無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/30

《歌姫》#08

接吻』(あらすじ)

美和子(小池栄子)は太郎(長瀬智也)に彼の本名や自分の夫であったことを伝える。動揺している鈴(相武紗季)や勝男(高田純次)、浜子(風吹ジュン)らを前に山之内(古谷一行)は、美和子と太郎は2人とも父親が政治家であり、幼くして婚約する仲だったなどと話す。信じたくない鈴は証拠を得ようと美和子にしつこく質問するが、昔の写真を見せられるなど、話を聞けば聞くほど美和子の夫と太郎が同一人物という気にさせられてしまう。一方、太郎は美和子と話をして、本当に美和子の夫は自分なのか戸惑いを感じていた。
     **********
美和子の出現は、皆を混乱に陥れた。太郎自信には全く覚えが無いことで、違う人格を言われている戸惑いを感じていた

鈴は、美和子に太郎の過去を確かめに行った。ギターと、歌が巧くて、聞けば聞くほど落ち込む鈴。

続きを読む "《歌姫》#08" »

2007/11/29

《医龍2》KARTE★08

絶対許せない麻酔医』(あらすじ)

明真大付属病院から北洋病院に、13歳の冠動脈瘤(りゅう)患者が手術のために移ってきた。患者は4歳の時にぜんそくの重積発作で麻酔医のミスから低酸素脳症に陥り、半身麻痺(まひ)になったという。患者の父親は医療訴訟を専門に扱う弁護士。朝田(坂口憲二)と藤吉(佐々木蔵之介)が、患者の父親から事情を詳しく聞こうとした時、小高(大塚寧々)が通り掛かった。すると父親の表情が凍り付き、小高を手術に入れるならほかの病院で手術をすると朝田に言い放つ。実は、小高が患者の母親だった。
     ************

伊集院は、外山加入で、1人チームから離れ、凹んでいた。木原と話していても上の空だった。野村に慰められても、浮かない顔だった。

男が車から降り、朝田と藤吉に会った。息子の川崎病再発による巨大冠動脈瘤のオペ適用について、事前に打診に来た。

廊下で小高とすれ違ったことから判明した、小高の黒い闇。
この夫は、息子の病気を全部妻だった小高にすり替えていませんか?職場では、母親の顔を捨てなければならにでしょうに!

続きを読む "《医龍2》KARTE★08" »

2007/11/28

《働きマン》★08

どん底・・・失恋ってタイヘンだ!!』(あらすじ)

新二(吉沢悠)と別れた弘子(菅野美穂)は、「失恋の治療薬は、ヤッパリ仕事!」とやたらとハイテンションで仕事をしていたが、なぜか空回り。間違えて、先週の原稿を出したり、企画も精彩に欠けていて全部ボツになってしまったり。そんな弘子を心配した成田(沢村一樹)は、気分転換にもなるからと、『東京景色。冬の樹木』と言う地味な暇ネタをやるよう命じた。
弘子は、成田に言われたとおり、東京郊外の山に着てみたが、冬枯れの景色を見ていて思うのは新二のことばかり「デスクのバカヤロー!」と、ますます切なくなりつつも、木々の写真を撮りながら歩いていると、不法投棄されたゴミを見つける。そこは不法投棄の”穴場スポット”だったのだ。
     **********

しつれん【失恋】
好きな人にフラれること。

Q.あなたは、
  どうやって失恋を乗り越えますか?

続きを読む "《働きマン》★08" »

《有閑倶楽部》★07

極上玉の輿』(あらすじ)

ある王国の王子ガルシア(マイク・ハー)が成田空港に到着したというニュースが流れた。清四郎(横山裕)によれば、王国にクーデターの動きがあり、ほかの国のいいところを取り入れようとする進歩的な国王に軍隊が反発しているという。万が一の場合に備えて日本に留学に来たガルシアは、悠理(美波)の家に滞在することになっていた。やがて魅録(赤西仁)や可憐(鈴木えみ)らは悠理の家でガルシアと対面。可憐はすっかりガルシアに見とれてしまう。
     ************
悠理のパパの同級生だったキール王国の国王の頼みで王子ガルシアを預かることになった。魅録のパパはアリ一匹逃がすものかとうるさいくらい警護し始めた。
留学した学校まで警備が続き、魅録たちも辟易していた。そんな中で、すっかりガルシアに心を奪われた可憐。

自由が無いガルシアに、可憐とのデートをお膳立てする”だち”
「不可能を可能にする有閑倶楽部!」なんちゃって。これが間違いの元だった!

続きを読む "《有閑倶楽部》★07" »

2007/11/27

《スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~》#07

わが子と涙の別れ』(あらすじ)

川瀬(成宮寛貴)から絢菜(芦名星)の父親にまつわる話を聞いてしまった大輔(上川隆也)は気になって仕方がない。そのころ時田(梶原善)は元妻から再婚するので息子に会わないでほしいと言われていた。せいせいすると強がる時田を大輔と加茂(劇団ひとり)は心配する。一方、真澄(田中美佐子)と食事をした志摩子(森口瑤子)は、大輔と大学時代に付き合っていたことを隠しきれなくなり、打ち明けてしまう。そんな中、時田のもとに彼の息子が訪ねてくる。
     **********
スワニーだって!真澄が学生時代の大輔のニックネームを聞いてしまった。
志摩子と真澄がランチをしている時、真澄は、志摩子を見て、あのまま仕事を続けていたら、きっとこんな感じで、凛として毎日を送っていたのだろうなと思っていた。志摩子は、結婚していれば、幸せな家庭生活が送れたのだろうと、思っていた。なぜか大輔の好みの話になり、志摩子は黙っていられなくなった。

続きを読む "《スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~》#07" »

2007/11/26

《ガリレオ》★07

予知る(しる)』(あらすじ)

湯川(福山雅治)と薫(柴咲コウ)は湯川の助手の栗林(渡辺いっけい)から、半年前に起きた事件についての相談を持ち掛けられる。栗林の友人の菅原(塚地武雅)は静子(深田恭子)と結婚してすぐに、飲食店で知り合った冬美(桜井千寿)という女性と浮気をした。ある日、自宅にいた菅原の携帯電話に冬美から連絡が入った。冬美はなぜか向かいのマンションの一室におり、結婚してくれないなら死ぬと菅原に告げ、彼が窓越しに見ている前でロープで首をつった。だが、この事件には不思議な点があった。実は菅原は冬美が自殺する1週間前に、同じ部屋で女性が首をつるのを見たというのだ。栗林は菅原が冬美の自殺を予知していたと主張する。

