無料ブログはココログ

« 《ガンジス河でバタフライ》前編 | トップページ | 《ガンジス河でバタフライ》後編 »

2007/10/06

《ジャッジ~島の裁判官奮闘記》☆01

【新天地】(あらすじ)

 三沢恭介(西島秀俊)は大阪地裁で知的財産権の事件を扱う高度な専門知識を持つ裁判官のエースとして超多忙な日々を送っていた。だが、その代償として妻・麗子(戸田菜穂)は、8歳の娘・麻衣子(桝岡明)を連れて実家に帰り、家庭は崩壊しようとしていた。そんなある日、突然、鹿児島県の大美島への転勤の内示が出る。島に行けば、たった一人の裁判官として刑事から民事、家事から少年事件まで全てを担当する。支部長として行政職も務めなければならない。知財訴訟専門を目指す恭介にとっては、不満の多い内示だった。恭介は妻の実家を訪ね、いっしょに島に行こうと麗子を説得しようとするのだが、娘の「島に行きたい」のひと言で、崩壊しかけた家庭を立て直すラスト一回のチャンスを得た。そしていよいよ、恭介の大美島での裁判官勤務が始まる。ところが法廷では、老齢の弁護士・平正明(寺田農)が恭介を驚かす。再犯である被告人を初犯であると誤って弁護し、ろれつも怪しい。書記官に尋ねると、どうやら黒糖焼酎を2、3杯飲んできたようだと教えられる。また、幼い息子の親権を争う離婚調停を受け持ち、夫婦同席の調停を試みるが、互いに一歩も引かず恭介は困惑する…。

          **********
知的財産部で経験を積んで、その専門知識を生かして働こうと思っていた矢先、大美島転勤が回ってきた。裁判官が一人で何もかもすること。逆から言えば、一人で全てできることって他では考えられません。

知財部では、夜中まで仕事を持ち込んで家庭不和で、離婚寸前だった。
大美島行きを話したが、麻衣子は、島に行けば家族が離散することは無いと信じて、率先して賛成した。ぎこちない父親役の西島が島の秩序を乱しながら、仕事を進めていくのがなんともいい味ですね。

まさか、夫婦喧嘩まで取り上げるとは思わなかったようだが、、離婚調停まで関わって、大汗をかいた三沢だった。

弁護士は3人いるとのことだったが、平は、ほろ酔いで弁護に身が入らず、三沢を唖然とさせた。 

一家でサイクリングしながら教会の通りかかると前を、畑弁護士の葬式と出会った。畑の娘と裁判で関わっていくようです。

傷害事件の公判で、執行猶予の間に再犯の男に、実刑10月の判決を言い渡した。麻衣子の学校では、裁判官の娘の責任を問うように、、ランドセルを返さず、イジメが始まった。
あまりにも素晴らしい自然。窓から見えるのが反則です。

« 《ガンジス河でバタフライ》前編 | トップページ | 《ガンジス河でバタフライ》後編 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

★青田 優さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
素晴らしい空、暖かい人情に、行きたくなりますね。
NHKのHPで調べた所、ロケは奄美大島で大美島は存在せず、喜界島だそうです。良いトコ撮りで、集めて編集してあるようですよ。
5回で終わってしまいますから、後2回楽しみましょう♪
コメントありがとうございました。
また遊びにいらしてください。

島の行き方教えてください

素晴らしい島で行きたいと思いますので行き方教えてください

★夕来さん、こんばんは。
リンクありがとうございます。こちらもリンクさせていただきました。よろしくお願いします。

西島さんの、不器用だけど、どうにかしなければという家族関係が、良い方へ回転していくと嬉しいです。

秋ドラマはじまりましたね〜。
「ジャッジ」はじっくり見せてくれそうで期待してます。
脇役もいろんな方がそろってていい感じ。
小野武彦さんがいつも同じようなキャラで可笑しいです。

トップページにリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします♪

★きこりさん、おはようございます。

>浅野さんが来週からどう絡んでくるのか、楽しみですねえ・・

かなり濃いバトルになりそうですね(笑)
自然は、魅力的です。見ていて癒されるドラマだといいのですが・・・

★まこさん、おはようございます。

大抵は、前科のあるほうの父親を持つ子供がイジメを受けるものと思っていましたが、今回は新参モノがうけるようですね。

麻衣子ちゃん、ガンバレ!

