無料ブログはココログ

« 《ロス:タイム:ライフ》第2節 | トップページ | 《薔薇のない花屋》☆05 »

2008/02/11

《佐々木夫妻の仁義なき戦い》★04

えっチカン!?それでもボクはやってない』(あらすじ)

出勤途中の車内で法倫(稲垣吾郎)は、律子(小雪)からもらったドリンク剤を飲んだ影響か、下半身にこみ上げるものを感じる。通勤ラッシュの車内で慌てて体を入れ替えその場をしのぐ法倫。降車駅に着き一安心するが、不意に後ろから手をつかまれる。振り返ると、一人の女性(京野ことみ)が法倫をにらんでいた。昼過ぎに事務所へ出勤してきた律子に、法倫が行方不明だと桜庭(小出恵介)が駆け寄る。その時、律子に弁護を頼みたいという被疑者がいると警察から電話が入る。その被疑者は痴漢に間違われた法倫だった。律子と桜庭は警察署へ向かう。接見室で事情を聴いた律子は面倒だから示談にしようと、すげなく返事をする。法倫は痴漢の妻でもいいのかと律子に言い返す。
     *****
せっかく離婚回避で、戻ってきた律子と、本当の意味での仲直りができていない法倫は、早く仲直りをしようと思っていた。それでも、朝帰りする律子には、辟易していた。が、6時に間に合うようにと、”すごいこと”のおきるドリンクを下げてきた。
せっかくだからと、喜んで法倫は飲んだdanger
と、股間に力がみなぎって、電車に乗ってまともにいられなかった。やっと赤坂駅で降りて、ほっとしたとき、腕をとられて、「痴漢」容疑で捕まった。
日曜日、また13時間のボランティアでした。最近、感想アップが遅くてごめんなさい。DVD見ているうちに寝てしまって・・・

事務所では、法倫が行方不明になったと大騒ぎしてたpig

そこへ、赤坂東警察署から律子の携帯に電話がかかった。弁護を依頼したいと言う被疑者がいるのですが。誰ですか?あなたの旦那だよtelephone

律子は、罪を認めて示談にしようよ。戦うつもり?日本の刑事裁判は99.9%有罪なんだから。法倫は、妻として夫が痴漢容疑で捕まったと言うのはどうなんだと、迫った。

態度を決めた佐々木事務所は、法倫の親友小川も交えて目撃者を探し始めた。
律子は法倫のほかの案件野事情説明に動き出したが、みな法倫の人柄を慕ってくれていることに触れ、他事務所へのスルーができないと感じていたbud

被害者の供述調書ができたが、不自然さが無く、突き崩す部分が無かった。
公判が始まった。原告の山田は、明らかに法倫をターゲットにしていた。
やっと保釈されて、迎えに出ていた律子に、仲直りしないか?と持ちかけた。いいよと答えて、自宅に入ったとたんに夫婦らしく始まったが、暗い廊下で、背中に当たるものが法倫を落ち着かせない。律子は気にするなと言うが、ついに電気をつけて、たまげた。
「何だこれはannoy」留置所よりひどい汚れになっていた。早速片づけが始まってやっと人が住めるようになった。

山本への監視は続いていたが、どう見ても普通のOLだとの報告。示談金目当ての、または怨恨?動機が見つからない。そこへ、目撃者として鶴田が現れた。そのときの状況は、わかってきたが、公判で鶴田の借金を衝かれ、金で雇われたかのような悪印象をもたれてしまった

法倫は、そんな桜庭を叱責するが、律子は、みな極限まで頑張っているから、もう示談にするか、もっと立派な弁護士に頼んでくれと放り投げた。
蝶野は、法倫に律子がやせて時計がゴミ箱に落ちる位頑張っていたことを知らせた。

山田が、控訴を取り下げたと連絡があった。裏話は、一気に解決しようと、律子が一芝居うった。山田の父が、痴漢容疑で捕まったときに、司法修習生だった律子が付き添いで2,3回顔を出して、そのまま示談に流れたが、両親は離婚し、挙句に父は自殺した。
示談で話を持って行き、示談金は¥300万。これで、離婚で、ふんだくれると勝ち誇ったように言った。そこで山田は口を滑らせた。検事は聞き逃さなかった。
山田の父が、法倫に早くにめぐり合っていれば、信年のもと、冤罪を払うまで頑張れたかもしれないと、言った。山田は律子の頬をぶった。初めからこうしていればこんなこと起こさなくて良かったのにと、言った。弱いもの代弁者であるべき弁護士が、お手軽に、依頼者の意向を汲まないで示談に持ち込むのは、すべて正しいとはいえないですねpaper

