無料ブログはココログ

« 《SP(エスピー)警視庁警備部警護課第4係》★02 | トップページ | 繋がりません »

2007/11/11

《ハタチの恋人》★05

涙の抱擁』(あらすじ)

虫垂炎の手術を終えた圭祐(明石家さんま)は小百合(森下愛子)に付き添われ、夫婦の幸せをかみしめる。そのころ、圭祐が救急車で運ばれたことを知ったユリ(長澤まさみ)は、慌てて病院に駆けつける。小百合と入れ違いに病室に入ってきたユリを見て圭祐は心臓が止まりそうに。一方、毎日見舞いに行くユリを心配する由紀夫(塚本高史)は風太(市村正親)に相談するが、風太からとんでもないことを吹き込まれる。翌日、由紀夫はユリが見舞いに来ている圭祐の病室に入ろうとしてスーツ姿の男性に止められる。その男性は圭祐が東京の会議の席でいつも隣になる本社の社員で、ユリを圭祐の恋人だと誤解していた。由紀夫は彼に圭祐のことを尋ねる。

        ***********
緊急入院した圭祐。小百合に甲斐甲斐しく世話をされて、かなり幸せになってっていた。そこへ急を聞いて病院に駆けつけたユリだったが、受付に森山リュウの名前がなくて、井上圭祐となっていた。ユリは恐る恐る捜しに行くと病室から出てきた小百合とぶつかった。

やっぱり、圭祐はいた。ユリの大事な”森山リュウ@圭祐”だった。
お見舞いを持っていったり、かなり尽くされて、圭祐は夢心地だった。
どうなんでしょうね。小百合に尽くされて、幸せモードにいるのに、彼女がいるのは事実を話していないのだから、かなりずるいと思います。これは、淡い思い出で終わらせるのでしょうか?純な気持ちを踏みにじっていると思うのです。

ユリを好きな由紀夫は、スイートを訪ねて、風太に聞いたり、病院まで行って圭祐を覗きに行きかなり気にしていた。親でも恋人でもないのに就職のことだけだと言っているのに、何で毎日お見舞いに行くのだと、痛い所を付かれた。由紀夫は切ないくらい、ユリを好きなんですよね。

最終試験の当日。自分らしく、面接を終えて、充実感一杯で、圭祐に報告に行ったら、一足違いで退院していた。圭祐は後ろ髪惹かれるおもいで家族と共に帰阪した。

入社試験。電話連絡があったが、今回は見送らせてくださいと丁重に断られた。森山先生のお口添えがあったとはっきり言われた。風太がこっそり頼んだが、念力は効かなかった。残念。

大阪から、圭祐がユリにメールを出した。一緒に食事をと誘われ、その席で圭祐は就職どうだった?と聞いた。ダメと言われて、残念だったなぁと、言い今日はぱぁ~ッとやろうと慰めのつもりで行ったが、ユリには、成功者のたわ言に聞こえた。私にとっては、大事なことだった。もう放って置いてくださいと、激しく抗議して席を立った。

風太に連えお取ると、ユリの不合格を知っていた。ちょっと裏からな、何でそんなことするのか、彼女はハタチやぞ、純粋で繊細やねん。ちょっとのことで傷つくねんぞ。言われて電話を切られた。風太は、圭ちゃんがのほうが繊細なハタチの青年みたいになってしまった。

目黒川を通って昔を思い出していた圭祐。桜ではなく落ち葉だった。向かい側の橋の上にユリが泣きながら立っていた。それを見て、圭祐は近づいた。

「先生。ごめんなさい。あんなこと言って。ごめんなさい。先生は何も悪くないのに、あたし、。。」と泣きながらつっと圭祐のところに寄った。
圭祐は泣く肩を貸して
「一人でな、頑張ろうとせんええのや。泣きたい時はな、泣いてエエ。素直に泣いたらエエのや、まだハタチやぞ。まだまだこれからや。君の人生はな。」と言って抱きしめた。

片や、「スワンの馬鹿!」では、3万円を工面できないでデートもままならない男たちがいるかとおもえば、毎週上京して豪華な食事している人もどうかと思いますね。他人に成りすまして、卑怯ですよ。さんまさんだからいいわけないです

*******
04 ★03 ★02 ★01

« 《SP(エスピー)警視庁警備部警護課第4係》★02 | トップページ | 繋がりません »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

mariさん、こんにちは。

いけないいけないと思ってても…
男ってズルイですね~(^▽^;)
そう言えば、どうやってお小遣いから捻出してるのかしら?
小百合がダメ女房ならまだしも。
大阪ー東京間の往復もかかりますしね。
小百合も頑張って東京まで来てるのに。
圭祐…いや世の男性は女房にはお金使えないんですかね(^_^;)

ユリが娘だったら。。。腰抜かすかな(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/17047602

この記事へのトラックバック一覧です: 《ハタチの恋人》★05:

» ハタチの恋人 第5話 涙の抱擁 [レベル999のマニアな講義]
内容急性虫垂炎で病院に運ばれた圭祐。ユリはその事を聞き、病院へ見舞いへ。妻・小百合もいる病院での再会。気が気でない状態の圭祐だったが、運は圭祐に味方する。そのころ、ユリのことを心配な由紀夫は、風ちゃんにユリと圭祐のことを相談。一方、圭祐もユリとのことを...... [続きを読む]

» ハタチの恋人 第5話 「涙の抱擁」 [テレビお気楽日記]
病院にお見舞いに来たユリ(長沢まさみ)は森山リュウがペンネームで本名が井上圭祐(明石家さんま)だと勘違いするのでした。もうバレちゃえばいいのに、面倒くさい。 [続きを読む]

» ハタチの恋人 第5回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『涙の抱擁』 [続きを読む]

» ALWAS続・三丁目の夕日&ハタチの恋人&黒の契約者 [別館ヒガシ日記]
ハタチの恋人は長澤が病室に来てペンネーム勘違いし事なき得たが 内容に段々と興味が薄くなって来たが初回から見てて最後まで見るし 黒の契約者は拉致された博士はゲート消失で契約者は消滅と発言し ノーベンバーは契約者の消失したいと願ってる上司を道連れに死亡し アンバー... [続きを読む]

» 『ハタチの恋人』 第5回「涙の抱擁」メモ [つれづれなる・・・日記?]
前回は始まったら、気がついたら終わってた・・・(爆) 今週はがんばって?起きてリアルタイムで見ました。(笑) [続きを読む]

» 『ハタチの恋人』 第5話 [美容師は見た…]
風ちゃんは自らの手で執筆してましたね。五十肩がまだ痛むのに…必死(笑)あのベストも可愛いくて似合ってます。”風太”の名札つきで♪「森山リュウって。。。ペンネームだったんですね」とユリ。まぁそこは全く心配してませんでしたけど。そんなことだろうと(^▽^;)人間信じ込ん... [続きを読む]

« 《SP(エスピー)警視庁警備部警護課第4係》★02 | トップページ | 繋がりません »

最近の写真