無料ブログはココログ

« 《医龍2》KARTE★10 | トップページ | 《モップガール》最終回 »

2007/12/14

《歌姫》#10

一世一代の感動的なプロポーズ』(あらすじ)
少しずつ記憶が戻っていく太郎(長瀬智也)。美和子(小池栄子)は今の太郎と鈴(相武紗季)の姿を見て「四万十太郎」は「及川勇一」ではないと言い、静かに土佐清水を去る。一方、美和子に子供がいたことを知った鈴は、複雑な思いで過ごしていた。そんな鈴に松(佐藤隆太)は相変わらずしつこく付きまとう。鈴から極道が嫌いだと言われた松は、久松(松村雄基)に足を洗わせてほしいと頼む。やがて、組を抜けたと血だらけの姿で現れた松を見た太郎は"男の中の男"だと感心する。松の体を張った行動を見たジェームス(大倉忠義)は、太郎に鈴に結婚を申し込むよう進言。今さら何と言っていいのか分からないという太郎に、映画監督志望のジェームスは告白するための台本を作ろうと言いだす。
     ******
太郎の記憶は少しずつ戻ってきた。美和子が山之内と話しているのを聞いてしまった鈴。太郎にはさくらという子どもが居た!一晩中、考え込んでいた

夕飯の席で、芥川から手紙がきた。のど自慢大会のときのヤクザの使いだった。彼は、裸一貫、東京に出て伝がなかったので、ストピップ小屋の前座として必死に歌っていた。楽屋へ、レコード会社の人が現れ、歌手としてデビュうーする前のレッスンを受けられることになった。両親は今の自分にとても喜んでくれている。と書かれていた。

浜子は、美和子が諦めて帰ってくれても、浮かない顔、気もそぞろな姿に、どうしたのだろうと、気を遣っていた。
そんな所に舞い戻った、クロワッサンの待つ。太郎をオリオン座から呼び出して、土佐清水の金をありったけ集めて来い!日本一の極道になったら鈴さんが、きっとワシを愛することは目に見えていると、放言。しかし鈴は、ヤクザとか、愚連隊は大嫌いですから、もうここには来んといてください。としっかり振られた。その松を連れてメリーの店にきた。青菜に塩の松は、酒が入って、親が広島のピカに遭って一瞬にして消えた。強ければそれが正義だ、強ければイイと、極道になった。太郎は、松が気が優しくて、真面目に働くほうが良いと諭した。

久松のアニキに組から抜けさせてくれと頼んだ。組員にぼこぼこにされ、傷だらけになって鈴の前に現れた。鈴がヤクザが嫌いと言ったばかりに、命を賭けて組抜けをしてきた。感動していた太郎に、ジェームスが、情けないといっていた。すぐに太郎が鈴に告白をしろと背中を押した。ジェームスに脚本を書けと言った。必死にシナリオを書く太郎。カレーライスの誘惑にも負けずに頑張ったが、書けなかった。

実際に海を見たらと、外に出たが、昔の鈴との思い出ばかりが去来した。そこへ店から真っ直ぐに断崖に立ったメリー。死にたいと口走った。お腹の子は土佐清水のみんなで育てればいいやろ。ワシがみんなに守ってもらったようにへんなこと考えるなと、言うと、メリーは泣いた。メリーを立たせたたろうが、海に投げ捨てようとした時計を落とした。瞬間時計を掴み、太郎はがけから海へ落ちた。メリーは、慌てて勝男に知らせ、皆が総出で夜を徹して海岸を捜した。流木に打ち上げられた太郎を鈴が見つけた。勝男と二人で引き上げると、気がついた。目を開けた太郎は、明らかに違う人相になっていた。起き上がり、「自分はここで何をしているのでしょうか?自分は一体・・・」耳をふさぎ、大声で叫びだした太郎。

転落のショックで、記憶が一気に戻ったようですね。土佐清水の人たちを全て忘れてしまったのか・・・

あぁ、悲しいなぁ

******
歌姫#09 #08 #07 #06 #05 
   #04 #03 #02 #01

« 《医龍2》KARTE★10 | トップページ | 《モップガール》最終回 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

★お気楽さん、こんばんは。

>ジュディオングは泉の娘なのかなぁ?

両親共に歌姫には縁遠いみたいですけど・・・
松が、絡んでくるのでしょうね。

★霞さん、こんばんは。

>クロワッサンは、ウザイと思ったこともあったけれど、本気で鈴のことを思っていて、一途で。あれだけボコボコにされてまで組を抜けようという決意ってある意味すさまじいですよね。。

初めにオリオン座が閉館になるからと旭を使いにやった母だから、きっと、松が、店主になるようですね。


★ミマムさん、こんばんは。

>来週は涙、涙になっちゃうんでしょうか。

きっとなりますね。
ゆっくりじっくりして欲しいけど、心臓移植も30分くらいでやらなければならないから、きっと早いのでしょうね。

時々、TBが、飛びませんね。メンテを繰り返しても難しいですね。私も有りますので、そのときはご容赦を。

あとは現代に戻って話をどうするかですよね。
ジュディオングは泉の娘なのかなぁ?

いやーー、まさか最後にあんな展開になるなんて、、、。
切なすぎますよー。
ゆうさんの時期の愛と、太郎の時期の愛。
彼には2つの愛があったわけで、
最終的にはどちらが残るんでしょう・・・?