この夫婦、どうも理解できません。でも、あのゴミの山は、勘弁して欲しいですsweat01

*****
佐々木夫妻の仁義なき戦い★03 ★02 ★01

« 《ロス:タイム:ライフ》第2節 | トップページ | 《薔薇のない花屋》☆05 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

いじめ撃退法

そのまま示談を受け入れちゃったら3百万取られちゃうところですからね・・・。chickすごい賭け。

今日は冤罪事件でしたねぇ、、、毎回結構考えさせられます。
佐々木夫婦は相変わらずどうして一緒にいるのかよくわかりませんが、、、
今回も仲直りして本当に良かったです~。
でも、毎回「これは序章に過ぎなかった、、、」
みたいなナレーションでゲンナリ。。
まぁそれがウリのドラマだから仕方ないのでしょうが・・・(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/40082492

この記事へのトラックバック一覧です: 《佐々木夫妻の仁義なき戦い》★04:

» 冬ドラマも折り返し地点まで来ましたね♪o(^-^)o [ひろくんのほのぼのコラム ( ^_^)_∀]
 一昨日の土曜日は久々の大雪でしたね♪ 本当に深々と降っていて、わずか1~2時間 [続きを読む]

» 佐々木夫妻の仁義なき戦い 第4話 私は、何もしていない!! [レベル999のマニアな講義]
内容離婚騒動のあと、仲直りしないかと法倫から切り出したが。律子は飲みに行ってしまった。が、翌朝、怪しげなドリンクを朝食として渡される。それを飲んで出勤した法倫は、電車から降りてホームにおりたとたん、女性に腕を捕まれる。警察に突き出された法倫。。。。痴漢...... [続きを読む]

» 佐々木夫妻の仁義なき戦い 第4話 [annyの日記]
例の懐中時計、非常に珍しいらしく 日本ではあまり手に入らない代物? まぁそれはさておき 佐々木夫婦はいつになく円満?でもないのだが・・・ 律子は飲みに行ってしまい 法倫はイライラ 朝6時! 律子は酔っ払って朝帰り 裸足で帰ってきました! そして法...... [続きを読む]

» 佐々木夫妻の仁義なき戦い 第4話 「えっチカン!?それでもボクはやってない」 [テレビお気楽日記]
朝帰りする律子(小雪)だが、わざわざ栄養ドリンクを届けてくれたことに感激する法倫(稲垣吾郎)。 [続きを読む]

» 佐々木夫妻の仁義なき戦い 第四話「えっチカン!?それでもボクはやってない」 [掃き溜め日記~てれびな日々~]
出勤途中の車内で法倫(稲垣吾郎)は、律子(小雪)から貰ったドリンクを飲んだ影響か、下半身にこみ上げるものを感じる。通勤ラッシュの車内で慌てて体を入れ替えその場をしのぐ法倫。降車駅に着き一安心するが、不... [続きを読む]

» 佐々木夫妻の仁義なき戦い 第四話「えっチカン!?それでもボクはやってない」 [掃き溜め日記~てれびな日々~]
出勤途中の車内で法倫(稲垣吾郎)は、律子(小雪)から貰ったドリンクを飲んだ影響か、下半身にこみ上げるものを感じる。通勤ラッシュの車内で慌てて体を入れ替えその場をしのぐ法倫。降車駅に着き一安心するが、不... [続きを読む]

» ドラマ『佐々木夫妻の仁義なき戦い』第4話 [蛇足帳~blogばん~]
『佐々木夫妻の仁義なき戦い』の第4話は、法倫が電車内で痴漢と間違われ刑事告訴されてしまい、律子が弁護するというもの。裁判シーンも登場して、今までの中で一番弁護士夫婦らしい展開っ! ひょんなことから法倫は痴漢扱いされちゃうんだけど、そこにいくまでの経緯が…..... [続きを読む]

» ドラマ『佐々木夫妻の仁義なき戦い』第4話 [蛇足帳~blogばん~]
『佐々木夫妻の仁義なき戦い』の第4話は、法倫が電車内で痴漢と間違われ刑事告訴されてしまい、律子が弁護するというもの。裁判シーンも登場して、今までの中で一番弁護士夫婦らしい展開っ! ひょんなことから法倫は痴漢扱いされちゃうんだけど、そこにいくまでの経緯が…..... [続きを読む]

