無料ブログはココログ

« 《ジャッジ~島の裁判官奮闘記》☆03 | トップページ | 《ガリレオ》★03 »

2007/10/28

《ハタチの恋人》★03

嘘から生まれた恋」(あらすじ)

圭祐(明石家さんま)は、ユリ(長澤まさみ)が自分のことを有名作家の森山こと風太(市村正親)と勘違いしていることに気付く。風太は森山のふりを続けるよう勧めるが、ユリの力になりたい圭祐は思い悩む。一方、就職先を世話してもらおうという魂胆で森山に近づいたユリは、圭祐の人柄の良さに触れたことで自己嫌悪に陥る。やがて、本当のことを言おうと決心した圭祐は、東京出張でユリに再会する。なかなか打ち明けられない圭祐を前に、ユリは森山の作品がいかに素晴らしいかを語りだす。数日後、ユリは自分のイメージで作った装丁を見てもらおうと圭祐に会いにホテルへ向かう。だが、部屋には風太しかいなかった。
        **********
ユリにもう一度会いたいとメールが来て、内心大騒ぎの圭祐。家でも小百合までどうしたのかと注意を払い始めた。一家では、圭祐を「うつ病」と思っていた。
今度ユリに会ったら、圭祐は、森山リュウでは無いといわなければいけないと大いに悩んでいた。が、実際にあってしまうと言い出せなかった。

『恋桜』を読んで涙ボロボロで、3回も読み返したユリは、装丁を自分なりに考えて作った。それを是非見せて批評を聞きたいと、圭祐にメールで連絡が着たが、大阪に居る圭祐は、会えるわけが無い。本当のことを知らせなくてはと、部屋に来ていいと、返信した。

ホンモノの風太に会ったユリは、森山リュウの編集担当という彼を信じて装丁の図案を見せた。中途採用の道があることも教え、風太は、素直なユリに次のデートを演出。

ユリに『恋桜』出、感動したと言われ、小百合まで泣きながら読んでいたので、帰阪の新幹線で読んでみた圭祐は、これがナント自分の”恋愛三部作”であることに気付いた。

デートの日、目黒川での待ち合わせで本と同じだと目を輝かせていたユリだったが、装丁図案を忘れたことに気付き、パニックを起こした。徹夜で電車に乗ってすっかりす眠ってしまったせいだ。終点に保管されていて、ローカル線を2人で旅している感じだった。風太から圭祐が大阪出張に滑り込んで、ユリの見送りを受け、20代の自分に戻ったかのようだった。何であの頃は、今より人を愛せたのだろう。

風太に電話して、もう少し森山リュウで居させてくれと言った。

青春時代の恋愛をずっと大事にしまいこみ、家庭も守り、懸命に働く「普通のお父さん」が、初恋の人に良く似たハタチの女性と接点を持つうちに、自分の気持ちまで昂ぶって、この恋愛もどきはどこまで行くのでしょうか?
アメリカの映画で見たことがあるような内容です。先が見えるのは、妻帯者であると言う厳然たる事実。

*******
ハタチの恋人★02/★01

« 《ジャッジ~島の裁判官奮闘記》☆03 | トップページ | 《ガリレオ》★03 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

★お気楽さん、こんばんは。

いつもすみません、きっとココログがわるいのですよ。

舞台で市村さんが、詐欺師の役を好演しましたが、そんな感じで風ちゃんは、行くのでしょうか?
さんまさんは、器用に二股かけられないタイプだから(実生活はしりませんが)このドラマ無理がありますよね。

今日はTB飛びません。
ほんと長澤ちゃんといい雰囲気になっても気持ち悪いし、奥さんに気付かれて離婚しちゃうのもね・・・。
まぁいい思い出で終わるのが分かるから、内容が面白くないとね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/16904004

この記事へのトラックバック一覧です: 《ハタチの恋人》★03:

» ハタチの恋人 第3話:嘘から生まれた恋 [あるがまま・・・]
ウソ付きは泥棒の始まりなのに… o┤*´Д`*├o アァー 知らんで〜、ばぁちゃんに怒られるで〜!{/face_nika/} 最初はウソ付く事に否定的な圭祐だったのに、エリとの思い出が甦ったせいか 魔が刺しちゃいましたね〜。 てか、何度も本当の事を言おうとした圭祐だったのに、ユリったら!!! 人の話を聞けっ! 落ちつきの無い子だよ、ったくぅ〜{/hiyo_shock2/} でもね〜、今ならお互いに勘違いでしたって笑ってすませられるけど、 これ以上は無理やわ。風ちゃんまで一緒になってウソついてたとなる... [続きを読む]

» ハタチの恋人 第3話 新三部作のはじまり [レベル999のマニアな講義]
内容圭祐は、ユリとのデートで、森山リュウと勘違いされていることに気付いた。それを風ちゃんに相談すると、『森山のフリ』をしておけと言う。圭祐は、本当のことを話すべきか悩み続けた。でもやはり言うべきだと、次の出張の時に再会し、話をしようとするのだが。。。。...... [続きを読む]

