺ももう、美嘉のこと思いださん。はよ行け」「私行くね。さよなら、ユウ」美嘉が走って行ってしまったあとから車を出たユウ。握りしめていたのは拾ったリングだった。それを思い切り遠くへ投げて、道路にへたり込み泣いた。

病室の名前を確かめドアを開けた。
「バカ!」
「何しに来たんだよ。」
「なんで言ってくれなかったのよ。」
「関係ねえからよ。」
「指輪してる、指輪しているくせに、強がらないでよ!」
「お前がそういうふうに泣くと思ったからやだったんだよ。早く行けよ。あの図書館の彼氏と。お前、幸せそうに笑っていた。これでもう、安心して死ねると思った。美嘉。お前遠ざけるため、俺ひどいことばっかした。ごめんな。来てくれてサンキュな。幸せになれよ。」
「ヒロじゃないとヤダ。ヒロが幸せにして。ずっとずっと幸せにして。」
「あと3か月もつか」「ずっとずっと、好きだったよ。」ヒロにキスして抱きしめた美嘉。
ヒロのぬくもりを感じた。ヒロは生きてる。ちゃんと生きてる。それが自分にとって一番大事だってことは、遠回りしてやっと気づいたんだ

ヒロの指輪を取り出して、はめて穏やかに幸せそうな美嘉を見て、異変に気づく家族。

私たちは毎日のように会ったね。まるで会えなかったときを取り戻すように。

美嘉の父が病室へ来た。深々と頭を下げた。信じられなくて殴りつけてという父に、こんな病気になってすみませんと頭を下げたヒロ。父は近づいて手を出した。握手して美嘉を頼むと言い、頷くヒロ。

美嘉は休学してヒロの看病に専念した。ヒロの病状は良くなかった。家に帰って安らかにとも医者に言われたが、ヒロは諦めたくないと頑張った。

夜、結婚してとせがむ美嘉に、今から式を挙げようと、部屋のレースのカーテンを持ち外に出た。二人の式は充実していた。ヒロはこれに俺達の子供がいて3人で祝うのが夢だと言った。生き続けたいヒロ。

感想は、今週で終りかと思ったら、来週まで持ち越しでした。
どちらも親たちの心配がリアルで、涙を誘われました。

******
今までの感想は、こちら

« 《魔王》#10 | トップページ | 《Tomorrow》最終回 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

はっΣ(・o・;) そういえば姉が卒業証書持ってきたの
ですから、黒板の落書きは誰?姉?ってことになりますよね。
原作・映画も普通にヒロがそれだけ書きに来たのか
思ってました。
それにしても、やっぱり国宝級のいい人の優を捨てるなんて
勿体ない話です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/42402161

この記事へのトラックバック一覧です: 《恋空》最終章☆前編:

» 恋空 第5話「ずっとずっと、好きだったよ!ふたりだけの結婚式…涙の最終章前編」あらすじ [テレビドラマレビューブログ:ドラマニア]
恋空  ドラマ ランキング  無料動画情報あり! 高校を卒業し、美嘉(水沢エレナ)は優(阿部力)と同じ大学に進学した。ヒロ(瀬戸康史... [続きを読む]

» 恋空 第五話 [掃き溜め日記-てれびな日々-]
高校を卒業する美嘉(水沢エレナ)は、ヒロ(瀬戸康史)との思い出の場所だった図書室の黒板に『キミは幸せでしたか?』と書く。恋をする喜びを教えてくれたヒロに感謝しながら、美喜はヒロからも心の中で卒業をする。最... [続きを読む]

» 「恋空」ミナコ役の松下奈緒は中学時代にヌード映像を出していた! [輝く女性ナンバー1に輝いた松下奈緒が中学生時代にヌード撮影をしていた]
松下は輝くための秘訣について「無理に努力をしない事。基本的に自然体で自分の考えを正しくしていこうというだけです」と明かした。 [続きを読む]

» 「恋空」第伍話 〜汝よ、我の為に祝福せし事を誓ふか?〜 [混沌と勇気日記。 〜乱れし報道を伝えふ、勇ましき者〜]
 高校を卒業し、美嘉(水沢エレナ)は優(阿部力)と同じ大学に進学した。ヒロ(瀬戸康史)との接点もなくなり、美嘉は優のやさしさに包まれて過ごしていた。ヒロのことを思い出すのは1年で1日、二人の赤ちゃんに思いを馳せるクリスマスイブだけ。  優に送られ、一人で赤ちゃんのお参り向かった美嘉はそこでノゾム(三浦翔平)と会う。ヒロに頼まれて来た、というノゾムから美嘉は初めてヒロの病気のことを聞く。ヒロと別れて以来封印してきた想いがあふれ出てきた美嘉。優とヒロの間で苦しむ美嘉は……。 ... [続きを読む]

« 《魔王》#10 | トップページ | 《Tomorrow》最終回 »

最近の写真