無料ブログはココログ

« 《Tomorrow》#08 | トップページ | 《モンスター☆ペアレント》#09 »

2008/08/26

《太陽と海の教室》#06

友達のSOSが聞こえますか?』(あらすじ)

朔太郎(織田裕二)が勤務する湘南学館で、ある問題が起こる。榎戸若葉(北川景子)は、柴草修平(八嶋智人)から聞いたその問題の真偽を、校長で母の長谷部杏花(戸田恵子)に尋ねる。すると杏花は、問題が事実であることを認め、辞任覚悟でそれを教育委員会に告発するつもりだと言う。そして、自分がいなくなった後、生徒たちを託すために朔太郎を呼んだと告げた。ある日、凛久(北乃きい)は、学校伝統の祭りである「日輪祭」の実行委員長に選ばれる。迷惑がる凛久に、朔太郎はすべてを任せると言う。その時、いきなり真由(前田敦子)が立ち上がり、「あと39時間で地球が滅亡する」と叫んで教室を飛び出した。 
     ******
若葉は、芝草から聞いたカリキュラムの履修不足を、母である校長杏花に正した。
それが事実と知り、隠し通せるのかと聞いた。校長は、隠すべきと考える娘に、生徒たちを思うなら不正を隠せ?バレなくてよかった!ということを教えるのが学校かと生徒に教えることになってしまうと、苦しい胸の内を見せた。

凛久は、遅刻してそーっと入った教室で、多数決を取っていたので、知らないで自分も挙手して、『日輪祭』の実行委員になってしまった。
突然、前の席にいた舟木が、机の上に立ち、曲がったスプーンを持って「、あと39時間です。地球が滅亡します」というなり、教室から消えた。あとを追う朔太郎と若葉。
体育館に、ロープで丸をかき、そこの真ん中に舟木が寝ていた。その横に寝る朔太郎。
「私ってブスでバカで、汚いでしょう」と言った。父と母に毎日言われているからと聞き、さらに、あの人たちは私の本当の両親じゃないからと語る言葉を聞いた。39時間後、地球は破滅してUFOが私を迎えに来るの。本当のお父さんとお母さんの住んでる星に。

朔太郎と若葉は、船木の家を訪問した。中華一という店をやっていた。
母は、小学生の頃の絵や作文を見せた。すべて顔はのっぺらぼうで、目鼻口がなかった。
うちは子供を授からなかったから、あの子を施設から引き取りました。施設であの子と初めて会ったときから本当の娘だと思って育ててきました。しかし、あの子の心の底では私たちを親と認めていなかったのかもしれません。あの子、実の親に捨てられたことを今も。。私たちの力不足です。

凛久は、船木が飛び出したとき、ポケットから落ちたレシートに、「自殺入門」とあるのを見て、学校から出ていく船木の後を追った。声をかけると「ねえ、白崎さん、人間はどうして泣きながら生まれてくるか知ってる?生まれてくるのがいやだからだよ。」帰宅すると、朔太郎たちがいた。両親をニセモノだからと言い置いて凛久の手をひいて家から出て行った。力不足という親に、力不足な子供はあんなに大きくは育ちません。ご立派だと思います。と朔太郎は言った。

学校の地下にUFOの基地があると、妄想を話す船木。地下の物置で、船木は、
「私には誕生日がありません。名前も誕生日も何も残さず捨てられたから、あの人たちが勝手に決めたものしかないんです。私は祝福されずに生まれてきたの、おめでとうと言われずに生まれてきたの。私なんていらなかった。私が醜いから、私が汚いから、私が失敗作だったから」
「そんなことないよ、船木さん。」手を取ると放してと凛久は突き飛ばされ船木は部屋を出て行った。ドアをバタンと閉めたので鍵が掛ってしまった。