     **********
ニセガリレオを気取った栗林が、友人の菅原から、持ちかけられた。自分が予知夢をのナゾを解いてやるといきごんでいたが、すごすごと引っ込んだ。湯川は、菅原と会った。予知夢を見たのは、とそもそもから聞いた。
先生は女性に振られて、男同士で鮭を飲むことなんてないでしょう。と、小太りで、いまだかつて女性にモテたことがない菅原が何かの間違いかと思うほど、峰村に紹介された静子と、結婚した。

続きを読む "《ガリレオ》★07" »

2007/11/25

《ハタチの恋人》★07

もしかして娘?」(あらすじ)

圭祐(明石家さんま)が作家の森山でなかったことが、ついにユリ(長澤まさみ)に知られてしまう。圭祐はすべてを白状し謝罪するが、ユリの怒りは収まらない。大阪に帰った圭祐は次の週末まで待てず、有給休暇を取り小百合(森下愛子)には出張だとうそをついて東京に行く。ユリの通う学校へ向かった圭祐は由紀夫(塚本高史)から、ユリが学校にもアルバイト先にも姿を見せないと聞かされる。圭祐はせめて由紀夫には本当のことを知っておいてほしいと、ユリが初恋の人にそっくりだったこと、森山こと風太(市村正親)の書いた「恋桜」の主人公は自分のことだと伝える。由紀夫はあきれ気味に圭祐のことをユリに話す。すると由紀夫の予想に反しユリの表情が真剣になる。一方、思い詰める圭祐が心配になった風太はユリをホテルのラウンジへ呼び出す。
      **********
圭祐が、森山リュウではないことがユリにわかった。
自己嫌悪に陥った圭祐。結局生まれて初めての有給をとって、東京へ出てきた。

続きを読む "《ハタチの恋人》★07" »

《歌姫》#07

生まれ変わって出会えた夫婦の奇跡』(あらすじ)

鈴(相武紗季)は美和子(小池栄子)と太郎(長瀬智也)の関係が気掛かりで仕方がない。このままどこかへ行ってしまいそうな太郎に鈴の不安は募る。事情を知った勝男(高田純次)や浜子(風吹ジュン)は、それぞれ複雑な思いで過ごしていた。一方、鯖子(斉藤由貴)は美和子と太郎が以前夫婦だったと言い触らす。本当のことを知った方がいいという鯖子には、過去に切ない思い出があった。そんな中、東京へ帰っていた美和子が、再び鯖子の旅館へと戻ってくる。
      **********
出会ったときから感じていた不安が、増してさらに、落ち着かなくなってしまった鈴。
神社でお参りをしている所に、クロワッサンが現れた。山之内組が解散し、親分からは、美和子に何かあったら知らせるようにと言われて、土佐清水に来ているクロワッサンは、意気揚々。

続きを読む "《歌姫》#07" »

《SP(エスピー)警視庁警備部警護課第4係》★04

元総理を救出せよ』(あらすじ)

外部から遮断された病院の1Fで沼田(パク・ソヒ)を確保し、テロリストへの反撃を開始した井上薫(岡田准一)は、ナース長の富永(深浦加奈子)と共に、物理療法室に拘束されていた笹本絵里(真木よう子)を救い出す。すぐ外部に助けを求めようという富永に、井上は、手術中の加藤元首相(露木茂)と軟禁されている患者たちの安全を優先するためには、笹本と2人だけでテロリストたちを殺さずに確保すると宣言する。しかも残りの相手は5人、全員軍人か元軍人だというのだ。同じ頃、テロリストリーダーの金田(北村有起哉)は5Fのナースステーションを拠点に、加藤元首相の秘書に株売買による身代金の指示を出していた。病院周辺ではSAT隊が四方から狙撃体勢を整え、強行突入の準備を始める。
 井上は現場に到着した尾形総一郎(堤真一)に電話をし、病院内の現況とSAT隊突入を待ってもらうように伝え、笹本とともにテロリストが制圧している2Fへと向かう。しばらく後、突然前線基地の動きが慌しくなる。尾形は西島理事官(飯田基祐)に動きを止めるように連絡するが、テロに強硬論者である麻田総理(山本圭)が指揮をとるようになったため口を出せないとの回答。今にもSAT隊が突入しようかという一方、病院内ではテロリストたちが身代金3億円を手に入れ、笹本は5Fへとしのびよっていた。そして、井上は1Fの物理療法室にリーダーである金田をおびき寄せ…。

     **********
打ち合わせ通り、婦長と共にトイレに行った。廊下で、かなり派手にテロリストとやり合って、絵里の居る物理療法の部屋に入り込んだ。

続きを読む "《SP(エスピー)警視庁警備部警護課第4係》★04" »

2007/11/24

土曜プレミアム 《しゃばけ》シリーズ第1弾

『しゃばけ』は、畠中恵が書いた第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作品。体の弱い若だんなと、あやかしたちが協力して事件を解決する、ミステリーの要素が入った時代物ファンタジーである。シリーズ化されており、『しゃばけ』に続いて、『ぬしさまへ』『ねこのばば』『おまけのこ』『うそうそ』『みぃつけた』『ちんぷんかん』。2007年8月現在シリーズ第6弾まで発売中。(『みぃつけた』は絵本の部類に入る。)若い女性を中心に人気があり、シリーズ160万部を突破した。
病弱な心優しい若旦那の命を守る為に祖母が集めた可愛い妖たちと笑えて泣ける愛あふれるVFX推理時代劇・・・だそうです。

(今夜のあらすじ)
妖怪と話ができる大店(おおだな)の若だんなが活躍する同名小説のドラマ化。彼が、摩訶(まか)不思議な妖怪たちと奇怪な事件の謎を解いていく。畠中恵原作、永田優子脚本、宮本理江子演出。文政のころの江戸・日本橋。回船・薬種問屋を営む長崎屋の跡取り息子の一太郎(手越祐也)は、さまざまな妖怪が見えて会話ができる。一太郎の守り役の仁吉(谷原章介)と佐助(高杉亘)も実は力の強い妖怪。妖怪たちも一太郎が好きで、遊んでもらうためにいつも周囲をうろついている。そんな一太郎は、自身が病弱であることから大店の跡継ぎにはふさわしくないという悩みを抱えていた。ある日、殺人現場を偶然目撃した一太郎は、奇妙な連続殺人に巻き込まれていくうちに、祖母のおぎん(十朱幸代)から出生の秘密を聞かされる。

続きを読む "土曜プレミアム 《しゃばけ》シリーズ第1弾" »

