無料ブログはココログ

« 《ゴンゾウ~伝説の刑事》#05 | トップページ | 《コード・ブルー~ドクターへり緊急救命》#05 »

2008/07/31

《四つの嘘》#04

女41歳おひとりさまの真実』(あらすじ)

詩文(永作博美)が安城(勝地涼)に別れを告げてから半月ほどたったある日、安城が詩文の家を訪れる。家族が営む小さな書店では、父親の礼一郎(品川徹)がレジに座っていた。安城は礼一郎に詩文のことを尋ねるが、認知症の症状が出ていた礼一郎は安城を見て河野(仲村トオル)が戻ってきたと奥にいる詩文を呼ぶ。一方、ネリ(高島礼子)は安城が所属するボクシングジムの会長と安城の引退後の身の振り方を相談していた。会長になぜそんなに親身にするのかと聞かれたネリは、あくまでも医師としてだと答え憤然とジムを後にする。そんな中、自宅でマニキュアを塗り終えた満希子(寺島しのぶ)は、息子の家庭教師に来ていた大森(崎本大海)につめのことを褒められ何となく幸せな気持ちになる。
     ******
外来の予約をすっぽかす安城を心配して、ジムのオーナーに相談に行った。ちょうど詩文堂に詩文を訪ねて行った安城。レジに座る父親が、彼をしんだ圭史と間違えて詩文を呼んだ。
詩文は安城を見ると閉店ですと店を閉めだした。
そのまま追い出されて帰る安城。
詩文は、残金が128円の通帳しかなかった。
冬美は、圭史の母と会っていて、本気で養女になることを考えていた。

河野が詩文堂にきた。黒毛和牛を持って、詩文と仲良くやってほしいという冬美の思いを汲んでのことだった。
そうまでされて、何もできない詩文としては、頭を下げて養女の話を進めていくしかなかった。店を閉めて働こうとハローワークに行ってみたが、何も資格のない41歳は、ワーキングプアになるほどの低賃金だった。

ネリに父の施設を相談していた詩文。そこへ満希子が来た。
家庭教師を娘と二人で争っているような、専業主婦。それだけ考えていられるなんて幸せなアラフォーです。
娘のほうは、アキバ系の歌を楽しんで、ロリこんなオジンたちにビデオをで撮られまくっているし、この親子はどうなっているのだろう。

ネリは、気になる安城に初めてのトン汁を作って持って行ったが、腐るまでそのまま置いてあった。寝ていたはずの安城がネリの足首をつかんだ。

姿を見せない脅迫犯におびえていたネリでしたが、今回は、携帯に変な声色の人からかかってきていた。

3人で食事して詩文は、天性の妖しさで、金持ちをたぶらかせばよいという無責任な方法をとることでもう職を見つけないことになった。

この3人は、詩文のようにその日暮らしができないそうだから、きっとある程度のところで大幅な妥協をするのでしょうか。なかなかしたたかだから、面白くなってきましたね。

******
今までの感想は、こちら

« 《ゴンゾウ~伝説の刑事》#05 | トップページ | 《コード・ブルー~ドクターへり緊急救命》#05 »

ドラマ(や)」カテゴリの記事

コメント

♪オディールさん、こんにちは。

>みんなそれぞれが魔性の女ですよね。でも、本当は女性はみんなそうなのかもしれませんね。

そこなんですよね。だんだん暴かれて行きそうです。でもなぜか、私は永作さんは嫌いなんです。

ただ、嘘はどこに潜んでいるのでしょうか?

みんなそれぞれが魔性の女ですよね。でも、本当は女性はみんなそうなのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/42024760

この記事へのトラックバック一覧です: 《四つの嘘》#04:

» 「四つの嘘」第4話 その日暮らしでいいわ、私 [バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)]
その日暮らしがいちばん強いってとこもあるけどね 幸せな老後とかっていうけど将来が見えすぎるのって辛くない?見えているのは死だけで充分じゃない それ以上の現実なんか見たくない [続きを読む]

» 四つの嘘 第4話 持つ者と持たざる者 [レベル999のマニアな講義]
『女41歳おひとりさまの真実』内容河野の家に行くようになった冬子にいらだつ詩文そんななか、英児が、詩文のトコロにやってくるそして英児『ボクシングが出来なくなったから、いやなのか?詩文『そうよキッパリと別れを告げるのだった。一方、病院に来ない英児が心配な...... [続きを読む]

» 四つの嘘 第4話 [塩ひとつまみ]
主治医として英児の世話を焼くネリ。 ジムの会長に「あいつに惚れちゃ〜いけないぜ」と 釘を刺されて怒るのは、図星だからかな? 料理を届... [続きを読む]

» 四つの嘘vol.4 [ita-windの風速計]
■四つの嘘脚本/大石静http://www.tv-asahi.co.jp/4lies/第4話女41歳おひとりさまの真実美波の死によって決して交わらなかった者たちが交わり始める。自分の魔性を頼りにその時限りの刹那に酔いしれる詩文。今まで手に入れることの出来なかった欠落部分を手に入れ始めた...... [続きを読む]

» 「四つの嘘」第4回 [トリ猫家族]
 『16歳の娘より41歳の母親方が素敵だなんて・・人生は捨てたものではないのです。 40過ぎて私が圭史と再会したように、ブッキ、あなたにも幸せが訪れたのよ』美波  橋の上でもりりん(崎本大海)に肩を抱かれて、うっとりしてたけどね〜 この男絶対ヤバイでし....... [続きを読む]

» 四つの嘘 第四話「女41歳おひとりさまの真実」 [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
詩文(永作博美)の家に英児(勝地涼)が訊ねてくる。冷たい 応対をする誌文はもう終わりだと、英児を追い返す。 ネリ(高島礼子)は英児が所属していたボクシングジムを訊ね、 英児をトレーナーとして受け入れてほしいと会長(不破万作) に頼み「あいつに惚れるのは辞めとき....... [続きを読む]

» 「四つの嘘」第4話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
彼女たちの"現実"と"将来"。 第4話 [続きを読む]

» 四つの嘘第4話(7.31) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
魔性の女のはずの原詩文@永作博美が恋愛から遠ざかり、 恋愛とは無縁だった西尾満希子@寺島しのぶと灰谷ネリ@高島礼子が 恋愛にはまる展開に。 折角のすき焼きを台無しにする爺さん@品川徹の呆けっぷりが強烈でした 生活苦の詩文は、娘冬子@松山愛里を かつて...... [続きを読む]

« 《ゴンゾウ~伝説の刑事》#05 | トップページ | 《コード・ブルー~ドクターへり緊急救命》#05 »

最近の写真