無料ブログはココログ

« 《おせん》第六話 | トップページ | 《ラスト・フレンズ》#08 »

2008/05/29

《ホカベン》☆07

決意の凶悪犯弁護…大きな試練」(あらすじ)

灯(上戸彩)の所属するプロボノセクションに、明美(片瀬那奈)に性的暴行をして負傷させた源一(遠藤雄弥)の弁護の話が来る。灯は源一の弁護に強い嫌悪を覚えながらも彼に接見。計画性はなかったと涙を流しながら反省する様子を見て、弁護を担当することを決める。杉崎(北村一輝)と一緒に調査を進めた灯は源一の友人、田中(中村友也)の証言から、ある重大な事実を知る。やがて高校時代の明美に窃盗の補導歴があったことが判明。それを使えば執行猶予の道が開けると言う杉崎に、灯は田中が告白した驚きの内容を伝える。
     *****

強姦。暴力で女性の尊厳を踏みにじる、この世でもっとも卑劣な犯罪。
杉崎から継ぎの仕事の割り振りを言われた灯。

相手の気持ちなんて考えなくて良い。弁護士なんてのは相手の傷口に塩を塗るのも仕事なんだよ。

現場には相手の女と戸塚しか居なかったんだろう。今から戸塚のところに行き、供述を変えろ。強姦の事実はありませんでした。女がうそをついて自分をハメようとしていますが、と主張させろ。あるいは女の過去を洗え。証拠が無いのはお互い様だ。BY杉崎

そんなやり方、卑怯じゃないですかannoy
強姦事件というのは、裁判長の心証でころころ変わるんだよ。加害者弁護には、
それだけ大変です。法律の認める正義・・・

灯は、杉崎の本心を訊ねた。
オレの本心が聞きたいのか。
死刑になりゃいいんだよbomb
暴力で女を犯すようなヤツ、誰が弁護したいんだよ。俺だって人間だよ。
それくらい判ってるよ、何が正しいかくらいわかってんだよ。
法律が正義だ、そんなヤツ守るために弁護士になったわけじゃない
punch

廊下に出て行くと、大きな声だったねと、所長から言われた。
鈴木明子の死は君には関係ないよ。
杉崎が執行猶予を付けてやったばかりに、被害者が2度襲われ、
その被害者がクビをつった。杉崎は、その場面に遭遇した。
私が執行猶予にしてやったヤツですよ。
忘れろとはいわないが、割り切れsign03

性犯罪は、加害者が再犯を繰り返します。被害者は、ずっとトラウマを抱えたまま、理不尽さとともに生きていかねばなりません。

今回の被告は、再犯だが、代議士の息子なので、どうにか執行猶予を付けてくれと、工藤に頼み込んでくるのだ。灯はその両親に誓約書を書かせた。あらゆる手を打ちたい・・

拘置所で、見せると、被告は涙をながした。この事件は計画的ではないのですね。はい。

出口で、友人の田中が待っていた。そこで聞かされた話は衝撃的だった。
被害者の過去も調べられ、歩道歴があった。それも裁判で使うと杉崎は言った。

裁判が始まった。カラオケという密室へなぜ知らぬ人と行ったか。
被害者はずたずたにされた。

新たな証人、田中が呼ばれた。友人というより被告の家来だった。被害者をもともと目を付けていたので、電道自転車のタイヤをパンクさせろと命令した。それが暴露されると、被疑者が怒鳴りだした。お説教は勝ってからにしろと叫ぶ戸塚に、灯は彼の本心を見た。

裁判にはじめて負けた。
灯の心情では、田中が証人で出てきてくれて、ほっとした。真実は封印されなかった

杉崎はずっとトラウマになっていた事件が、灯を指導することで、自身と対峙できたのでしょうね。このコンビ、だんだん面白くなってきました

*****
ホカベン☆06 ☆05 ☆04 ☆03 ☆02 ☆01

« 《おせん》第六話 | トップページ | 《ラスト・フレンズ》#08 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

弁護士も弁護したくない案件があるんでしょうね。難しい問題ですね。snowboard

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/41359232

この記事へのトラックバック一覧です: 《ホカベン》☆07:

» ホカベン(7話)を見て… [心のおもむくままに]
ホカベンの感想も今回で7回目ですが…今回も世の中の矛盾というか…うんざりする現実 [続きを読む]

» ホカベン 第七話 「決意の凶悪犯弁護…大きな試練」 [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
灯(上戸彩)に女性暴行事件の被告の弁護が回ってきた。 犯人の源一(遠藤雄弥)は二度も暴行罪で捕まっており、灯は 調書を読んで吐き気を催すほどの、強い嫌悪感を覚える 源一に接見する灯は、弁護士である前に一人の人間だと、 3つの質問をする。深く反省してるんですね....... [続きを読む]

» おすすめのブライダルエステ立川情報を案内/ビューティーきれいナビ [ブライダルエステ立川についてのオススメ情報です]
待望のブライダルエステ立川を見逃すな!! [続きを読む]

» 「ホカベン」第7回 [トリ猫家族]
 「今までで一番辛い仕事になるぞ、その覚悟はあるのか?」杉崎 「はい」灯 「守るのは女じゃないぞ、弁護するのは犯人の男の方だ。しかも初犯じゃない、再犯だよ。 やるかやらないかは、堂本、お前が決めろ」杉崎 『私は新人弁護士堂本灯・・ 弁護士は依頼人のため....... [続きを読む]

» ホカベン 第7話 「決意の凶悪犯弁護…大きな試練」 [テレビお気楽日記]
戸塚源一(遠藤雄弥)、19歳。のだめで無視され続けた指揮者の子ね。都内の信用金庫に勤める明美(片瀬那奈)のバイクがパンクし、途方に暮れてるところに声をかけ、カラオケ店の個室で襲った強姦致傷事件だった。 ... [続きを読む]

» 「ホカベン」第7話 [日々“是”精進!]
第7話灯の所属するプロボノセクションに、明美に性的暴行をして負傷させた源一の弁護の話が来る。灯は源一の弁護に強い嫌悪を覚えながらも彼に接見。計画性はなかったと涙を流しながら反省する様子を見て、弁護を担当することを決める。杉崎と一緒に調査を進めた灯は源一...... [続きを読む]

» 坊や・・・いったい何を教わってきたの・・・?(上戸彩) [キッドのブログinココログ]
・・・物騒な事件が続き・・・警察の捜査は後手後手・・・そこで・・・加害者側弁護士 [続きを読む]

» 『ホカベン』第7話「決意の凶悪犯弁護…大きな試練」メモ [つれづれなる・・・日記?]
今回はオイラとしては○だったかと。 [続きを読む]

» ホカベン第7話(5.28) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
今回、灯@上戸彩が引き受けた案件は、 浪人生戸塚源一@遠藤雄弥が起こした強姦致傷事件の弁護。 戸塚は、予備校が終わった後、 バイクがパンクして困っていた信用金庫勤務の松沢明美@片瀬那奈を 助けたことをきっかけで、カラオケボックスに行き、暴行を働いていた...... [続きを読む]

» ホカベン・第7話「大きな試練」 [山吹色きなこ庵・きままにコラム]
いつものふくみのあるものではなく、結構後味のいい、すっきりした結末が待ってました [続きを読む]

« 《おせん》第六話 | トップページ | 《ラスト・フレンズ》#08 »

最近の写真