《モップガール》EP★07

学校見学?』(あらすじ)
桃子(北川景子)はある日、名門・有望台高校のイケメン3人組"トリプルスター"に遭遇。彼らの登場に色めき立つ女子高生たちの勢いに桃子が圧倒されていると、女子高生・佐伯亜衣(尾高杏奈)が取り巻きを従えて現れた。桃子と一緒にいた環(渡辺夏菜)の話によると、亜衣は"トリプルスター"のひとりで一番人気の尾関ヒカル(山口翔悟)の彼女だという。ヒカルと一緒に撮ったプリクラを自慢するなど、これ見よがしにラブラブぶりを見せ付ける亜衣の態度に、女子高生たちは悲鳴を上げて大騒ぎ。が、その騒ぎも、有望台高校の保健教師・沖須美子(猫背椿)の登場で収束する。その夜、亜衣が金属バットで殴り殺された!遺体を下げに行った桃子は、事件の第一容疑者が有望台高校の化学教師・小泉乙彦(村杉蝉之介)だと知る。なんでも、生徒を盗撮するために隠しカメラを仕掛けていた小泉を、亜衣が糾弾しようとしていた、との証言があるらしい。そのため、追い詰められて逆上した小泉が犯行に及んだのだろう、というのが警察の見解だった。やがて、亜衣とヒカルのプリクラに触れた桃子は、激しい耳鳴りとともに、その日の朝へ逆行。桃子は将太郎(谷原章介)を丸め込み、事件を阻止するため有望台高校へ。いろいろと嗅ぎ回るうちに意外な事実が発覚する!!
     **********
誰だって人から愛されたい、人を愛したいと思っている。桃子は、叫んだ。
最近の高校生は、酷いから始まった今回の事件。

続きを読む "《モップガール》EP★07" »

2007/11/22

《医龍2》KARTE★07

復活!!スーパードクター』(あらすじ)

朝田(坂口憲二)のいる北洋病院に、松平(佐藤二朗)を"スーパードクター"と呼ぶ香奈(川島海荷)という少女が現れた。かつて、肝臓の重い病で苦しんでいた彼女を松平が救ったという。伊集院(小池徹平)は、酒におぼれて全くやる気のない今の松平からは想像ができないと驚く。香奈は、食道がんが進行している母親を松平に手術で救ってほしいと頼む。しかし、ある事件以来、3年以上メスを握っていない松平は手術をする自信がなく、苦悩する。そんな中、香奈の母親が大量の吐血をしてしまう 。
     **********

飲んだくれのアル中先生松平。医療ミスをしたと聞かされていたが、実はと、院長が話してくれたのは、全く違うことだった。
西南大学の消化器科のエースだった松平。してしまったのは、教授のポストに向けての猛ダッシュで、論文の改ざんだった。学会に提出する論文を改ざんしたのが教授に知れて、逆鱗に触れた。若くしてスポットライトを浴びた松平が、出世競争に負けまいと改ざんを重ねてしまった。医局では公に出来ず、”飼い殺し”にされた挙句、最後は”医療ミス”と言うことで北洋に捨てられた。

続きを読む "《医龍2》KARTE★07" »

《働きマン》★07

別れ…それでも仕事はある』(あらすじ)

新企画の取材を進める中、弘子(菅野美穂)はしばらく話をしていない新二(吉沢悠)のことが気になる。一方、新二は新しい部署の仕事で多忙を極めていた。ある夜、接待がキャンセルになり、新二の歓迎会が行われる。繁華街にいた新二と偶然会った弘子は、歓迎会に出る余裕があるなら電話の一本もかけてほしいと怒りを募らせる。そんな折、弘子はマンションの部屋を泥棒に荒らされ、恐怖心から新二に助けを求める。新二は大切な接待の真っ最中だったが、弘子の部屋に駆けつける。しかし弘子は仕事の都合で翌朝、新二が寝ている間に出社してしまう。
     **********
今夜は、夜のミーティングがあり、帰宅が、11時でした。さ、急いでアップします。
わかれ【別れ】
大切な人と、離れ離れになること。
Q.あなたは、ずっとそばにいたいと想う人がいますか?

続きを読む "《働きマン》★07" »

2007/11/21

《有閑倶楽部》★06

男嫌いの恋』(あらすじ)

野梨子(香椎由宇)が素行の悪い男性たちに取り囲まれ、通り掛かった男性に助けられた。野梨子は助けてくれた男性のことを、つい考えてしまうようになる。そんな中、野梨子は魅録(赤西仁)に誘われて行った店でその男性と再会。彼は魅録の知り合いだったが、親しくならない方がいいと清四郎(横山裕)から言われる。やがて野梨子は男性が暴力ざたを起こして勤務先から解雇されたと知り、彼をしかる。そんな折、男性を含むグループが、野梨子の父である日本画の大家の作品を盗む。

         **********
学校からの帰り道、道端に止めたバンの周りに居たグループが、野梨子に付き合うようにちょっかいをだし、付きまとった。そこへ現れた茶髪の男性が彼らと殴り合いをし、野梨子を助けた。噴水の横で、気をつけろよと言って消えた男に、野梨子は、興味を覚えた。

続きを読む "《有閑倶楽部》★06" »

2007/11/20

《スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~》#06

今夜遂に涙の別れ衝撃プロポーズ作戦』(あらすじ)

絢菜(芦名星)に胸で泣かれた大輔(上川隆也)は何があったのか尋ねるが、絢菜は何も言わずに去ってしまう。そんな中、加茂(劇団ひとり)が妻の彩子(小野香織)とけんかをして落ち込んでいた。携帯電話の中にあった絢菜の大量の写真を彩子に見られたという。何とか彩子の誤解を解きたい加茂は、絢菜から彩子に話をしてもらうしか方法はないと思案。大輔から絢菜にそれを頼んでもらうため、大輔と絢菜が抱き合っている写真を妻の真澄(田中美佐子)に送るという脅迫めいたことを言って協力を求める。

        ***********
加茂が、絢菜とのことを誤解した奥さんから、追い出しを食って大輔の家に押しかけた。結局一泊して帰ったが、言い訳をするために頼んだ絢菜の話を聞いて、それでも分かれましょうと切って捨てられた。

続きを読む "《スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~》#06" »

《ガリレオ》★06

夢想る(ゆめみる)』(あらすじ)

湯川(福山雅治)は薫(柴咲コウ)から、彼女の幼なじみの坂木(新井浩文)が起こした事件についての捜査協力を依頼される。事件は、自宅で寝ていた17歳の礼美(堀北真希)のもとに坂木が現れ、暴行しようとしたというもの。物音に気付いた礼美の母、由美子(手塚理美)が駆け付け、坂木に向かって猟銃を発砲。幸い礼美は無事だったが、坂木は傷を負ったまま逃亡しているという。薫は、占い師をしている坂木と偶然再会したばかりだった。そして捜査に当たった弓削(品川祐)から、坂木が礼美にストーキングしていた事実を告げられる。そんな折、薫の携帯電話に逃亡中の坂木から連絡が入り、坂木は礼美が自分を部屋に呼んだと薫に訴える。坂木が占いに使っている水瓶に礼美からのメッセージが浮かんだという。
        **********