そこから脱出しようと、朔太郎は、何やら工作していた。凛久は、さっき船木が行った言葉を聞いた。そこで、朔太郎は昔ボランティアをしていた時の話をした。
一面焼け野が原で、炊き出しをしたり、コンサートみたいなお祭りをした。
大変な時だからお祭りをやるんだよ。そこには家や家族やすべて失った人達がいた。
彼らは泣き叫ばずにぼーっとする。祭をするともう一度泣くこと笑うということを思い出す。
涙流せば、生きてる!って感じる。
笑い方を思い出せば、あ、また明日を生きよう!って思う。
人間がさ、泣きながら生まれてくるのは叫んでいるんだよ。
僕はここにいるよ。私はここに生きてるんだぞ!って、そう叫びながら生まれてくるんだ

凛久は、立ち上がった拍子に箱を落とした。そこから30年前の日輪祭のパネルが出てきた。実行委員になった凛久は、大事な夏休みだからこんなことできないと言った。
やりたいかやりたくないを考えてから、出来るか出来ないかとなる順序が違うんじゃないかと朔太郎は言った。

一晩中船木を捜した朔太郎は、授業中にクラス全員ンお携帯に<今夜地球が破滅します。
我こそは地球を救って見せるという方は今夜、湘南学館高校の校庭に来てください>とメールが入った。朔太郎は、凛久に返信してくれと頼んだ。<了解!地球は俺が救う。櫻井朔太郎>

校庭で何やら作業する朔太郎。全部ウソだったという凛久に
「助けてって素直に言えない時ってあるじゃないか。ほんとは寂しいのに強がっちゃうときだってあるだろう。俺はさ、舟木が言うUFOの話も、地球滅亡の話も、彼女が出しているSOSだと思うよ。」
「SOS?」
「うん。だから俺はそれに応える。あいつの出してるSOSを信じる。」

夜になり校庭に集まってきた仲間たち。
凛久は、なぜそこまでするのか?先生は本来勉強だけ教えて居ればいいのではないかと言った。朔太郎はそれ以外のことをしているのはもう二度と教え子を失いたくないと思うからだと言った。
舟木が来た。時間を聞く朔太郎に11時59分と答えると、早く移動しろと言い、カウントダウンしてスイッチを入れた、
  HAPPY BIRTHDAY MAYU 
と書かれていた。「おめでとう、誕生日おめでとうnote

教室で、「誕生日なんて好きじゃなかった。あの人たちが勝手に決めた誕生日だし私は祝福されて生まれてきたわけじゃないから」という舟木に
「いや、今日はお前の誕生日だよ。祝福される日だよ。今日は、お前とご両親が初めて出会った日なんだ。ご両親は、その日をお前の誕生日と決めた。誕生日何も生まれた日だけを指すんじゃない。誕生日は、親と子が初めて出会った日でもあるんだ。お前とお前のご両親は、今日まで何度もその出会いの日を祝い続けてきたのではないか?舟木の誕生日はさ、ご両親がお前のことを愛してるって言う証明なんだよ。」ドアを開けて両親が入ってきた。
「見えるか?お父さんとお母さんの顔が。描けるか?」

理事長が、教育委員会への報告をすべて握りつぶした。来年の春生徒たちの笑顔を見るためだたらどんなことでもすると言った。すぐに事実を報告してという朔太郎に、あなたも生徒を裏切るのか、と皆同じことを言いますね。朔太郎はドーピングしてメダルを取れというようなもと反論。
ルールを犯して取ったメダルで生徒たちは誇りに思えるでしょうか?僕たちは頑張った、私たちは全力を出した。そう胸を張れる気持ちが彼らの将来には、何より大切なんじゃありませんか。私はそれを教えることが生徒たちを本気で愛することだと思います。」
「明日、あなたの処分を伝えます。」
「逃げるんですか?生徒たちの幸せが何かなんて誰にも決められないんじゃないでしょうか。彼らはひとりひとりが違う道を歩き、違う夢を見る。一人の人間なんです。」
芝草が言った「あんた国語教師なのに知らないのか?長いモノには巻かれろ!」

八朗が待ち合わせをしているとあこがれの杉原が声を掛けてきた。誘われて部屋へ行ったが、バッグから「自殺入門」の本が出ていたのを見て八朗はビビった。
「田幡くん、私と一緒に死んで欲しいの・・・」