» 「ハタチの恋人」第3話恋桜の原作実は圭佑の経験談にユリが感動して自ら描いたイラストを見せて・・・ [オールマイティにコメンテート]
「ハタチの恋人」第3話は嘘をついていた事をユリに告げようとするが告げられないジレンマなシーンが描かれていた。 [続きを読む]

» ハタチの恋人 【第3話】 嘘から生まれた恋 [THE有頂天ブログ]
TBS 日曜劇場「ハタチの恋人」 明石家さんま、長澤まさみ主演のドラマ「ハタチの恋人」第3話を見ました。 ■TBS 日曜劇場「ハタチの恋人」第3話 あらすじ  圭祐(明石家さんま)は、ユリ(長沢まさみ)が自分のことを「森山リュウ」だと勘違いしていることに気付いた。本物の森山リュウである風太(市村正親) は圭祐に、ユリが真実を知ったら圭祐はあっさりと振られてしまうと断言。ユリの前では森山リュウのふりをするよう忠告する。思い悩む圭祐だが、本当のことを言おうと決め、ユリと会う約束をす... [続きを読む]

» TBS「ハタチの恋人」第3話:嘘から生まれた恋 [伊達でございます!]
一週遅れで、ドラマの流れが正常化した感じです。さんまを、ストーリーが求める以上にだらだらと登場させなければ、それなりにドラマが活き活きと動き出してきます。 [続きを読む]

» ハタチの恋人(第3話) [霞の気まぐれ日記]
やっぱり明石家さんまさんの独壇場的な色の強いこのドラマ。 彼の妄想というか独り言というか、、、 そんなシーンが多いですよねぇ~。 今回、何度もエリ(長澤まさみ)に本当の事を言おうとした、 圭祐(明石家さんま)ですが、 ことごとく阻まれ・・・。 っていうか、エリって..... [続きを読む]

» ハタチの恋人(10月28日) [今日感]
沢田ユリ(長澤まさみ)。ひきょうだよね~あんなハートマーク連発のメールを送って。 [続きを読む]

» ハタチの恋人〜第3話・恋桜! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
ハタチの恋人ですが、圭祐(明石家さんま)は沢田ユリ(長澤まさみ)が自分を流行作家と勘違いしていることに罪悪感を持ちます。しかし、当の流行作家・森山リュウこと風ちゃん(市村正親)はこのまま勘違いさせておけと、圭祐を応援します。(ハタチの恋人、第3話感想、以下に続きます)... [続きを読む]

» ハタチの恋人 第3回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『嘘から生まれた恋』 [続きを読む]

» 『ハタチの恋人』 第3話 [美容師は見た…]
「俺のフリしとけ。…圭ちゃんが俺のフリせぇへんかったら…ただのくたびれたオッサン」そう風ちゃんは言い、メモとペンを執る(≧∇≦)ノ彡 確かに外見はくたびれてても、その人が素敵に見えてしまうのは…お金・権力・地位…だとしたら、顔は二の次でも良いのですね!(笑)圭祐がいき... [続きを読む]

» ハタチの恋人:第3話 [日常の穴]
「俺の恋愛三部作やないけ」 恋桜のモデルは圭祐(明石家さんま)だったのか^^ その圭祐は、自分が森山リュウではないことをユリ(長澤まさみ)に言おうとするが、その度にユリが話を逸らして、告白できない。 これは、もどかしさを通り越してウザかったぞ^^; 圭祐はどれだけ話を逸らされたとしても、本当に伝える気があればいくらでも伝えることはできたはずだ。電車でずっと一緒に移動していたわけだし。 圭祐の心の移り変わりがわからないから、結局伝えずにいた理由がよくわからなかった。 真実を告げ... [続きを読む]

» レッドソックスが4連勝でWS制覇&ハタチ&疾風伝 [別館ヒガシ日記]
ハタチの恋人は嘘を付いてると言えず2人で川を見に行き電車に忘れ物して 疾風伝は我愛羅が帰還しチヨバア墓前で黙祷などし我愛羅とナルト握手で 最後にサイ登場し声は悪くなかったが砂3人の出番は終了で当分は無しで レッドソックスは岡島2ラン被弾もロッキーズに4連勝しW... [続きを読む]

» ハタチの恋人 第3話 「嘘から生まれた恋」 [テレビお気楽日記]
ユリ(長澤まさみ)が自分のことを森山リュウと勘違いしてることに気付く圭祐(明石家さんま)。風太(市村正親)からは、ただのくたびれたおっさんだと話すよりは俺のフリをしろと言われるが騙すわけにはいかないと断るのでした。 ... [続きを読む]

« 《ジャッジ~島の裁判官奮闘記》☆03 | トップページ | 《ガリレオ》★03 »

最近の写真