「お前、一昨日どこ行った?」と先輩弓削刑事から」電話を貰った薫。
モリサキレミという占い師に見てもらったら、それが幼馴染の坂木だった。彼が、森崎家に入り込み、礼美のベッドのそばにいたため、母親が猟銃で撃ったという通報があった。

坂木は、傷を負ったまま逃亡中。弓削は関係者と知り合いの薫に捜査から抜けろと冷たく言い放った。

続きを読む "《ガリレオ》★06" »

2007/11/18

《ハタチの恋人》★06

嵐を呼ぶ男』(あらすじ)

就職活動に失敗して悲しむユリ(長澤まさみ)を思わず抱き締めた圭祐(明石家さんま)。その時、突然降りだした雨を避けるためユリは自分のアパートへ圭祐を誘う。戸惑う圭祐は結局、風太(市村正親)のいるホテルに帰ってしまう。圭祐から話を聞いた風太は大笑い。翌日、圭祐はホテルの従業員の中島(キムラ緑子)や風太の担当編集者の美樹(蒲生麻由)に前日の話をするが、やはりばかにされてしまう。数日後、圭祐は前回ユリに渡せなかったプレゼントを持って大阪からやって来る。嵐など、都合のいいことが2度も起こるわけがないと思いながらユリとの待ち合わせ場所に向かう圭祐。そこへ突然、雷が鳴り、ユリが待ち合わせ場所にびしょぬれで走ってくる。暴風雨に見舞われた2人は、再びユリの部屋へ行くことになる。

     **********
圭祐が動くと嵐を呼んだ(まさか!)初めの嵐では、ユリの部屋へ行く前に、タクシーでさらに水を浴びせられて、ふと我に帰り、そのままユリを送って、帰ってきてしまった。それが、周りの風太を初めとするオトナたちの論議を呼んだ。圭祐の行為は、考えられないと言うのが大方の意見だった。

続きを読む "《ハタチの恋人》★06" »

《SP(エスピー)警視庁警備部警護課第4係》★03

テロリストを排除せよ』(あらすじ)

手術中の元総理大臣の加藤(露木茂)を盾に、金田(北村有起哉)ら6人のテロリストが病院を占拠。金田らは絵里(真木よう子)を拘束し、医師や患者たちを武器で脅して1階ロビーに集めていた。食事に出たものの胸騒ぎを感じて病院に戻った井上(岡田准一)は瞬時に状況を把握。医師に変装し、ロビーへと移動する。一方、仲間から制圧完了の連絡を受けた金田は加藤宅に電話を入れ、妻の君枝(島かおり)に秘書を家に呼ぶよう要求する。やがて病院の占拠は警視庁にも伝わり、尾形(堤真一)は現場へ向かう。
     ************

先週、プッツンと切れていた所は、今日の初めでつながりました(ホ!)。
病院は訓練されたテロリスト集団の手によって、かなり整然と、占拠されました。1階ロビーに集められた患者や、スタッフたち。携帯電話の回収も速やか、すごい集団ですね。

日本の行く末を憂えているテロリスト集団だと名乗って、加藤元総理の妻に電話した。30分以内に秘書を呼べと言われた。
手術が終わるまでに要求が呑まれなければ、加藤元総理の腹部の穴は閉じられないままになると脅迫した。

続きを読む "《SP(エスピー)警視庁警備部警護課第4係》★03" »

2007/11/17

《モップガール》EP★06

ザ・鎌男』(あらすじ)

桃子(北川景子)は、未樹(池津祥子)の強引な誘いで、ドラマのオーディションを受けることに。会場にやって来た桃子は、女優志望の元グラビアアイドル・安住明日香(佐藤仁美)が落とした鈴を拾ってあげたにもかかわらず、明日香から「やる気がないならオーディションに来ないでくれる?」と因縁をつけられ圧倒されてしまう。その夜、都市伝説として話題になっていた、鎌を凶器に人を襲う"鎌男"が明日香を殺害した!翌日、桃子は将太郎(谷原章介)とともに清掃作業のため現場へ。明日香の殺害時に現場にいたカメラマン・島岡(山本剛史)が参考人として連行されるのを目撃する。島岡は過去2回も鎌男の出没現場に居合わせてスクープ写真を撮っているが、今回はどうやら動揺のあまり写真を押さえていないらしい…。やがて桃子は現場で、以前拾った明日香の鈴を発見。彼女の無念を思いながら鈴を手にした瞬間、いつものように耳鳴りに襲われ、オーディション会場にいた時間に逆戻りする。そこで、明日香のマネージャー・結城(松澤一之)と接触した桃子は、明日香の女優業に対する熱意、そんな明日香を陰で支える結城の思いを知ることに。桃子は結・u桴驍ノ「今夜は明日香さんが外出しないように気を付けてあげて」とだけ忠告し、今度は島岡の居場所を突き止めようとするが…。
     ***********
今回は、主役が、かなり強気で、自分勝手で、それでも、助けてしまう桃子。
どうなんでしょうね。役者魂みたいな明日香が、自分を注目させるために演じた被害者役。

続きを読む "《モップガール》EP★06" »

《歌姫》#06

失くした記憶の中で愛した女?』(あらすじ)

中村の町の喫茶店で、太郎(長瀬智也)は山之内(古谷一行)とクロワッサンの松(佐藤隆太)に偶然出くわす。太郎は映画館だけは山之内一家の好きにはさせないと宣言する。太郎とは初対面の山之内は、何を思ったのかそんな太郎を連れて帰る。一方、美和子(小池栄子)と知り合った鈴(相武紗季)は、美和子に鯖子(斉藤由貴)の旅館を紹介する。土佐清水の町に滞在することになった美和子は、やがて鈴と仲良くなり、映画館へも顔を出すようになる。太郎と美和子の再会の時が近づいていた。
     **********
鈴とジャズ喫茶「歌姫」で待ち合わせしたが、美和子に強引に手を引かれて土佐清水に帰ってきてしまった。どう言ったらいいのだろうと悩みながら。

太郎は、約束どおり「歌姫」に行くと、鈴は居なかった。山之内の親分が怪訝な顔をしながらも顔を貸せと太郎を屋敷に連れ帰った酒をご馳走になった。山之内の親分は、ヤクザ渡世の足を洗って、政界に打って出ると太郎に話した。政治の世界もヤクザの世界もソウ変わりがないかと、うそぶく太郎。

続きを読む "《歌姫》#06" »

2007/11/15

《医龍2》KARTE★06

もう1人の天才外科医・・・』(あらすじ)

