無料ブログはココログ

« 《太陽と海の教室》#02 | トップページ | 《ゴンゾウ~伝説の刑事》#05 »

2008/07/30

《モンスター☆ペアレント》#05

カリスマ校長の秘密』(あらすじ)

樹季(米倉涼子)と望月(平岡祐太)は、民間企業出身の校長、友竹(前田美波里)の講演を視察する。友竹は保護者から多大な支持を得ていた。ある日、樹季は友竹から1人の保護者の対応に困っていると個人的に相談を持ち掛けられる。問題の保護者の清美(猫背椿)は、息子が理不尽な理由で担任教師の加川(古山憲太郎)に殴られたことを挙げ、加川を辞めさせてほしいと訴えていた。ところが加川は暴力の事実を一切否認する。友竹の報告に納得しない清美は感情的に抗議をしてくるが、樹季は清美が過去にもさまざまな要望を出していることを知る。数日後、清美が訴えを起こすと言いだしたと相談を受けた樹季は、友竹に法廷で決着をつけた方がいいと話す。
     ********
「・・・保護者と学校は理解し合うものです。」民間企業で、キャリアのトップクラスでバリバリ働いていた友竹を、校長にした学校が、注目を浴びていた。保護者からは絶大な信頼を得ていた。
講演を聞きに行くよう望月に連れられて、樹季は出かけた。校長の講演が終わると、数人の母親たちが、校長を囲んだ。望月は「友竹サポーターズです。熱狂的に校長を支持する保護者が多いのがこの学校の特徴でもありもます。」
その集団から抜けて、友竹が樹季のほうへ来た。「高村さんかしら?今度教育委員会に腕の立つ女性弁護士が居るって伺っていましたけど、あなただってぴんときたわ。今度いろいろとお話を聞かせてください。」

望月から教育関係の雑誌が取材したいと話が来ていると聞いて、インタビューを受けた樹季。結局モンスターバスターなる見出しで、言葉の端端をつないで面白おかしい記事にされた。こんなこと言ってないと騒ぐ樹季に、三浦は冷ややかだった。

この記事を見た友竹が、事務所のほうへ相談に来た。
梶田の息子が頬を腫らして帰宅したので、どうしたのか聞くと、担任に殴られたと答えた。すっかり担任を怖がっているのでそんな暴力担任をやめさせてくれと、学校へ乗り込んでくる梶田だった。
教育長に、この問題は樹季が手がけると相談し、何か言いかけたが、お願いしますと言われた。
校長室で話を聞く樹季。一筋縄でない申し入れをしている筋金入りのモンスターだった。
校長がとりなしの言葉をかけても、一切聞き耳持たずで、担任には、暴力は振るっていないと言われてしまう。
話し合いは決裂。梶田は訴えると言い出した。

友竹校長がとった行動は、週刊誌にリークすることだったtelephone

すっかり立場が逆転した梶田は、校長の強い申し入れに折れて、けがは息子の不注意で、鉄棒から落ちた結果だったと撤回した。

友竹校長の名誉市民賞受賞が決まった。
望月のデスクの電話が鳴った。

外で待ち合わせをする望月、樹季。梶田の同級生の母親からだった。
梶田はモンスターではない。息子があの日担任がカッカして、忘れ物を取りに戻った梶田の息子に早く帰りなさいと言ったが、宿題が描けないから絵具を探す彼を見て頬を殴った。口答えするなと言ってannoypunch

授賞式。
樹季は、友竹校長に、梶田タクトくんに対する暴力事件の報告がありますと、切り出した。
香川先生は嘘をついていました。香川先生は確かにタクト君を殴っていた。
あの日タクトくんと同じクラスの子が見ていた。その子のお母さんが打ち明けてけてくれた。校長は初めから知っていたのですね。それを隠ぺいするために、梶田さんをモンスターペアレントに仕立て上げ樹季が利用された。

どこに証拠があるの?私が隠蔽したですって?全てあなたの憶測でしょう?

いいえ、真実です

真実は立証されなくては真実とは言えない。あなた弁護士でしょう?
法律家にとって真実とは、そういうものではないですか?


私は弁護士である前に人間です。真実は法律の中にではなく人の心の中にあるのではないでしょうか?