思春期の不安定さ。言ってしまえば簡単ですが、バラ色の高校時代を送れた人は少ないはずです。あっという間に進路を決める時期が来ると、そのまま突っ走る。結構高校3年になって突っ張っていましたが、どこか、その場に馴染めない部分があって、居場所を探していました。ずいぶん昔になるのに、そのころの悩みは、ずっと引きずっているみたいです。

*****
今までの感想は、こちら

« 《Tomorrow》#08 | トップページ | 《モンスター☆ペアレント》#09 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

昔の自分を思い出してしまうようなシーンも
ありますよね~。。。
受験期だろうとそうでなかろうと、思春期の悩みは
本人にとっては深刻です。
今でも引きずっていること。。。私もあるかも知れませんわ。

月曜から死ぬ死なないの話はやめて欲しかったね。weep
友達が死んじゃったら、くだらいギャグシーンが虚しくなりそう・・・。shock

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/42278239

この記事へのトラックバック一覧です: 《太陽と海の教室》#06:

» 太陽と海の教室 第6話「友達のSOSが聞こえますか?」 [Happy☆Lucky]
第6話「友達のSOSが聞こえますか?」 [続きを読む]

» 「太陽と海の教室」第6話 [日々“是”精進!]
●服部隆之“「太陽と海の教室」オリジナル・サウンドトラック”CD(2008/9/3)第6話朔太郎らの高校で、ある問題が明らかになろうとしていた。そんなある日、ホームルーム中に真由があと39時間で地球が滅亡すると言いだし、悲鳴を上げて教室から出て行く。凛久は、真由...... [続きを読む]

» 太陽と海の教室 第6話 [エリのささやき]
櫻井先生@織田裕二が地面に描いてくれたケーキを見たとき、「野ブタ」の校庭に描かれたケーキを [続きを読む]

» 太陽と海の教室vol.6 [ita-windの風速計]
■太陽と海の教室脚本/坂元裕二http://wwwz.fujitv.co.jp/sun-ocean/index.html第6話友達のSOSが聞こえますか?夏休みの間、温室の世話をしてくれないかと長谷部杏花は娘である若葉に告げる。若葉は母に柴草先生から聞いたことをぶつけてみる。カリキュラムの履修時間不足...... [続きを読む]

» 太陽と海の教室 第6話 「友達のSOSが聞こえますか?」 [テレビお気楽日記]
遅刻して日輪祭の実行委員に選出される凛久(北乃きい)。 [続きを読む]

» 太陽と海の教室 第6話 SOS [レベル999のマニアな講義]
『友達のSOSが聞こえますか? 急展開!私たちはもう2度とあの頃には戻れない・・・内容芝草(八嶋智人)から、履修時間問題があることを知らされた若葉(北川景子)。母であり、校長の杏花(戸田恵子)に尋ねると、隠すべきだという若葉に対し、『それで良いのか?』...... [続きを読む]

» 太陽と海の教室 第六話「友達のSOSが聞こえますか?…急展開!私たちはもう二度とあの頃には戻れない…」 [掃き溜め日記-てれびな日々-]
若葉(北川景子)は、柴草(八嶋智人)から聞いた履修科目の問題を、母親でもある校長の杏花(戸田恵子)に真相を尋ねる。杏花は問題を認め、告発するともりだと若葉に話す。ホームルーム中に机の上に立ちあがった真由(前... [続きを読む]

» 太陽と海の教室 第6回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『友達のSOSが聞こえますか?』 [続きを読む]

» 【太陽と海の教室】第6話 [見取り八段・実0段]
シーンの切り取りなしで、感想のみで。。。先週、このドラマに何となく納得出来たと書いたけれども、今週も割と納得出来るエピソードがあった。赤ちゃんは、なぜ、生まれる時に泣くか。それは、この世に出てきたくないからなんだよ生まれてすぐに親に捨てられ、その事から...... [続きを読む]

» 太陽と海の教室:第6話 [日常の穴]
「生徒たちの幸せが何かなんて、誰にも決められないんじゃないでしょうか。」 おっしゃるとおり。 おっしゃるとおりなんだけど、今回は特におもしろくなかった。 物語を通して伝えた... [続きを読む]