外山(高橋一生)は、朝田(坂口憲二)が執刀する次の手術のメンバーに自分が入っていないことを知り激怒する。その理由が分からない外山は、朝田への対抗心を強くするばかりだった。そんな中、朝田が手術に入るのと同じころ、北洋病院に緊急の患者の受け入れ要請が来た。患者の夫は朝田に診察してもらうことを熱望しているという。朝田が診ると勝手に約束して受け入れを許可した外山は患者の緊急手術を行うことに。折しもそれは朝田と同じ手術内容とあって、外山は朝田よりも早く終わらせようと躍起になる。
     **********
急いてはことを仕損じる。ですよ、外山先生。

一家で医者家族の末っ子。性格は極悪。チームに入れない朝田に、食ってかかったが、自分で医者として何が不足か判ろうとしないので、しょうがないです。

続きを読む "《医龍2》KARTE★06" »

《働きマン》★06

遂に・・恋と仕事の危機!!』(あらすじ)

弘子(菅野美穂)とマユ(平山あや)は予約半年待ちのカリスマ占い師のブルボンヌ緋魅子(假屋崎省吾)の元に取材に行った。弘子は「仕事仕事って、プライベートまで犠牲にしすぎね」「近いうちに人生の転機をむかえるわ」と予言された。
まもなく、弘子の『都心のマンション事情』と言う企画が通った。しかし、弘子はこの他に5本の担当企画を抱えていたため、上観や(伊武雅刀)はオーバーワークだからと、この企画を田中(速水もこみち)に任せるように指示した。作る側の取材もし他方がいいんじゃないかと言う田中の提案で、恋人・新二(吉沢悠)が働く、マンション建設現場を取材することになり、心配になった弘子は一緒に現場へ行くが、新二と会うのも久しぶりの、「仕事絡みって・・・」と一瞬、気まずい雰囲気になる。

     *********
こうかい【後悔】

あとになって悔やむこと

Q.あなたは、
  後悔のない日々を過ごしていますか?

続きを読む "《働きマン》★06" »

2007/11/14

《有閑倶楽部》★05

悠理(美波)は、孫の顔が見たくなった百合子(かとうかず子)から、結婚して子供を生むよう命じられる。悠理は拒否するが花婿候補が集められ、清四郎(横山裕)に白羽の矢が立つ。清四郎は最初は乗り気ではなかったが魅録(赤西仁)らの発言で、結婚すれば世界に広がる財閥を動かせると気付いて了承。結婚したくない悠理は抵抗するが、婚約させられてしまう。清四郎は万作(片岡鶴太郎)が不在の間、財閥の後継者として仕事に没頭。その一方で悠理には語学やマナーを勉強させる。

        **********
剣菱家の悠理の母百合子の号令で集められた花婿候補。財閥なのに、赤点は取るは、がさつだし、母としてはもっと従順な子供が欲しいと思い描いたとたん、悠理を結婚させて、孫を作ればよいと、思い当たった。
百合子の意見は、剣菱家では絶対で、悠理も自分より力が強い者ならと、条件を出した。全国からの候補が消える中、清四郎に悠理の父から打診があった。

続きを読む "《有閑倶楽部》★05" »

《スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~》#05

パパ騒動』(あらすじ)

大輔(上川隆也)のことを突然"パパ"と呼んだ高校生は、志摩子(森口瑤子)の娘、比奈子(前田敦子)だった。自分の父親は大輔だと断言する比奈子。志摩子と付き合っていた時期と比奈子の年齢も一致し、大輔は大きなショックを受ける。事の重大さを痛感した大輔は真澄(田中美佐子)に比奈子のことを打ち明けようとするが、なかなか言いだせない。そんな折、志摩子と真澄が偶然知り合ってしまう。その上、比奈子と理英(美山加恋)も連れて一緒に食事をすると聞いた大輔は、大慌てで中止にしてほしいと志摩子に電話で頼むが拒否される。翌日、大輔は絢菜(芦名星)にせがまれて行きつけの店に連れて行く。
          **********
大輔を突然”パパ”と呼んだ志摩子の娘。3万円クラブ(?)の連中は、すっかりその気になって大輔を攻めた。
円形脱毛症がまた大きくなった。
大汗をかくほど気の小さな大輔に、絢菜が行きつけの店に連れて行ってくれとせがんだ。笑顔で話すのを見て川瀬は、複雑だった。製品の見積もりをも行ってきた大輔に、世話できない捨て犬に餌をやるなと捨て台詞を吐いた。

続きを読む "《スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~》#05" »

2007/11/13

《ガリレオ》★05

絞殺る(しめる)』(あらすじ)

湯川(福山雅治)は薫(柴咲コウ)から管内のホテルで起きた殺人事件の相談を受ける。被害者は矢島(岡本光太郎)という男性で、死亡推定時刻は彼がホテルにチェックインしてから1時間後。矢島がチェックインする少し前から廊下で電気配線のチェックが行われていたが、作業員が彼以外の人物を目撃していないため、密室殺人と推測された。さらに、ホテルの対面のビルで働く会社員が矢島の部屋で火の玉が飛んだのを見たと証言する。警察は矢島が最近、複数の生命保険に加入していることから、妻の貴子(水野美紀)に疑いの目を向ける。事件に興味を抱いた湯川は、薫とともに貴子に会いに行く。
         
     **********
薫が捜査協力をしてもらいに湯川の教室へ行くと、女子学生が「すきなんです!」と叫んでいた。早とちりから、湯川を「卑怯だ!」と言ってしまった薫は、また湯川の口撃にあってしまった。密室殺人と火の玉と聞いて、被害者の奥さんに会って見たいと言い出した湯川は、長野まで往復6時間を車中で過ごす羽目に陥った。

続きを読む "《ガリレオ》★05" »

繋がりません

繋がりません
CATVが不調で、繋がりません。『ガリレオ』の感想は、後日になります。(携帯から)

2007/11/11

《ハタチの恋人》★05

涙の抱擁』(あらすじ)

虫垂炎の手術を終えた圭祐(明石家さんま)は小百合(森下愛子)に付き添われ、夫婦の幸せをかみしめる。そのころ、圭祐が救急車で運ばれたことを知ったユリ(長澤まさみ)は、慌てて病院に駆けつける。小百合と入れ違いに病室に入ってきたユリを見て圭祐は心臓が止まりそうに。一方、毎日見舞いに行くユリを心配する由紀夫(塚本高史)は風太(市村正親)に相談するが、風太からとんでもないことを吹き込まれる。翌日、由紀夫はユリが見舞いに来ている圭祐の病室に入ろうとしてスーツ姿の男性に止められる。その男性は圭祐が東京の会議の席でいつも隣になる本社の社員で、ユリを圭祐の恋人だと誤解していた。由紀夫は彼に圭祐のことを尋ねる。