いたずらに事が長引けば、組織が深手を負います。組織を守る者、上に立つ者として、当然の責任です。そのための小さな犠牲は、受け入れなければならないのです。

校長先生が犠牲にしたのは、子供の心です。子供を思う母親の心です。それを踏みにじって教育といえるのでしょうか?友竹校長、あなたこそモンスターです。

あなたの貴重なご意見はこれからの学校作りの参考にさせていただきます。どうもありがとう。残念ねあなたとは仲良くなれると思ったのに。

私もです。

教育長に、報告し、責任をとりますと辞意を伝えると、それがあなたの責任の取り方ですか?と言われた。それを教育の場に行かせうことがあなたの責任の取り方になるのではとうまく引き留められた。
教育長の部屋から出て何も言わずに帰ろうとすると三上が行く手を遮り、新聞を見せた。そこには、友竹校長の”突然の辞任”を知らせるニュースだった。

やっぱり、樹季の資格は不必要ない展開です。確かに変わってきたのは事実です。
人間的な弁護士になって、どうするんでしょうね。

********
今までの感想は、こちら

« 《太陽と海の教室》#02 | トップページ | 《ゴンゾウ~伝説の刑事》#05 »

ドラマ(ま)」カテゴリの記事

コメント

xmasオディールさん、こんにちは。

>今回は1番面白かったと思います。

私もsign01
樹季のことを逆手にとって、自分の手を汚さないやり方は、汚いですね。


>しかし、私ならあの胡散臭い校長を支持しません
ね。

周りを載せていく戦術は、気をつけないと、怖いです。アイドル並の人気だったから、反対意見は述べにくいですよね。とすると、あのモンスターは、必要悪!?佐々木蔵さんで、結論は出ません(笑)

私、結構、樹季って好きなんですよね(^.^;)
すぐ乗せられちゃう所とか人間臭いって言うか。。。
変わってきたな~と思います。
でも、弁護士と言う資格には何の役にも立ってないですね(^^;)

今回は1番面白かったと思います。しかし、私ならあの胡散臭い校長を支持しませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/42009910

この記事へのトラックバック一覧です: 《モンスター☆ペアレント》#05:

» 「モンスターペアレント」第5話 [日々“是”精進!]
愛が哀しいから第5話樹季と望月は、民間企業出身の校長、友竹の講演を視察する。友竹は保護者から多大な支持を得ていた。ある日、樹季は友竹から1人の保護者の対応に困っていると個人的に相談を持ち掛けられる。問題の保護者の清美は、息子が理不尽な理由で担任教師の加...... [続きを読む]

» モンスターペアレントvol.5 [ita-windの風速計]
■モンスターペアレント脚本/荒井修子(1)(2)(4)、佐藤久美子(3)(5)http://www.ktv.co.jp/mp/第5話カリスマ校長の秘密川野小学校に通う子供・梶田拓人の母親・清美が学校に乗り込んでくる。梶田は子供が担任の教師・加川信二に殴られたと言い、謝罪を求める。一方高村の元...... [続きを読む]

» モンスターペアレント 第五話「カリスマ校長の秘密」 [掃き溜め日記-てれびな日々-]
カリスマ校長だと噂のある友竹真知子(前田美波里)の講演を視察することになった樹季(米倉涼子)と望月(平岡祐太)。数日前に雑誌の取材を受けた樹季。出来上がった雑誌を見てみると、樹季の事を『モンスターバスター』... [続きを読む]

» モンスターペアレント 第5話 偽りのカリスマ [レベル999のマニアな講義]
『カリスマ校長の秘密』内容ある日、望月に呼び出された樹季。雑誌の取材だという。。。敏腕弁護士として取材。何か気分が良い感じの樹季だった。。そんななか、友竹真知子(前田美波里)という、カリスマ校長と呼ばれる講座に参加する。民間出身と言うこともあり保護者に...... [続きを読む]

» モンスターペアレント第5話(7.29) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
今回は、またもモンスターペアレントが問題を起こした・・・と思いきや、 実は、問題があったのは学校側だったというお話 高村弁護士@米倉涼子、雑誌のインタビューを受けていたけど、 評判になる程、成果挙げてるとは思えないのですが 民間出身のカリスマ校長友竹...... [続きを読む]

» 【モンスターペアレント】第5話 [見取り八段・実0段]
一般企業出身の女性校長・友竹校長保護者と学校は理解し合う物です。まるで三浦のような事をニコヤカに言う。校長の周りはファンの保護者でいっぱい。PTAと理解し合い、仲良く学校を守る、を実行しているらしい。働く強い女は強い女同士。友竹は、樹季に好意を示し、握手...... [続きを読む]

« 《太陽と海の教室》#02 | トップページ | 《ゴンゾウ~伝説の刑事》#05 »

最近の写真