クロワッサンは、ウザイと思ったこともあったけれど、
本気で鈴のことを思っていて、一途で。
あれだけボコボコにされてまで組を抜けようという決意って
ある意味すさまじいですよね。。

歌姫、毎週見てましたよ~。
このまま鈴と一緒に…?と思っていたところのあのラスト…
鈴の表情がすべてを物語っていて、またまた切なくなってしまいました。
来週は涙、涙になっちゃうんでしょうか。


昨日からトラックバックが入らないようです。
「医龍」のお返しができなくてゴメンなさい(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/17368871

この記事へのトラックバック一覧です: 《歌姫》#10:

» 歌姫〜第10話・プロポーズ! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
歌姫ですが、鈴(相武紗季)は太郎(長瀬智也)に娘がいることを知りますが誰にも言いません。美和子(小池栄子)は身を引くことに決めて東京に戻りますが、クロワッサンの松(佐藤隆太)が引き止めようとします。(以下に続きます)... [続きを読む]

» 「歌姫」第10話 [fool's aspirin]
いやあぁぁぁぁっ!太郎ちゃんっ! もう今日はクロワッサンのひたむきさにグッときて、 鯖子に笑い泣きして、エリック・クラプトンに泣かされて、 最後鳥肌立ってしまったぁーっ! ライフタイム・ベスト エリック・クラプトン,デレクザ・ドミノス,クリーム,ブラインド・フェイス,B.B.キング,J.J.ケイル JUGEMテーマ:エンターテイメント... [続きを読む]

» 歌姫:第10話 [日常の穴]
「自分は・・・」 海に落ちて、再び記憶を失くす。 そんな。。。なんという悲しい幕引き。 太郎が鈴に対して思いを伝えることもなく、記憶を失くしてしまうとは辛いすぎる結末だ。。・゚・(ノД`)ウワーン 一方、クロワッサンのバカ正直な情熱は絵になってきた。 命懸けで組を辞めてくるとはまさに、まっこと男の中の男ぜよ。 ここまで一途だと気持ち良い。 鈴に一目惚れしてオバカキャラになってから、ずいぶん成長したものだ(笑)。 あと1話。どうまとめるのだろうか。 ちょっとでもハッピ... [続きを読む]

» ・琉球放送「歌姫」第10話 [たまちゃんのドラマページ]
2007年12月14日(金)22時から、RBC琉球放送(笑)で、「歌姫」第10話(「一世一代の感動的なプロポーズ」)が、放送されました。 今日は、沖縄で視聴してます ◇太郎(長瀬智也)と鈴(相武紗季)が互いを思い合っている様子を見た美和子(小池栄子)は東京に...... [続きを読む]

» 歌姫 第10回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『一世一代の感動的なプロポーズ』 [続きを読む]

» 歌姫 第10話 「一世一代の感動的なプロポーズ」 [テレビお気楽日記]
美和子(小池栄子)と太郎(長瀬智也)の間にはさくらという娘がいることを聞いてしまう鈴(相武紗季)。 [続きを読む]

» 歌姫 第10話「一世一代の感動的なプロポーズ」 [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
太郎(長瀬智也)と鈴(相武紗季)が互いを思い合って いる様子を見た美和子(小池栄子)は東京に帰る決心を 固める。美和子を引き留める松(佐藤隆太)に向かって、 自分の夫は「及川勇一」であって「四万十太郎」では ないと言い切る。太郎はどこか心が痛みながらも少....... [続きを読む]

» 歌姫#10 [NelsonTouchBlog]
「歌姫」#10 美和子には太郎との間にできた娘がいた・・。だが、美和子はそのことは太郎に告げず、土佐清水を去る決意を決めたようだ。だが、鈴はその会話を聞いてしまい、太郎に気持ちを伝えるために書いた手紙も太郎に渡せなくなってしまう・・。 松は荷物を持って歩いていく美和子とすれ違い美和子を呼び止めた。「わたすはね、あのふたりはとってもお似合いだと思うんだわぁ、お互い想いあってるふたりだから邪魔しちゃなんねえよ。」「ちょっと待ってください!四万十太郎とは結婚しちょったがでしょ?」「四万十太郎...... [続きを読む]

» 歌姫 第10話 告白のシナリオ [レベル999のマニアな講義]
内容太郎と鈴のことを知って、クロワッサンに、自分の夫は及川だと言い残し、美和子は東京へ帰ってしまった。しかし、どうしてもあきらめきれないクロワッサンは、再び鈴に告白しようとするが。鈴からキッパリと『極道とは関わりたくない』と宣言される。そこでクロワッサ...... [続きを読む]

» 歌姫(12.14) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
ああ、やはり、こういう展開になってしまうのか・・・。 四万十太郎@長瀬智也が海に落ちた時点で、 記憶を取り戻すのと引き換えに、現在の記憶を失うんだろうなというのは判ったけど、 鈴@相武紗季が目の当たりにしてショックを受けたのを見るとねえ この急展開で、次...... [続きを読む]

» 『歌姫』第10話「一世一代の感動的なプロポーズ」メモ [つれづれなる・・・日記?]
ここんとこ、ずっと鈴ちゃんのせつなさだけの回が続いてるけどさ。 [続きを読む]

» 「歌姫」10話 [ice-coffee]
それにしても 崖から落ちるなんて〜〜〜 あ〜 記憶が〜〜〜〜 鈴ちゃんどうするんだろう [続きを読む]

« 《医龍2》KARTE★10 | トップページ | 《モップガール》最終回 »

最近の写真