        ***********
緊急入院した圭祐。小百合に甲斐甲斐しく世話をされて、かなり幸せになってっていた。そこへ急を聞いて病院に駆けつけたユリだったが、受付に森山リュウの名前がなくて、井上圭祐となっていた。ユリは恐る恐る捜しに行くと病室から出てきた小百合とぶつかった。

続きを読む "《ハタチの恋人》★05" »

《SP(エスピー)警視庁警備部警護課第4係》★02

元内閣総理大臣を警護せよ』(あらすじ)

訓練中に目まいに襲われた井上(岡田准一)は病院で検査を受け、緊張状態が続くと症状が進んでしまうと注意を受ける。翌日、井上と絵里(真木よう子)は尾形(堤真一)から元総理大臣の加藤(露木茂)の身辺警護を任される。加藤は極秘で検査入院するため、2人態勢での護衛だ。しかし、極秘のはずの情報は金田(北村有起哉)率いる6人のテロリストに漏れており、彼らは病院襲撃の綿密な計画を立てていた。何も知らない2人は加藤を手術室に送り込むと、昼食を取るため交代で警護に当たる。先に昼食を取ることになった井上は、妙な胸騒ぎを感じるものの外出。井上と入れ替わるようにテロリストが病院へ侵入する。

     ************
病院で襲われた例はないからと、課長に言われたが、不気味なテロ集団は、極秘のはずの元総理が検査入院の情報を手に入れていた。

当日、辞令が降りて、待機中の絵里と2人で極秘警護についた井上。車中は加藤元総理に井上はSpにしておくには惜しい、良い目をしていると政治家への転身を勧められた。

続きを読む "《SP(エスピー)警視庁警備部警護課第4係》★02" »

2007/11/10

《ジャッジ~島の裁判官奮闘記》☆05

島人(シマッチュ)』(あらすじ)

恭介(西島秀俊)は、自然観察会で知り合った観察員のみづき(遠藤久美子)が起こした訴訟を受け持つ。それは、自然環境を破壊するリゾート建設の差し止め請求だった。一方、夏海(浅野温子)は東京の弁護士事務所から、被告であるリゾート開発を進める会社に力を貸すよう依頼される。リゾートホテル開発を担当する一平(岡田浩暉)は大美島の出身。島の自然をこよなく愛する彼は、開発計画が環境保護に十分配慮したものであることに自信を持っていた。さらに彼は、みづきとも幼なじみだった。恭介は被告側が証拠として提出した書類の中にある地下水への影響に関する記述があいまいなことに注目し、原告・被告双方に地下水への影響の調査を命じる。
      **********

リゾートホテル建設をめぐる、住民の対立が起きた。
島にとってはとても大切な訴訟だからと、恭介は4ヶ月に渡る審理を計画していた。

続きを読む "《ジャッジ~島の裁判官奮闘記》☆05" »

《モップガール》EP★05

容疑者・東社長の謎を追え!!』(あらすじ)

桃子(北川景子)らの会社の社長、東(佐藤二朗)をフリーの葬儀コーディネーター、大津(橋本さとし)が訪ねてきた。格安で葬儀を行い同業者のテリトリーを荒らしている大津は、東らの仕事も横取りしたと告げる。怒った東は、大津を連れて外へ出て行く。しばらくすると東が戻ってきたが、なぜか顔を負傷していた。その夜、東が大津殺害の容疑をかけられた。殺害現場の近くで東の目撃証言があり、現場に落ちていた鉄パイプに東の指紋があったという。桃子らは東の犯行を信じられないが、どうすることもできない。東の無実を信じる桃子は、過去に戻って東への容疑を晴らそうとする。
        ************
リトルエンジェルの社長東が、大津殺害容疑で、逮捕された。

東の意思でなくなった大津の葬儀を執り行うことになった。また遺品整理を言われた桃子は、いつも過去へ戻るとは限らないと、言いながら車から、遺品を出した。

続きを読む "《モップガール》EP★05" »

2007/11/09

《歌姫》#05

妹から好きな女に変わる時』(あらすじ)
太郎(長瀬智也)はある晩、鈴(相武紗季)に会うため映画館に忍び込んだクロワッサンの松(佐藤隆太)を見つける。松のしつこさに、太郎は思わず自分と鈴は恋人同士だと言ってしまう。太郎の言葉を聞いていた鈴はうれしさを隠せない。一方、太郎の本当の気持ちを知りたい泉(大河内奈々子)と勝男(高田純次)、浜子(風吹ジュン)は太郎に真意を尋ねる。そんなある日、太郎と町に出掛けた鈴は喫茶店で、東北なまりの美和子(小池栄子)と運命的な出会いをする。

              ************
姉の泉の連れ合い晋吉が、クロワッサンに、鈴と太郎が恋人同士かと聞かれ、笑いながらそんなことないと答えたから、たまりません。すっかり有頂天になって、初めからまた鈴にアタックする気になってしまった。

鈴が太郎を好きなのは周知の事実だが、太郎は兄のような気持ちでいるとジェームスにも言った。ゲルマンのも話したが、鈴を好きなジェームスは、何か出来ないだろうかとつぶやいていた。

続きを読む "《歌姫》#05" »

2007/11/08

《医龍2》KARTE★05

決行!!運命の無輸血手術』(あらすじ)

明真大付属病院を抜け出した政治家の恩田(竜雷太)の娘、美羽(黒川智花)が、北洋病院の前で倒れ、緊急手術を受けることに。美羽の血液が極めて希少な型であるため、藤吉(佐々木蔵之介)は美羽と同型の血液を必死に探すが、見つからない。伊集院(小池徹平)は知り合いの教授からの紹介で美羽と同型の血液の人物のもとへ急ぐ。一方、朝田(坂口憲二)は外山(高橋一生)を助手に美羽の手術を開始。輸血ができないため、血液の循環を止めての手術だが、停止できるのは40分が限度。朝田は驚きのスピードで手術を進めるが、患部は術前検査よりも拡大していた。
        **********

これより、緊急オペを行う。
目の前の苦しんでいる患者を助けるべく、最大の努力をする朝田。
バーディーバーと言う、稀な血液型の美羽のために循環停止で、臨む事にした。それには40分しか時間がない。周りは、どよめいた。朝田は、40分で終わらせると断言。

うるさい外山は、むちゃくちゃだ!と叫んでいた。この人叫ぶだけで、根性悪そうですね。

続きを読む "《医龍2》KARTE★05" »

2007/11/07

《働きマン》★05

仕事に誇りを持てますか?』(あらすじ)

弘子(菅野美穂)が張り込み班の菅原(津田寛治)と組み、ハリウッドスターの新堂(松田賢二)と歌手の安寿(比嘉バービィ)の不倫スクープを追う。密会現場のマンション近くに止めた車の中で弘子は菅原に、つらい張り込みの仕事を続けている理由などを聞くが、全く答えてくれない。やがて、車内でたまたま1人になった弘子が、別々にマンションに入る新堂と安寿の姿を撮影。編集部はスクープを物にした喜びに沸くが、菅原はそんな写真はスクープではないと言い切る。
     *****::

ほこり【誇り】

自信を持って胸をはれること。

Q.あなたは、
  自分の仕事に誇りをもてますか?

