無料ブログはココログ

« 《ゴンゾウ~伝説の刑事》#07 | トップページ | 《コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命》#07 »

2008/08/15

《四つの嘘》#06

家庭内スキャンダル!!』(あらすじ)

ネリ(高島礼子)と安城(勝地涼)が抱き合っているところを目撃した詩文(永作博美)は、目が合ったネリに微笑を残してその場を去る。詩文が帰宅すると満希子(寺島しのぶ)から電話があり、相談したいことがあると告げられる。男性のことだと察する詩文に満希子は内心絶句し、夫が来たのであらためて連絡すると慌ただしく電話を切る。詩文は満希子の身勝手さにあきれつつ、電車の中で目撃した満希子と若い男性の姿を思い浮かべて意味深長な笑いを浮かべる。翌日の夕方、詩文はいきなり満希子の家を訪れ、満希子を慌てさせる。
     ******

ネリと、安城のセックス場面に遭遇した詩文は、安城用に買ったステーキ肉を小分けして、焼いて食べた。二人のさまを思い出し笑いしながら。

満希子は、メールが大森だとわかると、急いで、トイレで読んで、返信を出した。
夫が入浴中に、こっそり詩文に電話した。相談したいことがあると、期日を決めずに電話を切った。男のことだと直感し、目撃した光景を思い出していた。

翌日、西尾仏具店に、詩文が突然現れた。
慌てる満希子。家族も、家庭教師の先生も居るからと言ったが、居すわった。

賑やかな西尾家。口を出すのは、婿の夫。魔性の女は、すっかり、男どもを丸めこんだ。
何しに来たのかと聞かれて、とっさに西尾仏具店で働きたいと口を衝いて出た。
慌てた満希子だったが、夫は、にっこりと、大した時給は払えないがと、すんなり決まった。
年下男に、恋心を覚えている満希子は夫を責めた。魔性の女は、恋人を取られる恐れがありますから。

大森が満希子を誘った。高そうなレストランに、ビビル満希子に、東大生の家庭教師は高いですからと、平然と言われた。そんな場所でもいやに慣れているように見える大森。
バーで、しみじも語り合う二人。学生時代はニュースキャスターになりたかったと夢も語った。父が具合悪くなり、夢は押しのけられて、仏具店の後継ぎとして、僧侶の3男坊と見合いして結婚。職業選択の自由なんて、なかなかありません。でも昔はもっとそれに近かったことでしょう。

原の店に澤田歯科の院長が近くに来たのでと顔を出した。。少し時間をと言われたが、詩文は仕事に行かねばならなっかった。彼は、ラブホテルまで送るとからと言った。
「助かりました、ありがとうございました」と出ようとすると、
「僕と付き合ってくれませんか?あなたも、僕も、独身ですし、いかがですか?」
「先生、面白い方ですね。」
「あなたも面白い女性ですよ。」
「本当に私でいいんですか?」
「あなたがいいんです。よかったら、明日の朝も、行きますので、お電話ください」と自分の携帯を知らせた。
ホテルの先輩が、車を見て、あれは、医者か弁護士か歯医者だねと言った。

ネリは、詩文の父の半年後の行き先も探してくれた。詩文は、その後一度も顔を出していない。ネリは、英二が、外来にも顔を出さないから、心配で行ってみたと、説明するが、聞きたくない詩文は、二人はお似合いだ、足りない部分を補って居るが、詩文とは、二人とも奪い合うだけだと、冷たく笑った。
英二が、リングに立ちたいのはわかっているが、日本では無理なので、アメリカへ行きそうな気配に、行かないでとしがみつくネリ。外で中の会話を聞いている男がいた。

舞い上がっている満希子。手をつないで歩いていると、カップルがキスしていた。それを見て、大森は柱の陰に満希子を連れ込み、キスをした。肩を抱いて、なんと詩文のいるラブホテルに入った。モニターで見ていると、、満希子だけ走って出てきて消えた。子供たち、パパ、私は裏切っていないと詫びながら。笑う、詩文。

教授に呼ばれたネリ。中傷のメールが来ていた。705号室の患者と肉体関係にあるネリを名指しで非難していた。身に覚えがないときっぱり断るネリ。教授選大丈夫でしょうか?