う~ん、本当にいい景色でした。
こんなところでも争いごとは起こるものなのね・・
祥太のいぢめはどうやって解決したらいいのかしら・・
浅野さんが来週からどう絡んでくるのか、楽しみですねえ・・

初っ端から、子供のイジメという陰湿な出来事が
起きてしまいましたが、島での生活が今後
この一家を成長させていくんでしょうね~♪

それにしても島の景色を見てるだけで癒されますわ~。
行ってみたい・・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/16680478

この記事へのトラックバック一覧です: 《ジャッジ~島の裁判官奮闘記》☆01:

» ジャッジ〜島の裁判官奮闘記 第1話:新天地 [あるがまま・・・]
麻衣子ちゃん、かわいそう…( ノД`)シクシク… 麻衣子ちゃんには何も関係無いし、悪い事したら罰せられるのが当然なのに・・・ このイジメが長引かなければいいんだけど・・・ 今回判決を食らった添田って、【ちゅらさん】での居酒屋『ゆがふ』のマスターこと 藤木勇人さんではないですかっ{/ee_3/}気のいいマスターだったのに、何でまぁ! って、、そうゆう役どころだから仕方無いんですが…でも、ふてぶてしい態度が 似合わないんでやんの(笑)。 で、その息子・翔太を演じてたのが【芋たこなんきん】で名演技を見... [続きを読む]

» 「ジャッジ〜島の裁判官 奮戦記〜」第1話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
鹿児島県の南に浮かぶ大美島。 その地方(家庭)裁判所支部に支部長として赴任した三沢恭介。 彼と家族の新しい生活が始まった〜第1話『新天地』 [続きを読む]

» NHK土曜ドラマ ジャッジ〜島の裁判官奮闘記〜 第1話 驚き [レベル999のマニアな講義]
内容知財事件をメインに扱い、大阪地裁でエリートコースを歩んでいた三沢恭介に、突如、鹿児島の離島・大美島への転勤命令が出た。動機の親友・塚本が赴任予定だったが、病でダメになったためだった。夫婦仲があまり良くなかった恭介たちだったが、娘の言葉で決断する。そ...... [続きを読む]

» ジャッジ 島の裁判官奮戦記 第1話 [渡る世間は愚痴ばかり]
三沢恭介は妻と娘と共に鹿児島県・大美島にやって来た。 この島のたった一人の裁判官として。 [続きを読む]

» 「ジャッジ〜島の裁判官 奮闘記〜」第1話 [fool's aspirin]
連休中出かけていたため、出遅れレビューとなりましたが、 「あすなろ白書」の頃から西島くん好きの私としては やっぱりチェックですぞ、NHK土曜ドラマ! 西島くんは、前クールのひょうきんなカリスマ左官工とは うって変わって渋い感じの裁判官役。 でも冷徹という訳でなく、不器用なほどの実直さが好感持てる。 西島秀俊?新世紀のスピリチュアル・アクターズシリーズ (キネ旬ムック?アクターズ・ファイル)... [続きを読む]

» 息子れんと、おたふく風邪にかかる^^; [焼酎・ビール.com ~プレミア焼酎ならおまかせあれ~]
突然のトラバ、本当に申し訳ありません! 酒だらけのブログですが是非遊びにきてください^^ http://namabi-ru777.seesaa.net/ コメント・トラバ・相互リンク大募集中です☆ 失礼しました!! [続きを読む]

» ジャッジ・島の裁判官奮闘記第1話「新天地」 [山吹色きなこ庵・きままにコラム]
秋ドラマ、はじまりました!!! といっていいのか、わからないけれど、とりあえず全 [続きを読む]

« 《ガンジス河でバタフライ》前編 | トップページ | 《ガンジス河でバタフライ》後編 »

最近の写真