マユが追いかけてきて、他紙に載ったスクープで、話題もちきりだった。うちの張り込み班は、どうしたんだ!と菅原を噂したら、ストーカーと間違えられて通報され、編集長に受けだされた。 

続きを読む "《働きマン》★05" »

《有閑倶楽部》★04

出た!幽霊』(あらすじ)

けちで有名な大金持ちのきぬ(吉行和子)が美童(田口淳之介)に一目ぼれした。結婚寸前に病気で急死した最愛の人と美童がうり二つだという。きぬからデートに誘われた美童は、魅録(赤西仁)らの勧めで渋々了承する。ところが、美童とのデートで幸せいっぱいだったきぬが、突然ベランダから転落死。きぬが全財産を美童に譲るとの遺書を残していたことから、きぬの親類は怒りの表情を見せる。間もなく、美童は次々と死の恐怖を味わうような事件に遭遇。魅録や清四郎(横山裕)ら有閑倶楽部のメンバーは、きぬの遺産が関係しているとみて調査を進める。
     
        **********
可憐のママが20周年記念パーティーを開く殻と呼ばれた有閑倶楽部メンバー。会場で、グランマニエ美童が婦人にぶつかって飲み物を気ものにかけてしまった。ケチで有名な絹が相手だから分が悪い。しかし、散々毒づいてたきぬだったが、美童と目が合った途端に恋に落ちた。年齢制限話?と皆に冷やかされたが、一途なきぬに、だんだん心を開いてきた美童。

続きを読む "《有閑倶楽部》★04" »

2007/11/06

《スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~》#04

「元カノvs未来カノ」(あらすじ)
絢菜(芦名星)との約束をすっぽかしてしまった大輔(上川隆也)は、謝罪も込めて再度絢菜を食事に誘う。ちょうど真澄(田中美佐子)が同窓会に出席する日を選ぶが、真澄が同窓会で元恋人と会うと聞き、胸騒ぎを覚える。そんな中、大輔の元恋人の志摩子(森口瑤子)が経営するインターネットの通信販売会社では、ある洋菓子店の幻のチーズケーキを扱うことになった。しかし、洋菓子店では息子の俊哉(逸見太郎)が作ったチーズケーキを父の半田(竜雷太)が認めず、販売の話が難航していた。そして絢菜との約束の日。デートの時間を前に大輔は志摩子が窮地に陥っていると知る。
       **********

妄想は膨らむが、軍資金が無くて実行に移せない大輔。パパモード以外の時に誘ってくれといわれているのだが、どうしても、時間も金も余裕がない

そんな中、真澄が、クラス会に出席すると言い出し、元カレと会えることを楽しみにしていた。内心穏やかでない大輔。

続きを読む "《スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~》#04" »

《ガリレオ》★04

壊死る(くさる)』(あらすじ)
豪邸のプールで若い女性の水死体が発見された。死因は心臓まひだと思われたが、胸の皮膚の一部だけが壊死(えし)していた。そのことが気になった薫(柴咲コウ)は湯川(福山雅治)のもとを訪ねるが、それは物理学の範囲ではないとあっさり追い返されてしまう。そんな中、ある大学で講演を終えた湯川は院生の田上(香取慎吾)に呼び止められる。田上の論文に興味を持っていたことを思い出した湯川は、彼に名刺を渡して別れた。そこへ薫が現れる。水死体で発見された女性はこの大学の学生だった。大学の掲示板で"皮膚疾患の先端技術"という言葉を見つけた薫がその研究室を訪ねると、白衣姿の田上がいた。
     **********

金持ちの豪邸で、娘が死んだ。プールで、沈んでいた。死因は心臓麻痺だと監察医にも言われたが、薫は、胸についたあざが気になった。所見では、その部分が壊死していた。

物理的には、興味が無かった湯川だったが、その壊死の部分を覗きに来た。真皮層、やけどで1,2度くらいのもので、それがどうすれば外部からの力で心臓麻痺を起こせるか?その力が皮膚を壊死させるの。結果には必ず原因がある。一番簡単に考えれば、感電による心臓麻痺。模試これが殺人であれば、実に興味深い。そのヨコで裂きイカを食べていた城ノ内。存在感がありますね。被害者の死に方に興味があると、いい、症例を集めてくれと言い置いてさっさと帰った。

続きを読む "《ガリレオ》★04" »

2007/11/04

《ハタチの恋人》★04

パパの秘密を知る夜」(あらすじ)

圭祐(明石家さんま)は、自分のことを作家の森山と勘違いしているユリ(長澤まさみ)に、本当のことが言えないまま大阪に帰る。心ときめく圭祐は、もう少しだけ森山のふりをしようと心に決める。そんな圭祐の大阪での生活は心ここにあらず。妻の小百合(森下愛子)は、どこか具合が悪いのかと心配する。そんな中、やって来た東京出張。就職の1次試験に合格したユリは、2次試験の助言が欲しくて圭祐を誘い出す。どうすればいいか分からない圭祐は森山こと風太(市村正親)に相談。風太は圭祐の担当編集者として一緒に会おうと提案する。さらに風太は圭祐とユリを部屋で2人きりにしようとするが、そこへ小百合が現れる。
     **********

シンデレラエクスプレスばりに、切ない思いを抱いて大阪に帰った圭祐。すっかり妄想の世界に生きている感じだった。訝る小百合。娘はウツだ、ソウだと病気にしてしまった。

続きを読む "《ハタチの恋人》★04" »

《SP(エスピー)》警視庁警備部警護課第四係★01

都知事暗殺を阻止せよ』(あらすじ)
国内外のVIPを警護する要人警護官"SP"。特殊な能力を持つSPの男性がテロとの闘いに果敢に挑む。金城一紀原案・脚本、本広克行総監督。機動警護班に勤務するSPの井上(岡田准一)は、幼いころの過酷な体験によって特殊な能力を持っている。尾形(堤真一)は、そんな井上の能力をいち早く認め部下に引き入れていた。ある日、結婚願望が強い井上が見合いに奮闘していると、尾形から仕事の呼び出しを受ける。テロリストに狙われている東京都知事が突然の外出を決めたという。井上のほか、絵里(真木よう子)ら数人が増員で警護することになり、井上は特殊能力を生かした新しい方法で都知事の警護を始める。