西尾仏具店。夫が出かけると、すぐあとを帽子サングラスで変装した満希子が後をつけだした。店の電話が鳴った。詩文が出ると、「今すぐ夫をぶっ殺す。」すぐに来いと言った。
物わかりが良いと見せていた夫が、こっそり出したメールが、逃げかえって来た満希子に届いたから、自分のことを棚に上げて、頭に血が上った満希子。洗い物をしていた中にあった包丁を持ってきた。事情を聴き、鮨を食べて、それからエッチと書いてあったのなら、その現場を押さえなきゃと、冷静で半分面白がっている詩文に言われて、インターホンが押せない満希子。代わって、詩文が、叫んだ。隣の部屋の者ですが、火事ですsign03火事だsign03
あわてて。ワイシャツだけ来た音おと、あとから貴重品を抱えたキミちゃんが出てきた。睨みつける満希子。

さ~て、どうなるんでしょうね。出会ってしまったために、まわる感情、起きる感情。
怖いもの見たさです(笑)

*****
今までの感想は、
こちら

« 《ゴンゾウ~伝説の刑事》#07 | トップページ | 《コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命》#07 »

ドラマ(や)」カテゴリの記事

コメント

それぞれが大暴走ですね(笑)
やりますね(笑)

武の浮気発覚からがぜんおもしろくなりましたね。
しかし、バッグに包丁そのままで入ってるのは怖かったわ~(笑
詩史の魔性も全開になってきたし、
来週はもりりんと腕組んで歩いてる予告もあったし
満希子は安心できませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/42170057

この記事へのトラックバック一覧です: 《四つの嘘》#06:

» 四つの嘘 第6話 魔性の笑顔 [レベル999のマニアな講義]
『41歳がはまっていくドロ沼の恋『家庭内スキャンダル!!内容ネリと英児の関係を見てしまった詩文だが、なぜか笑って何も言わずに立ち去っていく。そんななか、満希子は、詩文に相談があると電話する。満希子の慌てぶりと、先日電車で見かけた詩文と男を思い出し、何か...... [続きを読む]

» 「四つの嘘」第6回 [トリ猫家族]
 いや〜、やっと詩史(永作博美)の本領発揮という感じでおもしろくなってきましたョ〜  ネリ(高島礼子)と英児(勝地涼)が抱き合ってる場面に遭遇した詩史は にまっとした後、「ハッハッハッ〜〜!!」と笑いながら去って行く。 英児に食べさせようとしたステーキ....... [続きを読む]

» 「四つの嘘」第6話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
周囲には何不自由なく映る家庭の小さな綻び。 「四つの嘘」第6話 [続きを読む]

» 四つの嘘 第六話「家庭内スキャンダル!!」 [掃き溜め日記-てれびな日々-]
ネリ(高島礼子)と英児(勝地涼)が抱き合ってる所を目撃してしまった詩文(永作博美)は、笑いながら家に帰ると英児の為に買った肉を一人で焼いて食べる。するとそこに満希子(寺島しのぶ)から、相談したいことがあると電... [続きを読む]

» 四つの嘘第6話(8.14) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
西尾満希子@寺島しのぶは、家庭教師の大森@崎本大海との恋を 原詩文@永作博美に相談しようとしたばかりに、 詩文を仏具店で雇う羽目になってしまう。 しかも、詩文と大森の接近が気になってしょうがない。 しかもしかも、詩文の働いてるラブホに、 大森と一緒に入...... [続きを読む]

« 《ゴンゾウ~伝説の刑事》#07 | トップページ | 《コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命》#07 »

最近の写真