無料ブログはココログ

« 《恋空》☆02 | トップページ | 《太陽と海の教室》#04 »

2008/08/11

《Tomorrow》#06

訴えられた病院』(あらすじ)

医師や看護師が精神的に疲れ果て、病院から去ってしまうなど医療崩壊の一因とされるモンスターペイシェント。初期のがんが見つかり、病院にやって来た小説家の志保(杉田かおる)もその一人だった。志保は愛子(菅野美穂)をいいように使い、困らせていた。やがて、志保は航平(竹野内豊)の手術を受ける。しかし、がんはすでに転移していて手遅れの状態だった。血縁者がいないため、航平は志保に直接告知する。余命3カ月だと知った志保はあぜんとし、生きる気力を失う。自分の人生は無駄だったという志保の言葉に、愛子は複雑な気持ちになる。そんな中、志保の容体が急変し、意識不明の状態になる。その後の調べで、愛子の言葉を聞き間違えた圭太(永田彬)が点滴の量を間違えるという医療ミスを犯していたことが判明。志保に付き添う牧田(緒形幹太)は病院を訴えると言いだす。
     *****

院長の方針で、どんどん経費が削られ、残った者たちへの負担が大きくなってきた。

初期癌の手術を受ける小説家の志保は、愛子たちを自分の召使のように散々つかった。
志保の別荘が病院の近くにあるので、紹介を受けて入院した。

幽門部の切除をするはずが、開腹してみると、腹膜まで転移していた。
成す術もなく閉じられた。
志保には家族が無いため、直接航平は伝えた。

すっかり残された人生を生きる元気がも、希望も見出せないで問題ばかりの志保。
病室でタバコを吸って非常ベルを鳴らして、何が悪い!と開き直R始末だった。

航平はそんな志保を屋上に連れて行った。
二人で語り合ううちに、志保は、こんなに早く人生の締切が来るとは思わなかったと言った。
薮内医師の指示があったが、愛子は、手がいっぱいで、居合わせた圭太を使った。
ワソラン 半A→ワソラン 3A

意識がなくなり、騒ぎになった。知らない志保は、自分が書きたかった原点、処女作の
「島に生きる」を愛子が探したのを見て喜んでいた。1000部しか刷らなかったし売れなかった。
その本に出てくる人たちは、島の不便な暮らしの中で自分が幸せになることを願っている。それが、相手を幸せにすることだと教えてくれた。
余命が3か月になり、無駄な人生だったと言い放つ志保に、愛子は、この本と出合ったことが、よかったと言った。

たった一人でも感動してくれる人がいるなら、書き続けられる。よかった、死ぬ前に思い出せて。と、今の地方医療の解決法を書いた本を残した。患者、医師、看護師たちの助けあいシカ、方法はないと『陽はまた昇る』を残した。

スタッフは、30時間勤務はざらになっていた。あれもこれもで、指示があり、点滴を作って、また走る。これで伝達ミスが起きないはずはないと言いたかったのかな?
あってはいけないことです。それでも過酷な、勤務状況は、このドラマでは出てきません。難しいね。
医療ミスで、啓太は土下座して震えていて、みんなが私が悪いと言い張って、それで結果はうやむや。このエピは、モンスターペイシェント@志保が居るだけでかき回されたのですから、医療ミスを入れないほうがすっきりでした。

*******
今までの感想は、こちら

« 《恋空》☆02 | トップページ | 《太陽と海の教室》#04 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になります。

何度やってもTBできないみたいです。。。
なぜだ、なぜなんだ・・・っ。

ちょっと極端な表現が気になる事もありますが
今クールでは楽しみに見られているほうです。。。^^;
しかしこのドラマ、最後はどうまとめるんですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/42132864

この記事へのトラックバック一覧です: 《Tomorrow》#06:

» Tommorow:第4話~第6話 [日常の穴]
『陽はまた昇る』  二階堂志保 おおー、サブタイトルをここで使ってきたか。ちょっと感心! さて、突発的に第4話を見逃したので、本日まとめて視聴。 第4話・第5話は、航平が医療ミ... [続きを読む]

» 奥様は魔女 [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
エリザベス・モンゴメリーが魔女のサマンサを演じた「奥様は魔女」は、アメリカで1964年から8年間のロングランを誇った人気TVコメディ(8シーズン全254話) [続きを読む]

» Tomorrow 第6話 [アンナdiary]
オリンピック中は、ドラマどころじゃないだろうな〜って思ったけど、 そんなことはなかった。 オリンピック見過ぎて疲れちゃったので、ドラマが一服の清涼剤になったわ〜 tomorrowも面白かったけど、NHKの篤姫も面白かった。... [続きを読む]

» Tomorrow−陽はまたのぼる− 第6話:訴えられた病院 [あるがまま・・・]
本のタイトル+.(ノ。'▽')ノ*.オオォォ☆゚・:*☆ このドラマって、杉田かおるさんの脚本なのね〜って違ーーーうっ!(笑) 今回はモンスターペイシェントとして、二階堂志保@杉田かおるさんが登場{/ee_3/} 存在感がすでにモンスターなので、どうなることやらと予告を見た段階で 戦々恐々{/hiyo_shock2/}・・・やっぱり{/ase/} 愛子をメイド代わりに使ってやがりますヨ{/face_gaan/} 忙し過ぎて、食事も取れないほどの忙しさっ!でも、患者さんの笑顔の為に 必死で頑張る愛子... [続きを読む]

» Tomorrow〜陽はまたのぼる〜 第6話 「訴えられた病院」 [テレビお気楽日記]
退院する七海(黒川智花)。航平(竹野内豊)に対して割り切れない気持ちがあるらしい。 [続きを読む]

» Tomorrow−陽はまたのぼる− 第6話 医療の限界 [レベル999のマニアな講義]
『訴えられた病院』内容愛子の妹・七海(黒川智花)が退院したでも愛子(菅野美穂)には、余裕がなかった。人気小説家の二階堂志保(杉田かおる)が、入院中。なんでもすぐに呼び出し、命令する志保。まるで、、、モンスターペイシェント、、、その気まぐれな志保に振り回...... [続きを読む]

» Tomorrow~陽はまたのぼる~第6話(8.10) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
今回は、モンスターペイシェントのお話 人気小説家の二階堂志保@杉田かおるは初期の癌の手術のため、 西山室市民病院で入院することになったが、 いざ開腹してみると、癌細胞が腹膜まで転移しており、もはやオペは不可能、 しかも、看護士の加藤圭太@永田彬が点滴を...... [続きを読む]

» 『Tomorrow −陽はまたのぼる−』第6話「訴えられた病院」メモ [つれづれなる・・・日記?]
祝!内柴選手連覇で金!!!中村選手銅メダル獲得 おめでとうございます。 [続きを読む]

» 命を奪っても心は獲れぬ・・・茶の道じゃ(宮﨑あおい)俺は医者だ・・・助け合いたい(竹野内豊) [キッドのブログinココログ]
北島康介選手・・・金メダルおめでとう・・・である。これで金も裏を返した。 銅→銅 [続きを読む]

» Tommorrow〜陽はまたのぼる〜vol.6 [ita-windの風速計]
■Tommorrow〜陽はまたのぼる〜脚本/篠崎絵里子、八津弘幸http://www.tbs.co.jp/Tomorrow2008/第6話訴えられた病院私は一生あなたを許せない。覚悟を決めて私と一緒にガンバってと森山に声を掛ける愛子。七海が退院する。森山が医療ミスを犯した医師だと言うことを知り複...... [続きを読む]

« 《恋空》☆02 | トップページ | 《太陽と海の教室》#04 »

最近の写真