          **********
本日行動開始の割には、バレー延長で、30分も遅れました。始めにバイオハザードが写っていてビックリでした。でも、日本が勝った試合だったので、許す!

岡田准一、堤真一ときたら、待ちに待っていました。映画のように撮ってありましたが、題材が暗いです。でも岡田准一ファンとしては、待望のドラマで嬉しかったです。堤さんとの競演は映画の「ダディー、フライダディードントクライ」で、なかなかのファイター役を見せてもらって、楽しかったです。

開始早々の井上の特殊能力が、お見合いの席で炸裂し、挙句に都知事の宣伝用に借り出され、未然に防いだ命がけのテロも、うるさがられて、この職場も大変だなぁと、感想漏らしながら、観ていました。

続きを読む "《SP(エスピー)》警視庁警備部警護課第四係★01" »

2007/11/03

《ジャッジ~島の裁判官奮闘記》☆04

』(あらすじ)
恭介(西島秀俊)は、島で起きた業務上過失致死傷罪を問う交通事故の裁判を受け持った。保育園児を死亡させ、母親に重傷を負わせた被告の瞳(ソニン)は、悪質な事故ではなかったため逮捕当日に釈放され、在宅起訴されていた。瞳にも保育園に通う幼い子供が2人いて、夫とは離婚したために1人で育てていた。恭介は、実刑判決を下した場合、被告人の幼い子供たちの養育に及ぼす影響と、悲しみに暮れ、被告人を憎む遺族の心情を考え、実刑にするか執行猶予付きの刑にするか悩む。そんな中、弁護士の夏海(浅野温子)が自分の父親も弁護士になる前は裁判官だったと恭介に話し、父との思い出を語る。
     **********

退院した塚本が、恭介を訪ねてきた。彼は胃癌に犯されていて、再入院が決まっていた。海を見ながら話す2人。判決を二つ書いたことがあったと、塚本は言った。どうしても決められなくてその時から裁判をするのが苦痛になった。迷って悩んでいるうちにこんな病気になったと。悩んで待っているだけじゃダメなんだ。それを乗り越えていかねば・・・辛いですね。

恭介は帰宅して泣いた。どうしようもないことってありますよね。
翌日大美岳に行った塚本から、これから帰ると連絡があった。

続きを読む "《ジャッジ~島の裁判官奮闘記》☆04" »

《モップガール》EP★04

「メイド桃子、秋葉原で愛を叫ぶ」(あらすじ)
ビルの屋上で、メイド喫茶の店員・品川真理(小出早織)が殺され、常連客だった小説家・塚田浩平(坂本真)が容疑者に挙げられた。塚田は真理にしつこくつきまとっている姿を以前から何度も目撃されていたからだ。ところが時を隔てず、捜査を覆す事実が発覚!なんと、塚田は真理を殺した直後、凶器に使用したナイフで自らの命も絶っていたのである。そんな中、塚田の遺体を引き取りに行くことになった桃子(北川景子)と将太郎(谷原章介)は、報道陣が詰め掛ける塚田の自宅へ。記者に押されてよろけた拍子に塚田の母親・初子(山口美也子)の手からチェスの駒・ナイトが落ちるのを目撃する。ところが、その駒を手にした途端、桃子は耳鳴りに襲われ、事件当日の朝へ逆戻り!塚田に犯罪を思い止まらせようと奔走するうち、塚田が嫌がる真理に迫る場面に出くわす。さらに、メイド喫茶で真理が店長から給料の前借をしていたことも知る。ところがその後、真理を尾行した桃子は、彼女が恋人・江本弘樹(泉政行)に食事をご馳走したうえに、お金の入った封筒を渡す姿を見てしまい…。
      **********

今回もストーリーが入り組んでいました。
単純なストーカー殺人事件だと思っていたら、殺人後自殺した漫画家の遺体を引き取りに行った桃子は、報道陣にもみくちゃにされていた塚田の母が、持っていたチェスのナイトがこぼれ落ちた。押されて転んだ桃子がそれに触ると・・・

続きを読む "《モップガール》EP★04" »

《歌姫》#04

あんな男にワシの女を渡せるか!』(あらすじ)
映画館に乗り込んできたクロワッサンの松(佐藤隆太)は、鈴(相武紗季)に一目ぼれする。山之内一家への上納金もそっちのけで鈴にまとわりつく松に、勝男(高田純次)や浜子(風吹ジュン)は頭を痛める。泉(大河内奈々子)やメリー(遠山景織子)は松の積極的なアプローチを話題にして太郎(長瀬智也)をあおるものの、太郎はなかなか乗ってこない。そんな中、松は正式に鈴にデートを申し込む。ついつい承諾してしまった鈴だが、約束をほごにするために周囲の人々は鈴の恋人役を仕立てることに。浜子や泉は太郎をと考える。しかし、当の太郎は神宮寺(大倉忠義)を勧める。
     **********

鈴にヒトメボレしたクロワッサンは、毎日家に花を持ってきた。次には、ノートを渡して、「交換日記」をしたいと言い出した。
岸田家は、父勝男の強引に、ほだされて、母が一緒になったと、聞き、さらに強引に迫ろうとする鈴。

続きを読む "《歌姫》#04" »

2007/11/01

《医龍2》KARTE★04

絶対殺せない患者』(あらすじ)
朝田(坂口憲二)は、小高(大塚寧々)が並の麻酔医ではないと感じていた。朝田が小高に、なぜ今まで手術に入らなかったのかと聞くと、小高は軽いチョコレート依存症だと明かす。それが治ったら手術に入ると話し、小高はその場を去る。そんな中、北洋病院に腹痛を訴える女子高校生が急患で運ばれる。一方、明真大付属病院では、野口(岸部一徳)が一美(内田有紀)に、明真が心臓移植実施施設の認定を受けるのはそう遠くはないと話していた。だが一美は、そのためには必要なものがあると、ある政治家に接触を図る。

          ***********
片岡は、早く明真が心臓移植の実施施設としての許認可を受けて貰わねば、富裕層へのアピールが出来ないと、元厚労大臣出の議員恩田に接触した。見返りは、医師会の票と、厚労省への影響力は絶大なるものになる。
施設の基本的条件は、外科医の水準、実施体制、それら全てが整っていることと議員は、答えた。

小高への評価は高かったが、軽いカカオ中毒が治ったら、オペにはいると朝田に答えた。

続きを読む "《医龍2》KARTE★04" »

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

最近の写真