» 太陽と海の教室 第6話 [渡る世間は愚痴ばかり]
今回の生徒は船木真由。 彼女は施設で育てられた。 彼女は両親に捨てられた。 だから彼女は本当の名前を知らない。 だから彼女は本当の誕生日を知らない。 だから今の彼女の両親は本当の両親じゃない。 だから彼女の両親の顔はいつも真っ白だった。... [続きを読む]

» 「太陽と海の教室」第6話 [Thanksgiving Day]
フジテレビ月曜21:00〜のドラマ、「太陽と海の教室」第6話を観ました!! 織田裕二主演の、湘南を舞台に繰り広げられる夏らしい学園ドラマで、北乃きい、北川景子、谷村美月、前田敦子など、なかなかいいメンバーを揃えてるんですよ。 中でも注目気味なのは、前田敦子、....... [続きを読む]

» 胸騒ぎの夏休み(太陽と海の教室#6) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『太陽と海の教室』受験科目ばかりに偏ったカリキュラムによる履修不足で、3年生が卒業できないことを告発したい湘南学館校長・長谷部杏花@戸田恵子 vs 隠し通したい3年1組副担任・榎戸若葉@“もげっ!”北川景子。どちらも生徒の為と言うけど、どっちが生徒の為でしょね....... [続きを読む]

» 胸騒ぎの夏休み(太陽と海の教室#6) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『太陽と海の教室』受験科目ばかりに偏ったカリキュラムによる履修不足で、3年生が卒業できないことを告発したい湘南学館校長・長谷部杏花@戸田恵子 vs 隠し通したい3年1組副担任・榎戸若葉@“もげっ!”北川景子。どちらも生徒の為と言うけど、どっちが生徒の為でしょね....... [続きを読む]

» 太陽と海の教室 (前田敦子さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆AKB48の前田敦子さん(のつもり)前田敦子さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『太陽と海の教室』に舟木真由 役で出演しています。一昨日は第6話が放送されました。... [続きを読む]

» 太陽と海の教室 第6話 [イニシャルNが好き♪]
 [太陽と海の教室] ブログ村キーワード  どうして『誰かが死んじゃう』展開にしちゃうんでしょう? 4・5話がとても面白かったし、今回も前半のUFO少女の話は良かったのになぁ〜。 残念です{/down/}  地球が滅亡すると真由が言ってた日は自分の誕生日だったんだね。 悲しすぎる…{/m_0211/} 生まれてすぐに捨てられ、真由にとっては育ての親が決めた誕生日{/m_0073/} 朔太郎は  「誕生日は親と子が初めて出逢った日だ」って。  …いい言葉じゃないですか{/hakushu/} ... [続きを読む]

» 『太陽と海の教室』 第6話 [美容師は見た…]
ウソでしょー!どうしてハチなの?しかも今回見せられたあのシーンだけじゃ…納得出来ません!「39時間後、地球は破滅してUFOが私を迎えに来るの。本当のお父さんとお母さんが住んでる星に、私を連れて帰ってくれるの」船木真由(前田敦子)の言葉も真剣に受け止めてくれる朔... [続きを読む]

» 太陽と海の教室#6 [Sweetパラダイス]
よ〜し、私と妄想勝負だ!!39時間で地球が滅亡?落とし物には自殺入門がそんな入門があるのか真由の両親はほんとうの両親ではなかった。両親の似顔絵には顔がないよ〜〜〜〜〜〜!!!真由には誕生日がない?地球は俺が救う!!!出たよヒーローきどりがヒーローでも救...... [続きを読む]

» 「太陽と海の教室」(Episode 6:「友達のSOSが聞こえますか?」) [鉄火丼のつれづれ日記]
8月25日に放送された「太陽と海の教室」(Episode 6)は、真由(前田敦子)が授業中に「39時間以内に地球が滅亡する!」と叫んでしまう、というところから話は展開していく。鉄火丼は今回のエピソードを見る前、「自殺してしまうのは真由か…?」と考えていたが、ある出来事をきっかけに鉄火丼の持っていたその考えはどう変化したのか…? そして最後に、[?]が自殺してしまう、とわかり、鉄火丼は…?... [続きを読む]

« 《Tomorrow》#08 | トップページ | 《モンスター☆ペアレント》#09 »

最近の写真