» 「佐々木夫妻の仁義なき戦い」第4話 [日々“是”精進!]
【送料無料選択可!】そのまま/SMAP第4話出勤途中の車内で法倫は、律子からもらったドリンク剤を飲んだ影響か、下半身にこみ上げるものを感じる。通勤ラッシュの車内で慌てて体を入れ替えその場をしのぐ法倫。降車駅に着き一安心するが、不意に後ろから手をつかまれる。...... [続きを読む]

» 佐々木夫妻の仁義なき戦い〜第4話・冤罪! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
佐々木夫妻の仁義なき戦いですが、佐々木法倫(稲垣吾郎)が満員電車で痴漢に間違われます。実はもっと悪質で嵌められたわけですが、律子(小雪)はじめ誰一人としてノリ先生がそんなことするとは思ってません。(以下に続きます)... [続きを読む]

» 佐々木夫妻の仁義なき闘い&週刊少年ジャンプ11号 [別館ヒガシ日記]
佐々木夫妻の仁義なき戦いは法輪が痴漢で逮捕されて皆で弁護して 被害者が律子の事で法輪を利用した事が発覚し被害取り下げたけど 内容は時計や2人の話など悪くないし小川が弁護士も予想外だったし ジョガー横田は普通だったし次は法輪を尋ねた知り合い女性だね 少年ジャン... [続きを読む]

» 『佐々木夫妻の仁義なき戦い』 第4話 「えっチカン!?それでもボクはやってない」 [*モナミ*]
取り違え親子の件も一件落着し、 自分たちの離婚も思い直した、法倫と律子。 法倫が大切にしてた懐中時計を前に、 これはどうやって手に入れたの?と問う律子。 何かマズいことでもあるのか、話題をそらす法倫。 そんな2人は1年7ヶ月夫婦生活がないって、 それってアメリカじゃぁ、 立派な離婚の理由になるんじゃなかったっけ? もちろん日本とアメリカじゃぁ違うけど。 そんな法倫の気持ちも知... [続きを読む]

» 佐々木夫妻の仁義なき戦い:第4話 [日常の穴]
「俺は間違ってないと思う!」 「悪かったわね、間違ってばかりで!」 また喧嘩ですか^^; さて今回は、痴漢で訴えられた法倫。 いやぁ、痴漢冤罪って恐ろしいな。 今回の取調べじゃないけど、痴漢で訴えられた人間の言うことなんかまともに聞いてもらえそうにないし、無罪を勝ち取ることは精神的にも相当きつそうだ。 示談で和解しても負け(社会的な意味で)、法定で争って勝てたとしても負け(時間的な意味で)と、訴えられた段階で相当なものを失うことは確実。 法倫は、無実であることを証明したい。... [続きを読む]

» 『佐々木夫妻の仁義なき戦い』第4話「えっチカン!?それでもボクはやってない」メモ [つれづれなる・・・日記?]
どっかの映画のパクリですよね。このサブタイトルって。 [続きを読む]

» 佐々木夫妻の仁義なき戦い 第4話 [Yが来るまで待って・・・]
またまたお騒がせ的な離婚騒動に一段落がついて、ノリミチはリツコに「仲直り」を提案。 「え?もう仲直りしたんじゃないの?」というリツコに、「精神的な仲直りはすんだけど、夫婦的な仲直りはまだ・・・」と、もちかける。と、そこに猪木からの呼び出し・・・。 ノリミチ... [続きを読む]

» 佐々木夫妻の仁義なき戦い vol.4えっチカン!?それでもボクはやってない [美味−BIMI−]
前回”精神的な仲直り”をした佐々木夫妻。 今回は法倫(稲垣吾郎)が“夫婦的な仲直り”をしようと 律子(小雪)を誘うトコロからスタート^^;です。 しかし、飲みに出かけてしまった律子。 「今日もまた、妻は出て行ってしまった。  これでもう1年7ヶ月と20日、私と妻はいわゆる夫婦生活がないコトになる。  我々に夫婦生活が復活する日がやってくるんだろうか?」 一人残された法倫は、妻にとって自分はどれほどの存在なのか、 不安にとらわれたようです... [続きを読む]

« 《ロス:タイム:ライフ》第2節 | トップページ | 《薔薇のない花屋》☆05 »

最近の写真